+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【ドスパラ raytrek ZF レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20200929225008j:plain
ドスパラ raytrek ZFは、クリエイター向けのデスクトップパソコンです。

クリエイターのニーズをしっかりと抑えた専用ケースの拡張性は高く、HDD用の2.5/3.5インチシャドウベイは最大8台、SSD用の2.5インチシャドウベイは最大3つ搭載できます。

またハイエンド構成にも対応できるケース内部の広さを確保。大型グラフィックカードも設置でき、効率的な冷却フローにより、排熱性能もしっかりした設計に。

メモリは大容量の32GBが標準搭載。ハイエンドパーツのCore i9-10900KF、GeForce RTX 2070 Super 8GBにより、画像や動画処理など快適な環境で作業可能です。

この記事では、ドスパラ raytrek ZFのスペック、外観、性能、ベンチマークを紹介します。

■この記事で紹介する内容

・ドスパラ raytrek ZFのスペック

・ドスパラ raytrek ZF レビュー

・ドスパラ raytrek ZFのベンチマーク測定

・ドスパラ raytrek ZFのおすすめカスタマイズ

・ドスパラ raytrek ZF レビュー:まとめ

ドスパラ raytrek ZFのスペック、特長

f:id:korekai:20200929230719j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU Intel Core i9-10900KF
グラフィックス GeForce RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ 32GB DDR4 SDRAM
ストレージ 512GB NVMe SSD / 4TB HDD
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
価格 189,980 円(+税)

※スペックはドスパラ raytrek ZFを元に作成しております。

このパソコンは3Dグラフィックスや動画編集、イラストなどクリエイティブな仕事、活動されている方向きです。高性能なCPUとGPUを搭載しており、様々な作業を快適にこなすことができます。

またメモリやストレージ周りも標準で大容量。そのためカスタマイズ不要で使えます。最近価格改定があり、20万円以下で買えるコスパも良いと言えるでしょう。

もちろん、ゲーム用途もOK。ほとんどのゲームで高リフレッシュレート(フルHD+最高設定)な環境でプレイができます。

例えばゲーム実況配信しながら録画しておき、動画編集してYoutubeにアップロードする使い方にぴったりです。

・i9-10900KF+RTX 2070 SUPER
・512GB NVMe SSD、4TB HDD
・大容量32GBメモリ標準搭載
・ゲーム配信、RAW現像、動画編集向き
・カスタマイズ不要で翌日出荷
・ストレージの拡張性が高い専用ケース


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ raytrek ZFのレビュー・評価を見る

ドスパラ raytrek ZF レビュー

外観

f:id:korekai:20200929225011j:plain
ブラックカラーで統一され重厚感のあるデザイン。

ドスパラが販売するゲーミングPCに採用されているケースとはデザインが異なり、クリエイター向きの専用ケースです。

より高みに登らせるための道具という言葉から梯子をイメージしたデザインとのこと。

サイズ 207(W)x509(D)x440(H)mm
重さ 約13kg


f:id:korekai:20200929225015j:plain
▲フロントパネルのインターフェイス

・USB 3.0x2
・SDカードリーダー
・オーディオジャックIN
・オーディオジャックOUT
・リセットボタン
・電源ボタン
・DVDスーパーマルチドライブ

インターフェイスは、USB 3.0 type-Aが2つ、オーディオジャック、電源ボタン、リセットランプ等を配置。

ヘッドセットやマイク、外部ストレージ、コントローラー等などと接続できます。

またDVDスーパーマルチドライブ搭載も標準搭載。ソフトウェア類はダウンロード版が多くなっているため、めっきり使用頻度が減りましたが、あると便利ですよね。


f:id:korekai:20200929225022j:plain
正面から向かって右側(CPU裏)に、エアフローを考慮したスリットがありました。

排熱がうまくいかないと動作に影響するので、対策されているのでしょう。


f:id:korekai:20200929225018j:plain
こちらは正面から向かって左側。サイドケースファンは、最大140mmを2基取り付けできるスリットがあります。

カスタマイズでも選べますが、エアフロー的にサイドファンをつけなくても大丈夫です。

もし後から自分で追加するなら、ファンには向きがあるので吸気か排気でチェックが必要です。

ホコリ対策として、防塵フィルターなども一緒に購入するといいでしょう。


f:id:korekai:20200929225025j:plain
▲背面には120mmファン1基とリアパネル、電源

ケース背面に120mmファンを搭載し、こもりがちな熱を効率的に排出。動作時の騒音抑える工夫も。


f:id:korekai:20200929225029j:plain
▲リアパネルのインターフェイス

・PS/2コネクター
・USB2.0 x2
・USB3.2 Gen2 x2
・USB3.2 Gen1 x2
・LANポート
・オーディオ入出力

フルサイズのUSB-Aポートが6個あり、そのうち2つが最大10Gbpsの転送速度に対応したUSB 3.2 Gen2です。

これだけあれば、キーボードやマウス、外付けHDD等を接続するには十分すきるUSB-Aポートの数です。へッドセット、マイク、外部HDDなどもたくさん接続できます。

ディスプレイへの出力はグラボから接続するので、こちらの映像出力端子は使用しません。

【関連】PCモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選

【関連】4Kモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選


f:id:korekai:20200929225033j:plain
ディスプレイ出力端子にHDMI、DisplayPortx3を搭載し、最大4画面出力をサポートしています。


f:id:korekai:20200929225036j:plainf:id:korekai:20200929225106j:plain
PC内部です。ケーブル類は裏面配線ではないですが、比較的キレイにまとまっています。

大型のグラフィックカードにも対応できる奥行きを確保しているので、ハイエンド構成にも対応しているケースです。

サイドパネルはゆるく締めておけば、ツールレスで開閉できてメンテナンス性も良し。


f:id:korekai:20200929225119j:plainf:id:korekai:20200929225055j:plain
ケース天面にもファンの取り付けが可能。上部のスリットのおかげで熱はこもりにくいです。

ただ埃が溜まってくるとケース内部に落下しやすいので、フィルター等をつけたほうがメンテンス性は良いと思います。


f:id:korekai:20200929225110j:plain
▲Z490チップセット ASUS PRIME Z490-P

・PCI-E x16 x2
・PCI-E x1 x4
・メモリスロット x4(最大64GB)
・SATA3 x4
・M.2 x2

f:id:korekai:20200929225102j:plain
HDDはツールレスで増設できるスライド式で最大8台まで収納可能。

標準で搭載されているのは、Seagate製の4TB HDDが1台です。

これだけの拡張性があれば、十分でしょう。3台以上使うRAID構成運用も容易です。


f:id:korekai:20200929225048j:plain
SSDはPHISON製で512GB。転送速度の速いNVMe接続です。


f:id:korekai:20200929225059j:plain
2.5インチのSSDは最大3台まで増設可能です。
※このSSDは筆者個人のものであり、搭載されていません。


f:id:korekai:20200929225051j:plain
▲32GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx4/2チャネル)

メモリースロットは4つ。うち4本を使用しており、最大64GBまで増設できます。


f:id:korekai:20200929225043j:plain
▲グラボは、GeForce RTX 2070 SUPER 8GB

GeForce RTX 2070 SUPERは、各BTOメーカーで人気No1機種に搭載されている定番のグラフィックボードです。

メーカーZOTAC製のシングルファンタイプ。スペック的に人気のPUBGやフォートナイト、Apex LegendsなどフルHD(最高設定)であれば、平均100fpsを大幅に超えるフレームレートで動作します。


f:id:korekai:20200929225040j:plain
電源は750W。電力変換効率は80PLUS GOLDで上位クラスの変換効率を誇る電源です。

この構成であれば、750Wで十分余裕があり、安定動作が見込めます。


f:id:korekai:20200929225113j:plain
ゴム足は4箇所、排気するには十分な隙間があるため、排熱効果も期待できます。

ドスパラ raytrek ZFのベンチマーク測定

f:id:korekai:20191217133543j:plain
▲場所によっては200fps超え(PUBG/ウルトラ設定)

ドスパラ raytrek ZFは、Core i9-10900KF(10コア20スレッド)、GeForce RTX 2070 SUPER 8GBを搭載しています。

以下の人気ゲームでは最高設定で150fpsを大幅に超える結果に。

144Hzや240Hzゲーミングモニターと一緒に使っても十分性能を活かしきれるゲーミングPCです。

・PUBG:163.5fps

・フォートナイト:171.9fps

・Apex Legends:169.4fps

PCMARK10

f:id:korekai:20200929230340j:plain
PCMARK10のテスト結果。

基本性能を示すEssentials、ビジネスアプリの動作を示すProductivity、クリエイティブ性能を示すDigital Content Creation共に高い数値です。

3DMARK

f:id:korekai:20200929230142j:plainf:id:korekai:20200929230146j:plain
3DMARKのテスト結果。

・Time Spy:10349(DirectX 12)
・Port Royal:5733(レイトレーシング)

FF14:非常に快適

f:id:korekai:20200929230157j:plain
FF14のテスト結果。

フルHD+最高設定で非常に快適評価に。WQHD解像度でも快適に動作します。

FF15:とても快適

f:id:korekai:20200929230205j:plain
FF15のテスト結果。

重いとされるFF15はフルHD+高設定でとても快適評価に。

ドラゴンクエストX:すごく快適

f:id:korekai:20200929230213j:plain
ドラゴンクエストXのテスト結果。

軽めのゲームなら4K解像度でも快適に動作します。

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20200929230239j:plainf:id:korekai:20200929230243j:plain
Cドライブの512GB SSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。PHISON製です。

シーケンシャル速度は3335.13 MB/s(読み込み)、2395.92 MB/s(書き込み)でした。

NVMe接続なので、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。


f:id:korekai:20200929230252j:plainf:id:korekai:20200929230256j:plain
Dドライブの4TB HDDをCrystalDiskMarkで計測。Seagate製です。

シーケンシャル速度は197.73 MB/s(読み込み)、184.76 MB/s(書き込み)でした。

CPUZ

f:id:korekai:20200929230309j:plain
CPUのシングルスレッドは532.1、マルチスレッドは6807.0でした。

CINEBENCH R20

f:id:korekai:20200929230317j:plain
CINEBENCH R20のテスト結果。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ raytrek ZFのレビュー・評価を見る

ドスパラ raytrek ZFのおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20200929230719j:plain

ドスパラ raytrek ZFは、基本カスタマイズ不要です。

ストレージの追加もできますが、自分で増設できる方はAmazon等で買ったほうが1〜2割程度安く購入できます。

■カスタマイズ一例

・1TB HDD +5,800円(+税)
・2TB HDD +7,100円(+税)
・4TB HDD +10,300円(+税)

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ raytrek ZFのレビュー・評価を見る

ドスパラ raytrek ZF レビュー:まとめ

f:id:korekai:20200929225008j:plain

・i9-10900KF+RTX 2070 SUPER
・512GB NVMe SSD、4TB HDD
・大容量32GBメモリ標準搭載
・ゲーム配信、RAW現像、動画編集向き
・カスタマイズ不要で翌日出荷
・ストレージの拡張性が高い専用ケース

以上が、ドスパラ raytrek ZFのレビュー内容です。

ハイエンドな構成なため、クリエイティブ用途だけでなく、ゲーミングPCとしても最適な1台。

動画編集用PCが欲しい方にとっては、カスタマイズ不要で使えるスペックなので、ストレージ周りが不足すれば買い足していくだけと運用が楽なところもポイントです。

HDDは最大8台、SSDは最大3台まで搭載でき、HDDだけでも4TBを8台と考えても32TBの超大容量ストレージを実現。大事なデータのためにRAID構成にも対応できますし、拡張性の高いケースです。

またCPU、GPUどちらも高性能なパーツですので、流行りのゲームをフルHD、最高設定、高リフレッシュレートな環境でプレイできますし、ゲーム実況といった今ニーズの高い使い方にも対応しています。

価格は税抜189,980円、翌日出荷対応モデルなので、すぐに欲しい方にもおすすめです。

【関連】高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング

【関連】【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【関連】【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ raytrek ZFのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々4,400円~の支払いでデスクトップPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCのレビュー

【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ レビュー


【コスパ良】GALLERIA ガレリア XV レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング