+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2023年】予算30万円以下で選ぶ!ゲーミングPCおすすめランキング


この記事では、予算30万円以下で選ぶ!ゲーミングPCおすすめランキングについて紹介します。

30万円以下の予算でゲーミングPCをお探しなら選択肢は豊富です。

人気のハイエンドモデルから4K解像度でも快適に動作するウルトラハイエンドまで選べます。

ゲームプレイしながら実況配信しても余裕のあるスペック帯であり、今後数年間は現役で幅広いゲームを遊び尽くせるのがポイントです。

次の項目から予算30万円以下で選びやすいようにランキング化しておすすめのゲーミングPCをまとめたので参考にしてください。

■この記事で紹介する内容

・30万円以下で選ぶ!おすすめゲーミングPCランキング

・30万円以下のゲーミングPCの選び方

・214,980円〜299,800円の予算内で選べます


予算30万円以下で選ぶ!ゲーミングPCおすすめランキング

予算30万円以下で1位〜5位までランキング化していますが、それぞれ購入するメリットのあるゲーミングPCです。

総合的におすすめなのは1位のゲーミングPCですが、すべてコスパに優れたゲーミングPCなのは間違いありません。プレイしたいゲームや予算、用途に応じて参考にしてください。

\30万円以下のおすすめゲーミングPC/

・人気No1ゲーミングPC
GALLERIA XA7C-R37

・コスパ最強モデル
GALLERIA XA7C-R36T

・ウルトラハイスペック
GALLERIA XA7C-R38

・コスパ最強ゲーミングノート
GALLERIA ZL7C-R37TH
G-Tune E5-165J

【1位】ドスパラ GALLERIA XA7C-R37

CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3070
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 翌日
参考価格 234,980円(税込)
特徴 人気No1ゲーミングPC

30万円以下のおすすめゲーミングPC1位は、ドスパラの「GALLERIA XA7C-R37」です。

ドスパラで人気No.1のハイスペックPC。

CPUはヘビーゲーマーに人気の第12世代Core i7で、GPUはパワーのあるGeForce RTX 3070を搭載しています。

16GBのメモリと1TBのSSDを搭載し、ほとんどの人はカスタマイズ不要で使える余裕のスペックが魅力。

基本性能がとても高いわりには価格も安く、ゲーム実況や動画編集などマルチな活用もできる万能PCです。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:360fps
・WQHD:290fps
・4K:250fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:180〜200fps
・WQHD:130〜150fps
・4K:70〜90fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:65〜85fps
・WQHD:60〜70fps
・4K:45〜60fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K

ほとんどの人気FPSゲームを200fpsに近いフレームレートで遊べます。

「迷ったらこれを買えば間違いない」と言える一番のおすすめPCです。

より詳しいベンチマークや使い勝手は関連のレビューをご覧ください。
【関連】GALLERIA XA7C-R37 実機レビュー

ドスパラ公式サイトで見る

【2位】ドスパラ GALLERIA XA7C-R38

CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3080
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 翌日
参考価格 284,980円(税込)
特徴 ヘビーゲーマー向け

30万円以下のおすすめゲーミングPC2位は、ドスパラの「GALLERIA XA7C-R38」です。

CPUに第12世代のCore i7とGPUにGeForce RTX 3080を搭載したヘビーゲーマー向けのハイスペックモデル。

メモリ16GBでストレージは1TBとゲーミングPCとして十分な容量となっています。

ほとんどのゲームは4K解像度でも平均100fpsを超える快適な動作で、フルHDであれば240Hzや360Hzな高性能ゲーミングモニターの性能を十分に引き出すことが可能です。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:450fps
・WQHD:370fps
・4K:320fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:240〜260fps
・WQHD:180〜200fps
・4K:100〜120fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:95〜105fps
・WQHD:80〜95fps
・4K:55〜65fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K X

ほとんどのゲームを快適に遊べるスペックで、苦手な解像度がない完璧なマシン。

常に最新のゲームを最高の環境で遊びたい人におすすめです。

ドスパラ公式サイトで見る

【3位】ドスパラ GALLERIA XA7C-R36T

CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3060 Ti
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 翌日
参考価格 214,980円(税込)
特徴 コスパ最強モデル

30万円以下のおすすめゲーミングPC3位は、ドスパラの「GALLERIA XA7C-R36T」です。

CPUに第12世代のCore i7と、GPUにミドルハイスペックなRTX 3060Tiを搭載したバランスの良い性能がポイント。

フルHD〜WQHD解像度のゲームに強く、趣味の動画編集や日常使いにも最適な苦手ジャンルの少ないゲーミングPCです。

メモリ16GB、ストレージは1TB SSDを搭載し、最新のゲームを快適に遊べる容量となっています。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:310fps
・WQHD:250fps
・4K:210fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:160〜165fps
・WQHD:110〜125fps
・4K:65〜75fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:60〜75fps
・WQHD:50〜65fps
・4K:40〜50fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K X

フルHDならどんなゲームも快適に遊べて、WQHDでも競技性の低いゲームなら問題ない性能。

ゲームと普段使いが快適なゲーミングPCを探している方に最もおすすめです。

ドスパラ公式サイトで見る

【4位】GALLERIA ZL7C-R37TH

CPU Core i7-12700H
GPU GeForce RTX 3070 Ti Laptop
メモリ 32GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
ディスプレイ 16インチ/1920 x 1200
リフレッシュレート 165Hz
出荷目安 翌日
参考価格 275,980円(税込)
特徴 ヘビーゲーマー向け、高性能

4位のおすすめゲーミングPCは、ドスパラの「GALLERIA ZL7C-R37TH」です。

CPUに処理能力の高いCore i7と、GPUにハードゲーマーに人気のRTX 3070Tiを搭載。

液晶は16インチで、フルHDよりも縦に広い1920 x 1200ドット、リフレッシュレート165Hzに対応した高性能パネルを採用しています。

メモリは32GB、ストレージはゲームやアプリの起動が速いGen4タイプのSSDを1TB搭載し、かなり余裕のあるスペックが特徴です。

拡張性の高いThunderbolt 4ポートを持っているので、簡単にストレージなどを増設できるのもポイント。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:165fps以上

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:165fps前後

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:70fps前後

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD

目立った弱点のないゲーミングノートPCで、初心者からハードゲーマーまで全ての人におすすめできます。

ドスパラ公式サイトで見る

【5位】マウス G-Tune E5-165J

CPU Core i7-12700H
GPU GeForce RTX 3060 Laptop
メモリ 32GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
ディスプレイ 15.6インチ/WQHD
リフレッシュレート 165Hz
参考価格 299,800円(税込)
特徴 軽量スタイリッシュノートPC

30万円以下のおすすめゲーミングPC5位は、マウスコンピューターの「G-Tune E5-165J」です。

CPUに処理能力の高いCore i7とGPUにRTX 3060を搭載し、1.73kgと軽量でスタイリッシュなデザインが特徴。

15.6インチWQHD(2560 x 1440)に対応した高解像度モニターを内蔵し、広いデスクトップはゲームだけでなく日常使いにも最適です。

標準で32GBメモリの他、注文時にストレージの増量や2台目のストレージを追加できるなど、小型でも拡張性が高いのもポイント。

【軽量級】VALORANT/マインクラフト
・フルHD:165fps以上
・WQHD:165fps

【中量級】Apex Legends/フォートナイト/FF14
・フルHD:100〜165fps
・WQHD:80〜90fps

【重量級】サイバーパンク2077/FF15
・フルHD:40〜50fps
・WQHD:35〜45fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD X

重たいゲームをするときは解像度をフルHDに変更すればOKで、165Hzに対応した内蔵モニターを余すことなく使えるスペック。
軽くて高性能なゲーミングノートを探している方におすすめです。

より詳しいベンチマークや使い勝手は関連のレビューをご覧ください。
【関連】G-Tune E5-165J 実機レビュー

マウス公式サイトで見る

どれがいい?30万円以下のゲーミングPCの選び方

初めて買う方にとって、どのメーカーのどのゲーミングPCを買えばいいのか分からないと思います。

そんな方のために、以下の表を作ってみました。10万円以下でも動作しますが、ゲームによっては画質やゲーム設定を下げる必要があります。

ただ2Dゲームやブラウザゲームがメインであれば、快適に動作できる性能をもったゲーミングPCが大半です。

選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。

推奨 特徴
メモリ 16GB以上 多いほどCPUが効率的に動作する
GPU RTX 30XXシリーズ
RX 6600 XT以上
RTXやRXの後に続く数字が大きいほど高性能
3Dゲームをする為に重要なパーツ
CPU Intel Core i5/i7
AMD Ryzen 5/7
Core i7やRyzen 7がスペックが高くおすすめ
価格 30万円以下 モニターなどを除く本体価格
ゲーミングノートはデスクトップに比べてコスパが悪い
BTOメーカー ドスパラ、フロンティア
ツクモ、マウスなど
幅広いスペックから選ぶことが可能
すぐに届く即納モデルもあり

グラフィックボードを中心に考えよう

まずはじめにパソコンでゲームをする上で、重要なグラフィックボード(グラボ)についてご紹介します。

グラフィックボード(通称グラボ・GPU)は、映像の計算をするパーツです。高性能であるほどパソコンから出力される映像をキレイにかつスムーズに表示することができます。

主にグラフィックボードはゲームをプレイする方、絵を書いたり動画編集したりとクリエイティブな仕事で使われる事が多いです。

グラフィックボードは現在2社が圧倒的なシェア率であり、NVIDIA社とAMD社です。NVIDIA社はGeForce(ジーフォース)、AMD社はRadeon(レイディオン)というブランドで展開しています。

・GeForce GTX 1660
・GeForce RTX 3050
・Radeon RX 6500 XT
(エントリー)

・GeForce RTX 3060〜
・Radeon RX 6600 XT〜
(ミドルレンジ〜ハイエンド)

ではゲームをプレイする上でどれくらいの性能をもったグラフィックボードが必要なのか。それはプレイするゲームによって変わってきます。

目安としては、GeForce RTX 30XX以上であれば、ほとんどのゲームを快適にプレイ可能です。

【関連】グラフィックスカード性能比較図

高フレームレートでのゲームプレイには、GeForce RTX 30XXシリーズ搭載のゲーミングPCを選びましょう

CPUはPC全体の性能

次はパソコンの頭脳であるCPUです。CPUはパソコン全体の性能を左右するパーツとも言えます。

CPUも主に2社が大きなシェア率であり、Intel社とAMD社です。Intel社はCoreシリーズ、AMD社はRyzenシリーズというブランドで展開しています。

CPUは中央処理装置を意味し、まさにパソコンの中心となって処理をしてくれます。グラフィックボードと違って映像以外の処理もしてくれるので、ゲーム以外の用途であればグラフィックボードよりも高性能なCPUを搭載したほうが良いです。

・Intel Core i3/5/7/9(数字が大きいと高性能)

・AMD Ryzen 3/5/7/9(数字が大きいと高性能)

ただCPUには世代があり、古い世代のCore i7よりも新しい世代のCore i5の方が高性能だという場合もあるので注意しておきましょう。

【関連】CPU性能比較

ゲームをするならIntel Core i5、Ryzen 5以上を搭載したゲーミングPCを選びましょう

メモリは多めに

最後はパソコンの動作に影響するメモリです。基本的にメモリは多いほどスムーズに動作します。よくある「パソコンが重い」と悩まずに済みます。

ゲーム用途なら最低でも8GBは必須であり、16GBあると安心です。あればあるほどいいですが、32GBはややオーバースペックとも言えます。

メモリ8GB:2Dゲームやブラウザゲーム

メモリ16GB:3Dゲーム、複数ソフトの立ち上げ

メモリ32GB:配信、動画編集、クリエイティブな仕事

【関連】PCの性能を最大限に活かすメモリ技術

ゲームをするならメモリ16GB以上を搭載したゲーミングPCを選びましょう

予算30万円以下で選ぶ!ゲーミングPCおすすめランキング:まとめ

CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3070
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
出荷目安 翌日
参考価格 234,980円(税込)
特徴 人気No1ゲーミングPC

この記事では、予算30万円以下で選ぶ!ゲーミングPCおすすめランキングについて紹介しました。

迷ったら1位の「GALLERIA XA7C-R37」が予算30万円以下のおすすめゲーミングPCです。

高性能なCPUとGPUを搭載したモデルで、ゲームだけでなく普段使いやクリエイティブな作業にも強いのがポイント。

今回紹介した機種はどれでもApex Legendsやフォートナイトなどのオンラインゲームを高フレームレートで遊べるスペックなので、ヘビーゲーマーの方や性能重視の方におすすめです。

もう少し安いPCが良い、もっとたくさんのおすすめを見たいという方は、以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【20万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

\30万円以下のおすすめゲーミングPC/

・人気No1ゲーミングPC
GALLERIA XA7C-R37

・コスパ最強モデル
GALLERIA XA7C-R36T

・ウルトラハイスペック
GALLERIA XA7C-R38

・コスパ最強ゲーミングノート
GALLERIA ZL7C-R37TH
G-Tune E5-165J

ドスパラ公式サイトで見る

30万円以下で高性能なゲーミングPCならGALLERIA XA7C-R37がおすすめです

おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングPC

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング


おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング


ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

165Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

360Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ウルトラワイドゲーミングモニターおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー