+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2019】BenQ(ベンキュー)で選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

f:id:korekai:20190930184431j:plain
e-Sportsタイトルのトーナメントに採用され、プロゲーマーにも人気なゲーミングモニターメーカーがBenQ(ベンキュー)です。

人気の理由の1つとして、BenQ独自の技術「DyAC」によるゲーミングモニター内の残像を極限まで減らしている点です。

上位となるとプレイヤースキルが僅差となることから、ゲーミングモニターを始めゲーミングデバイスの性能も勝利の鍵となっています。

少しでもいい環境でプレイしたいならこうした技術が採用されたゲーミングモニターを積極的に購入するべきでしょう。

この記事では、BenQ(ベンキュー)のゲーミングモニターに絞って厳選した5機種をご紹介していきます。

■この記事で紹介する内容

・BenQで選ぶ!ゲーミングモニターのオススメランキング

・ゲーミングモニターの選び方

・ゲーミングモニターのリフレッシュレートについて

・ゲーミングモニターの応答速度について

・ゲーミングモニターの画面サイズについて

・ゲーミングモニターのオススメメーカーについて

・迷ったらこのゲーミングモニターを選ぼう


BenQで選ぶ!ゲーミングモニターのオススメランキング5選

ゲーマーが求めているゲーミングモニターとしてのスペックはある程度決まっており、一般的にリフレッシュレートが144Hz、応答速度が5ms以下の範囲内であれば問題ないとされています。またゲーミングPCの性能とゲーミングモニターのバランスも重要です。

以下の5機種はそうしたスペックを満たしていたり、用途別に合わせて厳選しています。ランキング形式となっていますが、どれも人気で高性能なゲーミングモニターですので、購入時の参考になればと思います。

また記事下部には「ゲーミングモニターの選び方」も合わせて解説しているのでご覧ください。


【5位】BenQ GL2460BH

f:id:korekai:20190913153423j:plain

画面サイズ 24.5インチ
応答速度 1ms(GtG)
リフレッシュレート 75Hz
画面解像度 1920×1080 フルHD
角度調節機能 チルト搭載
ゲーミングPCスペック ローエンド~ミドル向き
価格 ¥14,980¥14,926

BenQ製ゲーミングモニターの中でも、ミドルスペックユーザーの方にオススメ出来るゲーミングモニターが「BenQ GL2460BH」です。

応答速度は1msとコアゲーマーも納得のスペックです。しかし、リフレッシュレートは75Hzと他のBenQゲーミングモニターに比べると見劣りする部分もあります。

とはいえ、144Hzや240Hzといった高リフレッシュレートのゲーミングモニターを持っていても、使っているパソコンのスペックが不足していれば宝の持ち腐れになってしまうのも事実です。

お使いのパソコンでゲームをプレイする時に、フレームレートが60FPSに設定されているのであれば「GL2460BH」は他のゲーミングモニターに見劣りしないパフォーマンスを発揮できるといえるでしょう。

もちろん、FPSの上限が60に制限されているPS4などのコンシューマー機でゲームをプレイしている方にもオススメですよ。

ただし、パソコンのスペックが十分なうえに予算がある場合は、他のBenQ製ゲーミングモニターのチョイスをオススメします。

BenQ GL2460BHを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

今回紹介するゲーミングモニター中でもコスパが良いモデルです


【4位】BenQ EX3200R

f:id:korekai:20190930143739j:plain

画面サイズ 31.5インチ
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 4ms(GtG)
画面解像度 1920×1080 フルHD
角度調節機能 チルト搭載
ゲーミングPCスペック ローエンド~ミドル向き
価格 ¥45,800

BenQ製ゲーミングモニターの中では珍しい湾曲タイプ「BenQ EX3200R」も人気を有しています。モニタサイズは31.5インチと大きく、シングルモニター運用にも最適です。

「大型インチのゲーミングモニターでは画面端の部分が見づらい!」という声もありますが、液晶パネルにはVAパネルが用いられており、TNパネルに比べると、視野角の違いによって生じやすい色の変化を大幅に抑制しています。

角度によって画面が白っぽく見えたり、反射で見づらいという問題を最小限まで無くしているゲーミングモニターといえるでしょう。

深いコントラストによる黒色の表現にも定評があり、レースゲームなどキャラクター目線で夜景を楽しめるゲームにも最適です。コックピット部分からの視界が左右に流れていくため、レースゲームへの没入感をさらにUPさせることができますよ。

BenQ EX3200Rを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

湾曲+31.5インチの大画面かつ迫力ある映像でゲームプレイできます


【3位】BenQ EL2870U

f:id:korekai:20190913153550j:plain

モニターインチ数 27.9インチ
応答速度 1ms(GtG)
リフレッシュレート 60Hz
画面解像度 3840x2160 4K
角度調節機能 チルト搭載
ゲーミングPCスペック ローエンド~ハイエンド向き
価格 ¥53,784→¥37,834

今回紹介するBenQ製ゲーミングモニターの中で「BenQ EL2870U」は唯一4K画質に対応しています。「PS4Proでゲームを遊んでいる」という人にもオススメです。
【関連】PS4/Proにおすすめのゲーミングモニターランキング5選


ハイダイナミックレンジに対応しており、従来のモニターよりも数十倍強い輝度を表現することができます。

草原や遺跡などさまざまなシーンで明暗をくっきりと分けて表示出来るため、ゲーム画面が見やすくなる&ゲームへの没入感UPというメリットがあるといえるでしょう。

応答速度は1msと十分なスペックで、上限FPSが60に設定されていることの多い格闘ゲームにもうってつけです。

周囲の環境に応じて明るさを自動調節する機能「ブライトネスインテリジェンス+」を使えば、眼精疲労を抑える効果も期待出来ますよ。

美麗なグラフィックをもとに、アドベンチャーゲームやモンスターハンターのようなPvEゲームを長時間楽しみたいユーザーにもオススメです。

BenQ EL2870Uを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

4K対応でPS4Pro用としてもオススメのゲーミングモニターです


【2位】BenQ ZOWIE XL2411P

f:id:korekai:20190819160524j:plain

画面サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
画面解像度 1920×1080 フルHD
角度調節機能 ピポット・スイベル・チルト搭載
ゲーミングPCスペック ローエンド~ハイエンド向き
価格 ¥28,628

「コスパに優れたBenQゲーミングモニターが欲しい!」という場合は、「BenQ ZOWIE XL2411P」がオススメです。

プロゲーマー人気ランキングでは2位とゲーミングモニターとしての実力を認められていて、大会トーナメントでも導入されたモデルになっています。
出典:Prosetting.net

コアゲーマーにとって外せない144Hz・1msのスペックを満たしているのはもちろんのこと、ゲームプレイに嬉しい機能がついている点は見逃せません。

暗い場面での視認性を上げる「Black eQualizer機能」は、使うことで草むらや壁際の影に隠れているプレイヤーも見つけやすくなります。カラーの鮮明さを調整する機能をあわせて利用することで、さらに敵を見つけやすい環境を作り出すことができるでしょう。

PUBGなどバトロワユーザーも十分に納得できるスペックをしつつも、ハイスペックモニターに比べると値段は半分以下とコストパフォーマンスにも優れています。

「すこし背伸びをすれば買える」という予算であれば、無理をして買っても損をすることはないスペックだと言えるでしょう。

BenQ ZOWIE XL2411Pを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

144Hz・1msのスペックでFPSやバトロワ系に最適なゲーミングモニターです


【1位】BenQ ZOWIE XL2546

f:id:korekai:20190930143734j:plain

モニターサイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 240Hz
応答速度 1ms(GtG)
画面解像度 1920×1080 フルHD
角度調節機能 ピボット・スイベル・チルト
ゲーミングPCスペック ミドル~ハイエンド向き
価格 ¥64,800

e-Sportsタイトルのコアゲーマーで予算もあるなら「BenQ ZOWIE XL2546」が自信を持ってオススメできるゲーミングモニターです。

PJS(PUBG公式大会)を含め、e-Sportsタイトルのトーナメントに採用されていたモデルですので、見かけたことがある方も多いかもしれません。

240Hzと非常に高いリフレッシュレートに応答速度は1msと最強クラスのスペックを持ち、プロゲーマー人気ランキングでは堂々の1位を獲得しています。
出典:Prosetting.net

プロゲーマーにも人気の理由として挙げられるのが、BenQ独自の技術「DyAC」により、ゲーミングモニター内の残像を極限まで減らしている点です。

たとえば、CSGOなどFPS上位プレイヤーは壁際から一瞬だけ顔を出して狙撃したり、周囲を見渡したりします。(ストッピング+ピークという技術)

やられた側からすると、この動きが残像として壁際に残ってしまうため見づらくなってしまうのです。場合によっては残像を攻撃してしまい、打ち合いに負けることも…。

しかし、DyACが搭載されたBenQのゲーミングモニター「ZOWIE XL2546」であれば残像を極限まで減らすことが出来るため、的確なFPSの打ち合いが出来ますよ。

「使っているデバイスのせいで打ち合いに負けたくない!」というコアゲーマーはコレを買っておけば間違いなし!といえるほど、完成度の高いBenQ製ゲーミングモニターになっています。

BenQ ZOWIE XL2546を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

プロも認めた人気No1ゲーミングモニターです。240Hz・1msとハイエンド仕様で、e-Sportsでも採用されています

【関連】プロゲーマーに聞いてみた!オススメのゲーミングモニター

【関連】4Kゲーミングモニターのオススメランキング5選

【関連】ゲーミングモニターのオススメランキング5選


ゲーミングモニターの選び方

f:id:korekai:20190725141203j:plain
amazon.co.jp

ゲーミングモニターは、一般的に”描写が早い”というイメージを持っている方も多いでしょう。

描写速度の早いモニターであれば素早く敵を認識できるため、対戦ゲームをプレイしている人にとっては見逃せない要素となります。

しかし、描写が早いといってもメーカーやモニターによって機能はさまざまです。

描写の早さである応答速度やリフレッシュレートはもちろんのこと、画面サイズや解像度についてもゲームプレイにどのような影響を及ぼすのか、いまいちイメージが掴みにくい方もいるかもしれません。

まずはゲーミングモニターの選び方として、知っておきたい3つのポイントをご紹介します。


リフレッシュレートについて

f:id:korekai:20190725221456j:plain
amazon.co.jp

リフレッシュレートとは、1秒間で画面が切り替わる回数のことです。

リフレッシュレートは通常Hz(ヘルツ)で表記されており、たとえば144Hzのゲーミングモニターでは1秒間に144回画面が切り替わっていることになります。

一般的なモニターの多くは60Hzですが、普段の利用で違和感がなければリフレッシュレートの重要性をいまいち認識しにくいかもしれません。

しかし、60Hzと144Hzでは大きな違いがあるのも事実で、特に動きの激しいFPSゲームでは144Hzゲーミングモニターが人気を集めています。

人気理由として挙げられるのが画面がなめらかに表示されて低遅延なため、敵の動きを認識しやすいということ。

イメージとしてはパラパラ漫画が近く、1秒間に60ページと144ページをめくるのでは漫画のなめらかさが全く違いますよね。

コンマ何秒間でも表示が速ければ有利となり、逆なら不利になるケースも。プロを目指していたり、遅れがシビアになるようなゲームをプレイする方は144Hz以上のハイエンドモデルを検討してください。

とはいえ、リフレッシュレートはあくまでゲーミングモニター側の描写速度です。

リフレッシュレートとフレームレートの違いについて認識しておかないと、144Hzのゲーミングモニターが無駄になってしまうかもしれません。

www.youtube.com
出典:FPS比較動画(Youtube公式サイト)
※動画では120FPSが参考に出ていますが、Youtubeでは60FPSが上限として規制が入っているため、120FPSの部分は60FPSで動いています。


リフレッシュレート(Hz)とフレームレート(FPS)の違いは?

ゲーミングモニターの画面が切り替わる回数はHzで表記されますが、ゲームの映像などが切り替わる回数はFPSとして表記されています。

リフレッシュレートはモニター側、フレームレートはPC側の画面切り替え回数だといえるでしょう。

ここで注意すべきポイントとして挙げられるのが、リフレッシュレート(Hz)とフレームレート(FPS)はできるだけ同じ数字に近づけることが好ましいということ。

仮に144Hzのゲーミングモニターを使っていても、ゲーム内の設定が60FPSになっていれば、ゲーム画面は秒間60回しか切り替えが行われません。

逆にゲーム内の設定が144FPSであっても、使っているモニターが60Hzであれば、秒間60回の画像しか人間の目には映らないのです。

フレームレートはゲーム内にて各自設定する必要があります。144Hzのゲーミングモニターが無駄になってしまわないよう、事前に144FPSが出せるゲームかどうか確認しておきましょう。
※話題の新作PCゲームはほとんどが高いフレームレートに対応しています。

・プロゲーマーが好むモニターのほとんどは144Hz~240Hz

・俗に言う”ヌルヌル動く”はリフレッシュレート・フレームレートが共に高い状態のこと

・”144Hz”ゲーミングモニターを使うなら”144FPS”に設定できるゲームがベスト


応答速度について

f:id:korekai:20190725221502j:plain
amazon.co.jp

応答速度とは文字通り、PCより出力された情報がモニターに表示されるまでの応答速度を指しています。

厳密には、モニター内の色が別の色へ切り替わるまでの速度のことで、この速度が遅いと残像となり、ゲームによっては不利になることも。

応答速度は◯msとして表記されています。1msのゲーミングモニターであればPCから出力された情報を0.001秒で切り替えて表示できるため、ほぼ遅延ナシでゲームをプレイすることが出来るのです。

人間の反射神経は0.2秒=200ms程度が限界とされていますが、デバイス側のタイムラグを最小まで抑えることで、ゲーム内で優位に立てることは間違いないでしょう。

応答速度でも、注目すべきはGtoG 〇msと表記されているゲーミングモニターです。

これは中間階調と呼ばれる色の切り替え速度のことで、黒や白以外の切り替え速度を表しています。こちらも残像に影響する部分ですので、プロを目指す方や残脳の少ない環境でゲームプレイしたい方は重要視してください。

・バトロワ系やFPSでは1msが好ましい

・ms(応答速度)は数字が低ければ低いほど画面の反映が早い

・1ms以下は人が違いを認識できないレベル(1msで十分)

・GtoGの応答速度が速いゲーミングモニターを選ぶ


画面サイズ・解像度について

f:id:korekai:20190819160501j:plain
amazon.co.jp

ゲーミングモニターの画面サイズは◯◯インチなどインチ数で表記されていることがほとんどで、別名パネルサイズとも呼ばれています。

なお、プロゲーマーでは21インチから27インチ程度のゲーミングモニターが好まれている傾向にあります。その理由として、画面サイズが小さすぎると見づらく、画面が大きすぎると広い視野が必要=やりづらいという点が挙げられるでしょう。

一方で、解像度とは画面に写る小さい光”ピクセル”の数を指しています。
ピクセルが多いほど画質はキレイかつ多くの情報を表示できるため、高い解像度=ピクセル数の多いゲーミングモニターがベストです。

解像度の表現ではHDや4Kといったほか、1920×1080という数字を見かけた方も多いでしょう。1920×1080の場合は横に1980、縦に1080のピクセルが存在するという意味になっており、この数値が高いほど画質は綺麗になります。

理想的なゲーミングモニターのスペックは画面サイズが21インチ~27インチ、解像度が1920×1080~2560x1440と言われています。

しかし、高い解像度になればなるほどPC側にもある程度のスペックが必要な点は注意しましょう。

高解像度のゲーミングモニターを買ったばかりにPCの動作が重くなっては元も子もないため、グラフィックボードなどのスペックを予め把握しておくことをオススメします。

・プロゲーマーにも愛用される快適な画面サイズは21インチ~27インチ程度

・高い解像度を活かすにはDisplay Portの入力端子を使うのがベスト

・解像度≠画面サイズ 解像度は画質の綺麗さ、画面サイズは画面の大きさ


ゲーミングモニターのオススメメーカー

ゲーミングモニターの開発に早くから参入しているメーカーも少なくありません。長年培ったノウハウにより、古参メーカーはスペックやコスト面に優れているとも言われています。

そんなゲーミングモニターのメーカーの中でも、特に人気のオススメメーカーをご紹介します。


BenQ

f:id:korekai:20190818233057j:plain
BenQは台湾に本社を置く電気製品メーカーで、主にモニター製品やプロジェクター製品の開発を行っている企業です。BenQの作るゲーミングモニターはPJS(PUBG公式大会)などeSports大会でも利用されているほど。

コスパに優れているとゲーマーの中でも人気を集めています。

BenQの人気ゲーミングモニターはこちら


ASUS

f:id:korekai:20190818233105j:plain
ASUSは同じく台湾に本社を置く電子機器メーカーで、PCのマザーボードからスマートフォンまで幅広く開発を手掛けている企業です。

ゲーミングデバイスをメインに周辺機器にも注力しており、ゲーミング用ブランド「ROG」を立ち上げるほど幅広く手掛けています。
【関連】ASUS(エイスース)で選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ASUSの人気ゲーミングモニターはこちら


LGエレクトロニクス

f:id:korekai:20190818233111j:plain
LGは韓国に本社を置く電気業界大手の企業で、液晶テレビやモニターといったパネル製品に幅を利かせていることが1つの特徴でしょう。

中でもLG製品は”薄い”と言われており、デスクと背面の設置スペースが少ないといった環境でも設置可能な薄型モニターも販売されています。
【関連】LGで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ASUSの人気ゲーミングモニターはこちら


Acer

f:id:korekai:20191019201558j:plain:w300
Acer(エイサー)は台湾のメーカーで、安価なエントリーモデルからハイエンドモデルまで多くのゲーミングモニターを展開しています。

画面サイズも豊富にラインナップされ、ゲーミングモニターながら全体的に安価という特徴も。

Amazonでは頻繁に割引クーポンが発行され、私も持っているAcer KG221Q(応答速度1ms)は1万円以下で購入できます。
【関連】Acerで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

Acerの人気ゲーミングモニターはこちら


迷ったらこのゲーミングモニターを選ぼう:まとめ

f:id:korekai:20190930143734j:plain

どのゲーミングモニターを買えばいいかわからない!という場合、自信を持ってオススメ出来るBenQゲーミングモニターが「BenQ ZOWIE XL2546」です。

240Hzとほとんどのゲームをカバー出来る高リフレッシュレートに加えて、残像感を消すことでゲームへの没入感を高めることが出来ます。

プロゲーマー人気ランキングで1位になっているのも、実際にゲームプレイへの影響が大きいという点が推測できるでしょう。

「今確かに先に撃ったのに!」なんて打ち合いで負けて悔しい思いを経験したことのあるFPSユーザーなら、納得のスペックになっているのは間違いありません。

とはいえ、モニターだけ高スペックにしても意味がないのも事実です。自身がプレイしているゲーム環境に合わせて、ベストなBenQ製ゲーミングモニターを探してみてくださいね。

【関連】プロゲーマーに聞いてみた!オススメのゲーミングモニター

【関連】4Kゲーミングモニターのオススメランキング5選

【関連】ゲーミングモニターのオススメランキング5選

BenQ ZOWIE XL2546を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る


ゲーミングPCのオススメ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ最強】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 実機レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー


オススメのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】オススメカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くてオススメのゲーミングPCランキング


【144Hz/1ms】ゲーミングモニターのオススメランキング5選


【高性能で安い】オススメゲーミングPCランキング


【予算・価格別】オススメゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCオススメランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCオススメランキング


【マウスコンピューター】オススメゲーミングPCランキング