+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

20万円以下で選ぶ!おすすめゲーミングPCランキングまとめ

f:id:korekai:20190904115730j:plain

ゲーミングPCにはピンきりで10万円以下のスペックでも十分にプレイできます。

ただゲーム設定で解像度やエフェクト等の表現を調整したり、またゲームタイトルによっては重く感じることがあるでしょう。

その点15万円〜20万円程度のゲーミングPCは高性能(ミドル〜ハイエンド)のパーツで構成されていることが多く、基本カスタマイズも不要です。

この価格帯は各BTOメーカーの定番、人気No1、看板モデルが多く存在し、迷ったら選ぶべき1台となりやすいです。

144Hz、240Hzといった高リフレッシュレートのゲーミングモニターと一緒に使うことでより快適な環境でゲームプレイできるメリットも。

この記事では、「20万円以下で購入できるおすすめのゲーミングPC」を3つ厳選してランキング化しました。

それぞれの特徴やどんなゲーム向きなのかまとめてみましたので、ご覧ください。

■この記事で紹介する内容

・20万円以下で選ぶ!おすすめゲーミングPC3選

・ゲーミングPCの選び方

・155,980〜199,800円の予算内で選べます


20万円以下で選ぶ!おすすめゲーミングPCランキングまとめ

【1位】ドスパラ GALLERIA AXG


f:id:korekai:20190920200319j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 7 3700X
GPU NVIDIA® GeForce® RTX™ 2080 SUPER 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
SSD 1TB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
価格 税別 ¥199,800

1位のゲーミングPCは「GALLERIA AXG」です。

このモデルはなんといっても非常に高性能なGPUを備えているという点が魅力。

CPUにはAMD社のRyzen7 3700Xを搭載しています。AMD社のCPUとしてもかなり上位に位置する性能で、8コア16スレッドを搭載している点から見ても、高速な処理が期待できます。

GPUにはGeForce RTX™ 2080 SUPER 8GBを搭載しており、重いゲームであっても軽快で滑らかなプレイを可能にしてくれます。

4K環境で快適にプレイしたい方も、フォートナイトやPUBGのような中~軽量のゲームであれば、このGPUならまず間違いないと言っていいでしょう。

グラフィックにこだわりたいなら、高性能なGPUを備えたこのモデルは非常におすすめです。

メモリは16GBで、このスペックにも十分見合う容量を搭載。ストレージは1TBと大容量のSSDが搭載されているため、HDDがついていなくても、SSDだけで高速な読み書きと大量のデータ保存が実現できます。

他の2機種に比べると少し価格が上がりますが、スペックが高く、非常に満足度の高いモデルです。

せっかくハイスペックなゲーミングPCを購入するなら、思い切って性能を重視したこのモデルを選んでみてはいかがでしょうか。

▼フォートナイトの場合
フォートナイトをエピック設定でプレイした場合、フルHD環境やWQHD環境なら、非常に高いフレームレートが期待できます。
このスペックなら、4K環境でも60~70fpsで十分快適に動作しますので、環境が整っている方は4Kの美しい映像でプレイしてみるのもおすすめです。

▼PUBGの場合
PUBGをウルトラ設定でプレイする場合も、フルHD環境やWQHD環境であれば非常に高いフレームレートで動作するでしょう。4K環境でも60~70fpsが期待できます。

高性能なゲーミングモニターで快適にゲームをプレイするには、高いスペックのCPUやGPUが搭載されたゲーミングPCを選ぶ必要があります。

「4K環境でも快適にゲームをプレイしたい」という方は、このモデルを選ぶと良いでしょう。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA AXGのレビュー・評価を見る

20万円以下で高性能なゲーミングPCならGALLERIA AXGがおすすめです


【2位】マウス G-GEAR GA7A-F194/T

f:id:korekai:20200526131442p:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 7 3700X
GPU NVIDIA® GeForce® RTX 2070 SUPER
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)
SSD 240GB SSD (SATAIII接続)
HDD 1TB HDD
価格 税別 ¥159,800

