+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

15万円以下で選ぶ!高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング

f:id:korekai:20190904115730j:plain

【更新:2020年5月28日】

今人気のオンラインゲームを快適に楽しむなら10〜15万円程度のゲーミングPCがコスパ良くおすすめです。

この価格帯はゲーミングPCの中では真ん中くらいで、十分快適に動作するゲーミングPCはたくさんあります。

この記事では、「15万円以下で購入できるおすすめのゲーミングPC」を3つ厳選してランキング化しました。

それぞれの特徴やどんなゲーム向きなのかまとめてみましたので、ご覧ください。

■この記事で紹介する内容

・15万円以下で選ぶ!おすすめの安いゲーミングPC3選

・安いゲーミングPCの選び方

・119,800〜134,980円の予算内で選べます


15万円以下で選ぶ!高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング

【1位】ツクモ G-GEAR GA5A-D194/T


f:id:korekai:20200526131442p:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 5 3600
GPU NVIDIA® GeForce® RTX™ 2060
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)
SSD 240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
HDD 1TB HDD (SATAIII接続 / 6Gbps)
価格 税別 ¥119,800

1位のゲーミングPCは、ツクモの「G-GEAR GA5A-D194/T」です。

このモデルは価格と比較しても GPUの性能が非常に良いという点でおすすめです。

CPUはAMD社のRyzen5 3600を搭載しており、ライトゲーマー向けのゲーミングPCと比べて一歩差の付く、「コストパフォーマンスの良さ」と「ハイパフォーマンス」を兼ね備えています。

ワンランク下の価格帯に位置するRyzen5 3500と比較しても、ベンチマークは1.4倍ほどを記録。6コア12スレッドを備えているので、高速な処理が可能な点にも注目です。

GPUにはGeForce RTX™ 2060を搭載しており、フォートナイトなどの中程度~軽量の部類のゲームなら、最高画質でプレイしても非常に高いfpsを出すことが可能になります。

メモリも16GBと十分な容量が確保されているので、ボイスチャットなどをしながらのプレイも問題なくできるでしょう。

また、ストレージは240GBのSSDと1TBのHDDをどちらも搭載しているため、高速な読み書きと大容量のデータ保存が可能になります。

この価格帯でRTX 2060を搭載しているゲーミングPCは多くないので、コストを抑えつつ、グラフィックにもこだわりたいという方には迷わずおすすめしたいモデルです。


▼フォートナイトの場合
フルHD環境のフォートナイトをエピック設定でプレイした場合、平均120fps程度は安定して記録します。余程のことがない限り、画質を落としてプレイする必要はなくなるでしょう。

WQHD環境でも安定して60fps以上が出るので、ゲーミングモニターもワンランク上のものを使いたいと考えている方でも問題なく動作します。

▼PUBGの場合
フルHD環境のPUBGの場合、ウルトラ設定でも平均140fpsと非常に安定して動作します。

WQHD環境でも80~90fpsと高い水準で動作するため、フルHDのモニターを使用している場合は、これを機にWQHDのモニターでプレイしてみるのもおすすめです。

ゲーミングPCを選ぶときは、「CPU」と「グラフィックボード」の性能が何よりも大切な要素になってきます。

この水準のスペックなら、より高いフレームレートでのプレイが可能になり、WQHD環境に切り替えるなどの新たな選択肢も見えてくるでしょう。

「価格を抑えながら、グラフィックにもこだわったゲーミングPCが欲しい」という方には、ぜひともおすすめしたいモデルです。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒G-GEAR GA5A-D194/Tのレビュー・評価を見る

15万円程度の予算で探しているならもっともおすすめできる1台です



【2位】マウス G-Tune PN-Z-A


f:id:korekai:20200528123851j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 7 3700X
GPU NVIDIA® GeForce® GTX 1660
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (PC4-25600、8GBx2)
SSD 512GB SSD (SATAIII接続)
価格 税別 ¥129,800

2位のゲーミングPCは、マウスコンピューターの「G-Tune PN-A」です。

このモデルは高性能なCPUを搭載しており、高速な処理を実現できる点で2位に選定しました。

CPUにはAMD社のRyzen7 3700Xを搭載しています。

Ryzen7 3700Xは8コア16スレッドを搭載しており、Intel製のCore i7-8086Kと比較しても約1.5倍のベンチマークをたたき出すなど、非常に優秀なCPUです。

AMD社のCPUは安価でありながら高性能なので、コストパフォーマンスを求めるならまずチェックしてみると良いでしょう。

GPUにはGTX 1660を搭載しており、フルHD環境であれば大抵のゲームは問題なく動作します。

GTX 1660 SUPERと比較するとやや性能は落ちますが、フォートナイトやPUBGなどのゲームなら、かなり快適に遊ぶことができるでしょう。

メモリは16GBのPC4-25600を備えており、転送レートが高い点も魅力です。

ストレージは512GB SSDが搭載されています。HDDの付いていないモデルではありますが、SSDとしては大容量のデータを記録できるので、多少大きなデータを扱う方でも十分使い勝手が良いといえます。


▼フォートナイトの場合
フルHD環境のフォートナイトをエピック設定でプレイした場合、平均90fps程度で動作します。

画質を落とさなくても快適にプレイできますが、より高いfpsで遊びたい場合、中~低画質にすると150~200fps程度まで引き上げることも可能です。

▼PUBGの場合
フルHD環境のPUBGをウルトラ設定でプレイした場合、平均80~90fpsで遊ぶことができます。

中設定なら150fps程度まで出すこともできるので、画質よりもフレームレートにこだわりたい場合は設定を調整するのも良いでしょう。

CPUの性能が良いと、処理速度も速くなり、オンラインゲームも快適に動作してくれます。

「安価でハイパワーなCPUを搭載したゲーミングPCが欲しい」という方にはおすすめのモデルです。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒G-Tune PN-Aのレビュー・評価を見る

予算重視派の方におすすめの1台です


【3位】ドスパラ GALLERIA AV


f:id:korekai:20190920200319j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 7 3700X
GPU NVIDIA® GeForce RTX 2060 SUPER 8GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
HDD 2TB HDD
価格 税別 ¥134,980

3位のゲーミングPCは、ドスパラの「GALLERIA AV」です。

他の2機種に匹敵する良いモデルなのですが、価格が少し上がってしまうことと、メモリが8GBという点で3位としました。

しかしながら、このモデルは高性能なCPUとグラフィックボードの両方を備えている点が魅力です。

CPUは2位の機種と同じ、AMD社のRyzen7 3700Xを搭載。GPUにはRTX 2060 SUPER 8GBを搭載しており、このクラスまでくると、4K環境でのプレイも選択肢に入ってきます。

4K環境で快適に動作させるには、かなりスペックが高めのGPUを選ばないと難しいので、高画質にこだわる方はGPUのスペックに注目すると良いでしょう。

メモリが8GBという部分が少し惜しいモデルです。推奨スペックが高いゲームを遊びたい場合は、メモリを増設するなどのカスタマイズを行った上で購入した方が良い場合も出てくるでしょう。

ストレージは512GBのSSDと2TBのHDDを搭載しており、データの保存に困ることはほとんど無くなります。大容量のデータを扱う機会が多い場合は、このモデルを選ぶと安心です。

他の2機種に比べて価格は少し上がりますが、GPUの性能が格段に良い点は魅力的です。

WQHD環境で快適にプレイしたい場合や、4K環境でのプレイを考えている場合は、むしろ非常にコストパフォーマンスの良い機種ともいえます。


▼フォートナイトの場合
フルHD環境のエピック設定の場合、常時150fps以上で遊ぶことができるでしょう。WQHD環境でも100fps以上を見込めます。

4K環境の場合、エピック設定だと少し動作がもたつく場面があるかもしれません。高画質~中画質に落とすと、十分快適に動作します。

▼PUBGの場合
フルHD環境のPUBGは、ウルトラ設定の場合100fps前後で動作します。

WQHD環境でも70~80fpsが出るので、問題なくプレイできるでしょう。ただ4K環境でのプレイは少し難しいかもしれません。

注意事項として、PUBGは推奨メモリが8GB以上という点が挙げられます。より快適にプレイするには、メモリを増設するなどのカスタマイズを行った方が良い場合もあります。

このモデルはハイパワーなCPUと高性能なGPUで、より快適なプレイを実現してくれるモデルです。

オンラインゲームに慣れてきて、もうワンランク上のゲーミングPCを購入してみたい、と考えたとき、選択肢のひとつとしておすすめです。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA AVのレビュー・評価を見る

性能重視で探しているならぜひおすすめしたい注目の1台です



どれがいい?安いゲーミングPCの選び方

初めて買う方にとって、どのメーカーのどのゲーミングPCを買えばいいのか分からないと思います。

そんな方のために、以下の表を作ってみました。10万円以下でも動作しますが、ゲームによっては画質やゲーム設定を下げる必要があります。

ただ2Dゲームやブラウザゲームがメインであれば、快適に動作できる性能をもったゲーミングPCが大半です。

選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。

推奨 特徴
メモリ 8GB〜 多いほどCPUが効率的に動作する
GPU GTX 1650以上
GTXの後に続く数字が大きいほど、
高性能で3Dゲームをプレイする為に一番重要なパーツ
CPU Intel Core i5/i7
AMD Ryzen 5/7
Core i7やRyzen 7がスペックが高くおすすめ
高性能なほど高速で処理
価格 〜10万円 モニターなどを除く本体価格
ゲーミングノートもあるが、デスクトップに比べて高価
BTOメーカー ドスパラやツクモ、マウスなど 幅広いスペックから選ぶことが可能。
買ってすぐ届く、即納モデルもあり

私も愛用しているドスパラで人気1位のGALLERIA XFが高性能かつコスパ良くておすすめですよ。


グラフィックボードを中心に考えよう

まずはじめにパソコンでゲームをする上で、重要なグラフィックボード(グラボ)についてご紹介します。

グラフィックボード(通称グラボ・GPU)は、映像の計算をするパーツです。高性能であるほどパソコンから出力される映像をキレイにかつスムーズに表示することができます。

主にグラフィックボードはゲームをプレイする方、絵を書いたり動画編集したりとクリエイティブな仕事で使われる事が多いです。

グラフィックボードは現在2社が圧倒的なシェア率であり、NVIDIA社とAMD社です。NVIDIA社はGeForce(ジーフォース)、AMD社はRadeon(レイディオン)というブランドで展開しています。

またゲーム用途ならGeForceを、クリエイティブ用途ならRadeonを、という位置づけになっていますが、どちらでもゲーム用途して使うことができます。

・GeForce GTX 10XXシリーズ(ローエンド〜ミドルレンジ)

・GeForce RTX 20XXシリーズ(ハイエンド・高性能)

・Radeon RX 5XXシリーズ(ローエンド〜ミドルレンジ)

・Radeon RX 5XXXシリーズ(ハイエンド・高性能)

ではゲームをプレイする上でどれくらいの性能をもったグラフィックボードが必要なのか。それはプレイするゲームによって変わってきます。

ただ目安としてGeForce GTX 1060以上あれば、フルHD画質で大抵のゲームをプレイ可能です。

【関連】グラフィックスカード性能比較図

きれいな画質かつ、ゲーム設定を上げてプレイしたいなら、GeForce RTX 2060以上のゲーミングPCを選びましょう


CPUはPC全体の性能

次はパソコンの頭脳であるCPUです。CPUはパソコン全体の性能を左右するパーツとも言えます。

CPUも主に2社が大きなシェア率であり、Intel社とAMD社です。Intel社はCoreシリーズ、AMD社はRyzenシリーズというブランドで展開しています。

CPUは中央処理装置を意味し、まさにパソコンの中心となって処理をしてくれます。グラフィックボードと違って映像以外の処理もしてくれるので、ゲーム以外の用途であればグラフィックボードよりも高性能なCPUを搭載したほうが良いです。

・Intel Core i3/5/7/9(数字が大きいと高性能)

・AMD Ryzen 3/5/7/9(数字が大きいと高性能)

ただCPUには世代があり、古い世代のCore i7よりも新しい世代のCore i5の方が高性能だという場合もあるので注意しておきましょう。

【関連】CPU性能比較

ゲームをするならIntel Core i5/7、Ryzen 5/7を搭載したゲーミングPCを選びましょう


メモリは多めに

最後はパソコンの動作に影響するメモリです。基本的にメモリは多いほどスムーズに動作します。よくある「パソコンが重い」と悩まずに済みます。

ゲーム用途なら最低でも8GBは必須であり、16GBあると安心です。あればあるほどいいですが、32GBはややオーバースペックとも言えます。

メモリ8GB:2Dゲームやブラウザゲーム

メモリ16GB:3Dゲーム、複数ソフトの立ち上げ

メモリ32GB:配信、動画編集、クリエイティブな仕事

【関連】PCの性能を最大限に活かすメモリ技術

ゲームをするならメモリ8GB以上を搭載したゲーミングPCを選びましょう


15万円以下で選ぶ!高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング:まとめ

f:id:korekai:20200526131442p:plain

型番 G-GEAR GA5A-D194/T
OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 5 3600
GPU NVIDIA® GeForce® RTX™ 2060
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)
SSD 240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
HDD 1TB HDD (SATAIII接続 / 6Gbps)
価格 税別 ¥119,800

この記事では、「15万円以下で購入できるおすすめのゲーミングPC」についてご紹介しました。

迷ったら1位のG-GEAR GA5A-D194/Tが、価格と性能のバランスが最もよくおすすめのゲーミングPCです。

今回紹介した3機種どれでもフォートナイトやPUBGなどのオンラインゲームを楽しめるスペックなので、予算重視や初めてのゲーミングPCや選びの参考になれば幸いです。

もし今後いろんなゲームをプレイしたい、どうせなら性能の良い人気のゲーミングPCが気になるなら以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

【関連】ゲーミングPCおすすめランキングまとめ

【関連】【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

・もっともおすすめ
G-GEAR GA5A-D194/T

・性能も重視したいなら
GALLERIA AV

・予算重視なら
G-Tune PN-A


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒G-GEAR GA5A-D194/Tのレビュー・評価を見る

15万円程度の予算で探しているならもっともおすすめできる1台です


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ最強】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 実機レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめのゲーミングモニターまとめ記事

【4K】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


【144Hz・1ms】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選