+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【G-Tune HM-B-3060Ti Core i5-12400モデル レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説


この記事では、マウスコンピューターのG-Tune HM-B-3060Ti(Core i5-12400モデル)をレビューします。

・HM-B-3060Tiの実機レビューが見たい
・ゲームが快適に動作するゲーミングPCが欲しい
・メリット・デメリットを知りたい

上記のような疑問を持つ方や購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


G-Tune HM-B-3060Tiの特徴とスペック

OS Windows 11 Home
CPU Core i5-12400F
GPU GeForce RTX 3060 Ti
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
電源 700W 80PLUS BRONZE
参考価格 209,800円(税込)

G-Tune HM-B-3060Tiは、CPUに6コア12スレッドで動作する第12世代Core i5を搭載。

GPUはミドルハイクラスのGeForce RTX 3060 Tiで、フルHDとWQHD解像度に強いゲーミングPCです。

その他の主な特徴は次の5つです。

・余裕の処理能力
・普段使いもサクサク動作
・大きすぎない絶妙なサイズ
・ゲーム中も静かな動作音
・24時間365日の電話サポート

マウスコンピューターを選ぶメリットとして、1年間の無償保証のほか、24時間365日の電話サポートが大きなポイントです。

実際に使ってみたところ、かなりレスポンスが早くて使いやすいマシンですが、標準状態ではSSDの容量が少ないなどのデメリットもあります。

これから詳しく解説しますので、自分の利用スタイルに合っているかチェックしてください。

マウス公式サイトで見る

HM-B-3060Tiの外観と内部


ケースサイズはミニタワー型。ミドルタワー型と比べると一回り小さく、デスクの上でもそれほど圧迫感なく設置できます。

フロントパネルにはG-Tuneのロゴ。フラットでシンプルなデザインです。

従来の前面吸気から底面吸気に。サイドパネルからも外気を取り込み、CPUやグラボ、ストレージ類をダイレクトに冷却する効率的なエアフローを実現しています。

幅 x 奥行 x 高さ 189 x 396 x 390
重さ 10.3kg


ケース天面はフラットでコントローラーやヘッドセット、スマホなどを置くスペースとしても使えます。

インターフェイスは以下。

・パワースイッチ(前面)
・USB 3.0×2(上面)
・オーディオ入出力(上面)
・HDMI端子(上面)

傾斜をつけることでデバイスの接続が簡単にできる構造に。

フルサイズのUSB3.0が2つ、オーディオ(マイク+ヘッドフォン等)もあるため、必要最低限揃っています。

HDMI端子は、VR向けヘッドマウントディスプレイやキャプチャーボードなどの接続も簡単です。


ケース側面です。正面から向かって右側のみエアスリットデザインが施されています。

カスタマイズオプションでケース内部が見える強化ガラスサイドパネルに変更が可能です。


▲背面には120mmファン1基とリアパネル、電源、グラボ端子

電源はケース上部に配置。CPUやグラボからの熱もリアファンから効率的に排気します。


背面の上部に引き伸ばせるケーブルがありますが、これはフロントパネルのHDMIを使うためのものです。

引き伸ばして下の方にあるHDMI端子に差し込むと、フロントパネル側のHDMIポートが使えるようになります。

VR向けヘッドマウントディスプレイなどを使う人は、毎回パソコンの裏側にケーブルを接続する手間がなくなるので便利です。


▲リアパネルのインターフェイス

・USB 2.0 Type-Ax2
・USB 3.0 Type-Ax2
・USB 3.2 Type-C
・LANポート
・オーディオポート

フルサイズのUSB-Aが4つとUSB 3.2のUSB-Cです。

キーボード、マウス、ヘッドセット、外付けストレージを接続すると数に余裕はないです。

※天面にあるUSBポートを合わせると全部で7つ。


グラフィックボードのインターフェイスです。

最大4画面のマルチモニターに対応しており、広い領域で作業したい方にもおすすめです。

・Display Port×3
・HDMI

【関連】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選



PC内部です。ケーブルは裏側で配線されており、見た目もスッキリしています。また電源を上部に持ってくることでより広く、熱影響を最小限に。

このケースのエアフローは、底面から吸気してグラボをダイレクトに冷却できます。その後CPUや大きなコンポーネント類を効率的に冷却しながら後方の120mmリアファンから排気します。

公式サイトによると、エアフローを最優先した内部構造は理想的な冷却を実現。優れた拡張性とメンテナンス性により快適なゲーミング環境を構築できるとのこと。


ケース上部に2.5インチのシャドウベイが1つあるので、HDDやSSDを簡単に増設できます。


トップフロー型のCPUクーラーを搭載。カスタマイズで水冷クーラーに変更も可能です。

メモリは16GBを搭載(8GB x 2)。

メモリスロットは2つだけで空きがなく、容量変更する場合は交換する必要があります。

なお、注文時のカスタマイズで64GBまで増量可能です。

マザーボードはMicroATX規格のASRock B660Mでした。


グラボはZOTAC製のGeForce RTX 3060 Ti 8GBで、シングルファン仕様です。

ミドルハイクラスのGPUで基本性能が高く、人気のグラボです。

性能としてはフルHDで120〜160fps、WQHDでも100fps前後で動作し、4Kは設定次第で平均60fpsを維持できます。

人気のApex LegendsはフルHDで平均160fpsを超えるフレームレートで動作する性能です。


M.2スロットは2つあり、1つは512GBのNVMe SSDが装着されています。

空きM.2スロットにも最初からヒートシンクが装着されているので、ユーザーによる増設もわりと簡単です。

カスタマイズで2台目のNVMe SSDも増設可能なので、ゲームやデーター用に大容量SSDを追加するのが良いでしょう。


電源は700W。80PLUS BRONZEで電力変換効率のとても良い電源です。

この構成であれば、700Wで十分余裕があり、上位のグラフィックボードに交換してもそのまま使えます。


底面のゴム足は4箇所。フローリングに置いた場合はグリップ効果で滑りにくかったです。

底面から吸気するケースなので、スライドしてワンタッチで脱着&水洗い可能なマグネット式ダストフィルターを搭載。

ホコリが溜まりやすい場所ですが、メンテナンス性も高いです。

HM-B-3060Tiの性能をチェック

以下の項目をテストしたので参考にしてください。

・CPU性能
・グラフィック性能
・ストレージ性能
・ゲーム性能
・動作音

CPU性能チェック


HM-B-3060Tiに搭載されているCPUは、6コア12スレッドの第12世代Core i5-12400です。

【マルチコア性能】
6コア12スレッドCPUの中で最も性能が高い

【シングルコア性能】
8コア12スレッドのRyzen 7や、1世代前のCore i7よりも性能が高い

ゲームや日常使いだけでなく、動画処理などの重たい作業でも高いパフォーマンスを発揮できるCPUです。

上位のCore i7 12700には劣りますが、プロレベルのクリエイティブな作業をしない人なら十分な性能と言えるでしょう。

グラフィック性能チェック


3DMarkのグラフィックススコアは「28502」でした。

下位モデルのRTX 3060より性能の伸びが非常に良いです。

上位モデルには劣るものの、PCの価格と性能のバランスを考えると、かなり良いGPUと言えます。

ストレージ性能チェック


Cドライブの512GB SSDをCrystalDiskMarkで計測。

読み込み3120MB/s、書き込み1911MB/sでした。

NVMe SSDなので、OSやゲームクライアントの立ち上がりはとても速いです。

また、初期状態のストレージ空き容量は392GBでした。

最近は50〜100GBもストレージを消費するゲームがあるので、たくさんゲームをインストールしたい人は1TBに交換するか、2台目のSSDを増設した方が良いでしょう。

ゲーム性能チェック

ゲームプレイ時の処理が「軽い・普通・重い」の3つのタイプに分けてチェックしました。

【軽量級】VALORANT
【中量級】Apex Legends/FF14
【重量級】FF15

【軽量級】VALORANT


e-SportsタイトルのVALORANTは、フルHD〜4Kまで非常にサクサク動きます。

軽いゲームなので、フルHDだとフレームレートは300fpsを軽々と超える性能です。

ヘビーゲーマーだけでなく、プロゲーマーも納得のマシンと言えるでしょう。

【中量級】Apex Legends


中量級のApex Legendsも、フルHDならグラフィック設定を最高にして160fps前後が出る性能です。

設定で画質を少し落とせば200fps以上で遊べます。

FPSゲームをがっつりやり込みたい人にかなりおすすめできます。

【中量級】ファイナルファンタジー14


人気MMORPGのファイナルファンタジー14は、フルHD〜4Kまで快適に遊べます。

解像度 スコア 評価
フルHD最高品質 21140 非常に快適
WQHD最高品質 16632 非常に快適
4K最高品質 8946 快適

【重量級】ファイナルファンタジー15


重たいゲームであるファイナルファンタジー15もWQHDまでなら十分で、4Kでも設定を少し調整すれば快適に遊べる性能です。

解像度 スコア 評価
フルHD高品質 9900 とても快適
WQHD高品質 7876 快適
4K高品質 4680 やや快適

ゲーム性能まとめ

その他の主なゲームのフレームレートはこちらです。

タイトル 重さ フルHD WQHD 4K
VALORANT 軽量級 312fps 255fps 221fps
Apex Legends 中量級 167fps 124fps 74fps
フォートナイト 中量級 147fps 95fps 53fps
PUBG 中量級 119fps 91fps 52fps
アサシンクリードバルハラ 重量級 71fps 41fps 41fps
サイバーパンク2077 重量級 69fps 65fps 42fps

ほとんどのゲームは中量級までで動作するので、遊びたいゲームの参考にしてください。

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K X

総合的に、4K以外は快適に遊べる性能です。

動作音チェック

HM-B-3060Tiの動作音をチェックしました。

【通常時:35db】
ネット閲覧やNetflix動画視聴などの日常使い

【ゲームプレイ時:55db】
高い負荷をかけた時

騒音の目安はこちらを参考にしてください。

0〜20db 無音 無音室など
21〜40db 静か ささやき声
41〜60db 普通 扇風機・エアコンの動作音
61〜80db うるさい テレビ/セミの鳴き声

高負荷時も本体に耳をかなり近づけないと冷却音は気になりません。

デスクの下にPCを設置する場合は、まったく気にならないレベル。

結論として、HM-B-3060Tiの動作音はかなり静かで優秀です。

HM-B-3060Tiの気になった点

実際に使って感じたHM-B-3060Tiのデメリットは2つあります。

・SSDの容量が少ない
・メモリスロットに空きがない

SSDの容量についてですが、5本ほど手持ちのゲームをインストールしたところ、ストレージの空き容量は120GBしか残りませんでした。

最近はApex Legendsやフォートナイトなど、無料で始められる大型ゲームが多いので、ストレージの増設は必須のPCです。

10万円クラスのPCなら仕方ありませんが、20万円クラスで512GBは少なすぎると思いました。

メモリについては、ゲームと普段使いなら16GBで問題ないです。

ただし、後からメモリを増量しようとすると、初期のメモリが交換となって無駄になるので注意してください。

HM-B-3060Tiのおすすめカスタマイズ

デメリットとして解説したSSDの容量を増やすことと、使い方によってはメモリも増やしておくことをおすすめします。

・大容量SSDへ交換か、2台目のNVMe SSDを追加
・メモリを32GBに増量

ストレージの容量は1TB以上がおすすめで、初期のSSDを大容量タイプに交換するか、ゲーム専用に追加で2台目のNVMe SSDを増設するのも良いでしょう。

メモリはゲーム中にチャットアプリや実況配信など、たくさんのアプリを同時に動かしたい人は32GBに増設するのがおすすめです。

【まとめ】G-Tune HM-B-3060Tiはこんな人におすすめ


以上がG-Tune HM-B-3060Ti(Core i5-12400モデル)のレビュー内容です。

本製品は次のような人におすすめします。

・20万円前後でPCを探している人
・FPSゲームで勝てるPCが欲しい人
・ゲームのほかに動画編集など重たい作業もしたい人

強力なCPUとGPUを搭載し、フルHDとWQHD解像度にかなり強いゲーミングPCです。

ゲーム実況や動画編集PCとしても使えるので、ストリーマーやYoutubeに動画をアップしたい方にもおすすめ。

パーツ構成もよく、約20万円で購入できる価格も高ポイント。セール時は1万円程度の値引きも期待できるので狙い目です。

気になる方は、ぜひチェックしてください。

マウス公式サイトで見る

マウスコンピューターは最大36回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々1000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
詳細はこちら

おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングPC

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング


おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング


ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー