+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2020年最新版】高性能で安いゲーミングモニターのおすすめランキング5選

f:id:korekai:20190207154225j:plain

【更新:2020年9月8日】

バトルロワイヤルゲームの人気急増で、現在はPCゲームに夢中という方もいますよね。対戦ゲームで「優位に立ちたい」と考えている場合は、優れたゲーミングモニターを選ぶことが重要です。

今回は安価をポイントに、安いゲーミングモニターのおすすめをランキング形式でご紹介します。安いゲーミングモニターでも、おすすめポイントを満たしていれば十分コスパに優れた商品を選ぶことも可能です。

安いゲーミングモニターを選ぶおすすめの選び方もご紹介していますので、あわせて参考にしてみてくださいね

■この記事で紹介する内容

・安いゲーミングモニターのおすすめランキング

・安いゲーミングモニターの選び方

・ゲーミングモニターのおすすめメーカーについて

・迷ったらこのゲーミングモニターを選ぼう


【2020年最新版】高性能で安いゲーミングモニターのおすすめランキング5選

早速コスパ重視で安いゲーミングモニターのおすすめ5選をランキング形式でご紹介します。

それぞれスペックが異なり、想定される用途も異なるため、自分の望むゲームにマッチしたゲーミングモニターをチョイスしましょう。

また記事下部には「安いゲーミングモニターの選び方」も解説しているので、合わせてご覧ください。

コスパ最強おすすめ:Acer SigmaLine KG241QAbiip

PS4 Pro用なら:JAPANNEXT JN-T2888UHDR

とにかく安価なモノなら:LG 22MK400H-B

応答速度を最重視するなら:ASUS VG245HE-J


【5位】LG 22MK400H-B

f:id:korekai:20200908180521j:plain

メーカー LG
製品名 22MK400H-B
サイズ 21.5インチ
解像度 FHD(1920×1080)
最大リフレッシュレート 75Hz
最大応答速度 1ms(GtG)
端子 HDMI×1、D-sub×1
VESAマウント
Amazon参考価格 10,980円

安いゲーミングモニターのおすすめ5位は、「LG 22MK400H-B」です。

「できるだけ安くゲーミングモニターを購入したい!」という方におすすめの製品で、値段設定に強みを持つゲーミングモニターです。

同程度のスペックのゲーミングモニターが1万5千円程度という価格帯のものが多い中、「22MK400H-B」は約1万1千円程度とかなり安くゲーミングモニターを購入できます。

また、リフレッシュレートが75Hz、応答速度が1msと標準的なゲーミングモニターのスペックを満たしており、「Freesync」対応など最低限の機能面も兼ね揃えています。

とにかく安くコスパに優れているため、子どもへのプレゼントや、とりあえずのゲーミングモニターとして購入するのもおすすめです。

とはいえ画面サイズは21.5インチと控え目。大画面でゲームをやりたい方には不向きな点にはご注意ください。

LG 22MK400H-Bを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

とにかく予算を重視ならこのゲーミングモニターがおすすめです


【4位】ASUS VG245HE-J

f:id:korekai:20200908173225j:plain

メーカー ASUS
製品名 VG245HE-J
サイズ 23.8インチ
解像度 FHD(1920×1080)
最大リフレッシュレート 75Hz
最大応答速度 0.6ms(GtG)
端子 HDMI×2、 D-sub 15ピン×1
VESAマウント
Amazon参考価格 15,970円

安いゲーミングモニターのおすすめ4位は、「ASUS VG245HE-J」です。

FPSや格闘アクションなど、応答速度を重視すべきゲームをプレイされる方に特におすすめのゲーミングモニターです。

応答速度が0.6msとゲーミングモニター全体で見ても優れており、安いとはいえ用途を選べば高級なゲーミングモニターにも負けない性能を発揮できます。

また、おすすめポイントとして「GameFast」という技術が搭載されており、入力遅延が小さく抑えられているのも注目すべきポイント。素早い応答速度に入力遅延を抑える能力が加わることで、「確かに反応したはずなのに!」といった悔しいシーンを減らすことができるでしょう。

物理的な遅延によってゲームで不利になりたくないといった人におすすめです。

そのほか、「フリッカーフリー技術」や「ブルーライト軽減技術」といった目の負担を減らす技術や「GameVisual Technology」というゲームにあわせた映像モードを選択できる機能などゲーマーに嬉しい機能も多数搭載されています。

応答速度を重視した安いゲーミングモニターを探している場合には、選択肢のひとつとしてぜひ確認してみてください。

ASUS VG245HE-Jを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

安いゲーミングモニターの中でも、優れたスペックを求めている方におすすめです


【3位】JAPANNEXT JN-T2888UHDR

f:id:korekai:20200117162825j:plain

メーカー JAPANNEXT
製品名 JN-T2888UHDR
サイズ 28インチ
解像度 4K(3840×2160)
最大リフレッシュレート 60Hz
最大応答速度 2ms
端子 HDMI(1.4)×2、HDMI(2.0)×1、DisplayPort×1
VESAマウント
Amazon参考価格 27,857円

安いゲーミングモニターのおすすめ3位は、「JAPANNEXT JN-T2888UHDR」です。

安いゲーミングモニターのおすすめランキングの中でも、画質に強いこだわりを持っている場合におすすめです。

フルHDが粗く見えるほどの圧倒的な解像度により、なめらかな映像表現を楽しむことが出来るでしょう。

また、4Kでありながら2msと優れた応答速度を持っているため、美麗なグラフィックを楽しみながらリアルタイムアクションも楽しみたいアドベンチャーユーザーなどにも向いています。

特にPS4ではリフレッシュレートの上限が60Hzかつ4K画質の出力が可能ですので、デメリット部分を帳消しにしてメリット部分のみを楽しむことが出来ますよ。

他の4Kゲーミングモニターでは3万超えが多い中、特に安いゲーミングモニターとしておすすめしている口コミも多く見受けられます。「4K画質でゲームを楽しみたい!」という場合は参考にしてみてくださいね。

※ただし、「60Hz出力に対応しているのはHDMI2.0とDisplayPortのみ」となっておりますので出力端子には十分ご注意下さい。

JAPANNEXT JN-T2888UHDRを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

安価な4KゲーミングモニターならJAPANNEXT JN-T2888UHDRがおすすめです


【2位】ViewSonic VX2458-MHD-7

f:id:korekai:20200117162820j:plain

メーカー ViewSonic
製品名 VX2458-MHD-7
サイズ 23.6インチ
解像度 FHD(1920×1080)
最大リフレッシュレート 144Hz
最大応答速度 1ms(GtG)
端子 HDMI(1.4)×2、DisplayPort×1
VESAマウント
参考価格 19,800円

安いゲーミングモニターのおすすめ2位は、「ViewSonic VX2458-MHD-7」です。

144Hz/1msとゲーミングモニターとして求められるスペックを満たしており、安いゲーミングモニターを探している方にもおすすめです。

144Hzゲーミングモニター中でも特に安く、タイミングによっては2万円を切る安さで購入できます。ドスパラ限定モデルとなっているため購入先はドスパラ公式サイトのみですが、コスパ面では非常に優秀なゲーミングモニターです。

さらにゲーミングモニターとして優れた機能を併せ持っています。

・モニターに遅延なく映像を送る「Low input Lag」

・暗いシーンのディティールを向上させ細部まで見分けられる「Black Stabilization」

・長時間プレイをサポートする「フリッカーフリー・ブルーライトフィルター」

・”ブレ”を極力抑えたなめらかな描写「1ms Response Time」

ゲーマーに嬉しい機能を備えておきながら今までの価格を覆すと言えるほど低価格のため、安いゲーミングモニターを探している方にはおすすめだと言えるでしょう。

ViewSonic VX2458-MHD-7を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

144Hzゲーミングモニター中でも特に安く、タイミングによっては2万円を切る安さで購入できます


【1位】Acer SigmaLine KG241QAbiip

f:id:korekai:20200908180549j:plain

メーカー Acer
製品名 KG241QAbiip
サイズ 23.6インチ
解像度 FHD(1920×1080)
最大応答速度 0.6ms(GtG)
端子 HDMI 2.0 x2、DisplayPort v1.2 x1
VESAマウント
Amazon参考価格 22,828円

