+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70S レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20200915230730j:plain
ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sは、12コア24スレッドで動作するRyzen 9 3900XとGeForce RTX 2070 SUPERを搭載したハイエンドゲーミングPCです。

ゲームだけでなく配信もしたい、趣味や仕事でRAW現像や動画編集もしている。そんな方におすすめの1台。

高性能なパーツで組まれているため、人気どころのゲームは「快適」の指標とされる平均60fpsを大幅に超えたパフォーマンスで動作します。

重いFF15でも4K動作し、ほとんどのゲームで高フレームレートを維持できることからゲーミングモニターの性能を活かしてプレイ可能です。

メモリは16GB、ストレージは超高速の1TB Gen4 NVMe SSDとカスタマイズ不要。しかも「翌日出荷」となっており、すぐに使いたい方も必見です。

この記事では、ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのスペック、外観、性能、ベンチマークを紹介します。

■この記事で紹介する内容

・ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのスペック

・ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70S レビュー

・ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのベンチマーク測定

・ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのおすすめカスタマイズ

・ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70S レビュー:まとめ

ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのスペック、特長

f:id:korekai:20200811180608j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 9 3900X
グラフィックス GeForce RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 1TB Gen4 NVMe SSD / HDD 無し
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
価格 209,980 円(+税)

※スペックはドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sを元に作成しております。

コスパが良く人気のAMD Ryzen 9 3900Xと定番グラボのRTX 2070 SUPERを搭載したハイエンドゲーミングPC。

正直ゲームだけするならこの性能は必要なし。趣味や仕事でクリエイティブな作業をしつつ、週末にゲーム、ゲーム配信をしたい方にぴったりです。

基本構成で十分なため、カスタマイズ不要。翌日出荷に対応しており、今すぐゲーミングPCが欲しい方にもおすすめです。

・Ryzen 9 3900X+RTX 2070 SUPER
・ゲーム配信、RAW現像、動画編集向き
・カスタマイズ不要で翌日出荷
・機能性と冷却性に特化した新筐体ケース
・超高速な1TB NVMe SSD(Gen4)搭載


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70S レビュー

外観

f:id:korekai:20200915230734j:plain
ドスパラは、ゲーミングPCブランドであるGALLERIAシリーズのケースデザインを7年ぶりに一新しました。

主な変更点は以下です。

・黒からガンメタリックも取り入れたカラーに。

・フロントに5インチベイが複数あったが、フラットに。1つに集約。

・フルカラーに対応したLEDライティング

・正面吸気の廃止。両側面にすることで吸気口領域が広がり、ファンサイズの140mmに。

・サイドパネルは標準でアクリルウィンドウ採用。

・USBなどのインターフェイスはフロント上部に移動。使いやすさUP。

・物を置きやすいように天面フラットに。内部にホコリが落ちないデザインと使いやすさの融合。

これらの変更点から、よりゲーマーにとって使いやすく、よりゲーミングPCらしく、誰でも長く愛用できるハイパフォーマンスなケースとなっています。

【関連】ドスパラ GALLERIA 新筐体発表会レポートはこちら

サイズ 220(W)x440(D)x480(H)mm
重さ 約14kg


f:id:korekai:20200915230941j:plainf:id:korekai:20200915230945j:plain
フロントパネル縁に沿って光るLEDライティング。

デフォルトは青ですが、プリインストールアプリでカラーやエフェクト変更ができます。

光るのはこの部分のみで、ゲーミングらしさがありつつも派手すぎないところは幅広く受け入れられやすい見た目かと思います。


f:id:korekai:20200915230738j:plainf:id:korekai:20200915230854j:plain

天面にはコントローラーやヘッドマウントディスプレイ、スマホなどを置けるフラット設計に。

排熱用のシャーシ、プラスティック製天面板、メッシュフィルターの3層構造。

デスク下に置くと小物などいつの間にか物置きスペースになり、埃なども溜まってきますが、ケース内部へ埃の落下を防ぐ設計なので安心です。


f:id:korekai:20200915230742j:plain
▲フロントパネルのインターフェイス

フロントにあるインターフェイスはアクセス頻度が高く、45度の傾斜をつけることで抜き差しがしやすいように設計。

最近はデスク下に置く方が多いというユーザーニーズをしっかり抑えたデザインになっています。

インターフェイスは、高速伝送に対応したUSB 3.2 Gen1 Type-Aが4つ、オーディオジャック、電源ボタン、リセットランプ等を配置。

ヘッドセットやマイク、外部ストレージ、コントローラー等などと接続できます。


f:id:korekai:20200915230750j:plainf:id:korekai:20200915230754j:plain
サイドパネルは標準でアクリルウィンドウを採用。

カラーリングもガンメタリック塗装でスマートさもありつつも、黒よりもメカっぽさも増えました。

エアフローは、吸気エリアを前面から側面に変更することで吸気面積がアップ。効率的にケース内部を冷却可能です。

※ケースはモデルによって2種類あり、カラーリングが異なります。


f:id:korekai:20200903114818j:plain
サイドパネル前方には、吸気用のメッシュ加工があります。


f:id:korekai:20200915230800j:plain
▲背面には140mmファン1基とリアパネル、電源

ケース背面に140mmファンを搭載し、こもりがちな熱を効率的に排出。動作時の騒音抑える工夫も。


f:id:korekai:20200915230804j:plain
▲リアパネルのインターフェイス

・PS/2コネクター
・USB 3.2 Gen2 x2
・USB3.1 Gen1 x6
・LANポート
・オーディオ入出力

フルサイズのUSB-Aポートが8個もあり、そのうち2つが最大10Gbpsの転送速度に対応したUSB 3.2 Gen2です。

これだけあれば、キーボードやマウス、外付けHDD等を接続するには十分すきるUSB-Aポートの数です。へッドセット、マイク、外部HDDなどもたくさん接続できます。

ディスプレイへの出力はグラボから接続するので、こちらの映像出力端子は使用しません。

【関連】PCモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選

【関連】4Kモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選


f:id:korekai:20200915230808j:plain
ディスプレイ出力端子にHDMI、DisplayPortx3を搭載し、最大4画面出力をサポートしています。


f:id:korekai:20200915230813j:plainf:id:korekai:20200915230818j:plain
PC内部です。電源ユニットは反対側から、ケーブル類は裏面配線なので、キレイにまとまっています。

電源ユニットが反対側でケーブル(黄色・赤・黒)が目立たないので、見た目も良くなりました。

サイドパネルはゆるく締めておけば、ツールレスで開閉できてメンテナンス性も良し。


f:id:korekai:20200915230918j:plainf:id:korekai:20200915230836j:plain
フロントファンと側面吸気で、電源とCPU、グラボ等の熱を背面と天面の140mmファンで排熱するエアフローです。

CPUに付属しているリファレンスファンなので、夏場など室温が高くなる時期はやや心配です。

慣れていないと交換は面倒ですが、自分で高性能なCPUファンと交換するのもありでしょう。

その際は、Socket AM4 ソケットに対応したCPUファンを選んでください。


f:id:korekai:20200915230905j:plain
▲X570チップセット ASRock X570 Phantom Gaming4

・PCI-Ex16 x1
・PCI-Ex4 x1
・PCI-Ex1 x2
・メモリスロット x4 (最大 128GB)
・SATA3 x8
・M.2 x2


f:id:korekai:20200915230909j:plain
ストレージは、1TB Gen4 NVMe SSDのみ。CFD製のPG3VNFです。

シーケンシャルリード最大5000MB/sという超高速仕様。

SATA3.0接続よりも圧倒的に速いNVMe接続で、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。


f:id:korekai:20200915230823j:plain
SSDは、右側面のこの場所に2つ。HDDは、電源ボックス上に2つ増設可能です。


f:id:korekai:20200915230850j:plain
▲16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)

メモリースロットは4つ。うち2本を使用しており、最大128GBまで増設できます。


f:id:korekai:20200915230845j:plain
▲グラボは、GeForce RTX 2070 SUPER 8GB

GeForce RTX 2070 SUPERは、各BTOメーカーで人気No1機種に搭載されている定番のグラフィックボードです。

メーカーPalit製のシングルファンタイプ。スペック的に人気のPUBGやフォートナイト、Apex LegendsなどフルHD(最高設定)であれば、平均100fpsを大幅に超えるフレームレートで動作します。


f:id:korekai:20200915230928j:plain
電源は750W。電力変換効率は80PLUS GOLDで上位クラスの変換効率を誇る電源です。

この構成であれば、750Wで十分余裕があり、安定動作が見込めます。


f:id:korekai:20200915230949j:plainf:id:korekai:20200915230953j:plain
ゴム足は4箇所、排気するには十分な隙間があるため、排熱効果も期待できます。

電源ユニットの排熱は底面へ逃します。スライドで脱着&水洗い可能なダストフィルター付き。

ホコリが溜まりやすい場所ですが、メンテナンス性も高いです。

ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのベンチマーク測定

f:id:korekai:20191217133543j:plain
▲場所によっては200fps超え(PUBG/ウルトラ設定)

ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sは、AMD Ryzen 9 3900X(12コア24スレッド)、GeForce RTX 2070 SUPER 8GBを搭載しています。

以下の人気ゲームでは最高設定で150fpsを大幅に超える結果に。

144Hzや240Hzゲーミングモニターと一緒に使っても十分性能を活かしきれるゲーミングPCです。

・PUBG:161.9fps

・フォートナイト:162.3fps

・Apex Legends:163.1fps

3DMARK

f:id:korekai:20200915231651j:plainf:id:korekai:20200915231655j:plain
3DMARKのテスト結果。

・Time Spy:10148(DirectX 12)
・Port Royal:5707(レイトレーシング)

FF14:非常に快適

f:id:korekai:20200915231706j:plainf:id:korekai:20200915231709j:plain
FF14のテスト結果。

・フルHD:19687
・4K:19760

FF15:普通〜とても快適

f:id:korekai:20200915231723j:plainf:id:korekai:20200915231725j:plain
FF15のテスト結果。

・フルHD:9847
・4K:4247

ドラゴンクエストX:すごく快適

f:id:korekai:20200915231735j:plainf:id:korekai:20200915231738j:plain
ドラゴンクエストXのテスト結果。

・フルHD:22217
・4K:21087

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20200915231753j:plainf:id:korekai:20200915231757j:plain
Cドライブの1TB SSD(Gen4 NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は5001.46 MB/s(読み込み)、4280.49 MB/s(書き込み)でした。

Gen4 NVMe SSDなので、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。

CPUZ

f:id:korekai:20200915231813j:plain
CPUのシングルスレッドは525.3、マルチスレッドは8112.2でした。

マルチスレッドは、Intel Core i7-10700を圧倒する結果に。

CINEBENCH R20

f:id:korekai:20200915231826j:plain
CINEBENCH R20のテスト結果。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20200811180608j:plain

ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sは、基本カスタマイズ不要です。

ストレージが1TB Gen4 NVMe SSDのみなので、データ移行やデータ量が多くなりそうなら、HDDを追加すると良いでしょう。

もちろん、1TBのSSD(SATA)でもありかと思います。

■カスタマイズ一例

・1TB HDD +5,800円(+税)
・2TB HDD +7,100円(+税)

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70S レビュー:まとめ

f:id:korekai:20200915230730j:plain

・Ryzen 9 3900X+RTX 2070 SUPER
・ゲーム配信、RAW現像、動画編集向き
・カスタマイズ不要で翌日出荷
・機能性と冷却性に特化した新筐体ケース
・超高速な1TB NVMe SSD(Gen4)搭載

以上が、ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのレビュー内容です。

CPUの性能からゲームプレイ+配信、クリエイティブ作業とマルチに使いたい方向け。

ゲームだけするならオーバースペック気味なので、Core i7-10700を搭載した16万円台のGALLERIA XA7C-R70Sがコスパ良くおすすめです。

逆にこの1台持っていれば、重めのクリエイティブタスク(RAW現像、動画編集など)もできることから視野に入っているなら買ってしまうのもありでしょう。

今なら翌日出荷にも対応しており、早くハイエンドなゲーミングPCが欲しい方も必見な1台です。

【関連】高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング

【関連】【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【関連】【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA ZA9R-R70Sのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3,400円~の支払いでデスクトップPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCのレビュー

【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ レビュー


【コスパ良】GALLERIA ガレリア XV レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング