+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【urbanista London レビュー】ANC&外音取り込み機能付き完全ワイヤレスイヤホン

f:id:korekai:20201107141938j:plain

アクティブノイズキャンセリング、外音取り込み機能、ワイヤレス充電、装着感知機能とフル装備な完全ワイヤレスイヤホン。

AirPods Proライクな見た目で、お値段は17,800円で購入できます。

Urbanistaという北欧スウェーデン発のオーディオブランドで日本では馴染みがないすが、グローバル領域では人気イヤホンを多く展開されています。

この記事では、urbanista Londonの外観や音質、使い勝手などレビューしましたので、ご覧ください。

urbanista(アーバニスタ)とは

f:id:korekai:20201107150029j:plain

urbanista(アーバニスタ)は2010年に誕生した北欧スウェーデン ストックホルム発のオーディオメーカーです。

ブランド10周年で日本向け公式ECサイトを開設。スカンジナビアデザインと高品質なオーディオ技術により、グローバル領域で人気です。

イヤホン名はParisやAthens、Stockholm、Londonなど首都名がつけられています。

公式サイト urbanista.com
Instagram @urbanistalife
Facebook UrbanistaCreatingSolutions

urbanista London レビュー


f:id:korekai:20201107141422j:plain

London

urbanista

完全ワイヤレスイヤホン


4.6



  • ノイズキャンセリング(ANC)の効きが良い

  • イヤホンを耳から外すと音楽が停止

  • ワイヤレス充電対応

  • 片耳でも使える

  • イヤホン単体で5時間再生

  • 豆型タイプでフィット感良し

スペック・特徴

f:id:korekai:20201107141838j:plain
urbanista Londonの基本的なスペックを紹介します。

右側のイヤホンを2秒タップするとノイズキャンセリング機能がONに。

主に空調や走行音、飛行機、電車内などの低音ノイズを軽減し、音楽再生や通話に適した環境を実現。

左側のイヤホンを2秒タップすると外音取り込み機能がONに。

イヤホンを耳から外すことなく、また音量を下げることなく、周囲の音を聞いたり会話ができます。

イヤホン単体で最大5時間、ケースで4回のフル充電が可能。ケースはワイヤレス充電にも対応しています。

豆型タイプのイヤホンは、耳にフィットしやすく遮音性も高いです。装着感知機能がついており、耳からイヤホンを外すと音楽は自動で停止します。

コーデックと防水性に関しては記載がなく不明。カラーは4色でAmazonだと17,800円で購入可能です。

Bluetooth 5.0
対応コーデック SBC/AAC
イヤホン単体の連続再生 約5時間
ケース込みの連続再生 約25時間
ケースでのフル充電回数 約4回
充電時間 約1時間
充電ポート USB-C
防水等級 不明
操作方法 タッチ式
ワイヤレス充電
ノイズキャンセリング
外音取り込み
装着感知機能

urbanista Londonを購入する

外観

f:id:korekai:20201107141846j:plainf:id:korekai:20201107141849j:plain
ケースカラーは4色。ダークサファイア、パールホワイト、ミッドナイトブラック、ローズゴールドです。

素材はプラスティックだと思うのですが、表面の質感はシリコンっぽいグリップ感があります。

シンプルなデザインでコンパクト、ポケットサイズです。


f:id:korekai:20201107141855j:plainf:id:korekai:20201107141858j:plain
イヤホン本体はAirPods Proライクな形。豆型タイプなので装着感やフィット感は良いです。

装着感知センサーがついており、音楽再生中に耳から外すと自動停止。再度つけると自動再生されます。

防水性に関しては記載なく不明。

個体差があると思いますが、イヤホン本体の接合部に隙間があり、検品精度が低いです。


f:id:korekai:20201107141902j:plainf:id:korekai:20201107141906j:plain
イヤホンの重さは3~5gが多い中で5gでした。ケースは45gと軽い部類です。

同梱品

f:id:korekai:20201107141910j:plain
urbanista Londonの同梱品は以下です。

3サイズのイヤーチップが付属しているので、自分の耳にフィットするものを選べます。

・イヤホン本体
・充電ケース
・充電ケーブル
・イヤーチップ(S/M/L)
・説明書類

urbanista Londonのバッテリー持ち

f:id:korekai:20201107141917j:plain
充電ポートはUSB-C。ケースのフル充電は約1時間です。

ケースのバッテリー残量表示も4段階のインジケータで確認できるので、分かりやすいです。


f:id:korekai:20201107141920j:plain
イヤホン単体で最大5時間、ケース込みで最大25時間。4回ほどフル充電できます。

再生時間に関しては、ノイズキャンセリングONにすると少し再生時間が短くなります。

試しに音量50%程で音楽を聞いてみると、4時間33分間持ちました。 ノイズキャンセリングON時は4時間2分でした。


f:id:korekai:20201107141923j:plain
ケースはワイヤレス充電(Qi規格)に対応。

操作性

f:id:korekai:20201107141928j:plain
操作はボタン式ではなく、タッチ式です。

再生停止、音量調整、通話、着信拒否、ノイズキャンセリング、外音取り込み機能の操作に対応しています。

曲送り戻りはスマホやタブレットなど接続先端末からの操作となります。

再生/停止 左側を2回タップ
音量+ 右側を1回タップ
音量ー 左側を1回タップ
通話/終話 着信中にどちらか2回タップ
着信拒否 着信中にどちらか1秒押す
音声アシスタント 右側を2回タップ
ノイズキャンセリング 右側を2秒押す
外音取り込み機能 左側を2秒押す

装着感

AirPods Proもそうですが、豆型タイプはフィットしやすいと思います。

イヤーピースも3サイズ付属しているので、フィット感や遮音性は調整可能です。

ランニングやジムでも使用してみましたが、自然なつけ心地で外れることなく使うことができました。

ペアリング方法

初回のみ以下の手順でペアリングが必要です。2回目以降はケース蓋を開けるだけで自動接続されます。

またどちらか片耳だけの使用(モノラル)も可能です。

1.蓋を開ける
2.スマホのBluetooth設定で「urbanista London」を選択
3.接続完了
4.次回以降は蓋を開けるだけで自動ペアリング

音質とコーデック

f:id:korekai:20201107141931j:plain
コーデックは記載なかったですが、調べてみるとSBCとAACに対応しているとのこと。

音質はグローバルモデルということで低音寄りのサウンドチューニングです。

中高域のクリアさや鮮明さが弱いかなと感じました。音質としては普通だと思います。

最近は低価格帯でも日本向けに合わせてチューニングしているメーカーが多く、比較するともう一歩かなという評価です。

点数で評価すると、5点中3.8点です。※iPhone 11 Proとの接続、Amazon Music HDの感想 

ノイズキャンセリングについて

ノイズキャンセリングは閉鎖感の少ない自然な効きです。

すっと静寂になるようなことはなく、AirPods Proで打ち消していた音が聞こえたりとハイエンド並ではなかったです。

しばらく使ってみて分かったのは電車などの走行音(低音ノイズ)などAirPods Proとそう変わらないほどだったので、環境によってはうまく打ち消してくれるのでしょう。

アクティブノイズキャンセリング搭載機種が増えてきていますが、イヤホンによって軽減できるノイズが異なることがあるので、それが性能差なのでしょうね。

スマホとの接続性

iPhone 11 ProとXiaomi MiMix3と接続して、駅構内や街中、自宅、オフィスと使ってみましたが、ほぼ途切れることなく使えました。

途切れ具合ですが、一瞬ブツッと音飛びする程度で頻度はかなり少なく、復帰も一瞬です。※頻度でいうと1日に1回あるかないか程度

ちなみにMacBook Proと接続してみても、途切れや接続不良はなく使うことができました。

動画視聴時の遅延

iPhone 11 ProとXiaomi MiMix3、iPad Mini4、MacBook Proなどで遅延具合を検証してみました。

YoutubeやNetflixでいくつか動画を見てみましたが、口とセリフがズレている感じはなく、遅延は少ないと言えます。

この機種に限らず、最近のモデルは以前と比べて遅延は少ない傾向です。

urbanista Londonを使ってみての感想

■よかった点
・ノイズキャンセリング(ANC)の効きは良い
・イヤホンを耳から外すと音楽が停止
・ワイヤレス充電対応
・片耳でも使える
・イヤホン単体で5時間再生
・豆型タイプでフィット感良し


■気になった点
・防水性表記なし

urbanista Londonはこんな人におすすめ

・ノイキャンと外音取り込み機能が欲しい方

urbanista London レビュー:まとめ

f:id:korekai:20201107141852j:plain

以上が、urbanista Londonのレビュー内容です。

普段から使っているAirPods Proと比較しやすいので比べると、価格の割にノイズキャンセリングはしっかり効いているなという印象です。

外音取り込み機能は圧倒的にAirPods Proの勝ち。操作性は違うものの、タッチ式なので慣れればボタン式よりは楽ですね。

デザイン性は良いですが、細部の作り込みが一部チープっぽく感じるところもあり、ノイズキャンセリングメインで買うならありかなと思いました。

音質もグローバルモデル特有の低音よりのサウンド。悪くはないですが、最近音質のクオリティが上がっている低価格帯と大差なかったです。

17,800円でフル装備の完全ワイヤレスイヤホンが手に入るので、高いと思うか安いと思うか、気になった方はチェックしてくださいね。

urbanista Londonを購入する


※こんな記事もあります。
【2020】安いBluetoothイヤホンおすすめランキング | 人気かつコスパ重視で厳選【高音質】 - +ログ

【2020年最新版】完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ14選【左右分離型・左右独立型・トゥルーワイヤレス】 - +ログ

【2020】1万円以下で選ぶ!完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種10選【最新人気モデル】 - +ログ

【2020年最新版】高音質で安いおすすめの完全ワイヤレスイヤホン10選【5000円以下】 - +ログ

【NFMI / QCC3026 / QCC3020】長時間再生できて、途切れにくい完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ - +ログ