+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【Pixio PXC348Cレビュー】高画質で高コスパなウルトラワイドゲーミングモニター


Pixioが販売する「PXC348C」をレビューします。

PXC348Cは34インチウルトラワイドゲーミングモニターの中でも「価格が安いわりに基本性能が高くて高画質」という非常にコスパに優れた製品です。

・PXC348Cのレビューが見たい
・PXC348Cの使い勝手が知りたい
・メリット・デメリットを知りたい

上記のような疑問を持つ方や購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。
【関連】Pixioのゲーミングモニターおすすめ5選|評判と選び方を詳しく解説!


Pixio PXC348Cの特徴とスペック


PXC348Cの主な特徴は次の4つになります。

・低価格でも高い基本性能
・色彩豊かな美しい映像
・湾曲パネルによる高い投入感と臨場感
・USB Type-Cを含めた4つの入力ポート

34インチUWQHD解像度(3440 x 1440)に対応したウルトラワイドゲーミングモニターです。

リフレッシュレート144Hz、応答速度1msとゲーミングモニターの基本をしっかり押さえており、スムーズなゲームプレイが可能。

液晶は明るい部分と暗い部分のコントラストが美しい「VAパネル」を採用し、湾曲液晶の効果もあって高い投入感と臨場感を楽しめます。

価格が6万円台と安いわりに多機能ですが、使ってみて気になったデメリットもあり。

これから詳しく解説しますので、自分の利用スタイルに合っているかチェックしてください。

スペック

サイズ 34インチ
パネル 湾曲VA
解像度 UWQHD(3440 x 1440)
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
最大輝度 450nits
コントラスト比 4000:1
入力端子 DisplayPort 1.4 x 1(144Hz)
HDMI 2.0 x 2(100Hz)
USB Type-C x 1(100Hz)
Type-C PD出力 65W
スピーカー 2W
VESAマウント 対応
参考価格 65,980円(税込)

Pixio PXC348Cを購入する

PXC348Cの開封チェック


箱はかなり大型ですが厚みの少ないスリムな形状。

梱包重量は10.6kg。取手がついているので運びやすいです。


内容物は次のようになっています。

・パネル本体
・DisplayPortケーブル
・電源アダプター
・電源ケーブル
・スタンド支柱
・スタンド台座
・スタンド組立ネジ x 3(予備)
・英語の簡易組み立て説明書

取扱説明書(英語)はPixioのホームページからダウンロードできます。
Pixio Japan | Best Gaming Monitor | PXC348C


横幅は34インチウルトラワイドとして標準的な長さ。

高さ調整は0〜9cmで調整可能。


前後の角度調整は-5°〜20°で可能。

奥行きの実測値は約33cmでした。


左右の首振り角度は20°まで。

パネル背面にケーブルをまとめるパーツと、スタンドにケーブルを通す穴もあり。

スタンドは可動域の広い多機能タイプで、かなり使い勝手が良いです。


配線を目立たなくするケーブルカバーが付属。

端子類は左から次のようになっています。

・電源アダプター
・HDMI 2.0 x 2
・DisplayPort 1.4
・USB Type-C(PD 65W)
・ヘッドホン出力

VESA 100 x 100規格の汎用モニターアームにも対応しています。


極限まで無駄を削ぎ落としたスリムデザインを採用。

曲率1500Rのゆるやかなカーブのおかげで圧迫感がなく、つつみこまれた臨場感を味わえます。

ベゼル幅は非表示部分も含めて約10mmです。


スタンドのマウント部はLEDムードライトになっています。

青系→緑系→赤系のサイクル表示/単色表示のほか、OFFにすることも可能です。

PXC348Cの画質と使い勝手をチェック

PXC348Cの画質と使い勝手について、次の7つを詳しく解説します。

・色鮮やかでメリハリのある映像
・作業に最適な超広大デスクトップ
・PCゲームでの使用感
・ゲームプレイに嬉しい機能を搭載
・内蔵スピーカーが便利!
・PS5での使用感
・ノートPCでの使用感

色鮮やかでメリハリのある映像


PXC348Cが採用しているVAパネルは、明るい部分と暗い部分のコントラストがIPSパネルより優れているのが特徴です。

発色は深みのある豊かな色彩で思わず息をのむ美しさ。

黒い部分は「真っ黒」に表示されて、明暗のはっきりしたメリハリのある映像です。

また、曲面ウルトラワイドの効果もあってパノラマ感と包み込まれるような臨場感を味わえます。

作業に最適な超広大デスクトップ


UWQHD解像度(3440 x 1440)は、ブラウザーを2つ並べてもデスクトップにアクセスできる広さ。

ウルトラワイドモニターは、次のような使い方をする人に最適です。

・高い臨場感のゲーム体験・映像鑑賞
・動画編集のシーケンス管理
・横長のスプレッドシート編集
・たくさんのウィンドウを開いた作業

ゲームや動画視聴などのエンタメコンテンツや、WEBブラウジングなどの日常使いにも最適なモニターです。

PCゲームでの使用感


ほとんどのゲームは21:9の出力に対応しているので、「ウルトラワイド+超高画質」による高い臨場感を楽しめます。

リフレッシュレート144Hz、応答速度1msとゲーミングモニターとしての基本性能が高く、ヌルヌル動くなめらかなゲームプレイが可能。

ただし、画面が横に大きすぎるのでApex Legendsやフォートナイトのような競技向けゲームは、視線の移動が激しくなってHUD情報や画面の隅にいる敵を見逃してしまうことがあります。

PXC348Cのようなウルトラワイドモニターは、次のようなジャンルのゲームが好きな人におすすめです。

・レースゲーム
・競技性の低いFPSゲーム
・フライトシミュレーター
・一人で楽しむアクションアドベンチャー

ソロで楽しむFPSゲームや競技性の低いゲームで臨場感を楽しみたい人にうってつけです。

ゲームプレイに嬉しい機能を搭載

PXC348Cには対戦ゲームを有利に楽しめる便利機能が搭載されています。

チラつきを抑える「フリッカーフリー」と、カクつきとズレを抑える「G-Sync Compatible/FreeSync」を実装。

その他、特に便利と感じた機能は次の2つです。

・狙った敵を見逃さない「クロスヘアー」
・極限までスムーズにする「残像低減機能」

狙った敵を逃さない「クロスヘアー」


画面の中央に「照準」を表示させる機能で、6種類のマークから選べます。

これからFPSゲームを始めたいと思っている方におすすめで、圧倒的に敵を狙い撃ちしやすくなる便利な機能です。

極限までスムーズにする「残像低減機能」


標準状態でも残像感の少ない映像ですが、MPRT機能をONにすると極限までブレを抑えて遊ぶことができます。

ただし、フレーム間に黒いフレームが挿入されるので、画面の明るさが少し落ちます。

この暗くなる現象は他の多くのゲーミングモニターと同じで、特有の現象ではありません。

また、もともと明るい液晶なので色合いの変化が極めて少なく、非常に優秀です。

内蔵スピーカーが便利!

PX348Cは2Wのステレオスピーカーを内蔵しています。

音質は軽めで低音の響きは弱めです。

価格相応の性能ですが、音質は決して悪くない印象でした。

内蔵スピーカーは無いよりもあった方が便利なことが多く、単純に音をモニターできれば良いという用途なら十分な性能です。

ゲームの銃声や足音の方向など、サラウンド機能を重視したい時はヘッドホンがあると便利でしょう。

PS5での使用感


PS5やXbox Series Xなどのゲーム機は、アスペクト比率21:9のウルトラワイドに対応していません。

PXC348Cにゲーム機を繋ぐと16:9の映像を21:9へスケーリング(拡大)して、横に引き伸ばした違和感のある映像になります。

モニター側の設定で16:9のエリアだけに表示することは可能ですが、画面の両端が黒くなることは留意してください。

また、PS5とXbox Series Xで120Hzモードに設定できました。

ただし、HDMI入力はリフレッシュレート100Hzまでなので、フレームレートも100fpsが上限と思われます。

いろいろ制限があるように思えますが、実際に使ってみるとまったく問題なく遊べるので、PCの他に最新ゲーム機を繋ぎたい人にもおすすめです。

ノートPCでの使用感|USB Type-C入力が便利!


PXC348CにはUSB Type-C入力があるので、対応したノートPCならケーブル1本で使えるメリットがあります。

USB PD出力も65Wと必要十分で、ほとんどのノートPCは常時バッテリーフル状態で使用可能。

ゲーミングノートPCやMacBookユーザーにも使い勝手の良いモニターです。

Pixio PXC348Cを購入する

PXC348Cの気になった点

PXC348Cをじっくり使い倒してみたところ、気になるデメリットが4つありました。

・ななめから見ると白っぽい
・スピーカーの音量調節がやりにくい
・USB Type-Cケーブルが付属しない

ななめから見ると白っぽい


VAパネル特有のデメリットですが、画面をななめから覗き込むと白っぽく見えます。

ただし、写真のような角度でゲームをする人はいないと思うので、大きなデメリットではないでしょう。

スピーカーの音量調節がやりにくい

PXC348Cにはボリュームを調節するショートカット機能がありません。

背面の設定スティックを連打して、深い階層から音量機能を呼び出す必要があります。

PCならキーボードのボリュームキーなどを使えば問題ありませんが、PS5などのゲーム機をつなぐ人は少々面倒な操作が必要です。

USB Type-Cケーブルが付属しない

PXC348CはUSB Type-C入力があることも特徴の一つですが、付属品にType-Cケーブルがありません。

安価なケーブルを使うと映像が表示されないなど、トラブルの原因になることがあります。

Type-C入力を使用する予定の人は留意してください。

【まとめ】圧倒的コスパ!Pixio PXC348Cはこんな人におすすめ


以上がPixio PXC348Cのレビュー内容です。

本製品は次のような人におすすめします。

・競技性の低いゲームが好きな人
・臨場感の高いゲームプレイをしたい人
・ウルトラワイドでコスパの良い製品が欲しい人
・映像鑑賞や事務的な作業などマルチに活用したい人
・USB Type-C入力のあるウルトラワイドモニターが欲しい人

欲張ってしまうと惜しい点はありますが「低価格+高画質+高い基本性能」を持ったバランスの良い素晴らしいゲーミングモニターです。

コスパ優先で「これを買えば間違いない」という製品を求めている方におすすめです。

気になる方はぜひチェックしてください。
【関連】Pixioのゲーミングモニターおすすめ5選|評判と選び方を詳しく解説!

Pixio PXC348Cを購入する

ゲーミングモニター・PCモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。


人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

165Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

360Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーム機におすすめゲーミングモニター

PS4/PS5のゲーミングモニターおすすめランキング


ゲーミングモニターのおすすめメーカー

Acerのゲーミングモニターおすすめランキング

ASUSのゲーミングモニターおすすめランキング

LGのゲーミングモニターおすすめランキング

Dellのゲーミングモニターおすすめランキング


動画編集や映画鑑賞、仕事におすすめのPCモニター

【性能重視】PCモニターおすすめランキング

【予算重視】PCモニターおすすめランキング

USB Type-C対応モニターおすすめランキング

4Kモニターおすすめランキング


最大2.5%還元!ディスプレイをお得に買い物する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券をチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。