+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2020】Amazonで買えるスマートウォッチおすすめ9選【人気モデルをランキングで紹介】

f:id:korekai:20180606231153j:plain

【更新:2020年1月1日】

ジムでの筋トレやランニングなどの運動をされている方も多いでしょう。

日々の活動データを記録できるデバイスといえばスマートウォッチです。最近のスマートウォッチはどんどん進化しており、Apple Watchなどの高価なハイエンドモデルを購入しなくても数千円で必要十分な機能を搭載したモデルがたくさん販売されています。

歩数・心拍・睡眠時間はもちろん、スマートフォンとの連携で着信やSNS通知などもできます。安いからと購入してしまうとあなたのニーズに合わなかったり、お持ちのスマートフォン非対応となるかもしれません。

今回は主にAmazonで購入できるおすすめのスマートウォッチをまとめてみました。これから購入予定の方の参考になればと思います。


■この記事で紹介する内容

・Amazonで買えるスマートウォッチおすすめ9選

・スマートウォッチとは

・スマートウォッチの選び方

・迷ったらこのスマートウォッチを買おう


Amazonで買えるスマートウォッチおすすめ9選

9位【DOUX SKY】スマートウォッチ

f:id:korekai:20190928144812j:plain

DOUX SKYのスマートウォッチは一般的なスペックを満たしつつも、女性ユーザー向けの仕様になっています。

桜カラーで出来ているベルトと淡いゴールドの本体は、女性も納得の可愛らしいデザインです。

睡眠は肌のケアに重要な要素の1つですが、スマートウォッチを身に着けて入眠することで睡眠の質を分析し、より良い睡眠習慣の身につけ方を学ぶことが出来ます。

生理周期の管理機能なども付帯しており、消費カロリーのチェックなどを含め美容健康に気を配っている女性ユーザー向けの機能が揃っていると言えるでしょう。

・可愛らしい見た目でおしゃれにもバッチリ

・運動データをモニタリングすることで、消費カロリー数などをひと目でチェック

・スマホのカメラと連動して、遠距離でカメラ操作・撮影も可能

この製品のレビュー・評価を見る



8位【Paenoon】Z12

f:id:korekai:20190928144847j:plain

Paenoonのスマートウォッチは、1.54インチの大画面フルタッチスクリーンで出来ています。操作も手軽で、文字が大きく表示されることから、ひと目で情報をチェックしやすいといえるでしょう。

バッテリー容量も大画面にふさわしく、1時間程度の満充電で最大12日間駆動するなど、長期間の使用にも耐えられるスマートウォッチです。

画面を長押しすることで自動的に最高輝度まで画面を明るく出来るため、日差しの強い場所でもしっかりとスクリーンをチェックすることが出来ます。

IP68の防水・防塵機能を持っているため、身につけたままプールやサーフィンでの利用も問題ありません。とはいえ、完全防水ではないので、お風呂場など湯気が多い場所での使用はNGです。

本体とベルトは簡単に取り外すことが可能で、いつでも自分の好きなタイプのベルトと交換できますよ。

・フルタッチの大画面で操作性◎

・1時間の充電で1週間以上稼働できるなど、電力効率に優れている

・表面はプラスチック不使用のガラス素材なので、高級感がある

この製品のレビュー・評価を見る



7位【Helius】CK23

f:id:korekai:20190928144918j:plain

ノーマルな腕時計の見た目をしているHeliusのスマートウォッチは、カーボンファイバー(炭素繊維)素材で強い強度を持ちつつも、手首に負担の少ない軽量仕様になっています。

画面の輝度は6段階で調整できるため、晴れの日の屋外でも簡単に画面をチェックすることも可能です。

スマートウォッチの中でも多機能性に優れており、ランニングから登山、自転車のレーシングからサッカーや卓球まで、幅広い運動タイプに対応している点は注目ポイントの1つでしょう。

また、水分補給の勧告や薬を摂取するタイミング設定など、日常生活で忘れがちなこともアラームに設定することが可能です。

画面UIには4つのディスプレイデザインが用意されており、スクリーンセーバーとして好きな画像を背景にカスタマイズすることも出来ます。

・頑丈なカーボンファイバーで耐久性は抜群

・9つのスポーツモードで、それぞれの消費カロリーを適切にチェックできる

・日本語を含む12言語に対応!

