+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

Apex LegendsにおすすめゲーミングPC比較まとめ【ドスパラ・必要・推奨スペック】

f:id:korekai:20190219165812j:plain

【更新:2019年5月15日】

2019年2月にエレクトロニック・アーツ(EA)から新しくバトルロイヤル系のゲームがリリースされました。基本プレイ無料として気軽にプレイすることのゲームです。

急激に認知度が上がりプレイ人口も急速に増えているこのゲームですが、3Dゲームの常としてスペックが低くてはプレイすることが難しいのが現状です。

特にバトルロイヤル系のゲームは同時接続するプレイヤーが多く、味方に迷惑をかけることにもなってしまいかねません。

今回はこのApex Legendsを軸にして、ドスパラのBTOゲーミングPCではどんな製品を選ぶのが適切なのか見ていくこととしましょう。

■この記事で紹介する内容

・Apex Legendsに必要なPCスペックとは?

・Apex LegendsにおすすめゲーミングPC TOP3を紹介

・人気のガレリアから79,980〜179,980円の予算内で選べます


どれがいい?ゲーミングPCの選び方

初めて買う方にとって、どのメーカーのどのゲーミングPCを買えばいいのか分からないと思います。

そんな方のために、以下の表を作ってみました。快適な環境でゲームをプレイしたい方は最低でも10万円以上は必要です。ただこれは本体の価格なので、モニタやキーボード、マウス、スピーカーを持っていない方は別で購入が必要です。

選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。

推奨 特徴
メモリ 16GB〜 多いほどCPUが効率的に動作する
GPU GeForce GTX 1060以上
GTXの後に続く数字が大きいほど、
高性能で3Dゲームをプレイする為に一番重要なパーツ
CPU Intel Core i5,i7
AMD Ryzen 5,7
Core i7やRyzen 7がスペックが高くおすすめ
高性能なほど高速で処理
価格 10万円以上 モニタなどを除く本体価格
ゲーミングノートもあるが、デスクトップに比べて高価
BTOメーカー ドスパラ ガレリアシリーズが人気No1

※GPUはグラフィックボードやビデオカードといった呼び方もあり

私も愛用している1位のGALLERIA XFが高性能かつコスパ良くておすすめですよ。



Apex Legends(エーペックスレジェンズ)の必要スペック・推奨スペック

f:id:korekai:20190219165934j:plain

CPUやグラフィックボードは複数の企業の製品がピックアップされるため、性能の比較が容易でないことがあります。ひとつの指標としてドスパラの性能比較ページのURLを掲載しておきます。

CPUの性能を比較したい場合は、こちらのページが参考になります。(インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト

グラフィックボードの場合は、こちらが参考になります。(グラフィックボード・ビデオカード性能比較ベンチマークテスト|ドスパラ公式通販サイト


まずはいわゆる「必要スペック」や「最低スペック」と呼ばれるものについて見ていきましょう。これはゲームがこのスペック以上であれば動作する、もしくはスムーズに動作すると公的に判断されているスペック表です。


Apex Legends 必要動作環境

OS Windows 7 64ビット版
CPU Intel Core i3-6300 3.8GHz
AMD FX-4350 4.2GHz
RAM 6GB
GPU NVIDIA GeForce GT 640
Radeon HD 7730
GPU RAM 1GB
ストレージ 22GB以上の空き容量

上記の表はいわゆる必要スペックと呼ばれるものです。

やはりPCでゲームをするときに気になるのは、CPU・メモリ・グラフィックボードの3点でしょう。

必要CPU

第6世代目のi3です。現在Intel製CPUのCoreプロセッサー・ファミリーは第9世代まで発売されており、i3自体が低めのミドルクラス製品であることを考えると、このCPUは特に高い性能を要求されているわけではありません。

必要メモリ(RAM)

6GBが設定されており、PCでゲームするときは一般的に8GB以上が推奨されることを踏まえると、これも難しいものではありません。

必要グラフィックボード(GPU)

NVIDIA製品がGT 640以上のものであれば基準を満たしているとされており、前世代製品でも廉価帯のものであるGTX 1050の方がGT 640よりもずっと性能が高いのがわかります。古すぎないグラフィックボード製品を使用していれば、軒並みクリアできる条件でしょう。

またグラフィック用メモリ(GPU RAM)として1GBの条件も設定されています。やはり廉価帯のGTX 1050を例とすると、2GBと3GBの製品があることから、こちらも近年のグラフィックボードを利用していれば下回ることは少ないと考えられます。


Apex Legends 推奨動作環境

OS Windows 7 64ビット版
CPU Intel i5 3570Tおよび同等品
メモリ 8GB
GPU Nvidia GeForce GTX 970
AMD Radeon R9 290
GPU RAM 8GB
ストレージ 22GB以上の空き容量

こちらの表はいわゆる推奨スペックと呼ばれるものです。必要スペックと見比べてみると、OSとストレージには特に変更がないようです。

「Apex Legends」は必要環境を満たしたPCで快適にプレイすることができますが、滑らかな60fpsのフレームレートで最高のプレイ体験を楽しむためには推奨動作環境を用意する必要があります。

推奨CPU

Intel製のi5-3570Tおよびこれと同等の製品が推奨されています。第3世代のi5であり、こちらの製品は2012年に発売されたものですので、世代の新しいものであればi3でもベンチマークスコアで見ればより優秀なCPUが見つけられるでしょう(たとえばi3-7300など)。

推奨メモリ(RAM)

8GBとなっています。必要スペックでは少し余裕があったことから考えると、8GBのメモリはややタイトかもしれません。しかしスムーズなゲームの動作を求めるなら16GBが推奨されるので、その点からすると決して難しい条件とはいえません。

推奨グラフィックボード(GPU)

Nvidia製のGeForce GTX 970もしくはAMD製のRadeon R9 290が設定されています。ベンチマークの計測にもよりますが、両者ともGTX 1060と似通ったベンチマークスコアを示しています。そのためグラフィックボードはGTX 1070以上の性能のグラフィックボードがあると安心できます。

グラフィック用メモリは8GBと、必要スペックから大幅に多く設定されています。こちらは最新のRTX 20シリーズでも廉価帯のRTX 2060であれば6GBですので基準を満たせていません。前世代のGTX 10ですとGTX 1060以下の製品が8GB未満ですので、同様に基準を満たせていません。スムーズにApex Legendsをプレイしたいなら、やはりグラフィックボードはGTX 1070以上の性能のものにするといいでしょう。


Apex Legends(エーペックスレジェンズ)が快適にできるゲーミングPCトップ3

1位 GALLERIA XF

f:id:korekai:20190219172853p:plain

OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-9700K
GPU GeForce RTX 2070
メモリ DDR4 SDRAM 16GB
SSD 512GB
HDD 2TB
価格 179,980円(税別)

1位の製品は「GALLERIA XF」です。

この製品の特徴は、Apex Legendsの推奨スペックを大きく上回る性能をもっている点です。

Apex Legendsはさほど高スペックを要求するゲームではないため、やや高めのスペックであるこの製品であれば余裕をもって楽しむことができるでしょう。

まずCPUについては、GALLERIA XFでは「Core i7-9700K」が使用できます(本来は世代が1つ前の「Core i7-8700」なのですが、無料アップグレードが行えるようになっています)。

推奨スペックのものは第3世代のi5である「i5-3570T」であるため、CPUでは圧倒的にGALLERIA XFの方が高性能であるとわかります。

グラフィックボードについては、推奨スペックでは「Nvidia GeForce GTX 970」および「AMD Radeon R9 290」、GALLERIA XFでは「GeForce RTX 2070」となっています。

GALLERIA XFのRTX 2070は最新の「RTX 20」シリーズのミドルクラス製品であり、推奨スペックのGTX 970は二世代ほど前の製品となりますので、こちらもGALLERIA XFのほうが高性能であるとわかります。

一般的にメモリは、ライトユーザーには8GB、一般的には16GB、ヘビーユーザーには32GBのメモリ量が推奨されることが多くあります。

ストレージは初期構成だとSSDが512GB、HDDが2TBとなっています。オプションで高速なNVMe接続のSSDに変えることができるので、速度を気にする方はこちらに変更する方がいいでしょう。※今ならNVMe接続のSSDへのアップグレードが無償です。

HDDの容量を増やしたりSSDに変えたりするのは優先度があまり高くないので、自由に好みで選んで構いません。

オプションでのアップグレードで特徴的な点は、まずグラフィックボードをRTX 2080に変更できます。またメモリを16GBならびに32GBに変更できます。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA XFのレビュー・評価を見る



2位 GALLERIA RV5

f:id:korekai:20190207154943p:plain

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Ryzen 5 2600
GPU GeForce RTX2060 6GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM
SSD 240GB
HDD 1TB
価格 117,980円(税別)

2位の製品はGALLERIA RV5です。

性能は1位のGALLERIA XFに及びませんが、Apex Legendsの推奨スペックと同等レベルのパーツを搭載しているため、十分に楽しむことができるでしょう。

まずCPUはAMD製のRyzen 5 2600が使用されています。Ryzen 5 2600は、Intel製CPUで比べると新しい世代のi5や一部のi7に匹敵する性能をもっているとされています。

そのため推奨スペックのやや古めのi5の性能と比較すると、十分なパフォーマンスが期待できます。

次にグラフィックボードですが、GALLERIA RV5には「GeForce RTX 2060」が搭載されています。RTX 2060は廉価帯の製品ですが最新のRTX 20シリーズのものですので、しっかりとした性能をもっています。

しかしApex Legendsの推奨スペックではグラフィック用メモリが「8GB」とされており、RTX 2060では6GBのメモリを搭載しているので、推奨スペックよりもいくらか少なくなっています。

もちろん推奨スペックを満たしていないことはさほど重要ではなく、必要スペックを満たしていることが重要ですので、強く固執する必要はないとも言えます。

メインメモリは8GBが搭載されています。快適なゲームプレイを求めるのであれば、16GBにアップデートするのがいいでしょう。

4GBにダウングレードするオプションもありますが、この場合は値下がりの幅が大きくなくむしろ性能が落ちる可能性の方が高いので、あまり推奨されません。

ストレージはSSDが240GB、HDDが1TBとなっています。SSDはより高速なNVMe接続の製品に変えることができますが、優先度はあまり高くありません(グラフィックボードの性能を上げるほうが優先されるため)。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA RV5のレビュー・評価を見る



3位 GALLERIA RS5

f:id:korekai:20190207154943p:plain

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Ryzen 5 2600
GPU GeForce GTX1050 2GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM
SSD 240GB
HDD なし
価格 79,980円(税別)

3位のGALLERIA RS5はコストパフォーマンスに優れた製品です。

最新パーツを搭載した製品とは比べるべくもありませんが、価格が10万円を下回るBTOゲーミングPCはそれだけで十分な価値があります。

GALLERIA RS5は推奨スペックよりも必要スペックに近しい性能の製品です。

CPUは2位のGALLERIA RV5と同じRyzen 5 2600であり、決して性能の劣るCPUではありません。しかしPCにおいて大事なのはバランスですので、もちろんCPUだけの性能が保証されていても十分ではありません。

グラフィックボードはGTX 1050が搭載されています。必要スペックの「GT 640」および「FX-4350」よりこのGTX 1050の方が性能はいいので、心配する必要はありません。

グラフィック用メモリも2GBあるため、必要スペックの1GBは余裕をもってクリアしています。

性能を求めるならメモリは8GBでは心許なく感じることがありますが、コストパフォーマンスを重視するならば変更しなくても問題ないでしょう。

製品としてはHDDが搭載されていませんが、オプションで追加できます。PCの使用頻度によっては追加せずとも、メインストレージのSSDだけでも十分かもしれません。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA RS5のレビュー・評価を見る



【おすすめ】ドスパラ ガレリアシリーズのグレード表から選ぶ

ガレリアシリーズシリーズにはXF、XT、ZZ、RT5などのグレードが型番としてついています。

いろんなグレードがあり迷うところですが、以下の表を見てもらえれば、どれくらいのグレードなのかわかりやすいと思います。

価格と型番、性能で選べるので参考にしてください。

※表の右上が高性能、左下が格安機。表は横スクロール可能です。

ガレリアハイエンドモデル表

GeForce
RTX2080Ti
- - - ZZ/ 279,980円
XZ/ 249,980円
GeForce
RTX2080
- - - XG/ 199,980円
ZG/ 229,980円
GeForce
RTX2070
RF5/ 139,980円 - XF/ 179,980円 -
GeForce
RTX2060
RV5/ 117,980円 XV/ 149,980円 ZV/ 159,980円 -
GPU/CPU Ryzen 5 i7-8700 i7-9700K i9-9900K

Apex Legendsを最高のクオリティでプレイしたいなら、RTX2060〜RTX2080Tiを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

4KやWQHD、144Hzの高解像度、高フレームレートでゲームがしたいならRTX2070以上が欲しいところです。

ドスパラ ガレリアでハイエンドモデルを探す


ガレリア格安モデル表

GeForce
GTX1660Ti
RT5/ 99,980円 DT/ 109,980円 XT/ 129,980円
GeForce
GTX1050Ti
RH5/ 84,980円 DH/ 85,980円 XH/ 129,980円
GeForce
GTX1050
RS5/ 79,980円 DS/ 82,980円 -
GPU/CPU Ryzen 5 i5-9400F i7-8700

初めてのゲーミングPC、自分でアップグレードしたい、手軽にPCゲームを楽しみたいライトユーザーは、GTX1050〜GTX1660Tiを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

格安機であっても、メモリを16GBにしたり、カスタマイズすることで高性能化できますよ。

普通にプレイする分にはフルHDで60FPS程度で遊べるGTX1660Tiがおすすめです。

ドスパラ ガレリアで格安モデルを探す



迷ったらGALLERIA XF

f:id:korekai:20190219172853p:plain

OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-9700K
GPU GeForce RTX 2070
メモリ DDR4 SDRAM 16GB
SSD 512GB
HDD 2TB

ドスパラのGALLERIA XFは、コストパフォーマンスにとても優れ、また充分な性能をもったPCです。

基本構成は、CPUがi7-8700、グラフィックボードがRTX 2070、メモリが8GBとなっていますが、今なら無償で各パーツを上位版にアップグレードできます。

グラフィックカードのRTX 2070は最新のNVIDIA製グラフィックボードのひとつですが、他のRTX 2080やRTX 2080 Tiが高額なのに対し、このRTX 2070は価格が比較的抑えられています。

PUBGやFortniteのような重いとされるバトルロイヤル系のゲームでも、気兼ねなく動作させることができるでしょう。よりスムーズにゲームをしたい場合は、メモリを16GBにするとなお良いでしょう。

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA XFのレビュー・評価を見る



まとめ

f:id:korekai:20190219173539j:plain
Apex Legendsの必要スペックはさほど条件が厳しくないのですが、要求スペックを満たそうとするとグラフィックボード関連の要綱がやや難しくなります。

画質やパフォーマンスを維持しながらスムーズにプレイするにはしっかりとした性能のグラフィックボードを確保せねばならず、やはりある程度の予算が必要となってきます。

画質などを割り切って主要なパーツを必要スペックに近づけることで、価格を抑えてコストパフォーマンスの高い性能を選択することができます。

しかしこの場合は新しいゲームが登場したときなど、即時的に性能の向上を図ることができずに対応できないことも予想できますので、留意しておきましょう。

PCゲームにおいて重要なのは、どのような目的をもって楽しみたいかを理解しておくことだといえます。

少なくとも「高いスペックのPCを使用して、敵対するプレイヤーにゲームのパフォーマンスの段階で負けないようにする」のか「楽しむためにとりあえず起動してプレイできればいい」のかくらいは考えておくと、どのようなPCを選ぶべきかおおよその方向性を決めることができます。

今回の記事があなたのゲーミングPC探しに役に立てば幸いです。

ドスパラ ガレリアのおすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説!【CPUやSSD、電源、メモリなど】 - +ログ

【2019】予算・価格別に探す!おすすめゲーミングPCまとめ【ドスパラ】 - +ログ

【2019】高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング【ガレリア・G-Tune】 - +ログ

【2019】ドスパラのおすすめゲーミングPCランキング【ガレリア・カスタマイズ】 - +ログ

【2019】マウスコンピューターのおすすめゲーミングPCランキング【G-Tune・カスタマイズ】 - +ログ