+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【1週間レビュー】BeatsXワイヤレスイヤフォンを使って気づいた良いところ・気になるところ

f:id:korekai:20170218170343j:plain

こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

BeatsXワイヤレスイヤフォンを購入してから1週間が経ち、毎日10時間くらい使っていました。

前回は開封がメインで簡易的なレビューになってしまったので、今回は1週間使って気づいた良いところ・気になるところをレビューしていきたいと思います。

※2/27追記:ケーブルの長さと充電が少なくなった際の挙動について

BeatsXの良いところ

音質がいい

開封後にすぐ聞いたときは『低音が弱い、ボリュームを上げても全体が曇る、若干シャリシャリ気味』という15,000円のイヤフォンとは思えないレベルの音質でした。

他の方のレビューを見てもBeatsらしくない低音というのが目立っていたので、もしやこのイヤフォンの出来は良くないのかと落胆していましたが、付属のイヤーチップを交換した時から音質は一遍しました

f:id:korekai:20170212160727j:plain
初めから装着されていたイヤーチップ

f:id:korekai:20170218154028j:plain
付属のイヤーチップに変更後(ウイングチップも装着)

音質が変わった理由は、自分に合っていないイヤーチップだったからだと思います。初めから装着されていたイヤーチップだと耳にしっかりフィットしていなかったせいか、音が逃げていた可能性がありました。

自分にあったイヤーチップにするとフィット感が格段に上がり、低音もしっかりしていてハイハットやシンバル音がきれいに聞くことができます。ある程度音量を上げても音割れはせず迫力のある音を鳴らしてくれ、Bluetoothイヤフォンでこれだけ鳴らしてくれるなら文句ないです。

他のレビュワーさんも言っておられましたが『くせがなく万人に聴きやすくバランスがいい音質』です。

f:id:korekai:20170212162500j:plain
もしまだイヤーチップを変えていない方は、自分に合ったイヤーチップを見つけてみてください。

再ペアリングが早い

f:id:korekai:20170218144101j:plain
※初回ペアリング時の接続確認画面

W1チップ搭載でiPhoneユーザーには大変便利です。ペアリングはBeatsXの電源ボタンを約1秒間押すだけで可能で、接続が完了すると音で知らせてくれます。
初回ペアリング方法はこちら

再ペアリング手順
  1. iPhoneのロック解除
  2. BeatsXのiPhoneの近くで電源ON
  3. 約1秒ほどで接続完了


同じAppleIDで関連付けされているMacBookやiPadであれば再度ペアリングする必要はなく『家に帰ってきたらMacBookに、外出時はiPhoneに』といった事ができるので、帰宅後はMacBookに繋いで音楽を聞いています。

※注:iCloudアカウントとmacOS Sierra、iOS 10、またはwatchOS 3が必要です。

RemoteTalkリモコンが便利すぎる

f:id:korekai:20170212155825j:plain

上下のボタン 音量調節 1回押す(着信/通話時) 通話/終了
1回押す 再生/停止 長押し Siri起動
2回押す 次の曲 2回+長押し 早送り
3回押す 前の曲 3回+長押し 巻き戻し

Siri対応RemoteTalkリモコンで、音量調節・再生停止はもちろん、次の曲・前の曲・早送り・巻き戻し・通話・Siri起動とボタン操作のみで行えるのが便利です。

自分はほとんどリモコンで操作しています。

マグネット式のイヤーバッドが紛失リスクを軽減

f:id:korekai:20170212160834j:plain

音楽を聴いていないときは、耳から外しマグネット式のイヤーパッド同士をくっつけて首にかけておけるのが便利でした。

一日中つけていても快適で、ポケットに丸めて入れたり、ケースに収納はしなくていいところが便利です。

よくありがちなのはイヤフォンを外してポケットに入れたり、鞄に入れるときに紛失するケースがありますが、BeatsXは紛失リスクが低いです。

急速充電で充電が早すぎる

Fast Fuel(急速充電)機能で5分間の充電で約2時間再生が可能という事だったので試してみると、約2時間20分ほど連続再生可能でした。

外出前に充電が少ない時も数分間充電すれば数時間は持つのでいいですね。時間がない時でもモバイルバッテリーで充電できるので急速充電には何度か助けられました。

バッテリー残量はウィジェット追加で確認できるので便利ですよ!


f:id:korekai:20170218134754j:plain:w500

約5分で3%から20%まで充電されました。

f:id:korekai:20170218134828j:plain:w500

先ほどの20%から3%になるまで連続再生約2時間20分、さらに3%から100%までの所要時間は約40分でした。100%からだと最大約8時間駆動します。

※注:充電にはiPhoneに付属されてるLightningケーブルとUSBアダプタを使用

Apple Musicの3ヶ月無料コードが同梱

f:id:korekai:20170218154441j:plain
Apple Music(月額980円)の3ヶ月無料コードが同梱されているので、利用している自分からすれば良かったです。

ちなみに一度もApple Musicを利用していない人は最大6ヶ月間無料となります。

家の中どこでも繋がる。そうBeatsXならね。


f:id:korekai:20170218154714p:plain

BeatsXのBluetoothはClass1に対応してます。

Bluetoothには電波強度にClassという概念があり、Class1は有効範囲がおよそ100m程度です。

家にいるときにiPhoneを机に置いたまま家の中を移動しても音楽再生が途切れることもなく、リモコン操作も可能でした。

参考:Bluetoothとは? | 無線化.com

BeatsXの気になるところ

電源ボタンが押しにくい

f:id:korekai:20170212160930j:plain

首からかけて右側の部分が電源ボタンとなりますが、ちょうど首元にありこれが押しにくいです。

しかも側面にあり小さいボタンなので余計に押しにくいので、丸いボタンを表面などにつけてほしかったです。

ウイングチップを付けると耳がかゆい

f:id:korekai:20170212162428j:plain

付けると耳から外れなくなるので便利なのですが、長時間つけていると耳が痒くなる時があります。でもランニングしたり、運動時にはいいですよ!

電源がON/OFF状態が分かりにくい

f:id:korekai:20170212215155j:plain
※写真では白いLEDがうまく映らないので充電時

首にかけている時にONかOFFなのか分かりにくいです。電源ボタンについているLED(白く光っている場合はON)を見ることができないので、ONになったら振動で知らせてくれるような機能があれば良かったと思います。

電源OFFにするのがめんどくさい

手動で電源OFFにするのを忘れた時に、充電が無くなっていたという事があったので、Bluetooth接続が切れたり、数分間音声出力がない時は、自動で電源OFFになる仕組みが欲しいと思いました。

その他

充電がなくなりそうなら音で知らせてくれる

充電が10%以下になった際は、電源ランプと音で知らせてくれるので充電タイミングが分かりやすいです。

ケーブルは長くない

ケーブルの長さは特に気になりません。ランニング使用時などアクティブに動く際はこれくらいないと窮屈かなと思います。

カナル型なので周囲の音が聞こえにくい

集中するときはいいですが、外出時に歩いてる時などはまったく周囲の音が聞こえません。後ろから車が来ていても直前にならないと分からないので注意です。

防水性がほしい

Bluetoothイヤフォンのメリットは無線なのでランニングや運動時に便利です。BeatsXにIPX2くらいの防水性能があれば良かったです。

スポーツ用は耐汗・防沫機能を搭載しているPowerbeats3 Wirelessイヤフォンがあるので、BeatsXの位置づけ的についていないのでしょう。

AirPodsみたいに外せば止まる機能がほしい

RemoteTalkリモコンやMacBookの再生・停止で音楽を止めれますが、あれば便利だったと思います。

BeatsXかAirPodsどちらを買うべきか

自分ならBeatsXを選びます。AirPodsも良いところはあるのですが『音質、見た目、音漏れ、紛失リスク、価格』を考えた時にBeatsXの方が優れています。

カナル型が苦手、周囲の音が聞こえないと困る、EarPodsなどのインナーイヤー型が好きという方はAirPodsがいいと思います。

おまけ

まとめの前にBeatsXのCMを紹介します。


まとめ


f:id:korekai:20170202222016j:plain

1週間使ってみてのレビューでした。

当初は音質で失敗したかと思いましたが、イヤーチップを交換することにより改善され、迫力があるサウンドを楽しめ満足しています。

確かに有線で音質の良いイヤフォンにはかないませんが、W1チップ搭載で爆速のペアリング、フレックスフォームで首にフィットし1日中快適、急速充電に対応し5分で2時間再生、RemoteTalkリモコンで柔軟に操作可能な点を考えると、iPhoneユーザーでBluetoothイヤフォンを探している人におすすめできます。

音質に関してはそれぞれ聞く人によって感じ方は変わるので、AppleStoreなどで試聴してみて良かったら買ってみてください。

また使っていて分かったことがあれば随時更新していきたいと思います。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

iPhone7を持っている方は、beatsXをおすすめします!