+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【GALLERIA GR1650TGF-T 実機レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20201011221506j:plain
この記事では「GALLERIA GR1650TGF-T」を実機レビューします。

税込8万円台で購入できるコスパの良いエントリー向けゲーミングノートです。

スペック面で見るとPUBGやフォートナイト、Apex LegendsなどはフルHD+最高設定で快適基準となる60fpsを超える70fps台で動作します。

FPSやTPSをプレイするなら120Hz液晶をフルに使った方がいいので、その場合はゲーム設定を下げて120fps以上出せる環境でプレイすると良いでしょう。

デスクトップパソコンだと場所を取ったり、周辺機器を揃える必要がありますが、ゲーミングノートならこれ1台ですぐに遊べる手軽さがポイントです。

週末やお休みの日など、週末ゲーマー、低予算でエントリーモデルを探している方におすすめです。

次の項目からスペックや外観、ベンチマークなど紹介しているので、参考にしてください。

■この記事で紹介する内容

・GALLERIA GR1650TGF-Tのスペック

・GALLERIA GR1650TGF-T実機レビュー

・GALLERIA GR1650TGF-Tのベンチマーク測定

・GALLERIA GR1650TGF-T実機レビュー:まとめ

GALLERIA GR1650TGF-T レビュー


f:id:korekai:20201011234527j:plain

GR1650TGF-T

GALLERIA

ノートパソコン


4.6



  • 税込み8万円台で購入できる

  • 狭額ベゼル&15.6型120Hz駆動液晶

  • バトロワ系は最高設定で平均70fps前後

  • 薄くて軽いので持ち運びできる

  • カスタマイズ不要で翌日出荷対応

  • Wi-Fi6対応

GALLERIA GR1650TGF-Tのスペック

ディスプレイ 120Hz/15.6インチ/フルHD液晶
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 4600H (3.0GHz-4.0GHz/6コア/12スレッド)
グラフィック機能 NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti GDDR 4GB
電源 ACアダプター(120W)
メモリ 8GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ 512GB NVMe SSD
入出力ポート USB3.2 Gen2 Type-C x1, USB3.2 Gen1 Type-A ×2, USB2.0 Type-A×1
マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 /HDMI2.0 x1 / miniDP1.2/1.4 x1
バッテリー駆動 約7.5時間
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW
サイズ 359.8(幅) × 243(奥行き) × 20.5(高さ) mm
重量 約1.9Kg(内蔵バッテリー含む)
価格 79,980円(税別)

CPUはAMD Ryzen 5 4600Hを採用。6コア12スレッドで動作します。ゲーム用途としては十分な性能です。

グラボはGeForce GTX 1650 Ti。エントリークラスながらもバトロワ系タイトルはフルHD+最高設定で平均60fps以上で動作します。

ゲーム設定を下げれば、100fps以上でも動作するため、低予算でそこそこ動くゲーミングノート探しならこのスペックで十分です。

メモリは8GB、ストレージは高速のNVMe SSD 512GBです。

液晶は15.6型フルHD液晶でノングレアタイプで、エントリークラスのゲーミングノートとしては稀な120Hz駆動です。

FPSやTPSをプレイしたい方にとっては嬉しい仕様となっています。

また旧規格と比較して、より安定して高速な通信ができる次世代規格のWiFi6(802.11ax)に対応しているため、対応ルーターをお持ちなら高画質の動画ストリーミングなども快適に楽しめます。

・税込み8万円台で購入できる
・狭額ベゼル&15.6型120Hz駆動液晶
・Ryzen 5 4600H&GTX 1650 Ti 4GB
・8GBメモリ&512GB NVMe SSD
・バトロワ系は最高設定で平均70fps前後
・薄くて軽いので持ち運びできる
・カスタマイズ不要で翌日出荷対応
・Wi-Fi6対応


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA GR1650TGF-Tのレビュー・評価を見る

外観チェック

f:id:korekai:20201011221519j:plain
GALLERIA GR1650TGF-Tの外観をチェックしていきます。

カラーはスペースグレイのようなシルバー系です。

安価なゲーミングノートですが、安っぽさを感じさせないデザイン。


f:id:korekai:20201011221352j:plainf:id:korekai:20201011221355j:plain

サイズは幅359.8mm×奥行き243mm×高さ20.5mm、重さは約1.9gです。

15.6型ながらも薄型軽量なため、持ち運んだりやサブのゲーミングノートとしても良いですね。

ファンは2つ搭載されており、CPUとGPUを効率的に冷やします。ゲームを起動してしばらくすると高速動作するため、排気音はやや気になりました。

ただどのゲーミングノートもファン音は大きくなりがちなので、ヘッドセットをつけていればほとんど気になりません。


f:id:korekai:20201011221529j:plain
実測値だと1.979kgでした。


f:id:korekai:20201011221359j:plain
キーボードは、テンキー付きの日本語配列です。ただ少し変則的な配列となっています。

キーピッチは縦横約19mm、キーストロークは約1.6mmです。タイピングのしやすさは普通でした。

ゲームで多用するWASD、スペース、シフトキー周りのアクセスに関しても普通です。


f:id:korekai:20201011221414j:plain
慣れの問題ですが、英字配列で良くみるエンターキーが横長タイプで少々打ちづらさはありました。

バックスペースもほぼ同じ大きさです。テンキーは3列でやや窮屈な配列となっています。


f:id:korekai:20201011221604j:plainf:id:korekai:20201011221607j:plain
▲LEDバックライト搭載キーボード

バックライトカラーや発光パターンは、プリインストールされているソフトで変更可能。

明るさは4段階で調整できます。


f:id:korekai:20201011221411j:plain
キーボード右上にはファンコンボタン、電源ボタンがあります。


f:id:korekai:20201011221418j:plain
タッチパッドは一体型です。反応や滑りなどは問題なく使えました。


f:id:korekai:20201011221426j:plain
左側面のインターフェイスです。

・有線LANポート
・USB2.0 x1
・マイク入力 x1
・ヘッドフォン出力


f:id:korekai:20201011221422j:plain
右側面のインターフェイスです。

・SDカードスロット
・USB3.2 gen1 Type-A x2


f:id:korekai:20201011221430j:plain
背面のインターフェイスです。

・miniDP x2
・HDMI x1
・USB3.2 gen1 Type-C x1
・DCIN

USBポートや映像出力周りも充実しており、主要ポートは一通り揃っています。

電源のDCIN、HDMI等も背面集約なので、ケーブル類の取り回しもしやすいです。


f:id:korekai:20201011221522j:plain
ディスプレイ部分はこの角度まで開きます。


f:id:korekai:20201011221533j:plain
液晶については、15.6型のフルHD仕様。狭額ベゼルで120Hz駆動に対応しています。

写真だと少し粗く見えますが、実際は精細に写っています。画質は普通だと思います。

ノングレアなので、映り込みも少なく、ゲームやエンタメ利用に不満なく使えます。


f:id:korekai:20201011221539j:plainf:id:korekai:20201011221544j:plain
上横のベゼルは狭め。下はやや広めです。


f:id:korekai:20201011221536j:plain
視野角はそこそこ広いです。

横から見ることは少ないですが、正面、上下から見ても狭いとは感じませんでした。


f:id:korekai:20201011221547j:plain
実況配信できるスペックではないですが、ビデオ会議等に使えるHD画質 WEBカメラを搭載。


f:id:korekai:20201011221454j:plainf:id:korekai:20201011221457j:plain
バッテリー駆動は約7.5時間。ACアダプターはやや大きめです。重さは約1kg。

電源のない場所での高負荷な使用には向きませんが、2〜3時間程度の外出での使用なら十分なバッテリー持ちです。


f:id:korekai:20201011221500j:plain
スピーカーは底面に2つ配置されています。音質は普通です。

GALLERIA GR1650TGF-Tのベンチマーク測定

GALLERIA GR1650TGF-Tは、税込み8万円台という安さながらも人気どころのタイトルは比較的快適に動作します。

特にバトロワ系であれば、フルHD+最高設定で平均70fps前後動作しました。負荷を考慮した低設定にすれば、平均100fps以上で動作します。

軽量なVALORANTだと最高設定で平均170fpsです。高画質や高フレームレートを優先しないのであれば、この程度のスペックで十分だと分かりました。

ライトゲーマー、週末ゲーマー、ゲーミングノートでそこそこ動いて手軽さ、安さを求めるならおすすめです。

▼フルHD/最高設定で計測

・PUBG:71.4fps

・フォートナイト:74.2fps

・Apex Legends:72.9fps

・VALORANT:176.3fps

TIME SPY1.0:3800

f:id:korekai:20201011221658j:plain
定番の3Dベンチマークソフトの3Dmarkで計測した結果です。

FF15:7000(フルHD/快適)

f:id:korekai:20201011221655j:plain
そこそこのスペックが求められるFF15。フルHD、軽量品質で「快適」評価でした。

FF14:10518(非常に快適)

f:id:korekai:20201011221652j:plain
FF14は美麗な3Dグラフィックスゲームの1つ。フルHD、高品質で「非常に快適」評価でした。

ドラゴンクエストX:9240(とても快適)

f:id:korekai:20201011221704j:plain
ゲーミングPCでなくても動作するドラクエX。フルHDの最高設定で「すごく快適」評価でした。

CINEBENCH R20:3208pts

f:id:korekai:20201011221714j:plain
定番のCPUベンチマークソフトのCINEBENCH R20で計測した結果です。

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20201011221708j:plainf:id:korekai:20201011221711j:plain
CドライブのSSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は2515.65 MB/s(読み込み)、1840.28 MB/s(書き込み)とOSやゲームクライアントの立ち上がりはかなり速いです。

CPUZ

f:id:korekai:20201011221718j:plain
AMD Ryzen 5 4600Hは、6コア/12スレッドで動作するCPUです。

CPUのシングルスレッドは 482.1、マルチスレッドは4026.2でした。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA GR1650TGF-Tのレビュー・評価を見る


GALLERIA GR1650TGF-Tのおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20201011234527j:plain

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Ryzen 5 4600
GPU GeForce GTX 1650Ti
メモリ 8GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ 512GB NVMe SSD
価格 79,980円(税別)

GALLERIA GR1650TGF-Tは、執筆時点ではパーツ類のカスタマイズはできません。

OSやオフィスソフト、セキュリティソフト等のカスタマイズのみ。

別途パーツを購入すれば、自身でのメモリとストレージの増設は可能です。
※メモリスロット(DDR4-3200)に1つ、M.2 SSDに1つ空きあり


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA GR1650TGF-Tのレビュー・評価を見る

GALLERIA GR1650TGF-T 実機レビュー:まとめ

f:id:korekai:20201011221511j:plain

・税込み8万円台で購入できる
・狭額ベゼル&15.6型120Hz駆動液晶
・Ryzen 5 4600H&GTX 1650 Ti 4GB
・8GBメモリ&512GB NVMe SSD
・バトロワ系は最高設定で平均70fps前後
・薄くて軽いので持ち運びできる
・カスタマイズ不要で翌日出荷対応
・Wi-Fi6対応

以上が、GALLERIA GR1650TGF-Tのレビュー内容です。

とにかく低予算でゲームプレイしたい方におすすめのゲーミングノートです。またサブゲーミングノートとして所持するには丁度よいスペックです。

実際にフォートナイトをフルHD/60fps固定(フルスクリーン)でプレイしましたが、カクつくことなく快適にプレイできました。

スペック自体はそれほど高くないですが、現在流行っている人気タイトルはほとんど快適に動作しますし、120Hz液晶を搭載しているためFPSやTPSジャンルを楽しみたい方にピッタリです。

税込みでも8万円台で購入でき、本体も薄くて軽いので持ち運びもできますよ。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA GR1650TGF-Tのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC、ゲーミングモニター、ゲーミングマウスをまとめた記事があるのでご覧ください。


ゲーミングPCレビュー記事

【ド定番、人気No1モデル】
GALLERIA XA7C-R70S レビュー
GALLERIA ZA9R-R70S レビュー


【格安PC】
GALLERIA XA7C-G60S レビュー
GALLERIA RM5R-G60S レビュー


【ハイエンドPC】
GALLERIA ZA9C-R80T レビュー
GALLERIA XA7C-R38 レビュー
GALLERIA ZA9C-R39 レビュー


【人気、ハイエンドノート】
GALLERIA GCR2070RGF-QC レビュー


【定番モデル】
GALLERIA GCR1660TGF-QC-G レビュー


【格安ノート】
GALLERIA GR1650TGF-T レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ゲーミングノートPC】
【最新版】ゲーミングノートPCおすすめ5選


【予算別】
【激安】おすすめゲーミングPCランキング

【10万円以下】おすすめのゲーミングPCランキング

【15万円以下】おすすめのゲーミングPCランキング

【20万円以下】おすすめのゲーミングPCランキング


【ドスパラ ガレリア】
おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説

ゲーミングノートPCおすすめランキング

ゲーミングPCおすすめランキング


【マウスコンピュータ G-Tune】
おすすめゲーミングPCランキング


【ツクモ】
おすすめゲーミングPCランキング


【ゲーム別】
【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


ゲーミングモニターおすすめまとめ記事

【決定版】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【FPS向き】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【安い】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【PS4】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


4Kゲーミングモニターおすすめまとめ記事

【4K】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【安い】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選


メーカー別!ゲーミングモニターおすすめまとめ記事

【BenQ】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


ゲーミングマウスおすすめまとめ記事

【まとめ】ゲーミングマウスのおすすめランキング5選


海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!