この製品のレビュー・評価を見る



6位【iYaSu】スマートウォッチ

f:id:korekai:20190928144948j:plain

AppleWatchライクな見た目をしているiYaSuは、1.3インチの大きなスクリーンと見やすいUIにより、高齢の方でも扱いやすいスマートウォッチとなっています。

多種類にわたるあざやかなカラースクリーンが採用されているため、自分が見やすいカラーを選べば使いやすさを向上させることが出来るでしょう。

また、背景を好きな画像にカスタマイズできる点も1つのメリットです。

機能面では平均的なスマートウォッチのスペックはもちろん、IP68の防水・防塵に対応しているため、雨の中でランニングしたり、手につけたままスイミングをしたりすることも可能になっています。

充電部分はマグネット式のため、コードをカチッと付けやすい点もご高齢の方が扱いやすいポイントだと言えるでしょう。

・待機画面を好きな写真へ設定できる

・心拍・血圧のほか、アプリで睡眠のモニタリングも可能

・スマホカメラのシャッターをワンタッチで遠隔操作でき、音楽もコントロール可能

この製品のレビュー・評価を見る



5位【Galaxy Fit】SM-R37010S19JP

f:id:korekai:20190928145008j:plain

有機ELディスプレイで作られたGalaxy Fitは、今回ご紹介する中でも次世代デザインのスマートウォッチです。

コンパクトなデザインのボディはわずか23gで、身につけていることを忘れるほど軽量仕様になっています。

中でも特徴的なのはストレス管理機能の存在でしょう。ストレスレベルを可視化することで、メンタルケアをいつでも可能にしています。

また、飛行機での長距離移動などタイムゾーンが切り替わると自動的に表記時間が調整される機能も。更にデフォルト定型文などを事前に登録しておくことで、通知が来たメッセージに対してワンタッチで返事を出すことも可能になっています。

海外出張の多い健康志向ユーザーにおすすめ出来るスマートウォッチとなっています。

・珍しいストレスレベルの可視化機能がついている

・専用ドックを使えば、置くだけでワイヤレス充電も可能!

・有機ELディスプレイで昼夜を問わず視認性に優れている

この製品のレビュー・評価を見る



4位【Yamay】スマートウォッチ

f:id:korekai:20190928145046j:plain

健康志向の方にオススメしたい商品がYamayのスマートウォッチです。

万歩計として歩数を記録するだけでなく、運動距離や時間を計測することで消費したカロリーを簡単にチェックすることが出来ます。また、睡眠の深さを計測することで、その日の適切な運動量などを確認することも可能です。

心拍測定機能には自動と手動の2種類があり、手動測定では高精度な心拍測定ができるため、体脂肪の燃焼にベストな心拍数をチェックすることもできるでしょう。

トレーニングと健康管理に気を配っている方にはうってつけのスマートウォッチです。

・高精度な心拍測定機能アリ

・IP68の防水・防塵でスイミングなど水回りの運動もOK

・最大14種類の運動モードに適応

この製品のレビュー・評価を見る



3位【HUAWEI】Band 3 Pro

f:id:korekai:20190928145059j:plain

HUAWEI製品の中でも、Band 3 Proはスイミングやサイクリングといった運動に特化したスマートウォッチになっています。

内部の6軸センサーにより水泳中の姿勢を自動識別し、距離やターン数、ストローク数といった回数まで独自にカウント。消費されたカロリーの平均を計測することが可能です。

また、GPSが内蔵されており、GPS機能を使うことでウォーキングやサイクリングといったルートを独自に保存・成果を簡単にチェックできます。
※GPS駆動時、バッテリーは最大で連続7時間程度

Band 2 Proレビュー記事があるので、ご覧ください。
【レビュー】スマートウォッチを1万円以下で選ぶなら「HUAWEI Band 2 Pro」 - +ログ

・5気圧防水仕様なので、冷水プールで安心して利用できる

・有機ELディスプレイで昼夜を問わず視認性に優れている

・スマホカメラの遠隔操作も可能(※一部のHuaweiスマホのみ)

この製品のレビュー・評価を見る



2位【itDEAL】it-L8001

f:id:korekai:20190928145113j:plain

23gと非常に軽い本体を持つitDealのスマートウォッチは、欲しい機能が取り揃った多機能スマートウォッチになっています。

歩数や運動の消費カロリーの計測や、睡眠品質の分析など、スマートウォッチとして求められるさまざまな健康機能はもちろんのこと、生理周期の管理など女性ユーザー向けの機能も。

中でも特徴的なのは、専用の充電ケーブルを使わないという点です。

他のスマートウォッチでは専用の充電ケーブルが必要だったり、独自の規格が採用されていたりするため、充電時に不自由な思いをするケースもあります。

しかし、itDealのスマートウォッチ本体にはUSB端子が付いており、PCやモバイルバッテリーへ直挿しすることでいつでも充電することが可能です。

最長稼働時間は6日程度と少し短いものの、充電のしやすさから稼働時間を十分カバーできると言えるでしょう。

・本体にUSBコネクタがついているので、充電用のコードを持ち歩かなくてもOK

・23gと非常に軽く、ベルトもシリコン製なのでつけ心地が◎

・バンド部分はいつでも交換可能

この製品のレビュー・評価を見る



1位【Xiaomi】Mi Band4

f:id:korekai:20190928145123j:plain

【最強のスマートウォッチ・最もおすすめ】

Xiaomiが提供しているMi Band4は、旧モデルのMi Band3から大きく進化したカラー液晶のスマートウォッチです。

ディスプレイUIは約50種類のデザインから選択することが可能で、自分好みにカスタマイズすることができます。使わない機能をOFFにすることで、メニューをスッキリさせることもできますよ。

機能面では心拍数の測定や睡眠の質をチェックできることはもちろん、搭載された合計6軸のセンサーにより、スイミングやランニングといった運動を確実に検知することも可能です。

これだけ便利な機能が取り揃っているにも関わらず、値段が安いのも注目ポイント。MiBand4はコストパフォーマンスに優れているスマートウォッチだといえるでしょう。

また、Mi Band4では1時間程度の充電で連続稼働日数が20日程度ととても省エネ性能にも優れています。スマートウォッチにありがちな充電の煩わしさを軽減することが出来ますよ。

・コストパフォーマンスはトップクラス!

・現在は国際版(英語)大陸版(中国語)の2タイプのみ。日本語版は未発売

・優れた省エネ性能により、充電を意識せずに長期間利用可能

この製品のレビュー・評価を見る


スマートウォッチとは?

f:id:korekai:20170308211744j:plain
出典:https://health.nokia.com

スマートウォッチとはその名の通り時計であり、時計+αとして様々な付加機能がついた腕時計型端末(電子機器)です。

例えばお持ちのスマートフォン(AndroidやiPhone)に対応しているスマートウォッチならLINEの通知や電話に出たり、歩数計、心拍計など、スマートフォンと歩数計が合体したようなものをイメージするといいでしょう。

有名なスマートウォッチといえば、Appleから発売されているApple Watch、ASUSのZenWatch、ソニーのSmartWatchなどがあり、これらは高機能なハイエンドモデルで高価ですが、3000円程度でも十分な機能を備えた格安製品もあります。

個人的な使い方ですと、日常的に時計として使い、1日の歩数や睡眠時間の管理、ジムで運動している際の心拍数の把握として身につけています。これらは先ほどお伝えした3000円程度のスマートウォッチでも十分使えるのです。


スマートウォッチの機能・できること

・歩数計
・心拍計測
・睡眠時間管理
・目覚まし機能(振動で起こしてもらえる)
・着信応対
・LINEなどのメッセージ通知(SNS通知)
・スマートフォンや家電と連携(アプリ)
・GPS機能
・防水・防塵(簡易防水〜水深50mまで耐える防水性まで)

基本的には時計+歩数や心拍数、睡眠時間管理がメインで購入される方が多いはず。スマートフォンとアプリを使って連携すると運動・健康データの管理や着信・メッセージ通知などの機能が使えます。

挙げた項目は最新モデルであれば数千円程度の格安機搭載されている機能が多いです。これら以外にも各メーカーがユニークな機能を搭載してる場合もあり、ニーズに応じて製品を選ぶといいでしょう。


スマートウォッチの選び方

お持ちのスマートフォンに対応しているか

基本的にはAndroidとiPhoneの両方に対応している製品(アプリ)が多いですが、たまにOSのバージョンなどが古いと対応していない場合があります。

せっかく購入したのにデータ連携できない!とならないように注意しましょう。


バッテリー持ちがいいか

ハイエンドモデルであれば1週間〜1ヶ月のバッテリー持ちに対応したスマートウォッチがありますが、格安機だと3日〜5日程度が主流となっています。

充電方法もケーブルレスでUSBコネクタをUSBアダプターに挿して充電できる製品がおすすめです。3日以上あれば問題ないでしょう。


最低限の機能が搭載されているか

歩数計・心拍計測・睡眠時間管理はスマートウォッチを購入するには最低限欲しい機能です。あとはニーズに応じて選ぶといいでしょう。


24時間つけていても邪魔にならないか

お風呂以外基本的に身につけている方が多いスマートウォッチですが、大きさや重さを考慮し、ほぼ24時間つけていても邪魔にならない物を選びましょう。睡眠時間管理などがいらず、時計+歩数計として使う方はこだわらなくても大丈夫です。


防水レベルは問題ないか

防水の程度を表す用語として、完全防水や生活防水、日常生活防水といった呼び名があります。防水性があっても完全防水(IPX8)対応のものは少なく、日常生活防水という簡易な防水機能のことで、腕時計やカメラ、スマホのように、生活している上で雨に濡れたり、汚れた際に軽く水洗いが可能な程度が多いです。

防水保護等級表

保護等級 意味 種類
0 無保護 -
1 垂直に滴下する水に対して保護されている。 防滴I形
2 15°以内で傾斜しても垂直に滴下する水に対して保護されている。 防滴II形
3 散水に対して保護されている。 防雨形
4 水の飛まつに対して保護されている。 防まつ形
5 噴流に対して保護されている。 防噴流形
6 暴噴流に対して保護されている。 耐水形
7 定められた条件で水に浸しても影響がないように保護されている。 防浸形
8 潜水状態での使用に対して保護されている。 水中形
- 相対湿度90 %以上の湿気の中で使用できるもの。 防湿形

防水 - Wikipedia



【まとめ】迷ったらこれ!「Xiaomi Mi Band4」

f:id:korekai:20190813130039j:plain:w640

Xiaomi Mi Band4は筆者も愛用しているスマートウォッチです。1万円以下のスマートウォッチではおそらく最強だと思います。

海外サイトならセール時に3000円ほどで買えるコスパに加えて、バッテリー持ちが良い点が良いと思いました。

1か月ほど使いましたが、バッテリーが良く時計機能だけなら3週間程度は充電なしで使えます。

基本的な機能ては、歩数計・心拍計測・GPS・睡眠計測・目覚まし機能・水泳でも使える防水性(水深50m耐水)です。

他にも様々な活動ログが記録でき、時計+歩数計使いからスポーツを楽しむアスリートまで幅広く使うことができますよ。

■よかった点
・バッテリー持ちがかなり良い
・時計機能だけなら1か月ほど
・24時間心拍計測可能
・有機ELで明るく見やすい
・運動やスポーツなどの記録に最適
・日本語対応のアプリ
・睡眠の質を把握できる
・水泳でも使える防水性

■気になった点
・なし

この製品のレビュー・評価を見る


Amazonでスマートウォッチをお得に安く買う方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券にチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。