+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

+ログ

【2022年最新版】ツクモのおすすめゲーミングPCランキング【G-GEAR・カスタマイズ】


この記事ではツクモ G-GEARのおすすめゲーミングPCを厳選してご紹介します。

PCを購入する方法にはいくつかあり、家電量販店で買う方法、パーツを個別に購入して組み立てる方法などがあります。またインターネットで購入する方法としては、BTOという購入方法もあります。

BTOとはBuild to Orderの略で、オプションとしてパーツなどをある程度選択できる買い方です。このBTOを取り入れているPCショップには、ドスパラやマウスコンピューター、ツクモなどがあります。

ツクモは秋葉原を中心に、店舗でもパソコン・パーツなどを販売しているヤマダ電機の子会社で、ゲーミングPCに関しても幅広いスペックから予算に合わせて購入可能です。

ではこのツクモでゲーミングPCを買うとき、どの製品が良いのかランキングにしてまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


\ツクモのおすすめゲーミングPC/

・もっともおすすめ
G-GEAR GA5A-D221 RTX3070

・バランス重視なら
G-GEAR GA7J-E221

・4Kでも遊べるハイスペックなら
G-GEAR GA7J-F221

・予算重視でフルHDゲーミングなら
G-GEAR GA5J-B221B

・省スペースモデルなら
G-GEAR mini GI5A-E221

ツクモ G-GEARのおすすめゲーミングPCランキング

ツクモは「G-GEAR」というシリーズ名でゲーミングPCを販売しています。

数あるツクモのゲーミングPCから特におすすめの製品を5つ紹介します。

ランキング形式にしていますが、「遊びたいゲームが決まっている」「いろんなジャンルのゲームを楽しみたい」等、順位を問わず目的に合わせたベストな製品を選んだので、ぜひ参考にしてください。

【1位】G-GEAR GA5A-D221 RTX 3070

OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 7 5700X
GPU GeForce RTX 3070
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 3営業日
参考価格 217,100円(税込)
特徴 カスタム不要の高コスパPC

ツクモのおすすめゲーミングPC1位は「G-GEAR GA5A-D221 RTX3070」です。

発売されたばかりの最新CPU Ryzen 7 5700XとGPUにRTX 3070を搭載したコスパの高いハイスペックモデル。

16GBのメモリと1TBのSSDを搭載し、ほとんどの人はカスタマイズ不要で使える余裕のスペックが魅力。

基本性能がとても高いわりに価格も安く、ゲーム実況や動画編集などマルチな活用もできる万能PCです。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:360fps
・WQHD:290fps
・4K:250fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:180〜200fps
・WQHD:130〜150fps
・4K:70〜90fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:65〜85fps
・WQHD:60〜70fps
・4K:45〜60fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K

ほとんどの人気FPSゲームを200fpsに近いフレームレートで遊べます。

コスパも非常に良く、「迷ったらこれを買えば間違いない」と言える一番のおすすめPCです。

ツクモ公式サイトで見る

■延長保証サービスについて

ゲーミングPCはたまに自然故障するケースがあり、eX.computer延長保証 (PC本体 3年保証)に加入しておくと安心です。※ゲーミングPC本体価格によって保証料は変動する 2,200〜16,500円

またパソコン本体を送らなくても、故障した部分のパーツを郵送して自分で修理するお客様修理サービス(99EURPP)もあります。

【2位】G-GEAR GA5J-B221B

OS Windows 11 Home
CPU Core i5-12400F
GPU GeForce RTX 3050
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 3日
参考価格 149,800円(税込)
特徴 最強エントリーPC

ツクモのおすすめゲーミングPC2位は「G-GEAR GA5J-B221B」です。

CPUに第12世代のCore i5とGPUにGeForce RTX 3050を搭載した最新モデル。

CPUとGPUが「エントリーモデルの中でも最高級な組み合わせ」となっており、価格も抑えたお買い得な一台です。

メモリは16GBでSSDは大容量の1TBを搭載。

最新のCPUとGPUに大容量のメモリとストレージで、長く使える安心のスペックとなっています。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:190fps
・WQHD:160fps
・4K:140fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:90〜110fps
・WQHD:70〜80fps
・4K:40〜50fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:40〜45fps
・WQHD:35〜40fps
・4K:25〜30fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD X
4K X

フルHD解像度ならほとんどのゲームを快適に遊べるスペックで、重たいゲームは少し画質を落とせば問題ありません。

コストを抑えてPCゲームを始めたい方に一番のおすすめです。

ツクモ公式サイトで見る

【3位】G-GEAR GA7J-E221

OS Windows 11 Home
CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3060 Ti
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 3営業日
参考価格 222,800円(税込)
特徴 コスパ抜群のミドルハイスペック

ツクモのおすすめゲーミングPC3位は「G-GEAR GA7J-E221」です。

CPUにパワーのあるCore i7とGPUにRTX 3060Tiを搭載したミドルスペック最高峰のバランスの良さがポイント。

メモリは16GBでストレージは1TBとゲームマシンとして必要十分な容量となっています。

フルHD〜WQHD解像度のゲームに強く、ゲームだけでなく趣味の動画編集や日常使いにも最適な苦手ジャンルの少ないゲーミングPCです。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:310fps
・WQHD:250fps
・4K:210fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:160〜165fps
・WQHD:110〜125fps
・4K:65〜75fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:60〜75fps
・WQHD:50〜65fps
・4K:40〜50fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K X

フルHD〜WQHDならどんなゲームも快適に遊べて、4Kでもソロで楽しむ競技性の低いゲームなら問題のないスペック。

CPU/GPU共にミドルレンジPCでは最強のパフォーマンスが出せるバランス重視の高性能マシンです。

ツクモ公式サイトで見る

【4位】G-GEAR GA7J-F221

OS Windows 11 Home
CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3070 Ti
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 3営業日
参考価格 252,800円(税込)
特徴 長く使えるハイスペック

ツクモのおすすめゲーミングPC4位は「G-GEAR GA7J-F221」です。

CPUとGPUにヘビーゲーマーに大人気の第12世代Core i7とRTX 3070 Tiを搭載したハイスペックモデル。

ほとんどのゲームは4K解像度でも60fps以上の快適なフレームレートを実現し、フルHDやWQHDならプロゲーマーも満足する処理能力です。

メモリは16GBでストレージは1TBとゲームマシンとして必要十分な容量。

ゲームだけでなく、日常使いからクリエイティブな作業にも使える苦手ジャンルの少ないゲーミングPCです。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:360fps
・WQHD:290fps
・4K:250fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:180〜200fps
・WQHD:130〜150fps
・4K:70〜90fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:65〜85fps
・WQHD:60〜70fps
・4K:45〜60fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K

4K解像度でも快適にゲームができる性能で、苦手な解像度がない万能タイプ。

高性能なわりに価格は抑えてあり、数年に渡って最新ゲームを遊び続けられるハイスペックPCです。

ツクモ公式サイトで見る

【5位】G-GEAR mini GI5A-E221

OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 5 5600
GPU GeForce RTX 3060 Ti
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 3営業日
参考価格 198,800円
特徴 小型のミドルハイスペック

ツクモのおすすめゲーミングPC5位は「G-GEAR mini GI5A-E221」です。

CPUにコスパの高いRyzen 5 5600とGPUにパワーのあるGeForce RTX 3060 Tiを搭載したミドルハイスペック。

16GBのメモリと1TBのSSDを搭載し、カスタム不要で使い始められる余裕のスペックとなっています。

高さ300mmの小型ケースなので、大きくて無骨なデザインのPCが苦手な方におすすめです。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:310fps
・WQHD:250fps
・4K:210fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:160〜165fps
・WQHD:110〜125fps
・4K:65〜75fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:60〜75fps
・WQHD:50〜65fps
・4K:40〜50fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K X

フルHD解像度ならほとんどのゲームを快適に楽しめます。

小型PCでも性能に妥協をしたくない人におすすめのゲーミングPCです。

ツクモ公式サイトで見る

遊びたいゲームから最適なゲーミングPCを選ぶ

まずはゲーミングPCを選ぶ理由である、「どのゲームで遊ぶか?」を基準にしてBTOゲーミングPCについて考えてみましょう。

なお基本的な考え方は、後の項目「ゲーミングPCの選び方」で細かく解説しています。

PUGBやフォートナイト、ApexにおすすめのゲーミングPC

機種名 スペック
1位 G-GEAR GA7J-F221 GeForce RTX 3070 Ti搭載
2位 G-GEAR GA5A D221
G-GEAR GA7J-E221/GI5A-E221
GeForce RTX 3070搭載
GeForce RTX 3060 Ti搭載
3位 G-GEAR GA5J-B221B GeForce RTX 3050搭載

2017年にPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)が発売されてから、いわゆるバトルロイヤル系ゲームが人気です。

まださほど認知度が高くなかった「PCでゲームをする」という考えを日本でも根強く広めたのはPUBGの大きな功績だといえるでしょう。

推奨システム要件としてCPUにi5-6600K以上、グラフィックボードにGTX 1060 3GB以上、メモリに16GB以上のものを使用するように設定されています。
(スペック表の参考URL:PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS - Steam

1位〜5位で紹介したゲーミングPCなら推奨スペックを十分にクリアしているので、フルHDまたはそれ以上の解像度でも快適にプレイできます。

以下の記事ではメーカーの推奨スペックを参考に、PUBGやフォートナイトにおすすめなゲーミングPCをまとめているので参考にしてください。

【関連】PUBGにおすすめゲーミングPC比較まとめ

【関連】フォートナイトにおすすめゲーミングPC比較まとめ

「ギリギリPUBGをプレイできればいい」のか「余裕をもってプレイしたい」のかで、どの製品にするか選ぶのもいいでしょう

BO4やBF5などのFPSにおすすめのゲーミングPC

機種名 スペック
1位 G-GEAR GA7J-F221 GeForce RTX 3070 Ti搭載
2位 G-GEAR GA5A D221
G-GEAR GA7J-E221/GI5A-E221
GeForce RTX 3070搭載
GeForce RTX 3060 Ti搭載
3位 G-GEAR GA5J-B221B GeForce RTX 3050搭載

FPSゲームはかつて3Dゲームとして重いゲームの代名詞でしたが、現在ではPCパーツの性能が上がり、以前ほど重くはなくなりました。

eSportsタイトルとしてはCounter-Strike: Global Offensive(CS:GO)やオーバーウォッチが挙げられるでしょう。

たとえばオーバーウォッチのスペック表を見ると、推奨動作環境としてCPUにi5以上、グラフィックカードにGTX 660以上、メモリに6GB以上のものを使用するように設定されています。
(スペック表の参考URL:オーバーウォッチのシステム要件 - ブリザードサポート

こちらも1位〜5位で紹介したゲーミングPCなら推奨スペックを十分にクリアしているので、フルHDまたはそれ以上の解像度でも快適にプレイ可能です。

最新のオンラインゲームにおすすめのゲーミングPC

機種名 スペック
1位 G-GEAR GA7J-F221 GeForce RTX 3070 Ti搭載
2位 G-GEAR GA5A D221
G-GEAR GA7J-E221/GI5A-E221
GeForce RTX 3070搭載
GeForce RTX 3060 Ti搭載
3位 G-GEAR GA5J-B221B GeForce RTX 3050搭載

最新のオンラインゲームは高グラフィックな3Dゲームが多いため、それなりにグラフィックボードの性能が必要です。またCPUやメモリも一定以上グレードが求められます。

具体的なタイトルを挙げると、FF15やバトルフィールドⅤ(BF5)、コールオブデューティーブラックオプス(BO4)です。

たとえばBF5のスペック表を見ると、推奨環境としてCPUにi7-4790以上、グラフィックボードにGTX 1060 6GB以上、メモリに12GB以上となっており、ミドルレンジクラスのゲーミングPCが該当します。
(スペック表の参考URL:Origin

1位〜3位のゲーミングPCなら推奨スペックを十分にクリアしているので、フルHDまたはそれ以上の解像度でも快適にプレイできます。もし購入予定のゲーミングPCのメモリが8GBなら、16GBにアップグレードすることをおすすめします。

人気オンラインゲームの推奨動作環境

各オンラインゲームには推奨動作環境が設定されており、公式サイト上で公開されています。

現在販売されているゲーミングPCであれば、大幅に推奨動作を満たしたスペックであるため、気にすることはありません。

以下の記事に、ゲーム別のおすすめゲーミングPCをランキング形式でまとめていますので参考にしてください。

【関連】FF14におすすめゲーミングPC比較まとめ

【関連】PUBGにおすすめゲーミングPC比較まとめ

【関連】フォートナイトにおすすめゲーミングPC比較まとめ

【関連】Apex LegendsにおすすめゲーミングPC比較まとめ

ゲームタイトル CPU GPU メモリ
Apex Legends Core i5 3570T GTX 970 4GB
Radeon R9 290
8GB
PUBG Core Core i3-4340 GTX 660 2GB
Radeon HD 7850 2GB
6GB
Fortnite Core i5 2.8 Ghz GTX 660 2GB
Radeon HD 7870
8GB
FF15 Core i7-3770 GTX-1060 6 GB
RX 480
16GB
League of Legends 3 GHz以上 8600M GT
Radeon HD 2600
4GB
World of Tanks Core i5-3330 GTX660 2 GB
Radeon HD 7850 2 GB
4GB
Battlefield V Core i7 4790 GTX 1060 3GB
Radeon RX 480 4GB
16GB
Call of Duty Black Ops 4 Core i5-2500K GTX 970 4GB
GTX 1060 6 GB
Radeon R9 390
RX 580
12GB

どれがいい?ゲーミングPCの選び方

初めて買う方にとって、どのBTOメーカーでゲーミングPCを買えばいいのか分からないと思います。

そんな方のために、以下の表を作ってみました。快適な環境でゲームをプレイしたい方は最低でも10万円以上は必要です。ただこれは本体の価格なので、モニタやキーボード、マウス、スピーカーを持っていない方は別途購入が必要です。

また各パーツのポイントも紹介。ドスパラ公式ページの解説が分かりやすいので、紹介しておきます。

選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。

推奨 特徴
メモリ 16GB 多いほどCPUが効率的に動作する
GPU GeForce GTX 1660以上
GTXの後に続く数字が大きいほど、
高性能で3Dゲームをプレイする為に1番重要なパーツ
CPU Intel Core i5/i7
AMD Ryzen 5/7
Core i7やRyzen 7がスペックが高くおすすめ
高性能なほど高速で処理
価格 10万円以上 モニターなどを除く本体価格
ゲーミングノートもあるが、デスクトップに比べて高価

※GPUはグラフィックボードやビデオカードといった呼び方もあり

1位の「G-GEAR GA7J-D221」が高性能かつコスパ良くておすすめですよ。

グラフィックボードを中心に考えよう

まずはじめにパソコンでゲームをする上で、重要なグラフィックボード(グラボ)についてご紹介します。

グラフィックボード(通称グラボ・GPU)は、映像の計算をするパーツです。高性能であるほどパソコンから出力される映像をキレイにかつスムーズに表示することができます。

主にグラフィックボードはゲームをプレイする方、絵を書いたり動画編集したりとクリエイティブな仕事で使われる事が多いです。

グラフィックボードは現在2社が圧倒的なシェア率であり、NVIDIA社とAMD社です。NVIDIA社はGeForce(ジーフォース)、AMD社はRadeon(レイディオン)というブランドで展開しています。

・GeForce GTX 1660
・GeForce RTX 3050
・Radeon RX 6500 XT
(エントリー)

・GeForce RTX 3060〜
・Radeon RX 6600 XT〜
(ミドルレンジ〜ハイエンド)

ではゲームをプレイする上でどれくらいの性能をもったグラフィックボードが必要なのか。それはプレイするゲームによって変わってきます。

ただ目安として、GeForce GTX 1660以上あれば、フルHD画質で大抵のゲームをプレイ可能です。

【関連】グラフィックボード性能比較ベンチマークテスト

きれいな画質かつ、ゲーム設定を上げてプレイしたいなら、GeForce RTX 3060以上のゲーミングPCを選びましょう


CPUはPC全体の性能

次はパソコンの頭脳であるCPUです。CPUはパソコン全体の性能を左右するパーツとも言えます。

CPUも主に2社が大きなシェア率であり、Intel社とAMD社です。Intel社はCoreシリーズ、AMD社はRyzenシリーズというブランドで展開しています。

CPUは中央処理装置を意味し、まさにパソコンの中心となって処理をしてくれます。グラフィックボードと違って映像以外の処理もしてくれるので、ゲーム以外の用途であればグラフィックボードよりも高性能なCPUを搭載したほうが良いです。

・Intel Core i5/7/9(数字が大きいと高性能)

・AMD Ryzen 5/7/9(数字が大きいと高性能)

ただCPUには世代があり、古い世代のCore i7よりも新しい世代のCore i5の方が高性能だという場合もあるので注意しておきましょう。

【関連】CPU性能比較

ゲームをするならIntel Core i5/7、Ryzen 5/7を搭載したゲーミングPCを選びましょう


メモリは多めに

最後はパソコンの動作に影響するメモリです。基本的にメモリは多いほどスムーズに動作します。よくある「パソコンが重い」と悩まずに済みます。

ゲーム用途なら最低でも8GBは必須であり、16GBあると安心です。あればあるほどいいですが、32GBはややオーバースペックとも言えます。

メモリ8GB:2Dゲームやブラウザゲーム

メモリ16GB:3Dゲーム、複数ソフトの立ち上げ

メモリ32GB:配信、動画編集、クリエイティブな仕事

【関連】メモリにも種類がある?DDR4のメモリは何が違うの?

快適にゲームをするならメモリ16GB以上を搭載したゲーミングPCを選びましょう


【まとめ】迷ったらG-GEAR GA5A-D221で決まり!

OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 7 5700X
GPU GeForce RTX 3070
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 3営業日
参考価格 217,100円
特徴 カスタム不要の高コスパPC

1位で紹介した「G-GEAR GA5A-D221 RTX3070」は、数年に渡って最新ゲームを遊び尽くせるスペックを持っています。

長く現役で使える性能でありながら他のBTOショップよりも価格を抑えており、予算20万円前後でPCを探している方におすすめです。

もっと安い製品が良いという人や、せっかく買うならもっとハイスペックなゲーミングPCが欲しいという人は、以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング

10万円前後のゲーミングPCおすすめまとめ

\ツクモのおすすめゲーミングPC/

・もっともおすすめ
G-GEAR GA5A-D221 RTX3070

・バランス重視なら
G-GEAR GA7J-E221

・4Kでも遊べるハイスペックなら
G-GEAR GA7J-F221

・予算重視でフルHDゲーミングなら
G-GEAR GA5J-B221B

・省スペースモデルなら
G-GEAR mini GI5A-E221

BTOメーカーはたくさんありますが、選ぶ上で重要なのは「納期の早さ」と「保証サービス」です。

ツクモは最短当日出荷の即納モデルもあり、在庫状況にもよりますが、できるだけ早く手に入れたい方におすすめです。

また万が一の故障でも延長保証サービスが3年間修理代無料など、次の買い替えサイクル時期まで安心して使えます。

G-GEARシリーズは、基本構成から自分好みにカスタマイズできるので、パソコン知識がない方や自作でアップグレードできない方にも安心ですよ。

すでにプレイしたいゲームが決まっているときは、そのゲームの要求スペックに合わせて、幅広くゲームを楽しみたいときは、なるべく高性能なPCを選んでおくと応用がきかせやすくなるでしょう。

さらにお得なキャンペーンも実施しているので、パーツのアップグレードやポイント増量、ゲームがもらえるなど購入する際にどんなキャンペーンを開催しているか確認してくださいね。

ツクモ公式サイトで見る

■延長保証サービスについて

ゲーミングPCはたまに自然故障するケースがあり、eX.computer延長保証 (PC本体 3年保証)に加入しておくと安心です。※ゲーミングPC本体価格によって保証料は変動する 2,200〜16,500円

またパソコン本体を送らなくても、故障した部分のパーツを郵送して自分で修理するお客様修理サービス(99EURPP)もあります。

おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング


ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

165Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

360Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ウルトラワイドゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー