+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【ドスパラ GALLERIA XA7C-G60S レビュー】CPUやグラフィックス、プレイできるゲームについて解説

f:id:korekai:20200925110546j:plain:w640
GALLERIA XA7C-G60S」は、数あるドスパラのモデルの中でも高い人気を獲得しているモデルです。

ゲーミングPCとしては手頃な購入しやすい価格帯であることはもちろん、ライトゲーマーからミドルゲーマーまで満足なゲームプレイができる実用性の高さも魅力。

ガンメタリック塗装を施したスタイリッシュで重厚感のあるデザインは、工業プロダクトデザインなども担うデザインハウスが設計した本格仕様ながら、静音性と冷却性能もしっかりと確保しています。

本記事では、第10世代CPUを搭載してリニューアルされた「GALLERIA XA7C-G60S」の基本スペックや特徴、インターフェースやパフォーマンスなどについて詳細にレビューします。

GALLERIA XA7C-G60Sの基本スペック

GALLERIA(ガレリア)XA7C-G60S
メーカー名 THIRDWAVE(ドスパラ)
価格 129,980円
OS Windows 10
CPU Core i7-10700F
GPU GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし
入出力ポート 前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4
背面:USB2.0 x2, USB 3.2 Gen1 Type-A x2, USB 3.2 Gen2 ×2(Type-A×1+Type-C×1)
サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
マザーボード チップセットH470

GALLERIA XA7C-G60Sはこんな人におすすめ

全体的に高すぎず低すぎないバランスの取れたスペックなので、ライトゲーマーの方が初めて選ぶゲーミングPCや、ミドルゲーマーの普段使いのゲーミングPCとしておすすめです。

それほど画質にこだわらず、フルHDで快適にゲームをプレイできれば十分と考える方であれば、非常にコストパフォーマンスの良いモデルと言えるでしょう。

WQHDや4Kなど、ゲーミングモニターを使用して高画質なプレイにこだわりたいヘビーゲーマーの方は、全体的に1~2ランク上の性能のモデルを選ぶことをおすすめします。


f:id:korekai:20200925111550j:plain
CPUにはIntel社の第10世代「Core i7-10700F」を搭載しており、処理性能としては第9世代の「Core i9 9900K」などと並ぶ高スペック。


f:id:korekai:20200925111558j:plain
GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6」もミドルクラスの使い勝手の良いGPUです。CPUとグラフィックスの詳しいパフォーマンスについては、後ほど詳しく紹介します。

メモリも16GB搭載されているので、インターネットやボイスチャットなどと並行してゲームをプレイしても、動作にもたつきを感じることは少ないでしょう。

ただし、ゲーム以外に3DCGモデリングなどの負荷の高い作業を行う方であれば、ややスペックが心もとないように感じられる場合もあるかもしれません。

SSDはNVMe接続に対応しており、512GBと容量も十分。SATA接続と比べるとNVMe接続は非常に高速な読み書きができるので、ストレスの少ないゲームプレイを楽しめます。

HDDは付属していませんが、特別に大容量のデータを取り扱う方でなければ困ることはそれほど多くないでしょう。

■POINT:「GALLERIA XA7C-G60S」はどのくらいのFPSで遊べる?

フルHD・最高設定
PUBG:平均80fps
フォートナイト:平均100fps
apex legends:平均120fps


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA XA7C-G60Sのレビュー・評価を見る

GALLERIA XA7C-G60Sの特徴

ここでは、GALLERIA XA7C-G60Sの3つの特徴を紹介します。

コストパフォーマンスの高さ

GALLERIA XA7C-G60Sの標準価格は129,980円ですが、この価格は非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

特にCPUに「Core i7-10700F」を使用している点はポイントが高く、RTX2080 SuperなどのGPUを搭載したハイクラスのゲーミングPCに搭載されることもあるスペックで、価格に対して高い処理性能を有しているのは魅力のひとつです。

また、NVMe接続に対応したSSDが搭載されているのも特筆すべき点と言えます。
一般的にこの価格帯ではSATA接続のSSDが搭載されているケースも少なくないので、より高速なロードを体感したい方にはおすすめです。

バランスの良い性能

冒頭でも軽く触れたように、GALLERIA XA7C-G60Sは各パーツのスペックのバランスが取れたモデルです。

CPUとGPUのどちらか一方、もしくはその他のパーツのスペックが高すぎると、せっかくの性能を引き出しきれず、かえってコストパフォーマンスが下がってしまう場合もあります。

その点、GALLERIA XA7C-G60Sは全体的に均衡が取れていて、これといって不足している部分も見当たりません。無駄のない設計で最大限にスペックを活かせるモデルだと言えるでしょう。

使い勝手の良いデザイン

本モデルはデザイン面でも配慮が行き届いており、使いやすさが最大限に考え抜かれています。

さまざまなシチュエーションに対応できるように排気やポートの位置などもが工夫されており、配置する場所を選ばずに利用できるのは大きな魅力です。

インターフェースについては、次項で詳しく解説します。

GALLERIA XA7C-G60Sのインターフェース

f:id:yuilyric:20200922020655p:plain

GALLERIA XA7C-G60Sの新型筐体にはスチール外装が用いられており、ガンメタリック塗装が施されて、重厚感を感じさせるデザインが特徴です。

コンセプトカーなども手がけるデザインハウスが設計したスタイリッシュな外装は、ガレリアシリーズの新たなスタンダードモデルとも言えるでしょう。

外装ケースのサイズは220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mmで、ほぼミドルタワーのサイズ感。

高さがミドルタワーとしてはやや高めですが、奥行きが控えめなこともあり、それほど圧迫感は感じられません。


f:id:yuilyric:20200922020734p:plain

新世界へ続く「ゲート」を表現しているRGB-LEDライトは、ゲームへの没入感を高めてくれます。

140mmサイズと大型の冷却ファンが搭載されているため、冷却性能は十分。風量が多く低速回転するため、静音性も申し分ありません。


f:id:yuilyric:20200922020808p:plain

インテークエリアが両面にあり、排気口は天板部分に配置されているため、どちらの面を壁際に設置しても問題なく排熱できる工夫がなされている点は好印象です。


f:id:yuilyric:20200922020851p:plain

USBポートなどのコンソールパネルは前面に集約されており、斜め45°に傾斜がかかっているので使い勝手も概ね良好。デスク下に置いた場合に抜き差ししやすくなっています。

USB規格の中でも転送速度の速いUSB3.2が前面に4つ、背面に4つの合計8ポート、USB2.0が背面に2ポート用意されているので、周辺機器の接続に困ることはほとんどないでしょう。

20Gbpsの高速転送に対応しているUSB 3.2 Gen2×2 Type-Cが1ポートあるのも便利なポイントです。

GALLERIA XA7C-G60Sのパフォーマンスは?

CPUに「Core i7-10700F」、GPUに「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6」を採用しているGALLERIA XA7C-G60S

グラフィックスとCPU性能それぞれの観点から、パフォーマンスを比較しました。

グラフィックス

f:id:yuilyric:20200922015033p:plain
※引用:パソコン工房-【2020最新】GPU(グラフィックボード)性能比較~3Dベンチマークについて

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6のパフォーマンスは、他のGPUと比較するとミドルクラスの立ち位置にあります。

画質にこだわらずにゲームをプレイするのであれば、十分な性能と言えるでしょう。
多少パワーを必要とする重い部類のゲームでも、フレームレートを上げて滑らかに動かしたいなどのこだわりがなければ問題なくプレイできる水準です。

GeForce GTX 1650 SUPERあたりの水準になると重いゲームをプレイするのが難しくなってくる場合も少なくないので、どのゲームもストレスなく遊べるラインとして、GALLERIA XA7C-G60Sはちょうど良いモデルと言えます。

画質やフレームレートにこだわりがある方や、ワンランク上のゲーミングPCを求めるヘビーユーザーの方は、GeForce RTX 2060 SUPER以上のGPUを搭載しているハイクラスのモデルを選ぶことをおすすめします。

CPU性能

f:id:yuilyric:20200922014824p:plain
※引用:dospara-Intel CPU性能比較

「Core i7-10700F」は、1世代前のIntel第9世代CPU「Core i7-9700K」と比較すると約20%ほど性能がアップしているのが特徴です。

ほとんどの第9世代CPUの性能を上回っており、非常に高性能な処理性能を有しています。

GALLERIA XA7C-G60Sの価格帯としてはコストパフォーマンスも高く、申し分ないCPUを搭載していると言えるでしょう。

最新のモデルではCPUがどれも高性能になっており、16GB以上の十分なメモリが積まれていれば、最低限のゲームプレイを行う上でCPUがウィークポイントになることはそれほど多くありません。

この表で言えば、Core i5-10400以上の水準であればまずまずの動きを見せてくれます。

逆に言えば、メモリが8GBなどの場合は購入時にメモリを追加するなどのカスタマイズを行ったほうが、より快適にゲームプレイを楽しめる可能性が高まります。

とはいえ、より高画質でのプレイや滑らかな動作を期待するのであれば、CPUも1~2ランク高い性能のものを選ぶのが理想的です。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA XA7C-G60Sのレビュー・評価を見る

GALLERIA XA7C-G60Sを選ぶメリット

f:id:yuilyric:20200922020655p:plain

ここでは、GALLERIA XA7C-G60Sを選ぶ3つのメリットについて紹介します。

どんなゲームも比較的快適に遊べる

ミドルクラスのGPUを搭載しているので、比較的どのタイトルでも軽快に動作します。フルHD環境で違和感なくプレイできれば十分という方にとっては、非常に扱いやすいゲーミングPCだと言えるでしょう。

いろいろなタイトルを遊んでみたい方や、それほど重くないタイトルを中心にプレイする方には特におすすめできるモデルです。

中には100fpsを超えて動作するものもあるので、どのタイトルをプレイする目的で購入するのか決まっている方は、該当するタイトルの推奨スペックを事前に確認しておきましょう。

購入しやすい価格帯

ゲーミングPCとしては決して高すぎない、購入しやすい価格帯です。コストパフォーマンスも高いので、初めてゲーミングPCを選ぶ方にもおすすめできます。

ガレリアで販売しているモデルの中には10万円を切るモデルもありますが、CPUやGPUがワンランク下がるので、中には十分に動作しないタイトルも出てくるでしょう。

プレイしたいタイトルがあらかじめ決まっていて、十分に動作することが分かっていれば、安価なモデルを選ぶのも決して悪くはありません。

ですが、使っているうちに物足りなさを感じることもよくあります。

スペックが不十分で短期間のうちに買い換えることになれば、結局高くついてしまうことにもなりかねません。

あまりゲーミングPCを選び慣れていない方は、少しスペックに余裕があるモデルを選ぶことをおすすめします。

静音性が高く駆動音が邪魔にならない

GALLERIA XA7C-G60Sは静音性が非常に高く、かなり重い処理を行っていても駆動音が気になりにくいのが特徴です。

排熱するための仕組みがしっかり設計されているので、熱が篭もりにくく、内部のパーツにダメージを与えにくいのも安心できるポイントのひとつです。

駆動音が大きいと案外気になるものですが、GALLERIA XA7C-G60Sの場合は気を取られることなく目の前の作業に集中できます。

GALLERIA XA7C-G60Sで遊べるおすすめのゲームは?

GALLERIA XA7C-G60Sは比較的どんなゲームもプレイしやすいモデルです。具体的にどの程度のfpsが出るのか、解像度別に比較して簡単にまとめました。

フォートナイト

・フルHD:100fps前後
・WQHD:70fps前後
・4K:20fps前後
※いずれもエピック設定の場合

フルHD環境のフォートナイトをエピック設定でプレイした場合、平均100fps程度で安定して動作します。

画質を落とさなくても快適にプレイできるので、フォートナイトには向いているモデルであると言えるでしょう。

WQHD環境でも60fps以上で動作するので、対応しているゲーミングモニターをお持ちの方は試してみても良い水準です。

4K環境でエピック設定のまま動作させるのは少し厳しいので、どうしても対応させるのであれば中~低画質程度まで設定変更する必要があります。=>快適に動作するゲーミングPCはこちら

無理に4Kを選ばずフルHDの滑らかな動作でプレイするのがおすすめですが、こだわるのであれば、選ぶゲーミングPCのランクを上げるなどの対応が必要です。

PUBG

・フルHD:80fps前後
・WQHD:50~60fps前後
・4K:30fps前後
※いずれもウルトラ設定の場合

フルHD環境のPUBGをウルトラ設定でプレイした場合、平均80fps程度のfpsを記録します。
60fpsを切ることはほとんどなく、常に安定して動作するので、画質の良い状態で滑らかなゲームプレイを楽しめるでしょう。

WQHD環境では60fpsを下回る場面も出てくるので、必ずしも常に快適に動作するとは言い切れません。
場合によっては中設定に変更するなどの対応を取らなければならないケースも出てきます。

4K環境でウルトラ設定のまま動作させると30fps程度でしか動かないので、標準的なプレイは厳しいと言えるでしょう。=>快適に動作するゲーミングPCはこちら

このモデルを選ぶのであれば、フルHD環境に狙いを定めた方がストレスなく動作させられるので、あまり解像度の高いモニターを使用しないことをおすすめします。

ApexLegends

・フルHD:100fps前後
・WQHD:70fps前後
・4K:40fps前後
※いずれもエピック設定の場合

フルHD環境のApexLegendsは、最高設定で平均100fps程度と安定しています。本機種で十分快適にプレイできる水準と言えるでしょう。

WQHD環境でも70fps前後で動作するので、画質にこだわる方はモニターを切り替えるのも選択肢のひとつです。

4K環境では40fps程度とゲームを動かせるかどうかギリギリの水準なので、あまりおすすめはできません。=>快適に動作するゲーミングPCはこちら

フルHDやWQHDで動作させた方がストレスなくプレイできるので、なるべく4Kは避けた方が良いでしょう。

ファイナルファンタジーXIV 漆黒のヴィランズ(FF14)

・フルHD:110fps前後
・WQHD:70fps前後
・4K:30fps前後
※いずれも最高品質に設定した場合

フルHD環境のFF14は、最高品質で平均110fps前後と高いフレームレートを期待できます。高いグラフィックレベルを保ちながら軽快なプレイを楽しめるでしょう。

WQHD環境でも70fps前後を安定して記録するので、WQHDに対応しているゲーミングモニターも問題なく使えます。

4K環境では30fps程度なので、ゲーム自体がしっかりと動作しない可能性が高いです。基本的にはフルHDやWQHDの使用を検討した方が良いでしょう。

4Kに対応させたいのであれば、RTX 2080などのハイクラスなGPUが必要になるので、かなりハードルは高いと言えます。

FF15

・フルHD:60fps前後
・WQHD:40fps前後
・4K:20fps前後
※いずれも高品質設定の場合

FF15は推奨スペックがもともと高いゲームで、「GeForce GTX 1060 6GB」が推奨スペックとなっています。

そのため、画質を上げてプレイするにはかなりのハイスペックな環境を要求されるタイトルとなっているのが特徴です。

フルHD環境のFF15は、高品質設定で平均60fps程度で動作します。基本的には快適に動作しますが、もたつきを感じる場面がある場合は、プリセットの画質を「標準品質」に変更するとより動作が安定するでしょう。

WQHD環境は40fps前後なので、ゲームをプレイするのがやっとの水準です。4K環境では20fps程度と動作させるのが厳しいので、FF15をこのモデルでプレイするならフルHDに留めておくのが無難と言えます。

その他

VALORANTやドラゴンクエストXなど、その他のゲームも快適にプレイ可能です。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA XA7C-G60Sのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3,000円~の支払いでデスクトップPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら

GALLERIA XA7C-G60Sの口コミ・評判

予定よりも早く発送してくれた。 どうしてもARKをやってみたく今回買ってみました。 CPU、GPUともに満足のいく物で、画質高設定で不自由なくARKを楽しむことができた。2時間程度ならファンの音もそこまで大きくはならず、画面が止まるようなこともありません。 画質最高設定にそこまで興味が無かったので、このパソコンで良かったです。 ブラウザ等の処理も早く、ちょっとした遅延等の苛つきが全く無く、ストレスフリーです。 本体は丁寧に梱包されていて、傷一つありませんでした。付属品にも不備不足無く、またドスパラで買ってもいいかなと思えた。 カスタマイズした部分もしっかりと反映されていて、予算があればもう少し良くできたかなとは、思いました。

学校でしかパソコンを触ったことないレベルで何もわからず友人に聞いたり調べたりしてこの商品に辿り着きました 初心者なのでまだ最大限に使ってあげることができなくてまだこれからですがいいパートナーになりました 1つだけ気になったのは出力端子?を指すところの鉄板カバーが少しだけズレていて?少し力を加えないとケーブルがさせないのは仕様なのか疑問でした。ですが普通に使えているので問題はないです

GALLERIA XA7C-G60Sと比較できるモデル

GALLERIA XA7C-G60Sに近いモデルは、「GALLERIA XA7C-R60S」と「GALLERIA RM5C-G60S」の2種類です。

まずは、それぞれのスペックを紹介します。

GALLERIA
XA7C-G60S
GALLERIA
XA7C-R60S
GALLERIA
RM5C-G60S
メーカー名 ドスパラ ドスパラ ドスパラ
価格 129,980円 149,980円 99,980円
OS Windows 10 Windows 10 Windows 10
CPU Core i7-10700F Core i7-10700F Core i5-10400
GPU GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 RTX 2060 SUPER 8GB GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD 512GB NVMe SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし なし なし
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE) 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE) 550W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
マザーボード チップセットH470 チップセットH470 チップセットB460

GALLERIA XA7C-R60S」はCPUやその他のパーツ構成は同じですが、GPUのランクが上の「GeForce RTX 2060 SUPER 8GB」が搭載されています。

一方の「GALLERIA RM5C-G60S」は、GPUは同じながら、CPUの性能が少し控えめな「Core i5-10400」に変更されています。

価格は「GALLERIA XA7C-R60S」の方がやや高くなりますが、コストパフォーマンスは良好。「GALLERIA RM5C-G60S」は10万円を切る安価なモデルなので、価格を重視する方は検討してみても良いでしょう。

フルHD環境なら「GALLERIA RM5C-G60S」、WQHD環境以上なら「GALLERIA XA7C-R60S」を選ぶのがおすすめです。

GALLERIA XA7C-G60S レビュー:まとめ

f:id:korekai:20200925110546j:plain:w640
GALLERIA XA7C-G60Sの性能をさまざまな切り口から紹介してきました。ドスパラのモデルの人気モデルだけあって、総じてバランスの良さが際立つコスパの良いモデルと言えます。

価格も購入しやすく、ライトゲーマーからミドルゲーマーまで満足できるスペックのGALLERIA XA7C-G60S

実用性が高いミドルクラスを求めている方にも、初めてのゲーミングPCを探している方にもおすすめできる一台です。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA XA7C-G60Sのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3,000円~の支払いでデスクトップPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング