+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

PUBGにおすすめゲーミングPC比較まとめ【安い・必要・推奨スペック】

f:id:korekai:20190804154110j:plain
2017年の末にPUBGが発売されてからというもの、バトルロイヤル系のゲームの人気が高まっています。

フォートナイトと同じく、無料で遊べて10万円程度の安価なゲーミングPCでも楽しめるバトルロイヤル系ゲームです。

PUBGを楽しむためにBTOのゲーミングPCを選ぶとき、どういう風に選択するのが適切なのでしょうか?

PUBGのシステム要件を確認しながら見ていきましょう。

■この記事で紹介する内容

・PUBGに必要なPCスペックとは?

・PUBGにおすすめゲーミングPC TOP3を紹介

・人気のガレリアから89,980〜179,980円の予算内で選べます


どれがいい?ゲーミングPCの選び方

初めて買う方にとって、どのメーカーのどのゲーミングPCを買えばいいのか分からないと思います。

そんな方のために、以下の表を作ってみました。快適な環境でゲームをプレイしたい方は最低でも10万円以上は必要です。ただこれは本体の価格なので、モニタやキーボード、マウス、スピーカーを持っていない方は別で購入が必要です。

選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。

推奨 特徴
メモリ 16GB〜 多いほどCPUが効率的に動作する
GPU GeForce GTX 1060以上
GTXの後に続く数字が大きいほど、
高性能で3Dゲームをプレイする為に一番重要なパーツ
CPU Intel Core i5,i7
AMD Ryzen 5,7
Core i7やRyzen 7がスペックが高くおすすめ
高性能なほど高速で処理
価格 10万円以上 モニタなどを除く本体価格
ゲーミングノートもあるが、デスクトップに比べて高価
BTOメーカー ドスパラ ガレリアシリーズが人気No1

※GPUはグラフィックボードやビデオカードといった呼び方もあり

私も愛用しているドスパラで人気1位のGALLERIA XFが高性能かつコスパ良くておすすめですよ。


PUBGの必要スペック・推奨スペック

f:id:korekai:20190804154121j:plain

CPUやグラフィックボードは複数の企業の製品がピックアップされるため、性能の比較が容易でないことがあります。ひとつの指標としてドスパラの性能比較ページのURLを掲載しておきます。

CPUの性能を比較したい場合は、こちらのページが参考になります。(インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト

グラフィックボードの場合は、こちらが参考になります。(グラフィックボード・ビデオカード性能比較ベンチマークテスト|ドスパラ公式通販サイト


まずはいわゆる「必要スペック」や「最低スペック」と呼ばれるものについて見ていきましょう。これはゲームがこのスペック以上であれば動作する、もしくはスムーズに動作すると公的に判断されているスペック表です。


PUBGの必要スペック

CPU Intel Core i3-4340 / AMD FX6300
メモリ 6GB RAM
グラボ NVIDIA GeForce GTX660 2GB / AMD Radeon HD7850 2GB
HDD 30GB利用可能

PCゲームは、公式から必要スペックと推奨スペックが発表されているのが通例なのですが、PUBG公式からは特に発表されていません。

またPUBGに限らず、必要スペックの項目は必要最低限が記載されていることが多く、このスペックでの動作を保証するものではありません。

Coreシリーズでも1番古いi3で、メモリ6GB、グラボもGeForce GTX660 2GBと、かなり低いスペックが記載されています。

メモリは6GBとゲームをプレイする環境を想定すると少ないため、OSなど他の状況によってはやや重くなる可能性があります。

参考にするのであれば、次の推奨スペックを確認してみましょう。


PUBGの推奨スペック

CPU Intel Core i5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
メモリ 16GB RAM
グラボ NVIDIA GeForce GTX1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB
ストレージ 30GB利用可能

こちらはSteam版PUBGのストアページに記載されているスペックです。

必要スペックとは違って、ある程度動作するスペックが書いており、参考するならこちらの方が動作環境としては質が高くなります。

ただし、高画質でPUBGをプレイしたいならもう少しスペックを高める必要があります。グラフィック設定を高くすると確実に動作不安定になるので注意です。

ではどのようなスペックがいいのか。まず注目すべきはグラフィックボードです。

▼グラフィックボードについて

・最低でもGTX 1060は必須
・快適にプレイしたいならGTX 1660以上
・グラフィック設定を高くしたいならRTX2070以上

他にCPUやメモリも重要です。CPUはCore i5以上、メモリは16GB以上です。

メモリをケチるとパソコンの動作が遅くなり、ストレスになります。カスタマイズする際は一番優先度を上げて選ぶ必要があり、基本構成で8GBの場合は16GBにしてください。

これらがゲーミングPCでPUBGを快適にプレイするためのポイントとなります。しっかり抑えておきましょう。


PUBGが快適にできるゲーミングPCトップ3

これまで説明したPUBGの推奨スペックから価格面と性能面を考慮したベストな3機種を選んでみました

GALLERIA DH

f:id:korekai:20190804153401j:plain

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8500
グラボ GeForce GTX1060 3GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM
ストレージ 1TB HDD
価格 89,980円(税別)

とにかくPUBGがプレイしたいなら・GALLERIA DHです。

この記事で紹介するゲーミングPCの中でもっとも安いのがこちら。

画質が中設定でもいいからPUBGがプレイしたいという方には、できるだけ安価でコスパの良い「GALLERIA DH」がおすすめです。

CPUはCore i5-8500と、i7やi9には劣りますが、i5の性能は第9世代を迎えた今や少し前の最上級モデルに匹敵するほどになりました。コア数スレッド数ともに6と悪い性能ではなく、単体では2万円ほどという低価格設定が、安価なゲーミングPCを可能にしています。

グラフィックボードはGeForce GTX1060 3GBが採用されており、i5の能力を十分に活かせる性能です。

残念ながらオープンワールド等のように処理が多いものではグラフィック設定を少し下げなければなりませんが、それでも多くのPCゲームがプレイできる性能です。

メモリは8GBと少ないので16GBにカスタマイズしましょう。ストレージは残念ながらSSDではありませんが、1TBというHDDは大容量のゲームをプレイしても有り余ります。

初めてのゲーミングPCとしては価格とスペックのバランスが良く、入門機としておすすめです。
【関連】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー

・かなり安価ではあるが、ゲーミングPCとしての性能はある

・メモリ8GBと必要最低限。16GBにアップグレード推奨

・1TBのHDDを搭載していて大容量ゲームでも容量不足の心配なし


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA DHのレビュー・評価を見る

迷ったらコスパが良く、PUBGをプレイするには十分なスペックのGALLERIA DHがおすすめです


GALLERIA XT

f:id:korekai:20190804153437j:plain

OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-9700F
GPU GeForce GTX 1660Ti 6GB
メモリ DDR4 SDRAM 16GB
SSD 512GB NVMe SSD
HDD 1TB
価格 129,980円(+税)

綺麗な画質でより楽しみたいなら・GALLERIA XTです。

PUBGをただプレイするだけでなく、グラフィック設定をあげて楽しみたい方は、こちらの「GALLERIA XT」をおすすめします。

Core i7 9700FとGeForce GTX1660Ti、そして16GBというメモリ容量を確保しながらもSSDがついており、値段からは考えられない性能になっています。コスパという面でも破格です。

メモリが8GBではなく16GBなので、カスタマイズする必要もありません。データーを高速に読み込めるSSDと大容量の1TB HDD搭載でストレージに関しても問題なし。

PUBG以外のゲームもプレイしたい、どうせ買うならある程度スペックの高いゲーミングPCがいい、ストレスなくパソコンを使いたいという様々なニーズに答えてくれるゲーミングPCでしょう。

・値段とは比較にならない性能の高さ

・メモリ16GBを推奨するゲームも遊べる

・SSDがついて高速読み込みが可能。HDDがついていて容量もカバー


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA XTのレビュー・評価を見る

15万円以下の予算ならGALLERIA XTがおすすめです



GALLERIA AXF

f:id:korekai:20190804153429j:plain

OS Windows 10 Home
CPU Ryzen 7 3700X
グラボ GeForce RTX2070 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 512GB NVMe SSD / 2TB HDD
価格 179,980円(税別)

ハイエンドゲーミングPCなら・GALLERIA AXF。

「GALLERIA AXF」は、値段が比較的安価な設定になっているのに対し、その性能は最近のほとんどゲームが最高設定で快適にプレイできます。

現在ドスパラでもっとも売れているゲーミングPCがGALLERIA XFですが、その座を十分に狙えるスペックとコスパです。

搭載されているCPU・Ryzen 7 3700Xは、8コア16スレッドで複数のものを同時にこなしたり、クリエイティブな使い方をしたりしても動いてくれます。

また、その値段設定も魅力的で、同じ価格のIntel Core i7 9700Kと比較しても、スレッド数が2倍になっているのです。例えば、高画質なゲームをプレイしながらゲーム画面を録画する複数の処理や、録画した動画を編集するといった1つの処理ながら負荷のかかる作業でもこなすことができます。

GeForce RTX2070 8GBは、4Kディスプレイともなると、最高設定で最新のゲームをプレイするには少々足りません。しかしFullHDという範囲内であれば、ほとんどのゲームが最高設定で平均FPS100以上です。ゲームによってはFPSが飽和してしまうということもあるほど。

先に挙げたRyzen 7 3700Xの驚異的な性能と合わせて、GALLERIA AXFの性能の高さが伺えます。

最近のゲームでは推奨メモリが8GBになっていることが多く、それに余裕を持った16GBのメモリが搭載されており、さらにより快適なゲームプレイを提供してくれます。

ストレージも512GBのSSDと2TBのHDDで、用途に応じて使い分けすることが可能です。例えばOSとゲーム本体をSSDに保存しておけば、SSDの最大の特徴である読み込み・書き込み速度がパソコン自体の速度とゲーム自体の速度を上げてくれます。

普段使うファイルやフォルダなどはHDDに保存することで容量を節約し、SSDにはゲーム特化の働きをしてもらうことが可能です。

・高性能な第3世代CPU・Ryzen 7 3700Xを搭載

・大半のゲームは最高設定でも平均FPS100以上

・16GBのメモリは多くのゲームの推奨よりも多め

・512GBのSSDと2TBのHDDによりストレージに余裕がある


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA AXFのレビュー・評価を見る

最高設定でプレイしたいならGALLERIA AXFがおすすめです



【おすすめ】ドスパラ ガレリアシリーズのグレード表から選ぶ

ガレリアシリーズにはXF、XT、ZZ、RJ、DHなどのグレードが型番としてついています。

いろんなグレードがあり迷うところですが、以下の表を見てもらえれば、どれくらいのグレードなのかわかりやすいと思います。

価格と型番、性能で選べるので参考にしてください。

※表の右上が高性能、左下が格安機。表は横スクロール可能です。

ガレリアハイエンドモデル表

GeForce
RTX2080Ti
- AZ/ 249,980円 - - ZZ/ 269,980円
XZ/ 249,980円
GeForce
RTX2080
- - - - ZG/ 219,980円
GeForce
RTX2070
- AF/ 169,980円 - XF/ 178,980円 -
GeForce
RTX2060
- AV/ 159,980円 XV/ 139,980円 ZV/ 149,980円 -
GeForce
1660Ti
RT5/ 92,980円 AT/ 129,980円 XT/ 129,980円 - -
GPU/CPU Ryzen 5 Ryzen 7 i7-8700 i7-9700K i9-9900KF

PUBGを最高のクオリティでプレイしたいなら、RTX2060〜RTX2080Tiを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

4KやWQHD、144Hzの高解像度、高フレームレートでゲームがしたいならRTX2070以上が欲しいところです。

ドスパラ ガレリアでハイエンドモデルを探す


ガレリア格安モデル表

GeForce
GTX1660
- DJ/ 94,980円 XJ/ 124,980円
GeForce
GTX1650
RH5/ 84,445円 DH/ 89,980円 XH/ 117,980円
GeForce
GTX1050
RS5/ 79,980円 DS/ 85,980円 -
GPU/CPU Ryzen 5 i5-8500 i7-8700

初めてのゲーミングPC、自分でアップグレードしたい、手軽にPCゲームを楽しみたいライトユーザーは、GTX1050〜GTX1660を搭載したゲーミングPCを選びましょう。

格安機であっても、メモリを16GBにしたり、カスタマイズすることで高性能化できますよ。

普通にプレイする分にはフルHDで60FPS程度で遊べるGTX1660Tiがおすすめです。

ドスパラ ガレリアで格安モデルを探す


PUBGにおすすめゲーミングPC:まとめ

f:id:korekai:20190804160911j:plain
PUBGはミドルレンジ向けのGTX1060が最低限必要なゲームといえます。

GTX1060を搭載しつつ、メモリを16GBで探すと10万円ほどで購入することでき、安い部類のゲーミングPCでも十分に動作することが分かります。

ただこれはあくまでもPUBGだけをプレイする話で、グラフィック設定を上げたり、複数のソフトを同時起動すると動作不安定になってしまいます。

もしスペック不足を懸念するなら、私が愛用しているドスパラで人気1位のGALLERIA XFも3位のAXF同様に、高性能かつコスパ良くておすすめですよ。
【関連】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー

・予算重視なら:GALLERIA DH
・快適にプレイしたいなら:GALLERIA XT
・最高設定でプレイしたいなら:GALLERIA AXF

この記事があなたのゲーミングPC探しに役に立てば幸いです。

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA XFのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら

ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

ガレリアXFの実機レビューも公開中です!


人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ最強】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめのゲーミングモニターまとめ記事

【4K】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


【144Hz・1ms】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

©2019 PUBG Corporation. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS - THIS IS BATTLE ROYALE