+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【Ultenic T10 レビュー】4万円で買える!1台2役の水拭き掃除ができるロボット掃除機


ロボット掃除機の性能は年々向上しており、自動ゴミ収集と水拭き機能付きが格安で購入できます。

有名メーカーのロボット掃除機と比較してもそれほど大差なく、必要十分といったところ。

今回レビューするUltenic T10もその1つで、ロボット掃除機にあると便利な機能は全部搭載されています。またクーポン適用時だと約4万円で購入可能。

Wi-Fiと接続して専用アプリから操作できるため、外出先から掃除のスタートができるなど利便性も良いです。

この記事では、Ultenic T10のよかった点、気になった点、使用レビューでご紹介します。

クーポンコード:LYQPJDGC
割引率:29%OFF
開始日:2022/6/30 18:00
終了日:2022/7/10 23:59
価格:58770 → 41770円
購入リンク:Ultenic T10


Ultenic T10の特徴


この項目では、Ultenic T10の特徴をご紹介します。

・最大3000Paの吸引力
・水拭き機能
・自動ゴミ収集機能
・カーペット検出
・エリア指定掃除
・禁止エリアの設定
・最大250分の長時間稼働
・Amazon Alexa対応

Ultenic T10にはあらゆる便利機能が搭載されており、吸引掃除の他に水拭き掃除やゴミの自動収集、カーペット検出による吸引力ブースト、掃除範囲の設定など多機能です。

また最大動作時間は250分とパワフル。200平米以上の部屋を掃除でき、吸引力も最大3000Paと強力です。

一度部屋をマッピングしてしまえば、部屋やエリアを指定して掃除ができるので、汚れが気になるところだけ掃除みたいな使い方もできます。

掃除する時間が決まっていれば予約機能で設定、専用アプリから掃除できたりと利便性に優れています。

Ultenic T10を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

Ultenic T10のよかった点


この項目では、Ultenic T10のよかった点をご紹介します。

・自動ゴミ収集機能
・吸引と水拭きの1台2役
・外出先からも操作できる

ロボット掃除機を購入するなら「自動ゴミ収集機能」は必須ですね。

Ultenic T10は、充電台の紙パックに自動収集されるため、溜まったら紙パックごと捨てるだけと手間がかかりません。

また定期的に回転ブラシに絡まった髪の毛などを取り除くだけなのでメンテナンスも楽です。

水拭き機能についてはあると便利だなと。特にキッチン床の汚れが気になるときはエリア指定して水拭き機能を使っています。

頑固にこびりついた汚れまでは取れませんが、クイックルワイパーで掃除したくらいにはきれいになりました。

あとはWi-Fiと接続して設定するため、外出先からも専用アプリでの操作で掃除ができるのは便利です。

Ultenic T10を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

Ultenic T10の気になった点

この項目では、Ultenic T10の気になった点をご紹介します。

・紙パックが高い

これはどのロボット掃除機にも言えますが、自動ゴミ収集機能で使う紙パックの値段が高いことです。

60日以上交換せずとも使えますが、100均で買えそうなクオリティが6個で2000円は高いという印象を受けました。

互換性のあるサードパーティ製だともう少し安く買えたりしますが、もう少しなんとかならないかなと。

Ultenic T10の外観、付属品


自動ゴミ収集機能を備えたロボット掃除機。

充電台に紙パックをセットしておくとあとは充電する際にゴミを自動で吸引してくれます。

ロボット掃除機が販売され始めた当初はダストボックスから毎回ゴミを掻き出して捨てていたので、あの手間がないだけかなり便利になりました。

見た目は白を貴重としており、シンプルなデザインです。


サイズ感はどのロボット掃除機でも同じくらいです。

薄型なのでテレビ台下などにも入り込んで掃除してくれます。

ロボット掃除機の弱点としてはケーブル類で巻き込んでしまうと動作が止まるのでそれだけ注意ですね。


充電台は背面コードがうまく収納できる工夫はいいなと思いました。

半透明の板はロボット掃除機がうまく充電台にも戻れる用のスロープとのこと。

充電台の蓋を開けて紙パックを設置。メーカー推奨だと最大60日間交換することなく使えます。

ロボット掃除機が掃除から戻ると自動でゴミを吸引してくれるのでとても楽です。

紙パックはなくなると別売りで購入する必要があります。これがまた高い・・・。

ただ互換性のあるサードパーティ製がAmazonで安く買えることもあるので探してみるといいでしょう


ロボット掃除機の裏側です。

大きめの車輪でちょっとした段差くらいなら乗り越えていきます。

一般的な間取りの自宅であれば移動範囲として問題ないと思います。

中央に大きな回転ブラシと部屋の隅のホコリを掻き出す回転ブラシです。

どちらも外して水洗いできるのでメンテナンスはしやすいです。

一応消耗品扱いになるのですが、消耗度は専用アプリから確認できます。


レーダーナビゲーションより、3D物体回避機能を搭載しています。

ロボット掃除機の前方にあるセンサーから目には見えない光を照射。
※右側写真にわずかに写る紫色の光

立体的に検出することで障害物を検知する仕組みのようです。


ゴミは自動ゴミ収集されますが、本体から外して水洗いもできます。

また細かなハウスダストにも対応できるように、ダストカットフィルターもついています。

掃除するには水拭きも同時にすることができます。

また水拭き時の水量もアプリから調整でき、汚れが目立つ場所はしっかり掃除可能です。

クリーニングモップは取り外して水洗いができ、繰り返し使えます。

Ultenic T10の使用レビュー

フローリングからカーペットもなんなく掃除でき、カーペットの場合は自動で検出して吸引力を最大する機能あり。

畳の掃除も問題なし。

部屋の角のホコリやゴミの吸引もしっかり回転するブラシと吸引力で実用的です。

段差も検知するので階段や玄関などに落ちるのを回避。普段掃除しづらい狭い場所にも入って掃除してくれます。


カーペット掃除の様子。コロコロを使わなくても髪の毛やペットの毛も吸引して掃除できています。

ロボット掃除機が掃除し終えたところはブラシ掛けのようにきれいになりました。

Ultenic T10のアプリ、操作性について


初回はロボット掃除機が各部屋を掃除しながらマッピングします。

掃除が終わると間取りが完成するので、部屋毎にラベル(名前)をつけたりできます。

ラベルの設定ができれば、次回以降エリアや部屋を指定して掃除が可能です。

例えばリビングだけ、キッチンは水拭き掃除、寝室は掃除しないなどコントロールできます。

汚れやすいキッチンなどの水回りは水拭きしたり、カーペットがある部屋は水拭き禁止にできるので便利です。


掃除する回数や吸引力の強さ、水拭き掃除の水量、ブラシ類の消耗度、掃除設定なども専用アプリから操作できました。

Ultenic
Ultenic
開発元:Shenzhen Ultenic Technology Co.Ltd.
無料
posted withアプリーチ

Ultenic T10 レビューまとめ


以上がUltenic T10のレビュー内容です。

ひと昔前のロボット掃除機と比較するとはるかに性能が向上しており、自動ゴミ収集機能はとても便利です。

掃除経路も部屋をマッピングすることで効率的ですし、吸引力も高いです。

さらに今は水拭きまでできるということで使いこなすまで時間はかかりますが、慣れると掃除はほぼ自動化できますよ。

この手のロボット掃除機は大体4万円後半〜5万円後半くらいが相場です。記事執筆時は、Amazonで58,770円でした。

割引クーポン適用、セール時に4万円前半になるならお得に購入できる価格でしょう。気になった方はぜひ検討してみてくださいね。

クーポンコード:LYQPJDGC
割引率:29%OFF
開始日:2022/6/30 18:00
終了日:2022/7/10 23:59
価格:58770 → 41770円
購入リンク:Ultenic T10

Ultenic T10を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

最大2.5%還元!Amazonでお得に買い物する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券にチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。