2位のゲーミングPCは「G-GEAR GA7A-F194/T」です。

スペックと価格のバランスが取れており、コストパフォーマンスの良さが魅力のモデルです。

CPUには1位と同じAMD社のRyzen7 3700Xを搭載しています。

GPUにはRTX 2070 SUPERを搭載しており、フルHD環境やWQHD環境でも大抵のゲームは快適にプレイできるでしょう。

RTX 2080 SUPERと比較すると少しパワーが控えめですが、フォートナイトやPUBGなどのゲームなら、設定次第で十分に4K環境にも対応できます。

メモリは16GBのPC4- 21300を搭載。ストレージは240GBのSSDと1TBのHDDが搭載されているので、データの記録容量も申し分ありません。

▼フォートナイトの場合
フォートナイトをエピック設定でプレイした場合、フルHD環境、WQHD環境ともに100fps以上を期待できます。

4K環境の場合、エピック設定だともたつくことがあるので、少し画質を調整する必要が出てくる場面もあるかもしれません。

▼PUBGの場合
フルHD環境のPUBGをウルトラ設定でプレイした場合は平均100fps程度、WQHD環境だと80fps程度を期待できるでしょう。

4K環境の場合、ウルトラ設定でプレイするには少し厳しいですが、画質を調整することで十分快適にプレイすることが可能です。

スペックに対して価格が安価なので、コストパフォーマンスが良く、ミドルクラスから一歩抜け出たスペックのゲーミングPCを探している方にはおすすめのモデルです。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒G-GEAR GA7A-F194/Tのレビュー・評価を見る

20万円以下で予算重視ならこの1台。コスパの良いゲーミングPCです


【3位】ドスパラ GALLERIA AXV


f:id:korekai:20190920200319j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 7 3700X
GPU NVIDIA® GeForce RTX 2060 SUPER 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
HDD 2TB HDD
価格 税別 ¥155,980

3位のゲーミングPCは「GALLERIA AXV」です。

1位のモデルに比べるとGPUの性能が控えめなことと、SSDの容量が少なく、大容量のHDDが搭載されている点が異なっています。

ミドルクラスとハイクラスの中間に位置するスペックですが、フルHD環境やWQHD環境なら、多くのゲームで高いフレームレートで動作するので、4K環境の高画質設定にこだわりがない場合は、価格も安価でおすすめです。

CPUは他の2機種と同じ、AMD社のRyzen7 3700Xを搭載しています。

GPUにはRTX 2060 SUPER 8GBを搭載しており、フルHD環境やWQHD環境なら、非常に高いフレームレートでのプレイを可能にしてくれます。4K環境でも設定次第で快適に動作しますが、最高画質だと少し厳しい場合が多いでしょう。

メモリは16GBを搭載しており、十分なスペックを有しています。ストレージは512GBのSSDと2TBのHDDを搭載しており、データの保存という面では大容量で非常に優秀です。

ヘビーユーザー向けのハイクラスのゲーミングPCと考えた場合、GPUが少し物足りなく感じるかもしれません。

ですが、フルHD環境やWQHD環境で使うことを考えるなら、安定して高いパフォーマンスを発揮してくれる、とても使い勝手の良いモデルになっています。

▼フォートナイトの場合
フォートナイトをフルHD環境のエピック設定でプレイした場合、160fps程度を期待できます。WQHD環境でも100fps以上で動作するので、快適なプレイを楽しめます。

4K環境の場合でもプレイは可能ですが、エピック設定だと少しスペックが不十分な面もあるので、高画質~中画質に落としてプレイした方が良いでしょう。

▼PUBGの場合
PUBGをフルHD環境でウルトラ設定にしてプレイした場合、100fps程度で動作します。WQHD環境でも70~80fpsが出ますが、もたついてしまった時は画質設定を少し落とすことでより快適なプレイが可能です。

4K環境だと十分な動作が期待できない場合が多いので、ゲーミングモニターの解像度はWQHD以下をおすすめします。

4K環境の高解像度でのプレイにこだわらないのであれば、十分に高水準なスペックのゲーミングPCといえます。

ゲーミングモニターの解像度にはこだわらないものの、ゲームをプレイするときの快適さを追及したいという方は、このモデルを検討してみるのはいかがでしょうか。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA AXVのレビュー・評価を見る

ドスパラかつ予算重視なら抑えておきたい1台。この価格であればGALLERIA XFやAXFでもいいかもしれません

【関連】ゲーミングPCおすすめランキングまとめ

【関連】【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【関連】【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


どれがいい?ゲーミングPCの選び方

初めて買う方にとって、どのメーカーのどのゲーミングPCを買えばいいのか分からないと思います。

そんな方のために、以下の表を作ってみました。10万円以下でも動作しますが、ゲームによっては画質やゲーム設定を下げる必要があります。

ただ2Dゲームやブラウザゲームがメインであれば、快適に動作できる性能をもったゲーミングPCが大半です。

選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。

推奨 特徴
メモリ 8GB〜 多いほどCPUが効率的に動作する
GPU GTX 1650以上
GTXの後に続く数字が大きいほど、
高性能で3Dゲームをプレイする為に一番重要なパーツ
CPU Intel Core i5/i7
AMD Ryzen 5/7
Core i7やRyzen 7がスペックが高くおすすめ
高性能なほど高速で処理
価格 〜20万円 モニターなどを除く本体価格
ゲーミングノートもあるが、デスクトップに比べて高価
BTOメーカー ドスパラやツクモ、マウスなど 幅広いスペックから選ぶことが可能。
買ってすぐ届く、即納モデルもあり

私も愛用しているドスパラで人気1位のGALLERIA XFが高性能かつコスパ良くておすすめですよ。


グラフィックボードを中心に考えよう

まずはじめにパソコンでゲームをする上で、重要なグラフィックボード(グラボ)についてご紹介します。

グラフィックボード(通称グラボ・GPU)は、映像の計算をするパーツです。高性能であるほどパソコンから出力される映像をキレイにかつスムーズに表示することができます。

主にグラフィックボードはゲームをプレイする方、絵を書いたり動画編集したりとクリエイティブな仕事で使われる事が多いです。

グラフィックボードは現在2社が圧倒的なシェア率であり、NVIDIA社とAMD社です。NVIDIA社はGeForce(ジーフォース)、AMD社はRadeon(レイディオン)というブランドで展開しています。

またゲーム用途ならGeForceを、クリエイティブ用途ならRadeonを、という位置づけになっていますが、どちらでもゲーム用途して使うことができます。

・GeForce GTX 10XXシリーズ(ローエンド〜ミドルレンジ)

・GeForce RTX 20XXシリーズ(ハイエンド・高性能)

・Radeon RX 5XXシリーズ(ローエンド〜ミドルレンジ)

・Radeon RX 5XXXシリーズ(ハイエンド・高性能)

ではゲームをプレイする上でどれくらいの性能をもったグラフィックボードが必要なのか。それはプレイするゲームによって変わってきます。

ただ目安としてGeForce GTX 1060以上あれば、フルHD画質で大抵のゲームをプレイ可能です。

【関連】グラフィックスカード性能比較図

きれいな画質かつ、ゲーム設定を上げてプレイしたいなら、GeForce RTX 2060以上のゲーミングPCを選びましょう


CPUはPC全体の性能

次はパソコンの頭脳であるCPUです。CPUはパソコン全体の性能を左右するパーツとも言えます。

CPUも主に2社が大きなシェア率であり、Intel社とAMD社です。Intel社はCoreシリーズ、AMD社はRyzenシリーズというブランドで展開しています。

CPUは中央処理装置を意味し、まさにパソコンの中心となって処理をしてくれます。グラフィックボードと違って映像以外の処理もしてくれるので、ゲーム以外の用途であればグラフィックボードよりも高性能なCPUを搭載したほうが良いです。

・Intel Core i3/5/7/9(数字が大きいと高性能)

・AMD Ryzen 3/5/7/9(数字が大きいと高性能)

ただCPUには世代があり、古い世代のCore i7よりも新しい世代のCore i5の方が高性能だという場合もあるので注意しておきましょう。

【関連】CPU性能比較

ゲームをするならIntel Core i5/7、Ryzen 5/7を搭載したゲーミングPCを選びましょう


メモリは多めに

最後はパソコンの動作に影響するメモリです。基本的にメモリは多いほどスムーズに動作します。よくある「パソコンが重い」と悩まずに済みます。

ゲーム用途なら最低でも8GBは必須であり、16GBあると安心です。あればあるほどいいですが、32GBはややオーバースペックとも言えます。

メモリ8GB:2Dゲームやブラウザゲーム

メモリ16GB:3Dゲーム、複数ソフトの立ち上げ

メモリ32GB:配信、動画編集、クリエイティブな仕事

【関連】PCの性能を最大限に活かすメモリ技術

ゲームをするならメモリ8GB以上を搭載したゲーミングPCを選びましょう


20万円以下で選ぶ!高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング:まとめ

f:id:korekai:20190920200319j:plain

型番 GALLERIA AXG
OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen™ 7 3700X
GPU NVIDIA® GeForce® RTX™ 2080 SUPER 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
SSD 1TB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
価格 税別 ¥199,800

この記事では、「20万円以下で購入できるおすすめのゲーミングPC」についてご紹介しました。

迷ったら1位のGALLERIA AXGが、20万円以下で性能が良くおすすめのゲーミングPCです。

今回紹介した3機種どれでもフォートナイトやPUBGなどのオンラインゲームを快適に楽しめるスペックなので、予算重視や初めてのゲーミングPCや選びの参考になれば幸いです。

もし今後いろんなゲームをプレイしたい、どうせなら性能の良い人気のゲーミングPCが気になるなら以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

【関連】ゲーミングPCおすすめランキングまとめ

【関連】【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【関連】【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

・もっともおすすめ
GALLERIA AXG

・予算と性能を重視したいなら
G-GEAR GA7A-F194/T
GALLERIA XF
GALLERIA AXF

・ドスパラで予算重視なら
GALLERIA AXV


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA AXGのレビュー・評価を見る

20万円以下で高性能なゲーミングPCならGALLERIA AXGがおすすめです


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ最強】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 実機レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめのゲーミングモニターまとめ記事

【4K】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


【144Hz・1ms】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選