+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【2018】完全ワイヤレスイヤホンおすすめの安い機種9選【5000円以下】

f:id:korekai:20171231163745j:plain
※更新日:2018年6月10日

こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

2017年後半になり、有名オーディオメーカーから続々と販売されている完全ワイヤレスイヤホン

今回は主に5,000円以下で低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンをまとめてみました。

ハイエンドモデルと比べると基本的な機能のみに留まっている機種が多いですが、高音質でコスパのいいモデルも多いのも確かです。

気になっているけど、どれを購入すればいいのかわからない方やまずは低価格帯で試してみたい方必見です。

またここで紹介しているイヤホンのほとんどは購入し、実際体験しているものが多いので是非参考にしていただきたいと思います。レビュー記事は随時こちらで更新していくのでお見逃しなく!

完全ワイヤレスイヤホンとは

f:id:korekai:20180509184611j:plain

イヤホンには有線タイプ、無線タイプ(Bluetooth)と大きく分けることができますが、無線タイプでもコードレスなものが完全ワイヤレスイヤホン、左右分離型、左右独立型、トゥルーワイヤレスと呼ばれます。

iPhone7からイヤホンジャックが廃止され、無線タイプを選ぶ機会が多くなりましたが、国内外の有名メーカーが続々と新製品を発表・発売してきた完全ワイヤレスイヤホンが今後主流になりそうな勢いです。

左右のイヤホンと繋がっている無線タイプと比較すると「価格が高い、バッテリー持ち」が悪いのが一番に挙げられます。それでもケースで充電したりすれば9時間程度は再生可能なので、3時間に1度は充電する手間はかかりますが、人によれば十分な方も居られるでしょう。

音質や性能面、携帯性でみても同等やそれ以上な物が多く、ケーブルありかなしかの違いと思ってもいいと思います。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

ここからは、完全ワイヤレスイヤホンの購入を考えているけど選び方がわからないという方の為に、簡単に選ぶポイントをご紹介していきます。

対応コーデックについて

コーデックとはBluetoothで音声を伝送するときに音声を圧縮する方式の名前で「SBC」というコーデックが標準として採用されています。実際、SBCは圧縮効率や転送速度を優先するので音質が良くありません。

お持ちのスマホに合わせて、高音質のコーデックに対応している完全ワイヤレスイヤホンを購入しましょう。以下で挙げた2つのコーデックは高音質で低遅延な音楽を楽しむ事が出来ます。

iPhone・iPad AAC
Andoroid aptX


だたスマホとイヤホンの両方が同じコーデックに対応している必要があり、Andoroidユーザーは対応コーデックをメーカーサイトなどで確認してください。

AACやAptX以上に高音質なSONYが開発した「LDAC」というコーデックに対応しているBluetoothイヤホンもあります。例えばSONYのWI-1000Xとかです。Xperiaをお持ちの方におすすめとなります。

詳しくはAAC/aptXとは?で紹介されているので参考にしてみてください。

連続再生時間の長さ

一般的に完全ワイヤレスイヤホンはバッテリー持ちが良くないでもデメリットがあり、平均的に約3時間と長時間音楽を楽しむことができません。

しかしケースに充電機能がついているものが多く、充電すれば計10時間以上聞けるものが多くなっています。

少しでも長く聞きたい方は5時間ほど再生できるものや急速充電に対応したモデルがあるので、チェックしてみてください。

Bluetoothのバージョン

何気なく使っているBluetoothですが、実はバージョンがあり、現在は5.0まであります。

ほとんどが4以上に対応しており、省エネかつ安定した通信が可能なので、購入する際は4.0以上かチェックしましょう。

4.0 大幅な省エネ対応
4.1 自動再接続及びLTEとBluetooth機器間での通信干渉を削減
4.2 転送速度の高速化とセキュリティの強化
5.0 通信範囲が4倍、データ転送速度が2倍

耳へのフィット感

小型化、軽量化が進んでいますが、コードレスなため、イヤホン本体が大きめなものもあります。長時間つけていると耳が痛くなったり、歩くだけで落ちてしまうなど装着感は重要です。

耳栓サイズくらいの小さいものもあり、できるだけ小さく、コンパクトな物を選ぶといいでしょう。その分バッテリー持ちにも影響しますが、だいたい3時間程度で変わらないので問題ないと思います。

完全ワイヤレスイヤホンでも軽い部類に入るのが3g台なので覚えておいてください。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能といえば周りの雑音を消してくれて、音楽に集中できる機能ですが、完全ワイヤレスイヤホンでも対応している機種があります。

遮音性が高いコンプライのイヤーチップを付けただけでもほとんど周りの雑音が気にならなくなるので必須ではないと思っています。

安いおすすめの完全ワイヤレスイヤホンまとめ

【Jacess】IPX5対応でジムやスポーツ時におすすめ「D05」

f:id:korekai:20180529181706j:plain:w320

Bluetooth5.0に対応した数少ない完全ワイヤレスイヤホン。接続の安定性が高く、遅延なしというデメリットを克服した最新モデルです。(環境による)

一度設定してしまえば面倒なペアリングも充電器からイヤホンを取り外せば自動なのでとても便利。イヤホン本体では3時間の連続再生、2100mAh大容量ケースでイヤホンを6回フル充電できるので計21時間のロングライフバッテリーです。

再生・停止 通話の終了・開始、着信拒否、Siriの呼び出しなどの操作はワンボタンで完結、音質も中高域のバランスがよく、音場はより広くクリアさが特徴的です。

・Bluetooth 5.0対応で安定し、低遅延
・自動ペアリング
・コーデックは不明だが、良質な音質

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【EnacFire】世界最軽量クラスの完全ワイヤレスイヤホン「CF8001」

f:id:korekai:20171231161134j:plain:w320

3.7gと世界最軽量クラスの完全ワイヤレスイヤホン。人間工学に基いて作られたイヤホンは長時間の使用でも耳が痛くなったり、疲れたりしづらくなっています。

音楽再生は6時間、待機時間が150時間とロングライフバッテリーなのも特徴。また一度ペアリングすれば次回以降は自動なので利便性も良く、Amazonでの評価も高いです。

・わずか3.7gの軽さ
・音楽再生が6時間、待機時間150時間のバッテリー持ち
・人間工学に基いて作られたイヤホン

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【TAROME】Amazonでベストセラーの完全ワイヤレスイヤホン「X2T」

f:id:korekai:20171231161138j:plain:w320

X2TはAmazonで大人気の完全ワイヤレスイヤホン。CVC6.0ノイズキャンセル機能を搭載し、雑音が消えて迫力ある低音、クリアな通話が可能です。

また4.5gと軽量かつコンパクトなのでつけ心地が良く、音楽再生は約7時間と完全ワイヤレスイヤホンの中ではバッテリー持ちが良いです。

+ログではレビューしていますので、記事も参考にしてみてください。


※関連記事:【レビュー】完全ワイヤレスの独立型イヤホン「Mini X2T Bluetooth イヤホン」は防滴仕様でジムやハンズフリー通話に使える優れモノ - +ログ


・CVC6.0ノイズキャンセル機能
・片耳・両耳モードあり
・音楽再生は約7時間

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【Cshidworld】AirPodsライクなデザインが特徴的な完全ワイヤレスイヤホン「G11」

f:id:korekai:20171231161151j:plain:w320

AirPodsライクな見た目がかっこいい完全ワイヤレスイヤホン。こちらもCVC6.1ノイズキャンセリングとBluetooth4.2を採用し、安定した接続性、クリアな通話を実現。

連続再生は約4時間、充電ケースで左右イヤホンを約6回フル充電可能で、最大で18時間の音楽再生に対応しています。またワンボタンで音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否/リダイヤルなどの操作もできます。

・連続再生は約4時間、ケース込みで18時間のバッテリー持ち
・ワンボタンで基本的な操作が可能
・CVC6.0ノイズキャンセル機能

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【Totemoi】最大24時間の連続使用が可能、モバイルバッテリーとしても使える「S2」

f:id:korekai:20171203005717j:plain:w320

軽くて小さい耳栓のような完全ワイヤレスイヤホン

イヤホンの重さはたった5gと軽く、長時間の使用でも耳への負担が少なく安心。45mAhワイヤレスイヤホンと750mAhモバイルバッテリーボックスが一体化し、満充電したケースは約6回まで充電できます。

1時間の充電で4時間の連続再生が可能、計24時間とバッテリー持ちは非常に優秀です。機能操作はワンボタンに集約され、音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否/リダイヤルなどの基本的な操作はシンプルに行えます。


※関連記事:【レビュー】IPX7防水に対応した「Totemoi S2」は中高域が得意な完全ワイヤレスイヤホン - +ログ


・モバイルバッテリーとしても使える
・4時間の音楽再生、ケースで充電すれば計24時間の連続使用が可能
・5gという軽さで耳栓のようなフィット感良好なイヤホン
レビュー記事を投稿済み

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【TAROME】X2Tの弱点を克服し進化したX3T

f:id:korekai:20171203005734j:plain:w320

当サイトでもレビューしたX2Tの後継機であるX3T。価格からは想像できないクリアな音質と迫力ある低音が特徴なハイコスパイヤホンです。

5.3gの超軽量で長時間の使用でも耳への負担が少なく、ストレスフリー。左右のイヤホンにはタッチ式ボタンが搭載され、1タップ~3タップのアクションで電源ON/OFFや再生・停止、曲送り・戻り、音量調整、通話などが可能です。

バッテリー持ちはイヤホン単体で3時間の連続再生ができ、ケースを使用すれば約3回はフル充電が可能、合計で9時間くらいの音楽再生ができます。


※関連記事:【レビュー】完全ワイヤレスの独立型イヤホン「TAROME X3T」は進化したクリアな音質と迫力ある低音がGood!! - +ログ


・\4,390
・特におすすめ
・5.3gの超軽量
・X2Tと比較して音質がよりクリアに低音もしっかり
・タッチ操作で音量調整が可能
価格からすればハイコスパな完全ワイヤレスイヤホン

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【AIKAQI】IPX5防水に対応した完全ワイヤレスイヤホン「B04」

f:id:korekai:20171231161200j:plain:w320

4.5gの軽量ボディで音楽再生は約3時間。ワンボタン設計で音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否/リダイヤルに対応しています。

またIPX5相当の防水性でジムやスポーツにもおすすめ。充電ケースもコンタクトレンズケースほどの大きさで持ち運びに便利です。

+ログではレビューしていますので、記事も参考にしてみてください。


※関連記事:【レビュー】ハイコスパモデルの本命機!「AIKAQI 完全ワイヤレスイヤホン B04」は音質良し、IPX5の防水仕様 - +ログ


・片耳・両耳モードに対応
・連続再生時間は約3時間
・コンパクトで軽いのでつけ心地は良好
・左右独立型としてはほぼ遅延なく音質がいい

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【ZNT】自動ペアリングが便利な完全ワイヤレスイヤホン「AirFits」

f:id:korekai:20180601234222j:plain:w320

ZNTの完全ワイヤレスイヤホンは見た目もスタイリッシュで低価格帯と思えない出来栄え。

ハイエンドモデルと同じくケースから取り出すだけでペアリングされたり、コンパクトなボディでつけ心地がよく、遮音性が高いのも特徴。

連続再生は3時間と少し短いですが、ケース込みで約15時間とバッテリー持ちも良好です。


※関連記事:【レビュー】ケースから取り出すだけで自動ペアリング可能な「ZNT AirFits」 - +ログ


・マグネット式で出し入れが便利な充電ケース
・遮音性が高く、つけ心地が良好
・ケースから取り出すだけで自動ペアリング
・ハイエンドモデル並のデザイン性

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【Pasonomi】IPX5防水でジムやスポーツ時におすすめ

f:id:korekai:20180601234820j:plain:w320

Amazonで500件を超える高評価レビューを受けているイヤホン。Bluetooth5.0対応で低遅延かつ安定した接続が魅力的、取り出すだけで自動ペアリングと利便性でも他社製品をリードしています。

高音質コーデック対応でIPX5防水、4.1gの小型ボディはジムやスポーツ時に最適です。連続再生は3時間、ケースはフル充電3回分となり、約12時間分のバッテリー持ち。安くてコスパが良いので人気となっています。

・Bluetooth 5.0
・IPX5防水に対応
・自動ペアリング
・Amazonで評価が高い

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



【Lermom】★4.6の高評価な完全ワイヤレスイヤホン「Losei」

f:id:korekai:20171231161209j:plain:w320

こちらは耳掛け式ながら充電ケース付きの完全ワイヤレスイヤホン。ケースは450mAhでイヤホンを4回程フル充電できます。

片耳の使用で約4時間、両耳の使用で約3時間のバッテリー持ち。またSiriの音声コントロールにも対応しています。

最大で2台のデバイスと同時接続可能で2台持ちの方にもおすすめです。

・連続再生は4時間
・Amazonで評価が高い
・コンパクトな耳掛け式

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る


【フル・ブルーム】日本人のためのイヤホン「澄音(すみおと)」

f:id:korekai:20180610175244j:plain:w320

日本人の耳に馴染むサイズ感と片耳4gという軽さを実現した日本人の為の完全ワイヤレスイヤホン「澄音(すみおと)」

心に染みる澄み切った音を謳っており、ナチュラルな音質を追求。プロダクトデザインも和の仕上がりに。

ナノコーティングでIPX4防水、3時間の連続再生に対応(ケースで充電すれば最大12時間の再生が可能)、ケースから取り出すだけで自動でペアリング、収納すれば電源OFFなど充実したスペックが特徴となっています。

・クラス最軽量のわずか4gという軽さ
・取り出すだけで自動電源オン
・音漏れの少ないカナル型
・3時間の連続再生、ケース込みで12時間

このワイヤレスイヤホンのレビュー・評価を見る



4ヶ月99円で音楽聴き放題キャンペーン中!登録は7/17まで!定額音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」

f:id:korekai:20180705191445p:plain


Amazon Music Unlimitedは「新曲から名盤まで、4000万曲以上が聴き放題」になるサービスです。通常 月額980円がAmazonプライム会員は月額780円今だけ99円、さらにEchoシリーズのどれかを持っていれば月額380円となり大変お得です。

個人プラン ファミリープラン Echoプラン Prime Music
月額 980円
(※プライム会員は780円)
1,480円
(※プライム会員は同額)
380円 無料
(※プライム会員のみ利用可能)
曲数 4000万曲以上 4000万曲以上 4000万曲以上 100万曲以上
登録可能アカウント数 1 6 1 1

Amazon Music Unlimitedで聴ける音楽のラインナップを見る



まとめ

いかがでしょうか。低価格モデルであっても音質は十分でコスパが良いイヤホンは多くなってきています。

今回紹介した完全ワイヤレスイヤホンはAmazonでも上位人気なものばかりなので、気になったのがあれば是非チェックしてみてください。

個人的におすすめなのは以下の4機種です。

Jacess / D05
TAROME / X3T
Pasonomi
ZNT / AirFits

このまとめ記事が完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方の参考になればと思います。

Amazonで売れている完全ワイヤレスイヤホン一覧


※スタンダードからハイエンドモデルのワイヤレスイヤホンのまとめ記事はこちらからどうぞ!
【2018】完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ13選【左右分離型・左右独立型・トゥルーワイヤレス】 - +ログ


最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

5000円以上のハイエンドモデルは以下の記事にまとめてあります