+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【GALLERIA ガレリア ZG 2080Super 実機レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20190722135753j:plain
ガレリアシリーズでハイエンドクラスのガレリア ZG 2080Superは、フルHDだけでなくWQHDや4K画質でもゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

主要パーツは高性能なCore i9-9900KF&RTX 2080 Superを採用しているので、このスペックで動作しないゲームはほとんどないでしょう。またゲームと同時に実況や複数ソフト起動などゲーマーが求める快適さをクリアする性能です。

この記事ではGALLERIA ZG 2080Super(以下、ガレリア ZG 2080Super)のスペック、外観、性能、ベンチマークを紹介します。

■この記事で紹介する内容

・ガレリア ZG 2080Superのスペック

・ガレリア ZG 2080Super実機レビュー

・ガレリア ZG 2080Superのベンチマーク測定

・ガレリア ZG 2080Superのおすすめカスタマイズ

・ガレリア ZG 2080Super実機レビュー:まとめ

ガレリア ZG 2080Superのスペック

f:id:korekai:20190920200319j:plain

OS Windows 10 Home 64ビット
オフィスソフト Office なし
CPU インテル Core i9-9900KF (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド/内蔵グラフィックス非搭載)
CPUファン 静音パックまんぞくコース
グラフィック機能 NVIDIA GeForce RTX2080 SUPER 8GB
電源 SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS GOLD / SST-ET750-G)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
SSD 512GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3370MB/s, 書込速度 2030MB/s)
ハードディスク 3TB HDD
光学ドライブ 光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
カードリーダー SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]付属
サウンド マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース ガレリア専用 KTケース (ATX)
LAN ギガビットLANポート x1
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mm
重量 約13.9kg
持込修理保証 保証期間1年
マザーボード インテル Z390 チップセット ATXマザーボード
PCI-E x16 x2, PCI-E x1 x3 / メモリスロット x4(最大64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2 / USB 3.1 x4(Gen2 Type A x1,Type C x1 / Gen1 x2)
入出力ポート 前面:USB3.0 x2
背面:USB2.0 x2 USB3.0 x1 USB3.0 x2 (Type A x1+ Type C x1)

※スペックはGALLERIA ZG 2080Superを元に作成しております。

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA ZG 2080Superのレビュー・評価を見る

ガレリア ZG 2080Super実機レビュー

外観

f:id:korekai:20190722135753j:plain
f:id:korekai:20190906145957j:plain
ガレリア専用KTケース (ATX)です。ATX用ということで内部は広く、拡張性が高いケース。

ブラックカラーで統一され、シンプルなので飽きのこないデザインです。やや大きめなので置きたい場所に設置できるかサイズ確認必須。

個人的にはもう少し小さいケースが採用されるといいかなと思いました。

サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mm
重さ 約13.9kg


f:id:korekai:20190627225434j:plain
▲正面には5インチベイと3.5インチベイ、120mmのファン


f:id:korekai:20190627225445j:plain
▲フロントパネルのインターフェイス

・USB 3.0x2
・SDカードリーダー
・オーディオジャックIN
・オーディオジャックOUT
・リセットボタン
・電源ボタン
・HDDとPOWERのLEDライト

このあたりは以前レビューしたガレリアZZやXFと同じインターフェイスです。

マイクやヘッドホンは正面から挿すとケーブルの長さ的にベスト。USB-Aポートも2つあるので、スマホ等の充電にも使えます。


f:id:korekai:20190722135831j:plainf:id:korekai:20190627225514j:plain
▲120mmのファンを2基取り付け可

ケース上部にはケースファン用のスリットがあり、すでに1つ120mmファンが取り付け済み。

120mmファンはAmazon等で1000円~、LED付きだと2000円~ほどで売っており、自分で後付け可能。

たくさんつけるとうるさいので、静音タイプがオススメです。


f:id:korekai:20190627225540j:plain
正面から向かって右側(CPU裏)は、エアフローを考えて空けられたスリットがあります。


f:id:korekai:20190627225552j:plain
こちらは正面から向かって左側。120mmのファンを2基取り付けできるスリットがあります。

この面はカスタマイズでアクリルパネルに変更可能です。

ファンには向きがあるので、吸気か排気でチェックが必要。ホコリ対策として、防塵フィルターなども一緒に購入するといいでしょう。


f:id:korekai:20191118133414j:plain
▲背面には120mmファン1基とリアパネル、電源、グラボ端子

リアパネル以外は黒で統一。重厚感のあるケースです。


f:id:korekai:20191118133422j:plain
▲リアパネルのインターフェイスは9種類

・USB 3.1 Gen1 x2
・USB 3.1 Gen2 Type-C x1
・USB 3.1 Gen2 Type-A x1
・USB 2.0 x2
・PS/2コネクター
・DVI-D端子
・D-sub端子
・HDMI端子
・LANポート
・オーディオ入出力

キーボードやマウス、外付けHDD、SSD等を接続するには十分すきるUSB-Aポートの数です。うち4つはUSB3.1なので高速にデータ転送できます。

ディスプレイへの出力はグラボから接続するので、DVI-DやD-sub端子にはカバー付き。

余談ですが、この背面ファンにもホコリが結構つくので、定期的に掃除したほうが良いです。


f:id:korekai:20191118133433j:plain
グラフィックボードの出力ポートはHDMI x1, DisplayPort x3となり、お持ちのディスプレイに合わせて選ぶといいでしょう。

これだけのポート数なら最大4つのモニターと接続できます。

【関連】高性能で安いゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選


f:id:korekai:20191118133443j:plain
PC内部です。ケーブル類は結束バンドで整理され、キレイにまとまっています。

パソコンの大敵はホコリですが、ゲーミングPC到着後すぐにフィルターを取り付けることである程度、ホコリの侵入を防げるのでおすすめです。

※関連記事:ホコリをシャットアウト!デスクトップパソコンの掃除を劇的に楽にする方法。 - +ログ


f:id:korekai:20191118133450j:plain
▲HDDは3TB

3.5インチベイはツールレスで取り付け、取り外し、メンテンスも楽。空きは4つあるので拡張性は高いです。


f:id:korekai:20191118133500j:plain
▲SSDは転送速度も速いM.2タイプで、高速のNVMe接続

f:id:korekai:20191118133509j:plain
▲DEEP COOL製 大型ヒートシンク搭載のCPUファン

f:id:korekai:20190906145849j:plain
▲NVIDIA GeForce RTX2080 Super 8GB

ドスパラ御用達のPalit製です。


f:id:korekai:20191118133534j:plain
▲電源は750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

電源のことはドスパラの公式サイトで詳しく説明されていますので以下の参考記事をご覧ください。

80PLUSで消費電力はどう変化するのか? STANDARDからTITANIUMの電源でチェック!


f:id:korekai:20190627225752j:plain
▲底面にもエアフローを意識したスリットあり


f:id:korekai:20191118133543j:plain
▲8GB×2=16GB

最新のゲームタイトルに対応するため、これまでのDDR4メモリよりも断然早いとされる「DDR4-2666高速メモリ」を搭載。

ゲームしながらの動画配信やボイスチャット、その他ツール併用時でも快適なプレイ環境を実現しています。

メモリースロットは4つ。うち2本を使用しており、最大64GBまで増設できます。


f:id:korekai:20191118133552j:plain

マザーボードは、ゲーミング用で耐久度の高いASRock Z390 Phantom Gaming 4です。

インターフェイスは拡張性高く、ストレージやサウンドカードなども取り付け可能。

・PCI-Ex16 x2(空き1)
・PCI-Ex1 x3
・メモリスロット x4 (最大64GB)
・SATA3 x6
・M.2 x2(空き1)


f:id:korekai:20190613142825j:plain
ディスプレイは別売り。

とりあえずの格安ゲーミングモニタなら応答速度1msのAcer ゲーミングモニター KG221Qbmix 21.5インチがオススメですよ。

【関連】高性能で安いゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

付属品

f:id:korekai:20190627225832j:plain
付属していたのはキーボード、マウス、電源ケーブル、インストールディスクです。

※キーボード/マウスは別売り(オプションでの追加)


f:id:korekai:20190613142807j:plain
f:id:korekai:20190613142814j:plain
キーボードはよくあるキートップが高めのもの。うち心地と打鍵音がよく、個人的に好きなキーボードです。