安いゲーミングモニターのおすすめ1位は、「Acer SigmaLine KG241QAbiip」です。

リフレッシュレートが144Hz、応答速度は0.6msと高水準の性能を持ちながら、144Hzモニターとしては下限レベルの価格設定を持ちます。

安いゲーミングモニターの中では特に価格と性能とのバランスに優れており、ゲーマーに嬉しい機能が複数採用されています。

・ゲーム内の暗い部分を調整できる「ブラック・ブースト」

・ゲームに合わせ8種類の映像モードを切り替えできる「Gameモード」

・目の負担を減らす「フリッカーレス・テクノロジー」「ブルーライトシールド」

全体的に高スペックで便利な機能が揃いつつも安価で購入できるため、安く高性能なゲーミングモニターをお探しの場合に是非チェックしてみてください。

Acer SigmaLine KG241QAbiipを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

144Hzかつ0.6msと、ほとんどのゲーマーが納得出来るスペック。5機種の中で一番おすすめなゲーミングモニターです

【関連】プロゲーマーに聞いてみた!おすすめのゲーミングモニター

【関連】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


安いーミングモニターの選び方

f:id:korekai:20190725141203j:plain
まずはじめにゲーミングモニターの選び方についてご紹介します。

ゲーミングモニターを選ぶ際に抑えておきたい3つのポイントです。

▼安いゲーミングモニターを選ぶときは以下をチェック!

・画面サイズ、解像度

・リフレッシュレート(75Hz以上)

・応答速度(5ms以下)

この中でもゲームをプレイするうえで特に重要なのが「リフレッシュレート」と「応答速度」です。

動きの激しいゲーム系(FPSやバトロワ、レースゲームなど)は高リフレッシュレートかつ応答速度の速いモニターを選びましょう。

冒頭でもお伝えした通り、それ以外のゲームに関してはゲーミングモニターのようなハイスペックでなくても十分なケースが多いです。

ただ大きな画面、きれいな画質でプレイしたいなら27インチ以上の4Kモニターをおすすめします。


ゲーミングモニターのリフレッシュレートについて

f:id:korekai:20190725221456j:plain
出典:amazon.co.jp

リフレッシュレートとは、1秒間で画面が切り替わる回数のことです。

リフレッシュレートは通常Hz(ヘルツ)で表記されており、たとえば144Hzのゲーミングモニターでは1秒間に144回画面が切り替わっていることになります。

一般的なモニターの多くは60Hzですが、普段の利用で違和感がなければリフレッシュレートの重要性をいまいち認識しにくいかもしれません。

しかし、60Hzと144Hzでは大きな違いがあるのも事実で、特に動きの激しいFPSゲームでは144Hzゲーミングモニターが人気を集めています。

人気理由として挙げられるのが画面がなめらかに表示されて低遅延なため、敵の動きを認識しやすいということ。

イメージとしてはパラパラ漫画が近く、1秒間に60ページと144ページをめくるのでは漫画のなめらかさが全く違いますよね。

コンマ何秒間でも表示が速ければ有利となり、逆なら不利になるケースも。プロを目指していたり、遅れがシビアになるようなゲームをプレイする方は144Hz以上のハイエンドモデルを検討してください。

www.youtube.com
出典:YouTube(公式サイト)
NVIDIA GEFORCEによるスローモーション比較動画(240、144、60 Hz/FPS)

画像は移動を一定方向にしたスローモーションを撮影したもの。240Hzと144Hzは誤差レベルですが、144Hzと60Hzは敵キャラの位置が大きくずれていることが分かります。

つまり、リフレッシュレート+フレームレート数値が高ければ高いほど、単純に敵をいち早く見つけられるのです。

フレームレートについてはゲーミングモニターを探す前に注意すべきポイントにて後述していますので、あらためてそちらもチェックしてみて下さい。

ゲーミングモニターを探しているなら「144Hz」対応がおすすめですよ


ゲーミングモニターの応答速度

f:id:korekai:20200115164519j:plainf:id:korekai:20200115164517j:plain
出典:EIZO(公式サイト)
(←応答速度が遅い ────── 応答速度が早い→)

素早い動きの格闘ゲームや、スピード感を楽しむレースゲームでは応答速度が最重要ポイント!応答速度が早い方は色が即座に切り替わるので、”ブレ”はほとんど見えません。

一方で応答速度が遅いと色の写りが遅いため、少しボヤけて見えます。

応答速度とは文字通り、PCより出力された情報がモニターに表示されるまでの応答速度を指しています。

厳密には、モニター内の色が別の色へ切り替わるまでの速度のことで、この速度が遅いと残像となり、ゲームによっては不利になることも。

応答速度は◯msとして表記されています。1msのゲーミングモニターであればPCから出力された情報を0.001秒で切り替えて表示できるため、ほぼ遅延ナシでゲームをプレイすることが出来るのです。

人間の反射神経は0.2秒=200ms程度が限界とされていますが、デバイス側のタイムラグを最小まで抑えることで、ゲーム内で優位に立てることは間違いないでしょう。

応答速度でも、注目すべきはGtoG 〇msと表記されているゲーミングモニターです。

これは中間階調と呼ばれる色の切り替え速度のことで、黒や白以外の切り替え速度を表しています。こちらも残像に影響する部分ですので、プロを目指す方や残脳の少ない環境でゲームプレイしたい方は重要視してください。

・バトロワ系やFPSでは1msが好ましい

・ms(応答速度)は数字が低ければ低いほど画面の反映が早い

・1ms以下は人が違いを認識できないレベル(1msで十分)

・GtoGの応答速度が速いゲーミングモニターを選ぶ

FPSやバトルロイヤル系など動きの激しいゲームなら「1ms以下」がおすすめ。それ以外なら「5ms」程度で十分です


ゲーミングモニターのおすすめサイズ・解像度

f:id:korekai:20190725222025j:plain
出典:amazon.co.jp

ゲーミングモニターのおすすめサイズは21インチ~27インチの範囲内だとされています。

画面サイズが小さすぎると見づらく、大きすぎると広い視野が必要=やりづらい、という点からプロゲーマーは24インチ前後のモニターを好んでいるとの噂も。

別名パネルサイズとも呼ばれますが、解像度とモニターのインチ数は全くの別物です。

解像度とは画面に写る小さい光”ピクセル”の数を指しています。ピクセルが多いほど画質はキレイかつ多くの情報を表示できるため、高い解像度=ピクセル数の多いゲーミングモニターがベストです。

解像度の表現ではHDや4Kといったほか、1920×1080という数字を見かけた方も多いでしょう。1920×1080の場合は横に1980、縦に1080のピクセルが存在するという意味になっており、この数値が高いほど画質は綺麗になります。

理想的なゲーミングモニターのスペックは画面サイズが21インチ~27インチ、解像度が1920×1080~2560x1440と言われています。

しかし、高い解像度になればなるほどPC側にもある程度のスペックが必要な点は注意しましょう。

高解像度のゲーミングモニターを買ったばかりにPCの動作が重くなっては元も子もないため、グラフィックボードなどのスペックを予め把握しておくことをおすすめします。

・プロゲーマーにも愛用される快適な画面サイズは21インチ~27インチ程度

・高い解像度を活かすにはDisplay Portの入力端子を使うのがベスト

・解像度≠画面サイズ 解像度は画質の綺麗さ、画面サイズは画面の大きさ

【関連】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選

個人的にはFPSやバトルロイヤル系は24〜27インチ、それ以外は好みで選んでいいと思います。MMORPGなどは32インチの4K画質だと迫力ある映像でプレイできますよ。


144Hzゲーミングモニターを探す前に注意すべき3つのポイント

144Hzゲーミングモニターのおすすめ商品を買っても、”全く意味が無い”ケースがあります。ゲーミングモニター選びで失敗しないためにも、購入前に注意すべき3つのポイントを見ていきましょう。


144Hzゲーミングモニターは144FPSが必須!

FPSとはフレームレートを表し、ゲームの映像が切り替わる回数を表しています。

つまり、リフレッシュレートはゲーミングモニター側、フレームレートは出力側(パソコンやゲーム機)の切り替え回数です。

ここでポイントとなるが、リフレッシュレートとフレームレートは同じ数値にするのが好ましいという点でしょう。

リフレッシュレートの欄で説明した通り、144Hzゲーミングモニターの映像は画像が秒間144回更新されることでなめらかに描写しています。

しかし、肝心の映像データ(FPS)が秒間144回更新されていなければ、高いリフレッシュレートのメリットを活かせないのです。

フレームレートはゲーム内の設定で確認・変更することができます。144Hzゲーミングモニターのおすすめを探す前に、プレイしているゲームが144FPSに対応しているかチェックしておきましょう。

※最新のPCゲームはほとんどのケースで高いフレームレートに対応しています。

※注意:PS4/Proは現在60FPSが上限値です。PS4Proに使う目的でゲーミングモニターを買う場合は、応答速度や解像度に目を向けましょう。


ゲームタイトルにマッチしているか

144Hzゲーミングモニターを買えばすべてのゲームでパフォーマンスが向上する訳ではありません。ゲームタイトルによって求められるスペックの傾向が異なります。

・FPSやバトロワ系ゲーム→高いリフレッシュレート(早い応答速度)

・MMOやアドベンチャーゲーム→高いリフレッシュレート(高解像度)

・格闘対戦ゲーム→早い応答速度(少ない入力遅延)

・レースゲーム→ウルトラワイドモニター(高いリフレッシュレート・早い応答速度)

・PS4Proなど家庭用ゲーム→(応答速度・高解像度)

ゲームジャンルに応じてゲーミングモニターのおすすめポイントが変わるため、上記のポイントを参考に自分にマッチしたゲーミングモニターを探しましょう。

もちろん全てにおいて最高級のゲーミングモニターを購入できる場合はそれがベストです。しかし、「予算を抑えて適切なパフォーマンスを発揮してほしい」という場合は、ゲームタイトルに合ったゲーミングモニターのおすすめ商品を購入しましょう。


PCスペック(グラボ・ビデオカード)は十分か

144HzゲーミングモニターをPCで使う場合は、同じく144FPSをPC側で出力する必要があります。ただし、画質設定を下げずに高フレームレートを出力するにはそれなりのグラフィックボードが必要です。

せっかく144Hzゲーミングモニターを手に入れても、PCスペックが足りなければ悲しい思いをしてしまう可能性も……。

144HzゲーミングモニターにあわせてPCの購入も考えている場合は、ゲームごとの推奨スペックをチェックしておきましょう。


ゲーミングモニターのおすすめメーカー

ゲーミングモニターの開発に早くから参入しているメーカーも少なくありません。長年培ったノウハウにより、古参メーカーはスペックやコスト面に優れているとも言われています。

そんなゲーミングモニターのメーカーの中でも、特に人気のおすすめメーカーをご紹介します。


BenQ

f:id:korekai:20190818233057j:plain
BenQは台湾に本社を置く電気製品メーカーで、主にモニター製品やプロジェクター製品の開発を行っている企業です。BenQの作るゲーミングモニターはPJS(PUBG公式大会)などeSports大会でも利用されているほど。

コスパに優れているとゲーマーの中でも人気を集めています。
【関連】BenQ(ベンキュー)で選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

BenQの人気ゲーミングモニターはこちら


ASUS

f:id:korekai:20190818233105j:plain
ASUSは同じく台湾に本社を置く電子機器メーカーで、PCのマザーボードからスマートフォンまで幅広く開発を手掛けている企業です。

ゲーミングデバイスをメインに周辺機器にも注力しており、ゲーミング用ブランド「ROG」を立ち上げるほど幅広く手掛けています。
【関連】ASUS(エイスース)で選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ASUSの人気ゲーミングモニターはこちら


LGエレクトロニクス

f:id:korekai:20190818233111j:plain
LGは韓国に本社を置く電気業界大手の企業で、液晶テレビやモニターといったパネル製品に幅を利かせていることが1つの特徴でしょう。

中でもLG製品は”薄い”と言われており、デスクと背面の設置スペースが少ないといった環境でも設置可能な薄型モニターも販売されています。
【関連】LGで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

LGの人気ゲーミングモニターはこちら


Acer

f:id:korekai:20191019201558j:plain:w300
Acer(エイサー)は台湾のメーカーで、安価なエントリーモデルからハイエンドモデルまで多くのゲーミングモニターを展開しています。

画面サイズも豊富にラインナップされ、ゲーミングモニターながら全体的に安価という特徴も。

Amazonでは頻繁に割引クーポンが発行され、私も持っているAcer KG221Q(応答速度1ms)は1万円以下で購入できます。
【関連】Acerで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

Acerの人気ゲーミングモニターはこちら


まとめ:安いゲーミングモニターのおすすめはコレ!

f:id:korekai:20200908180549j:plain

安価なゲーミングモニターの度合いは人によって違うかも知れません。もし安いゲーミングモニター選びで悩んでいる場合は下記のポイントをチェックしてみてくださいね。

コスパ最強おすすめ:Acer SigmaLine KG241QAbiip

PS4 Pro用なら:JAPANNEXT JN-T2888UHDR

とにかく安価なモノなら:LG 22MK400H-B

応答速度を最重視するなら:ASUS VG245HE-J

安いゲーミングモニターだとしても、自分好みのジャンルにマッチしたスペックを用意することで不利を背負わずにゲームをプレイできるでしょう。

とはいえ、ゲームの興味は移り変わるもの。もし「ほかのジャンルも遊んでみようかな?」と興味がある場合は、幅広いジャンルをカバーできる144hz/0.6msの「Acer SigmaLine KG241QAbiip」を選んでみてくださいね。

【関連】プロゲーマーに聞いてみた!おすすめのゲーミングモニター

【関連】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選【144Hz/1ms】

Acer SigmaLine KG241QAbiipを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

144Hzかつ0.6msと、ほとんどのゲーマーが納得出来るスペック。5機種の中で一番おすすめなゲーミングモニターです


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ最強】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【144Hz/1ms】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング