+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【ドスパラ GALLERIA RM5R-G60S レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20200903114652j:plain
ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sは、格安ゲーミングPCとして人気だったGALLERIA RT5の後継モデルです。

GALLERIAシリーズは、ケース筐体のデザインを一新し、それに合わせてモデル名も変更となりました。

税抜10万円という価格ながらカスタマイズ不要な性能で、フルHD画質ならほとんどのゲームを快適にプレイできるゲーミングPCです。

6コアのRyzen 5 3500、GTX 1660 Super、16GBメモリ、512GB NVMe SSDという構成で、無駄がなくとてもバランスの良い構成となっています。

フォートナイトやPUBG、Apex Legendsを遊びたい方におすすめですよ。

この記事では、ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのスペック、外観、性能、ベンチマークを紹介します。

■この記事で紹介する内容

・ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのスペック

・ドスパラ GALLERIA RM5R-G60S レビュー

・ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのベンチマーク測定

・ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのおすすめカスタマイズ

・ドスパラ GALLERIA RM5R-G60S レビュー:まとめ

ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのスペック、特長

f:id:korekai:20200811180614j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 5 3500 (3.6GHz-4.1GHz/6コア/6スレッド)
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ 512GB NVMe SSD / HDD 無し
電源 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
価格 99,980 円(+税)

※スペックはドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sを元に作成しております。

ドスパラのGALLERIAシリーズの中でも人気のゲーミングPCで、コストパフォーマンスにとても優れています。

もっと安いゲーミングPCもありますが、フルHD環境でのゲームプレイだとGALLERIA RM5R-G60Sがベストなスペックです。

特に安いゲーミングPCだと、メモリやストレージが少ないという傾向にありますが、16GBメモリと512GB NVMe SSDを搭載している点がおすすめポイントです。

ここにディスプレイ、マウス、キーボードを買ったとしても、プラス2万円くらいで環境は整います。また急ぎの場合でも「翌日出荷」に対応しているところもドスパラで買うメリットでもあります。

・人気機種GALLERIA RT5の後継機
・税抜10万円で購入できてカスタマイズ不要
・カスタマイズしても翌日出荷
・バトロワ系なら平均90〜100fpsで動作
・機能性と冷却性に特化した新筐体ケース
・Ryzen 5 3500、GTX 1660 Super搭載
・メモリ16GB、512GB NVMe SSD搭載

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA RM5R-G60S レビュー

外観

f:id:korekai:20200903114655j:plain
ドスパラは、ゲーミングPCブランドであるGALLERIAシリーズのケースデザインを7年ぶりに一新しました。

主な変更点は以下です。

・黒からガンメタリックも取り入れたカラーに。

・フロントに5インチベイが複数あったが、フラットに。1つに集約。

・フルカラーに対応したLEDライティング

・正面吸気の廃止。両側面にすることで吸気口領域が広がり、ファンサイズの140mmに。

・サイドパネルは標準でアクリルウィンドウ採用。

・USBなどのインターフェイスはフロント上部に移動。使いやすさUP。

・物を置きやすいように天面フラットに。内部にホコリが落ちないデザインと使いやすさの融合。

これらの変更点から、よりゲーマーにとって使いやすく、よりゲーミングPCらしく、誰でも長く愛用できるハイパフォーマンスなケースとなっています。

【関連】ドスパラ GALLERIA 新筐体発表会レポートはこちら

サイズ 220(W)x440(D)x425(H)mm
重さ 約14kg


f:id:korekai:20200903114824j:plainf:id:korekai:20200903114839j:plain
新筐体からフルカラーに対応したLEDライティングがフロントパネル縁に配置されています。

デフォルトは青系のカラー設定。プリインストールされているアプリからカラーやエフェクト等を変更できます。

フロントパネル縁のみというところも、派手すぎず幅広い方に受け入れられやすいポイントかもしれません。


f:id:korekai:20200903114821j:plainf:id:korekai:20200903114802j:plain

天面にはコントローラーやヘッドマウントディスプレイ、スマホなどを置けるフラット設計に。

排熱用のシャーシ、プラスティック製天面板、メッシュフィルターの3層構造。排熱性能とケース内部への埃の侵入を防ぐ設計です。

f:id:korekai:20200903114658j:plain
▲フロントパネルのインターフェイス

フロントにあるインターフェイスはアクセス頻度が高く、45度の傾斜をつけることで抜き差しがしやすいように設計。

最近はデスク下に置く方が多いというトレンドをしっかり抑えたデザインになっています。

インターフェイスは、高速伝送に対応したUSB 3.2 Gen1 Type-Aが4つ、オーディオジャック、電源ボタン、リセットランプ等を配置。

ヘッドセットやマイク、外部ストレージ、コントローラー等などと接続できます。


f:id:korekai:20200903114703j:plainf:id:korekai:20200903114707j:plain
サイドパネルは標準でアクリルウィンドウを採用。

カラーリングもガンメタリック塗装でスマートさもありつつも、黒よりもメカっぽさも増えました。

エアフローは、吸気エリアを前面から側面に変更することで吸気面積がアップ。効率的にケース内部を冷却可能です。

※ケースはモデルによって2種類あり、カラーリングが異なります。


f:id:korekai:20200903114818j:plain
サイドパネル前方には、吸気用のメッシュ加工があります。


f:id:korekai:20200903114710j:plain
▲背面には140mmファン1基とリアパネル、電源

ケース背面に140mmファンを搭載し、こもりがちな熱を効率的に排出。動作時の騒音抑える工夫も。


f:id:korekai:20200903114713j:plain
▲リアパネルのインターフェイス

・PS/2コネクター
・USB 2.0 x4
・DisplayPort
・USB 3.2 Gen1 x2
・LANポート
・オーディオ入出力

これだけあれば、キーボードやマウス、外付けHDD等を接続するには十分すきるUSB-Aポートの数です。へッドセット、マイク、外部HDDなどもたくさん接続できます。

ディスプレイへの出力はグラボから接続するので、こちらの映像出力端子は使用しません。

【関連】PCモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選

【関連】4Kモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選


f:id:korekai:20200903114718j:plain
ディスプレイ出力端子にDVI-D、HDMI、DisplayPort を搭載し、最大3画面出力をサポートしています。


f:id:korekai:20200903114727j:plainf:id:korekai:20200903114731j:plain
PC内部です。電源ユニットは反対側から、ケーブル類は裏面配線なので、キレイにまとまっています。

旧筐体に比べて電源からのケーブル(黄色・赤・黒)が目立たないので、見た目も良くなりました。


f:id:korekai:20200903114720j:plainf:id:korekai:20200903114723j:plain
サイドパネルはゆるく締めておけば、ドライバーなしで開閉可能。

旧筐体と違いよりスッキリとした印象を受けました。電源ユニットが反対側のため、メンテナンスもしやすそうです。


f:id:korekai:20200903114734j:plain
両側面吸気で、電源とCPU、グラボ等の熱を背面と天面の140mmファンで排熱するエアフローです。

CPUに付属しているリファレンスファンなので、夏場など室温が高くなる時期はやや心配です。

慣れていないと交換は面倒ですが、自分で高性能なCPUファンと交換するのもありでしょう。

その際は、Socket AM4 ソケットに対応したCPUファンを選んでください。


f:id:korekai:20200903114749j:plain
▲A520チップセットのマザーボードは、ASRock A520M TWが搭載

・PCI-Ex16 x1(グラボで使用中)
・PCI-Ex1 x1
・メモリスロットx2 (最大 64GB)
・SATA3 x 4
・M.2 x 2


f:id:korekai:20200903114746j:plain
ストレージは、M.2 SSD 512GBのみ。Phison製のPS5012-E12Sです。

SATA3.0接続よりも圧倒的に速いNVMe接続で、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。


f:id:korekai:20200903114812j:plain
SSDは、右側面のこの場所に2つ。HDDは、電源ボックス上に2つ増設可能です。


f:id:korekai:20200903114741j:plain
▲16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)

メモリースロットは2つ。うち2本を使用しており、最大64GBまで増設できます。


f:id:korekai:20200903114737j:plain
▲グラボは、GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6

GTX 1660 SUPERは、2019年10月末に発売されたミドルクラスのグラフィックボードです。

メーカーPalit製のシングルファンタイプ。

定番ベンチマークソフトの3DMarkで計測したところ、GTX 1660Tiのスコアに近い結果に。

結果的にGTX 1660とGTX 1660Tiの中間くらいの性能です。

メモリタイプはGDDR6に強化され、メモリ速度と帯域幅はGTX 1660Tiよりも良い性能です。

軽量〜中程度の重さのゲームならフルHD+高設定で平均90〜100fpsを超える動作ができます。

フォートナイトだとフルHD+最高設定で平均104.8 fpsで動作しました。


f:id:korekai:20200903114806j:plainf:id:korekai:20200903114809j:plain
ゴム足は4箇所、排気するには十分な隙間があるため、排熱効果も期待できます。

電源ユニットの排熱は底面へ逃します。スライドで脱着&水洗い可能なダストフィルター付き。

ホコリが溜まりやすい場所ですが、メンテナンス性も高いです。

ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのベンチマーク測定

f:id:korekai:20191217133543j:plain
▲平均で90fps超え(PUBG/ウルトラ設定)

ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sは、Ryzen 5 3500(6コア6スレッド)、GTX 1660 Super 6GBを搭載しています。

以下の人気ゲームでは最高設定で平均90〜100fpsでの動作結果に。

ゲーミングモニターと一緒に使っても十分性能を活かしきれるゲーミングPCです。

・PUBG:98.2 fps

・フォートナイト:104.8 fps

・Apex Legends:102.9 fps

3DMARK(TIME SPY):5727

f:id:korekai:20200903115550j:plain
3DMARK(TIME SPY)のテスト結果

FF14:13585(非常に快適)

f:id:korekai:20200903115601j:plain
FF14のテスト結果(フルHD/最高品質)

FF15:6360(快適)

f:id:korekai:20200903115611j:plain
FF15のテスト結果(フルHD/高品質)

ドラゴンクエストX:18753(すごく快適)

f:id:korekai:20200903115618j:plain
ドラゴンクエストXのテスト結果(フルHD/最高品質)

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20200903115630j:plainf:id:korekai:20200903115634j:plain
Cドライブの512GB SSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は3447.43 MB/s(読み込み)、2397.23 MB/s(書き込み)でした。

NVMe SSDなので、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。

CPUZ

f:id:korekai:20200903115647j:plain
CPUのシングルスレッドは478.9、マルチスレッドは2799.6でした。

CINEBENCH R20:2443pts

f:id:korekai:20200903115654j:plain
CINEBENCH R20のテスト結果


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20200811180614j:plain

ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sは、基本カスタマイズ不要です。

ストレージが512GB NVMe SSDのみなので、データ移行やデータ量が多くなりそうなら、HDDを追加すると良いでしょう。

もちろん、1TBのSSD(SATA)でもありかと思います。

■カスタマイズ一例

・1TB HDD +5,800円(+税)
・2TB HDD +7,100円(+税)

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA RM5R-G60S レビュー:まとめ

f:id:korekai:20200903114652j:plain

・人気機種GALLERIA RT5の後継機
・税抜10万円で購入できてカスタマイズ不要
・カスタマイズしても翌日出荷
・バトロワ系なら平均90〜100fpsで動作
・機能性と冷却性に特化した新筐体ケース
・Ryzen 5 3500、GTX 1660 Super搭載
・メモリ16GB、512GB NVMe SSD搭載

以上が、ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー内容です。

冒頭でも言いましたが、本当に無駄がなくとてもバランスの良い構成で、なんら不満なく快適に使えるゲーミングPCです。

10万円という予算で購入できて、カスタマイズ不要。メモリもしっかり16GB、ストレージも512GB NVMe SSDとゲーム用途なら十分です。

実際にPUGBやフォートナイト、Apex LegendsをフルHD+最高設定でプレイしましたが、平均90〜100fps前後で動作しており、ゲーミングモニターとの併用も余裕でした。

同時にゲーム配信や実況となると、もう少し上のクラスが必要となりますが、一人でゲームをする上ではこのスペックでOK。

人気格安ゲーミングPCが新筐体となった今、低予算でゲーミングPCを探しているなら間違いなくおすすめです。

【関連】高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング

【関連】【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【関連】【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3,400円~の支払いでデスクトップPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCのレビュー

【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ レビュー


【コスパ良】GALLERIA ガレリア XV レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング