+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

DVD変換ソフト「WinX DVD Ripper Platinum」の使い方を徹底解説!

f:id:korekai:20190901124511j:plain

皆さんはDVDのデータをパソコンやスマートフォン、タブレットなどに移したい、DVDのデータを出力したいと考えられたことはないでしょうか?

もちろん市販されているDVDの映像や音声をネットに公開することは禁止されていますが、記念ムービーを収録した自作DVDをデータ化(リッピング)したい場面というのは日常に意外とあるものです。

そこで今回は超高速で出力できるファイル数が豊富、かつ低価格な「まさにこれが欲しかった!」というDVD変換ソフトのWinX DVD Ripper Platinumをご紹介します!

WinX DVD Ripper Platinumの仕様や特徴、実際に使用してみて感じたメリットとデメリットについて見ていきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

※DVDをリッピングした動画ファイルをインターネット上に公開、および複製することは著作権侵害の犯罪行為です。当記事は犯罪を助長する意図は一切ございません。


WinX DVD Ripper Platinumとは?

f:id:korekai:20190829181628j:plain

まずはWinX DVD Ripper Platinumの製品情報や特徴についてご紹介します。

また有料版と無料版での違いについても紹介します。


WinX DVD Ripper Platinumの機能と特徴

WinX DVD Ripper PlatinumはWindowsとMacで利用可能なリッピングソフトです。

リッピングとはDVDに記録されている映像を書き出す機能のことを言います。

WinX DVD Ripper Platinumは商業用として販売されているDVDはもちろん、コピーガードのかかったDVDや自身で作成したDVDでもデータを変換することが可能なので、ほとんどのDVDをデータとして変換することが可能です。

そして変換可能なファイルはMP4やAVIはもちろんのこと、MOV・MPEG・HEVC・FLVなど、様々なファイルの形式に対応しているため、パソコンはもちろんのことiPhoneやAndroidなど各種スマートフォンやタグレットでも再生が可能です。

スマートフォンやタブレットで再生ができると、出先や旅行の移動中に鑑賞したり、子供のお気に入りのDVDをタブレットに入れておとなしくしてもらうなど、いろいろな場面で活用することができます。

もちろんオンライン再生ではないので、データ容量を使って通信制限にかかってしまうことや電波のない飛行機内などでも再生ができます。

さらにWinX DVD Ripper Platinumの最大の特徴がデータを書き出す速度です。

2時間の映画をリッピングしようとすると数十分はかかってしまうのが普通なのですが、WinX DVD Ripper Platinumだと数分~10分程度で完了します。

もちろん時間に関してはパソコンのスペックに依存しているのは確かなのですが、それでもハードウェアアクセラレーション技術で低スペックパソコンでも快適な環境を作り出していますので、ノートパソコンなどでも快適に使えることでしょう。


WinX DVD Ripper Platinumの無料版と有料版の違い

ではWinX DVD Ripper Platinumの無料版と有料版の違いについてです。

通常7,200円で販売されているのですが、無料で利用できる体験版も用意されています。

無料体験版では5分までのデータしか書き出すことができないので、ほとんどのDVDでは全編をリッピングすることは難しいでしょう。

あくまで無料体験ということで、超高速な操作感を体験して製品版のライセンスを取得しましょう!

WinX DVD Ripper Platinumでは頻繁にセールを行っており、定価7,200円から半額程度の3,680円で販売していることがあります。

まずは一度セールが行われていないかを確認し、無料体験版から利用してみてはいかがでしょうか。


Movavi Video Editorの操作方法

ではここからは実際にWinX DVD Ripper Platinummでリッピングを行う方法をご紹介していきます。

とはいえ操作は非常に簡単ですので、操作について迷うということはないかと思います。

まずこちらがWinX DVD Ripper Platinumのホーム画面になります。

個々の操作手順を見てわかるようにわずか3ステップでリッピングは完了します。
f:id:korekai:20190829180941j:plain


指示通り進んでいきますので、まずは左上の「ディスク」をクリックしましょう。

DVDが挿入されていると、このようなポップアップが出ますので、右下の「OK」をクリックしてください。
f:id:korekai:20190829180944j:plain


続いて変換する動画ファイルの指定を行います。

音声のみのMP3ファイルや各動画SNS用に変換することも可能です。

特に指定がない場合は基本的にどの端末でも再生できるMP4を選択しておけば問題ないかと思います。選択したらここも右下の「OK」をクリック。
f:id:korekai:20190829180947j:plain


これであとは「RUN」押してリッピングの開始、少し待てば動画のデータ抽出が完了となります。
f:id:korekai:20190829180950j:plain


今回は1時間30分のDVDをリッピングしたのですが、最初表示されたのは35分の待ち時間でしたが、みるみる短くなっていって最終的には10分足らずで完了しました。

リッピングした動画も画質の摘果などもほとんどなく、スマートフォンに移してみましたが全く問題なく視聴できました。

よく飛行機を使って旅行に行くので、これからWinX DVD Ripper Platinumを非常に重宝するソフトウエアになりそうです。


WinX DVD Ripper Platinumを使ってわかったメリットとデメリット

では最後にWinX DVD Ripper Platinumを実際に使ってみて分かったメリットとデメリットについてご紹介しておきます。

まずはデメリットから。と思ったのですが、デメリットについては現段階では全く思いつきません。

価格も3,680円で購入でき、操作もシンプルで簡単、リッピングも高速ということでメリットだけしか見えていない状況です。

試しにWindowsのノートパソコンでも同じDVDをリッピングしてみたのですが、時間は5分だけ延びて15分ということで、少し高めのスペックを設定しているゲーミングPCと使い比べて5分しか延びないのはやはりパソコンのスペックには大きく左右されないということが身をもってわかりました。

たしかに、「リッピングの機能しか搭載されていないのでデメリットがないのは当たり前だろ!」と言われてしまえばその通りなのですが、デメリットを差し置いてもこの動作の軽さは非常に優秀と胸を張って言えます。

子供にDVDを出先で見せる程度のライトユーザーから、がっつりとリッピングを行っているヘビーユーザーまで、全員におすすめできるリッピングソフトです。


WinX DVD Ripper Platinum:レビューまとめ

今回はWinX DVD Ripper Platinumを実際に使用してみたうえで機能や特徴、使用して感じたメリット(デメリット)をご紹介してきました。

有料のソフトにはなってしまいますが、リッピングのできる無料のソフトは、時間制限や画質の劣化も激しいのでぜひWinX DVD Ripper Platinumをおすすめします。

通常料金は7,200円ですが、約半額になるセールも頻繁に開催されていますので、お得にWinX DVD Ripper Platinumをダウンロードしましょう!

WinX DVD Ripper Platinum


関連記事

VideoProcでオンライン動画をダウンロードする方法を徹底解説! - +ログ

VideoProcでパソコンの画面を録画するおすすめの方法を徹底解説! - +ログ

iTunes代替えソフト「DearMob iPhoneマネージャー」で動画や音楽をバックアップ・管理する方法を解説! - +ログ

iTunes代替えソフト「DearMob iPhoneマネージャー」で写真をバックアップ・管理する方法を解説! - +ログ

iTunes代替えソフト「DearMob iPhoneマネージャー」でバックアップしてみた - +ログ