+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【SOUNDPEATS TrueAir レビュー】5000円以下で買えるaptX対応完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020】

f:id:korekai:20191202200112j:plain

コスパの良い完全ワイヤレスイヤホンを購入するならチェックすべきメーカーがSOUNDPEATS(サウンドピーツ)です。

格安イヤホンのリーディングメーカー的存在で、電車内でも多くの方が身につけているメーカーの1つ。

今回紹介するTrueAirは最新モデルでQCC3020という高性能チップを登載しています。

そのため従来製品よりも途切れにくく、安定した接続性、aptXの高音質コーデックに対応したイヤホンです。

この記事ではSOUNDPEATS TrueAirの外観や音質、使い勝手などレビューしましたので、ご覧ください。

SOUNDPEATS TrueAir


f:id:korekai:20191202195839j:plain

SOUNDPEATS TrueAir

SOUNDPEATS

完全ワイヤレスイヤホン


4.6



  • この価格帯ではかなり出来が良い

  • aptXコーデックに対応

  • クリアでバランスの良い音質

  • イヤホン単体で5時間の連続再生

  • 途切れにくく、低遅延◎

  • 軽くて快適な付け心地

  • USB-Cケーブルで充電できる

SOUNDPEATS TrueAir レビュー

f:id:korekai:20191202200123j:plain

SOUNDPEATS TrueAirの基本的なスペックを紹介します。

抑えておくべき点は、aptXコーデック対応、イヤホン単体で5時間のバッテリー持ち、QCC3020チップ採用、AirPodsデザインです。

5000円以下という価格ながらaptXコーデックに対応しているイヤホンはまだ少ないので、Androidスマホや音楽プレーヤーをお持ちの方でコスパ重視なら必見の1台。

操作はタッチ式、充電はUSB-Cケーブルで可能、PSE認証済や技適認証済はもちろん、デザインを保護する意匠登録まで取得済のイヤホンです。

チップセット QCC3020
対応コーデック SBC/AAC/aptX
イヤホン単体の連続再生 約5時間
ケース込みの連続再生 約30時間
ケースでのフル充電回数 約5回
イヤホン充電 約1.5時間
ケース充電 約2.5時間
防水性能 ○ ※1
イヤホン重量 約4g

※1 等級は不明

SOUNDPEATS TrueAirの外観

f:id:korekai:20191202200151j:plainf:id:korekai:20191202200153j:plain
ケースは光沢あるホワイトカラーのシンプルデザイン。手のひらサイズでポケットに入れても邪魔になりません。

蓋をあけるとイヤホンが縦に収納されています。ケースから取り出すと2回目以降は自動でペアリング、戻すと自動で充電されます。

ケース内部に磁気がついているため、ケースからイヤホンが落下しない仕組みもあり。

見た目的に安っぽさなくAirPodsと遜色ない出来です。


f:id:korekai:20191202200201j:plainf:id:korekai:20191202200209j:plain
AirPodsデザイン。光沢のあるホワイトカラーでインイヤー型のイヤホンです。

14.2mm径ドライバーとバイオセルロース振動板によりパワフルな低音域、繊細な中音域、クリアな高音域を実現しているとのこと。


f:id:korekai:20191202200217j:plainf:id:korekai:20191202200220j:plain
イヤホンは4g、ケースは33gと軽量です。

SOUNDPEATS TrueAirの同梱品

f:id:korekai:20191202200250j:plain
SOUNDPEATS TrueAirの同梱品は以下です。

・イヤホン本体
・充電ケース
・USB-Cケーブル
・取り扱い説明書

SOUNDPEATS TrueAirのバッテリー持ち

f:id:korekai:20191202200300j:plainf:id:korekai:20191202200303j:plain

イヤホン単体で5時間、ケース込みで最大30時間のバッテリー持ちです。充電はUSB-Cケーブル。

この長さなら作業用、通勤通学時の用途で十分実用的。試しに音量50%程で音楽を聞いてみると、4時間持ちました。

aptX接続だとバッテリー消費が大きくなることがあり、少し短めの結果に。試しにiPhone11 Pro(AAC)で同じ条件で試すと4時間25分でした。

気になった点はケースのバッテリー残量が分かりづらいこと。少なくなると赤色に点灯します。

SOUNDPEATS TrueAirの操作性

f:id:korekai:20191202200310j:plain
操作はタッチ式。音量調整を含む、再生停止、曲送り戻りなどの基本操作に対応しています。

再生/停止 どちらか2回タップ
曲送り R側を1.5秒タップ
曲戻し L側を1.5秒タップ
音量+ R側を1回タップ
音量ー L側を1回タップ
受話・終話 どちらか2回タップ
着信拒否 どちらか1.5秒タップ
音声アシスタント どちらか3回タップ

SOUNDPEATS TrueAirの装着感

最近よくAmazonで見かけるAirPodsデザイン。インイヤー型のイヤホンが耳から外れにくい方向けです。

軽くて付け心地はいいのですが、イヤーチップのないインイヤー型なので私の耳だと少し外れやすかったです。

デスク作業中など頭を大きく動かさないと外れないので、自宅用ならありだと思いました。

SOUNDPEATS TrueAirの初回ペアリング

以下の手順が初回のみ必要です。2回目以降は取り出すとだけで自動ペアリングされます。

また左右個別にペアリングされ、どちらか片耳だけの使用(モノラル)も可能です。

1.蓋を開けるとペアリングモードに※1
2.Bluetooth設定で「SOUNDPEATS TrueAirまたはTrueAir L」を選択
3.Headsetと表示された場合、ペアリングを選択
4.接続完了
5.次回以降は取り出すだけで自動ペアリング
※1 手動の場合、ケースボタンを3秒押す

SOUNDPEATS TrueAirの音質とコーデック

コーデックはSBCとAAC、aptXに対応しています。

AACとaptXは高音質コーデックであり、AACはiPhoneで使用、aptXは主にAndroidで使用します。

aptXの方が圧縮率が低いため、より高音質で音楽を楽しめます。そのためAndroidスマホや音楽プレーヤーをお持ちの方向きのイヤホンです。

Xiaomi MiMix3(aptX)と接続して様々な音楽を聞いてみました。結論から言うと音質はかなり良いです。

ただ遮音性が低くく、周りの音は聞こえやすいです。また大音量だと音漏れが気になりました。

低域〜高域までフラットな印象ですが、低域は中高域を支える程よい厚みで中高域はクリアで音場が広く伸びのある音です。

完全ワイヤレスイヤホンでもある程度良い音質で音楽を楽しみたい方におすすめです。

これまでレビューしたSOUNDPEATS製の完全ワイヤレスイヤホンは以下からご覧ください。

TrueAir:バランス、フラット
TrueMini:低域寄り(レビュー記事
TrueFree+:中高域寄り(レビュー記事
Capsule:中高域寄り(レビュー記事

SOUNDPEATS TrueAirの接続安定性

Xiaomi MiMix3(TWS Plus非対応)とSOUNDPEATS TrueAirの組み合わせで東京駅や新宿駅、人混みの多い場所で検証してみました。

途切れはほとんどなく、途切れても復帰までは一瞬。音楽再生への影響は少ないです。

自宅や職場、カフェなどでは一度も途切れなかったので、人混み以外でもかなり安定しています。

※CC3020搭載により、TWS Plusという音が途切れにくいワイヤレス規格に対応していますが、スマホ側も対応していることが条件です。

SOUNDPEATS TrueAirの遅延

Xiaomi MiMix3とペアリングしてYoutubeで検証。

声と口のズレはまったく気にならず、かなり低遅延だと言えます。そのため映画やドラマ、アニメなど動画コンテンツを不満なく楽しめるイヤホンです。

低価格帯では遅延するイヤホンが多い中でかなり健闘しています。

AirPods Proと外観比較

f:id:korekai:20191202200135j:plainf:id:korekai:20191202200139j:plain
AirPodsは持っていないのでAirPods Proと外観比較しておきます。

ケースはAirPodsのように縦長タイプ、サイズ感はほとんど同じです。

イヤホンの軸の長さはAirPods Proと比べると長め。うどんタイプです。

あとはインイヤー型とカナル型の違いくらい。

・インイヤー型:イヤーチップがなく、耳から外れやすい場合も。遮音性△

・カナル型:イヤーチップあり、フィットしやすい。遮音性○

使ってみての感想

■よかった点
・この価格帯ではかなり出来が良い
・aptXコーデックに対応
・クリアでバランスの良い音質
・イヤホン単体で5時間の連続再生
・途切れにくく、低遅延◎
・軽くて快適な付け心地
・USB-Cケーブルで充電できる

■気になった点
・インイヤー型なので耳から外れやすい
・大音量だと音漏れしやすい

こんな人におすすめ

・Androidスマホや音楽プレーヤーをお持ちの方
・aptXコーデックに対応イヤホンが欲しい方
・動画視聴にも使える低遅延のイヤホンが欲しい方
・AirPodsライクな見た目で探している方

SOUNDPEATS TrueAir レビュー:まとめ

f:id:korekai:20191202200153j:plain

5000円以下という価格ながら音質やバッテリー性能、安定した接続性と全体的にクオリティが高いイヤホンでした。

特にaptXコーデックで再生すると厚みのある低域から伸びが良くクリアな中高域と高音質なサウンドで音楽を楽しむことできます。

なのでAndroidスマホやプレーヤーをお持ちの方におすすめ。ただインイヤータイプなので耳から外れやすいデメリットや大音量だと音漏れが気になりました。

ただAirPodsライクな見た目、インイヤータイプで探している方にぴったりなイヤホンです。気になっている方はぜひ参考にしてください。

※現在Amazonでは10%引きクーポン(4,990 ⇒ 4,491円)を使用して購入可能です。

これまでレビューしたSOUNDPEATS製の完全ワイヤレスイヤホンは以下からご覧ください。

【人気】SOUNDPEATS TrueFree+ レビュー

【人気】SOUNDPEATS Capsule レビュー

【人気】SOUNDPEATS TrueMini レビュー

SOUNDPEATS TrueAirを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る


※こんな記事もあります。
【2019】安いBluetoothイヤホンおすすめランキング | 人気かつコスパ重視で厳選【高音質】 - +ログ

【2019】完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ14選【左右分離型・左右独立型・トゥルーワイヤレス】 - +ログ

【2019】1万円以下で選ぶ!完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種10選【最新人気モデル】 - +ログ

【2019】完全ワイヤレスイヤホンおすすめの安い機種12選【5000円以下】 - +ログ

【NFMI / QCC3026 / QCC3020】長時間再生できて、途切れにくい完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ - +ログ