+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

PUBGにおすすめゲーミングPC比較まとめ【安い・必要・推奨スペック】

f:id:korekai:20191210194559p:plain

【更新:2020年10月2日】

2017年の末にPUBGが発売されてからというもの、バトルロイヤル系のゲームの人気が高まっています。

フォートナイトと同じく、無料で遊べて10万円程度の安価なゲーミングPCでも楽しめるバトルロイヤル系ゲームです。

PUBGを楽しむためにBTOのゲーミングPCを選ぶとき、どういう風に選択するのが適切なのでしょうか?

PUBGのシステム要件を確認しながら見ていきましょう。

■この記事で紹介する内容

・PUBGにおすすめゲーミングPCを3つ厳選

・PUBGに必要なPCスペックとは?

・人気のガレリアから99,980〜159,9800円の予算内で選べます


PUBGにおすすめゲーミングPC比較まとめ

これまで説明したPUBGの推奨スペックから価格面と性能面を考慮したベストな3機種を選んでみました


【1位】GALLERIA XA7C-R70S

f:id:korekai:20200710184732j:plain

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Core i7-10700
GPU GeForce RTX 2070 Super
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD
価格 169,980159,980円

1位のゲーミングPCは、ドスパラの定番かつ人気No1のGALLERIA XA7C-R70S(旧GALLERIA XF)です。

PUBGで144fps以上でプレイするなら間違いなくコスパ最強の1台。

パーツはほとんどが上位クラスを採用されており、ほとんどのゲームで快適動作が保証できるスペック。メモリは16GB、ストレージはNVMe SSDということもあり、OSやソフトの起動もかなり速いです。

PUBG単体で起動するには余裕なため、同時配信などにも対応できます。

ただ240Hzのゲーミングモニターが高額なので、144Hzのゲーミングモニターから初めてみることをおすすめします。

ALLERIA XA7C-R70S(旧GALLERIA XF)のベンチマーク測定は以下の実機レビュー記事をご覧ください。
【関連】GALLERIA ガレリア XF 2070SUPER 実機レビュー

144Hzのゲーミングモニターをお持ちでなければ、以下の記事を参考にしてください。
【関連】144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA XA7C-R70Sのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


【2位】GALLERIA RM5C-R60S

f:id:korekai:20200724085526j:plain

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i5-10400
GPU GeForce RTX2060 SUPER
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD
HDD オプション
価格 139,980円

2位のゲーミングPCは、ドスパラのGALLERIA RM5C-R60Sです。

GALLERIA RM5C-R60Sは、Intel Core i5-10400(6コア12スレッド)とGeForce RTX 2060 Super 8GBを搭載した高性能ゲーミングPCです。

基本構成でメモリ16GB、ストレージも512GB NVMe SSDを搭載しているため、カスタマイズ不要で13万円台から購入できます。

もう少し予算があれば、1位で紹介したGALLERIA XA7C-R70Sといったガレリアシリーズの人気定番モデルがおすすめですが、快適かつ安定した動作環境でフルHDゲーミングするならGALLERIA RM5C-R60Sがコスパ面でも優秀です。

時期やキャンペーンによって値引きや各パーツの無料アップグレード対象となるので、よりお得に購入できるゲーミングPCとしておすすめです。

144Hzのゲーミングモニターをお持ちでなければ、以下の記事を参考にしてください。
【関連】144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

・144fpsでプレイしたいならGALLERIA RM5C-R60S

・240fpsでプレイしたいならGALLERIA XA7C-R70S


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA RM5C-R60Sのレビュー・評価を見る

15万円以下の予算ならGALLERIA RM5C-R60Sがおすすめです


【3位】GALLERIA RM5R-G60S

f:id:korekai:20200811180614j:plain

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Ryzen 5 3500
GPU GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD
HDD オプション
価格 99,980円

3位のゲーミングPCは、ドスパラのGALLERIA RM5R-G60Sです。

格安ゲーミングPCとして大人気だったGALLERIA RT5の後継モデルです。

税抜10万円という価格ながらカスタマイズ不要な性能で、フルHD画質ならほとんどのゲームを快適にプレイできるゲーミングPCです。

6コアのRyzen 5 3500、GTX 1660 Super、16GBメモリ、512GB NVMe SSDという構成で、無駄がなくとてもバランスの良い構成となっています。

もっと安いゲーミングPCもありますが、フルHD環境でのゲームプレイだとGALLERIA RM5R-G60Sがベストなスペックです。

特に安いゲーミングPCだと、メモリやストレージが少ないという傾向にありますが、16GBメモリと512GB NVMe SSDを搭載している点がおすすめポイントです。

実際にPUBGをフルHD+最高設定でプレイすると、平均100fpsを超える動作ができました。

ディスプレイ、マウス、キーボードを買ったとしても、プラス2万円くらいで環境は整います。また急ぎの場合でも「翌日出荷」に対応しているゲーミングPCです。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー・評価を見る

総合的に見て10万円以下の高コスパゲーミングPCとして1番おすすめです。


【おすすめ】ドスパラ ガレリアシリーズのグレード表から選ぶ

ドスパラのガレリアシリーズには、エントリーモデルのRシリーズ、定番モデルが揃うXシリーズ、ハイエンドモデルのZシリーズが型番の頭についています。

いろんなグレードがあり迷うところですが、以下の表を見てもらえれば、どれくらいのグレードなのかわかりやすいと思います。

価格と型番、性能で選べるので参考にしてください。

※表の右上が高性能、左下が格安機。表は横スクロール可能です。

ガレリアシリーズ別モデル表

Rシリーズ Xシリーズ Xシリーズ Zシリーズ
RTX
2080Ti
- - - ZA9C-R80T
279,980円
RTX2080
Super
- XA7R-R80S
182,980円
XA7C-R80S
189,980円
-
RTX2070
Super
- XA7R-R70S
157,980円
【人気1位】
XA7C-R70S
159,980円
ZA9C-R70S
199,980円
RTX2060
Super
RM5C-R60S
119,980円
XA7R-R60S
145,980円
XA7C-R60S
149,980円
-
GTX1660
Super
【人気2位】
RM5C-G60S
99,980円
XA7R-G60S
129,980円
【人気3位】
XA7C-G60S
129,980円
-
GTX1650 RM5C-G50
89,980円
- - -
GPU/CPU Ryzen 5 Ryzen 7 Core i7 Core i9

人気売れ筋1位:GALLERIA XA7C-R70S
人気売れ筋2位:GALLERIA RM5C-G60S
人気売れ筋3位:GALLERIA XA7C-G60S

迷ったら1位のGALLERIA XA7C-R70Sがおすすめです。エントリーモデルなら2位のGALLERIA RM5C-G60S。低予算でインテルCPUにこだわりがあるなら3位のGALLERIA XA7C-G60Sです。

10万円以下でもバトロワ系は普通に動きます。高フレームレートでゲーミングモニターと使うならRTX 20XX以上を推奨です。

ドスパラ ガレリアシリーズで探す


どれがいい?ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCを初めて購入する方はどのメーカー、どのモデルを購入すればいいのか分からないと思います。

1つ言えることはほとんどのオンラインゲームは10万円以下の安価なゲーミングPCでも動作します。

ただこれは本体の価格なので、モニタやキーボード、マウス、スピーカーを持っていない方は別で購入が必要です。

10万円以下でも動作すると言いましたが、ゲーミングモニターと一緒に使いたい、少しでも快適に動作するコスパの良いゲーミングPCが欲しいなら15万円前後が定番モデルです。

ゲーミングPCを選ぶコツとして表にまとめてみましたので参考にしてください。

推奨 特徴
メモリ 16GB 多いほどCPUが効率的に動作する
GPU GTX 1660 Super以上
GTXやRTXの後に続く数字が大きいほど、
高性能で3Dゲームをプレイする為に1番重要なパーツ
CPU Intel Core i5/i7
AMD Ryzen 5/7
Core i7やRyzen 7がスペックが高くおすすめ
高性能なほど高速で処理
価格 10万円以上 モニターなどを除く本体価格
ゲーミングノートもあるが、デスクトップに比べて高価
BTOメーカー ドスパラ ガレリアシリーズが人気No1

※GPUはグラフィックボードやビデオカードといった呼び方もあり

私が愛用しているドスパラで人気1位の「GALLERIA XA7C-R70S」が高性能かつコスパ良くておすすめですよ。


PUBGの必要スペック

CPU Intel Core i3-4340 / AMD FX6300
メモリ 6GB RAM
グラボ NVIDIA GeForce GTX660 2GB / AMD Radeon HD7850 2GB
HDD 30GB利用可能

PCゲームは、公式から必要スペックと推奨スペックが発表されているのが通例なのですが、PUBG公式からは特に発表されていません。

またPUBGに限らず、必要スペックの項目は必要最低限が記載されていることが多く、このスペックでの動作を保証するものではありません。

Coreシリーズでも1番古いi3で、メモリ6GB、グラボもGeForce GTX660 2GBと、かなり低いスペックが記載されています。

メモリは6GBとゲームをプレイする環境を想定すると少ないため、OSなど他の状況によってはやや重くなる可能性があります。

参考にするのであれば、次の推奨スペックを確認してみましょう。


PUBGの推奨スペック

CPU Intel Core i5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
メモリ 16GB RAM
グラボ NVIDIA GeForce GTX1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB
ストレージ 30GB利用可能

こちらはSteam版PUBGのストアページに記載されているスペックです。

必要スペックとは違って、ある程度動作するスペックが書いており、参考するならこちらの方が動作環境としては質が高くなります。

ただし、高画質でPUBGをプレイしたいならもう少しスペックを高める必要があります。グラフィック設定を高くすると確実に動作不安定になるので注意です。

ではどのようなスペックがいいのか。まず注目すべきはグラフィックボードです。

▼グラフィックボードについて

・最低でもGTX 1060は必須
・快適にプレイしたいならGTX 1660以上
・グラフィック設定を高くしたいならRTX2070以上

他にCPUやメモリも重要です。CPUはCore i5以上、メモリは16GB以上です。

メモリをケチるとパソコンの動作が遅くなり、ストレスになります。カスタマイズする際は一番優先度を上げて選ぶ必要があり、基本構成で8GBの場合は16GBにしてください。

これらがゲーミングPCでPUBGを快適にプレイするためのポイントとなります。しっかり抑えておきましょう。


迷ったら人気No1のGALLERIA XA7C-R70S

f:id:korekai:20200710184732j:plain

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-10700《第10世代の最新CPU》
GPU GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD
電源 650W【80PLUS® BRONZE】
価格 169,980159,980円
特徴 コスパ最強&人気No1&翌日出荷

これまで3つのゲーミングPCをランキング形式でご紹介しましたが、”せっかく買うなら良いものを”とお考えの方はGALLERIA XA7C-R70S(旧GALLERIA XF)がおすすめです。

元々GALLERIA XFはドスパラで長きに渡り人気No1のゲーミングPCです。新筐体バージョンになり、冷却性能や使い勝手、見た目も良くなっています。

今なら上位のCPU Intel Core i7-10700、メモリ16GB、512GB NVMe SSDとなっています。

最新のハイエンドグラフィックボードである「GeForce RTX 2070 SUPER」を採用しており、このスペックが16万円台〜ならコスパ最強です。

▼フルHD/最高設定

・PUBG:152.5fps

・フォートナイト:155.9fps

・Apex Legends:171.4fps

ALLERIA XA7C-R70S(旧GALLERIA XF)のベンチマーク測定は以下の実機レビュー記事をご覧ください。
【関連】GALLERIA ガレリア XF 2070SUPER 実機レビュー


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA XA7C-R70Sのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


PUBGにおすすめゲーミングPC:まとめ

PUBGはミドルレンジ向けのGTX1060以上が最低限必要なゲームといえます。

そのためGTX1660 Superを搭載しつつ、メモリを16GBで探すと10万円ほどで購入することでき、安い部類のゲーミングPCでも十分に動作することが分かります。

ただこれはあくまでもPUBGだけをプレイする話で、グラフィック設定を上げたり、複数のソフトを同時起動すると動作不安定になってしまいます。

以下がこの記事のまとめです。

・144fpsでプレイしたいなら
GALLERIA RM5C-R60S

・240fpsでプレイしたいなら
GALLERIA XA7C-R70S

・予算重視なら
GALLERIA RM5R-G60S

【10万円以下】おすすめのゲーミングPCランキング

【15万円以下】おすすめのゲーミングPCランキング


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA RM5C-R60Sのレビュー・評価を見る

⇒GALLERIA XA7C-R70Sのレビュー・評価を見る

⇒GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー・評価を見る

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円〜の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ最強】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 実機レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめのゲーミングモニターまとめ記事

【4K】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


【144Hz・1ms】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

©2019 PUBG Corporation. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS - THIS IS BATTLE ROYALE