+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2019】何度も鍵を無くす人へおすすめしたい紛失防止タグおすすめ5選。財布やスマホの紛失防止に!

f:id:korekai:20181009230403j:plain

【更新:2019年5月30日】

スマホ、財布、鍵、定期入れなど無くした経験がある方は多いのではないでしょうか。

自分も1年ほど前に財布を無くし交番へ行きましたが、結局見つからず免許書や銀行カードなどのカードを類をすべて再発行する羽目に・・・。

鍵も無くすと解錠に万単位のお金がかかることも多く、無駄な出費に繋がってしまいます。

そんな誰でもが一度は経験するであろう物の紛失を防止し、万が一落とした時も発見率を格段にあげれくれる便利グッズがあります。

今回紹介するのは紛失防止タグと呼ばれるものです。いろんな種類があるので特徴やポイントをまとめてみましたので、購入を検討されている方や気になっている方は参考にしてもらえたらと思います。

紛失防止タグって?

f:id:korekai:20170221203620j:plain

紛失防止タグはスマホや財布、鍵などにつけておくことで万が一落としたとしても発見率を上げてくれる画期的な製品です。

どういう仕組みかというと、紛失防止タグとスマホがBluetoothなどで接続されており、落とした際にスマホとタグの距離が一定以上離れた場合に通知してくれるというものが一般的です。

落とした事がすぐに分かるのと、落とした位置をスマホのGPS機能を使って探すことができます。鍵以外にもペットの迷子札、子供の迷子防止やロードバイクなどの盗難されやすい物につけて利用する方も居られます。

落としてから後悔しても遅いです。見つかればいいですが、免許書やクレジットカードなど再発行はとても面倒です。紛失する前に紛失防止タグで対策しましょう。

おすすめの紛失防止タグまとめ

MAMORIO(マモリオ)

f:id:korekai:20170221215743j:plain:w320

・日本メーカー製
・紛失防止タグから離れるとスマホアプリで通知
・クラウドトラッキングや専用アンテナ設置で見つけやすい
・アプリの使い勝手がとても良い
・落とした位置を地図でわかる
・自力で電池交換はできない

MAMORIOは『なくすを、なくす。みんなで、さがす。』をコンセプトに世界最小の落し物追跡タグです。

例えばMAMORIOが入ったカバンなど置き忘れした際に、一定距離離れるとスマホアプリから通知されるため、早く気づくことができます。

置き忘れた場所は随時記録しているため、スマホアプリで地図を見ながら探すこともできます。

またMAMORIOにはMAMORIOユーザー間のすれ違い追跡機能が備わっており、MAMORIOを持っている別のユーザーが自分の落としたMAMORIOを探すことができるので、紛失した持ち主に場所を通知することができます。

これにより、MAMORIOを持っている人が多いほど、紛失の発見率がアップする仕組みが出来上がります。

MAMORIOには4つのモデルがあり、スタンダードモデル、高性能の上位モデル、シールタイプ、ボタン型タイプなど、それぞれの特徴に合った使い方ができます。

MAMORIO

f:id:korekai:20190326115821j:plain

サイズ 縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mm
重さ 3g
電池 約8〜10ヶ月 利用可能
本体交換プログラム あり(有償)
保証期間 6ヶ月
通信方法 Bluetooth4.0(BLE)
有効距離 約30m
価格 3,500円(税抜)
カラー BLACK / RED / BLUE / YELLOW
特徴 スタンダードモデル

MAMORIO S

f:id:korekai:20190326115828j:plain

サイズ 縦35.5mm×横19mm×厚さ2.8mm
重さ 2.4g
電池 約1年間 利用可能
本体交換プログラム あり(有償)
保証期間 6ヶ月
通信方法 Bluetooth4.0(BLE)
有効距離 約60m
価格 3,980円(税抜)
カラー Black&Black / White&White
特徴 有効範囲およびバッテリー持ちが大幅アップした上位モデル

MAMORIO FUDA

f:id:korekai:20190326115836j:plain

サイズ 縦24mm×横36.2mm×厚さ3.4mm
重さ 3.4g
電池 約1年間 利用可能
本体交換プログラム あり(有償)
保証期間 6ヶ月
通信方法 Bluetooth4.0(BLE)
有効距離 約60m
価格 2,759円(税抜)
カラー Black / White
特徴 貼って使えるシール型モデル。上位版MAMORIO Sと同じく有効範囲およびバッテリー持ちが良い。

※レビュー記事:【レビュー】MAMORIO FUDA(フューダ)| 貼って使えるシール型紛失防止デバイス - +ログ

ME-MAMORIO

f:id:korekai:20190326115843j:plain

サイズ 直径37mm×厚さ5.8mm
重さ 7g
電池 約1年間 利用可能
本体交換プログラム あり(有償)
保証期間 6ヶ月
通信方法 Bluetooth4.0(BLE)
有効距離 約30m
価格 4,500円(税抜)
カラー Black / White
特徴 鍵やメガネケースに入れる丸型(ボタン型)モデル。無償でメディカルケアプランが使える。

MAMORIO Spot設置でもっと見つかりやすく

JR東日本、JR西日本、相互直通運転社局(京急電鉄,東京都交通局,京成電鉄)などにMAMORIO社の専用アンテナが設置されたことにより、ますます紛失時に早期発見が期待できます。

1.電車内や駅、商業施設内で落とし物をする

2.主要駅や商業施設内のお忘れ物センターに届く

3.センターに設置されているSpotがMAMORIOを検知

4.落とし物の持ち主に検知された場所をお知らせ

MAMORIO社は日本メーカーなので、国内の関係各所との連携により、サービス拡大が期待できます。

※2019/5/30更新:関東では東急電鉄が全駅で、関東では大阪メトロと京阪電気鉄道がMAMORIOスポットの導入されます。


【おすすめ】電池交換できる落とし物トラッカー「Tile」

f:id:korekai:20180216235833j:plain:w320

・電池交換ができるのでコスパ最強
・45m以内なら音を鳴らして場所を特定可能
・スマホとTile双方から呼び出し可能
・アプリの使い勝手がとても良い
・落とした位置を地図でわかる
・Bluetoothのみで通信しているので、経済的

個人的に一番おすすめなのが、このTileです。電池交換ができるのでMAMORIOよりコスパがよく、アプリの使い勝手もかなり良いです。

またスマホからTile、Tileからスマホの双方から呼び出しが可能なので、スマホがない!鍵がない!といった状況のときは音で探すことができます。

なくした位置をアプリで確認したり、Tileを持っているユーザー同士で探すこともできるので、紛失防止タグとして優秀です。

※【動画説明付き】Tile Mateのレビュー記事はこちら
【レビュー】電池交換できる紛失防止タグ「Tile Mate」財布や鍵を落とす前に対策しよう - +ログ



Esky キーファインダー

f:id:korekai:20170822214041j:plain:w320

・専用リモコンを押すとタグの音が鳴るタイプ
・最大25mの有効範囲で探せる
・ストラップホール付きで鍵などに付けられる
・音を鳴らすだけの単機能製品
・受信機4個付き

4つのタグがついて2700円とお手頃な価格。Amazonでも人気の紛失防止タグです。

有効範囲は25m、専用リモコンで操作するのでスマホいらず。

鍵など外出時に必須なものに取り付けておき、家から出る前に音で確認する使い方がよさそうです。


Evershop キーファインダー

f:id:korekai:20190107113950j:plain:w320

・専用リモコンを押すとタグの音が鳴るタイプ
・最大40mの有効範囲で探せる
・ストラップホール付きで鍵などに付けられる
・音を鳴らすだけの単機能製品
・受信機6個付き

こちらも専用リモコンを使用し、タグの音を鳴らせるタイプ。最大40mの有効範囲で探すことができます。

すぐ使えるように電池が付属し、電池交換も可能です。

タグが6個ついて2780円と安く、Amazonのベストセラー1位となっています。


TrackR

f:id:korekai:20170221214552j:plain:w320

・有効範囲30mで離れると通知される
・専用アプリからタグの音が鳴らせる
・クラウドトラッキングでTrackRユーザー同士で探せる
・クラウド GPSにより、紛失物の追跡が可能
・コインサイズでコンパクト

TrackRもMAMORIOと同じでトラッキングネットワークでTrackRユーザーが多ければ多いほど紛失物が見つけやすい仕組みがあるので、Bluetooth範囲外になったとしても発見できる可能性が高くなります。

TrackR社は累計350万以上のデバイスを出荷しており、アメリカのニューヨークやロサンゼルスでのクラウドGPSのエリア密度は非常に高く、アメリカに旅行行く際は持っておくと安心です。


【まとめ】迷ったら電池交換できるTile Mateがおすすめ

性能面とサービス面を考えると、MAMORIOかTile Mateのどちらかを選ぶことになります。


MAMORIO:日本メーカーで主要駅や商業施設などに専用アンテナを設置し、落とし物を見つけやすくするサービスが急速に拡大しています。

関東では東急電鉄、関西では大阪メトロと京阪電気鉄道が専用アンテナの導入を新たに決定。今後もこうした動きが続き他社製品を圧倒する勢いです。

またアプリによる通知で置き忘れに気づきやすかったり、用途に応じたさまざまなモデルが登場し、今後も期待できる紛失防止タグです。

ただ電池交換ができず、更に有償となっているので、コスパ面ではTileより劣ります。


Tile Mate:一定距離離れた際の通知がないため、置き忘れに気づきにくいデメリットがあります。ただMAMORIO同様にユーザー間によるすれ違い機能があるため、早期発見も期待できます。

アプリの使い勝手もよく、スマホからタグ、タグからスマホという双方の呼び出しもできるので使いやすい紛失防止タグです。

詳しい仕様や使ってみた感想はこちらのレビュー記事を参考にしてください。


まとめ:私がどちらも使ってみての実体験から選ぶと、電池交換ができてコスパがよく、国内利用者も多いTileをおすすめします。

今後のアップデートにより、通知される機能が追加されたら最強の紛失防止タグとなるでしょう。

財布や鍵を紛失して困っている、未来の自分に投資してみるのはいかがですか。

※こんな記事もあります。
koreimakaidesuka.hatenablog.com

koreimakaidesuka.hatenablog.com

Amazonで紛失防止タグをお得に安く買う方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券をチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。