+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【Dibea D18 レビュー】1万円台で買えるダイソン風コードレス掃除機【水洗い可能】

f:id:korekai:20190520141602j:plain

Dibea D18 コードレス掃除機のレビューが知りたい方へ特徴や良かった点、気になった点をご紹介します。

Dibea D18は約1万円という価格ながら、吸引性能、動作時間、メンテナンス製などコスパに優れたコードレス掃除機です。

実際に購入し、1か月使ってみましたので使用感などレビューしていきます。

Dibea D18 コードレス掃除機


f:id:korekai:20190520140831j:plain


4.6



  • 最大45分間のバッテリー持ち

  • 動作音は控えめでうるさくない

  • モーターヘッドで絨毯掃除に強い

  • 2.2kgの重さの軽量タイプ

  • LEDライト付きでホコリが見えやすく、暗い場所でも掃除できる

  • 分解水洗いができる

  • 3段階のインジケーターで残バッテリーが分かる

  • この性能で1万円前半は安い

Dibea D18 コードレス掃除機 レビュー

f:id:korekai:20190520141627j:plain

Dibea D18はAmazonや楽天で購入できるコードレス掃除機です。

大きな特長としては、

・最大45分間の連続使用
・強モードでも25分間の連続使用
・充電は4〜5時間
・遠心分離サイクロン式でモーターヘッド
・重さは2.2kgで取り回しがしやすい
・動作音は静か
・分解水洗い可能
・ダイソンのような見た目
・1年保証
・それでもって1万円前半のコスパ

他にもハンディクリーナーとして使える、LEDライト付きで暗い場所でも見やすい、壁掛け可能、ごみ捨てが楽、布団クリーナ・隙間ブラシなどの取替ヘッド付きなどが挙げられます。


f:id:korekai:20190520141631j:plain

同梱されていたのは以下です。

・パイプ
・掃除機本体
・ACアダプター
・壁掛け用アクセサリー
・モーターヘッド
・布団用ミニモーターヘッド
・隙間ノズル
・コンビネーションブラシ
・日本語取扱説明書


f:id:korekai:20190520141638j:plain

購入したモデルは3in1セットですが、4つのヘッドが付属していました。

・モーターヘッド
・布団用モーターヘッド
・隙間ノズル
・ブラシノズル

床掃除はもちろん、カーペット、布団、車内、網戸、キーボード、窓枠の隙間掃除などいろんな場所を掃除できます。


f:id:korekai:20190520141726j:plain

賃貸マンションでは使いにくいですが、付属のアクセサリーで壁掛け可能です。

自立収納は不可能ですので、壁との隙間に立てかけるか、別途立てかけスタンドを購入するといいでしょう。

私は山崎実業 クリーナースタンドを買いました。


f:id:korekai:20190520141635j:plain
主に4つのパーツで構成されます。


f:id:korekai:20190520141655j:plainf:id:korekai:20190520141658j:plain
組み立てはこの部分を2箇所はめるだけ。


f:id:korekai:20190520141642j:plain
完成しました。ダイソンライクな見た目で1万円台前半には見えないクオリティ。

安っぽさはなく、むしろパイプがゴールドで高級感あり。各部位もしっかりした作りです。

初めて使ったときの感想としては・・・。

・軽い
・動作音が静か
・掃除しやすい
・吸引力は問題なし
・LEDライトでホコリが見えやすい

1万円前半という価格設定でこのクオリティなら満足という感想でした。


f:id:korekai:20190520141647j:plain
遠心分離サイクロン式。ダイソンを意識したようなデザイン・作りです。


f:id:korekai:20190520141701j:plain
動作中はこの部分から排気されます。


f:id:korekai:20190520141704j:plain
Dibea D18は紙パック不要。本体のこの部分にゴミが溜まります。

Amazonレビューでも書いてあった吸引力の低下ですが、ゴミをこまめに捨てれば吸引力は変わらず使えました。

めんどくさいですが、1回の掃除毎に捨てると良いでしょう。

Dibea D18のサイズと重さについて

f:id:korekai:20190520141719j:plain
サイズは104x 24 x 21 cm、重さは約2.2kgです。手持ちの測りだと2.14kgでした。

ダイソンは2kg半ば〜なので、比較すると軽いです。

Dibea D18の操作性について

f:id:korekai:20190520141707j:plain
持ち手の部分にあるスイッチが電源ON/OFFおよび、吸引モードの切り替えです。

1回押せば弱モード、もう1回押せば強モードで動作します。スイッチを押し続ける必要はありません。

この持ち方は握りやすく、取り回しもしやすいです。

メーカーによると床から8cm以上隙間があれば、家具したなど掃除ができるそう。

確かにソファやベット下の空間は掃除しやすいです。

Dibea D18の吸引力について

f:id:korekai:20190520141651j:plainf:id:korekai:20190520141733j:plain
モーターヘッドですが、自走式ではありません。

ブラシ部分はDibeaの従来製品と比べて、改善されており高速回転して床に落ちているホコリや髪の毛を巻き込み吸引します。

吸引力は不満なく、掃除できるレベル。弱いと思ったこともなく、家中これ1台で掃除できます。

もちろんダイソンやコードありの掃除機と比べると弱いとは思いますが。。。正直十分です。

床は弱モード、絨毯やカーペットは強モードで掃除しています。

Dibea D18のバッテリー持ちについて

f:id:korekai:20190520141710j:plain
残バッテリーは手元に表示される3段階のインジケーターで確認できます。


f:id:korekai:20190520141722j:plain
バッテリー持ちは弱モードで最大45分、強モードでも25分。1回の掃除としては十分な長さです。

1部屋で使っていますが、弱と強を使い分ければ3LDKでも使えると思います。

充電は約4〜5時間と次使うまでにはフル充電になっているでしょう。

充電台は付属しないので、山崎実業 クリーナースタンドを併用することをおすすめします。


f:id:korekai:20190520141714j:plainf:id:korekai:20190520141729j:plain
モーターヘッドには4つのLEDライトがあり、暗い場所でも掃除ができます。

LEDライトのおかげで床に落ちているホコリが見つけやすいメリットも。


f:id:korekai:20190520142002j:plain
パイプを外せばハンディクリーナーとして、付属のミニモーターヘッドをつければ布団クリーナーとしても使えます。


f:id:korekai:20190520142024j:plain
汚くて申し訳ないのですが、掃除後のゴミがこちら。

モーターヘッドのおかげか、絨毯やキッチンマット周りのホコリやゴミがよく取れます。


f:id:korekai:20190520142028j:plain
ゴミはダストボックスの蓋を開けてゴミ袋にポイするだけ。

溜めすぎると隅に詰まりやすいのでこまめに捨てています。


f:id:korekai:20190520142037j:plainf:id:korekai:20190520142043j:plain
本体であるダストボックス部分は5つに分解でき、そのうち3つを水洗い可能。

水洗いできるところがメンテナンス性高くていいですね。

こまめに洗ってあげると、いやな排気臭もしません。

Dibea D18 コードレス掃除機を使ってみて

f:id:korekai:20190520141717j:plain

■よかった点
・最大45分間のバッテリー持ち
・動作音は静か
・モーターヘッドで絨毯掃除に強い
・2.2kgの重さで取り回しがしやすい
・アタッチメントが豊富で布団、サッシ、キーボードなどさまざまな場所をこれ一台で掃除できる
・LEDライト付きでホコリが見えやすく、暗い場所でも掃除できる
・分解水洗いができる
・3段階のインジケーターで残バッテリーが分かる
・この性能で1万円台前半は安い

■気になった点
・バッテリー交換ができない
・自立できない

Dibea D18 コードレス掃除機はこんな人におすすめ

・取り回しがしやすいコードレス掃除機が欲しい方
・バッテリー持ちの良いコードレス掃除機が欲しい方
・1万円程度の予算で探している方

Dibea D18 コードレス掃除機:レビューまとめ

f:id:korekai:20190520142051j:plain

使用して1か月程度ですが、Amazonレビューに書いてあったような不具合(吸引力の低下・耐久性)は起こっていません。

一人暮らし用のコードレス掃除機としては十分な性能ですし、ヘッドのローラーが優秀なのか2.2kgの重さでも取り回しがとても楽です。

バッテリー持ちも最大45分、強モードでも25分と一回の掃除には十分すぎる長さ。布団クリーナ、隙間用ヘッドとアタッチメント付きでさまざまな場所の掃除に使えます。

意外と動作音が控えめなのも良いと思いました。ゴミ捨ては蓋を開けるだけ、また分解水洗いできる点も清潔です。

気になった点としてはもう数か月使ってみたときの耐久性とバッテリー交換ができず消耗品扱いとなるところでしょう。

毎日使っているので、わかった点があれば随時追記していきますね。

また今話題の家電レンタルサービス「レンティオ」では最新のコードレス掃除機が格安でレンタルできるので使ってみたい方におすすめですよ。

1万円前半で買えるコードレス掃除機Dibea D18のレビュー記事でした。

カスタマーレビュー・評価を見る

○こんな記事も書いてます。
【レビュー】おすすめのコードレス掃除機は「マキタ CL107FDSHW」パワフルでコスパ良し! - +ログ

【2019】コードレス掃除機はダイソンよりマキタをおすすめしたい【比較・メリット・まとめ】 - +ログ

【2019】マキタのコードレス掃除機おすすめ5選【選び方・スペック比較まとめ】 - +ログ

最大2.5%還元!Amazonでお得に買い物する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券にチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。