こだわるならロジクール等のゲーミングキーボードを購入した方がいいでしょう。


f:id:korekai:20190613142817j:plain
f:id:korekai:20190613142819j:plain
f:id:korekai:20190613142822j:plain
マウスはサイドボタン付き、DPIの調整もできます。とりあえずのマウスなら十分でしょう。

ガレリア ZG 2080Superのベンチマーク測定

ガレリア ZGはCore i9のCPUとRTX 2080 Superを搭載しており、どのベンチマークも高い数値を叩き出しています。

RTX 2080 Superは、リアルな映像描写が可能なリアルタイムレイトレーシングとDLSSモードに対応しているので、より高グラフィックな映像で楽しむことができます。
※ゲームが対応している場合のみ(Battlefield Vなど)

フルHDゲーミングにはもったいないくらいの性能なので、WQHD画質、4K画質でゲームプレイしたい方におすすめのゲーミングPCです。

TIME SPY1.0:11493(最上位)

f:id:korekai:20191118133651j:plain

バイオハザード6:23826(とても快適)

f:id:korekai:20191118133700j:plain

バイオハザード6は解像度1920×1080で"とても快適"の評価に。

FF15:8716(WQHD/快適)

f:id:korekai:20191118133707j:plain

解像度2560×1440の高品質で"快適"の評価になりました。

WQHDなら高品質でも80FPS以上で動作します。

FF15:5031(4K/やや快適)

f:id:korekai:20191118133715j:plain

解像度3840×2160の高品質で"やや快適"の評価になりました。

フレームレートを確認してみると、標準品質で60FPSを割り込む形に。ゲーム設定を調整すれば4Kでも十分プレイできます。

FF14:19021(非常に快適)

f:id:korekai:20191118133736j:plain

人気のFF14。解像度1920×1080、最高品質で"非常に快適"の評価に。

WQHDでも非常に快適、4Kだと高品質設定にすればフレームレートを落とさずに楽しめます。

PSO2:73916(快適)

f:id:korekai:20191118133754j:plain

PSO2も解像度1920×1080で"快適"の評価に。

ドラゴンクエストX:22437(すごく快適)

f:id:korekai:20191118133832j:plain

計測しなくてもよいレベルですが、軽いゲームのドラクエXは解像度1920×1080、最高品質で"すごく快適"の評価に。

CINEBENCH R20:4961pt(上位)

f:id:korekai:20191118133840j:plain

8コア16スレッドのCore i9-9900KF。シングルコアで523pt、マルチコアで4961ptでした。

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20191118133855j:plain
CドライブのSSDは2.5インチタイプよりも小型で転送速度も速いM.2タイプで、高速のNVMe接続です。

SSDのシーケンシャル速度は3226.9 MB/s(読み込み)、2111.4 MB/s(書き込み)とゲームの読み込みやOSの立ち上がりは文句なく速いです。


f:id:korekai:20191118133902j:plain
Dドライブの3TB HDDも計測してみました。

HDDのシーケンシャル速度は195.6 MB/s(読み込み)、191.8 MB/s(書き込み)です。

SSDにはゲームクライアントやOS、HDDには写真や動画など分けて使えるのでデュアルストレージ構成は便利です。

CPUZ

f:id:korekai:20191118133909j:plain
CPUのシングルスレッドは571.7、マルチスレッドは5517.6.という結果に。

どのベンチマークスコアもとても良い結果に。ゲーミングPCとして最高クラスの性能です


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA ZG 2080Superのレビュー・評価を見る

ガレリア ZG 2080Superのおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20190920200319j:plain

OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i9-9900KF
GPU GeForce RTX2080 SUPER 8GB
メモリ DDR4 SDRAM 16GB
NVMe SSD 512GB
HDD 3TB
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

ドスパラのガレリア ZG 2080Superは、Core i9-9900KFとRTX 2080Superを搭載した、高性能なゲーミングPCです。ドスパラのガレリアシリーズの中でも人気No3です。

4Kだとゲーム設定の調整が必要ですが、WQHD画質ならほとんどのゲームを高品質設定で快適にプレイできています。この先数年は買い替えの必要なく、長く使えるゲーミングPCとも言えます。

基本的にカスタマイズが必要ないレベルの性能ですが、予算に余裕があるならメモリを32GBに増設しても良いでしょう。他にはCPUファンやCPUグリスのアップグレードも検討してみてください。

■おすすめカスタマイズ

・メモリ32GB:18,700円+税
・Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000) :3,000円+税

【関連】ドスパラ ゲーミングPCおすすめランキング
【関連】ガレリアシリーズのおすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA ZG 2080Superのレビュー・評価を見る

ガレリア ZG 2080Superは翌日出荷可能です

ドスパラ ガレリアシリーズのグレード表から選ぶ

ガレリアシリーズにはXF、XV、XT、ZZ、RT5などのグレードが型番としてついています。

いろんなグレードがあり迷うところですが、以下の表を見てもらえれば、どれくらいのグレードなのかわかりやすいと思います。

価格と型番、性能で選べるので参考にしてください。

※表の右上が高性能、左下が格安機。表は横スクロール可能です。

ガレリアハイエンドモデル表

GeForce
RTX2080Ti
- AZ/ 249,980円 - - ZZ/ 269,980円
XZ/ 249,980円
GeForce
RTX2080
- - - - ZG/ 219,980円
GeForce
RTX2070
- AF/ 169,980円 - XF/ 178,980円 -
GeForce
RTX2060
- AV/ 159,980円 XV/ 139,980円 ZV/ 149,980円 -
GeForce
1660Ti
RT5/ 92,980円 AT/ 129,980円 XT/ 129,980円 - -
GPU/CPU Ryzen 5 Ryzen 7 i7-8700 i7-9700K i9-9900KF


PUBGやフォートナイトを最高のクオリティでプレイしたいなら、RTX2060〜RTX2080Tiを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

4KやWQHD、144Hzの高解像度かつ高フレームレートでゲームがしたいならRTX2070以上が欲しいところです。

ドスパラ ガレリアでハイエンドモデルを探す

ガレリア格安モデル表

GeForce
GTX1660
RJ5/ 92,980円 DJ/ 94,980円 XJ/ 124,980円
GeForce
GTX1650
RH5/ 84,445円 DH/ 89,980円 XH/ 117,980円
GeForce
GTX1050
RS5/ 79,980円 DS/ 85,980円 -
GPU/CPU Ryzen 5 i5-8500 i7-8700

初めてのゲーミングPC、自分でアップグレードしたい、手軽にPCゲームを楽しみたいライトユーザーは、GTX1050〜GTX1660を搭載したゲーミングPCを選びましょう。

格安機であっても、メモリを16GBにしたり、カスタマイズすることで高性能化できますよ。

普通にプレイする分にはフルHDで60FPS程度で遊べるGTX1660Tiがおすすめです。

ドスパラ ガレリアで格安モデルを探す

ガレリア ZG 2080Super実機レビュー:まとめ

f:id:korekai:20191118133343j:plain

・ドスパラで人気No3
・最高性能のCPUとグラボを搭載
・WQHDや4K画質でゲームプレイ可能
・予算があれば、メモリを32GBに
・約21万円で購入できるハイエンドゲーミングPC

今回実機レビューした「ガレリア ZG 2080Super」はフルHDだけでなくWQHD画質、ゲーム設定を調整すれば4K画質でもゲームプレイできる性能を兼ね備えています。

20万円前後でハイエンドゲーミングPCを求めているならガレリア ZGがまず候補になります。ただあと5万円程度で最上位のガレリア ZZが手に入るので、4Kゲーミングなら後者を選んでください。

逆にフルHDゲーミングならガレリア XFがおすすめです。ガレリアシリーズで人気No1かつ主要パーツの無料アップグレードが多く、お得に購入可能な場合が多いからです。

さいごにガレリア ZG 2080Superが気になっていた方、他のシリーズと迷っていた方、WQHD画質以上でをゲームプレイしたい方はぜひ、ガレリア ZG 2080Superをチェックしてみてくださいね。

【関連】ドスパラゲーミングPCおすすめランキング

【関連】ドスパラおすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA ZG 2080Superのレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら

ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【最高峰】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ良】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 実機レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!