+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【RAVPower RP-PB186 レビュー】軽くてコンパクト!最大18W出力のPD対応モバイルバッテリー【リニューアル版】

f:id:korekai:20191115110805j:plain
大人気モバイルバッテリーであるRP-PB186がリニューアル。

旧モデルだと最大29Wだったので、MacBook12インチの充電ができましたが、スマホやタブレットのみの充電であれば、リニューアル版がベストな最大18W出力です。

また価格は1,000円安くなり2,999円とお手頃な価格に。USB-AとUSB-Cの2ポートを搭載しており、2台同時充電にも対応します。

この記事では「RAVPower RP-PB186(リニューアル版)」の外観、特長、使ってみてよかった点、気になった点などをご紹介します。

※記事下部に15%オフクーポンあり


RAVPower RP-PB186 レビュー


f:id:korekai:20200925182139j:plain

RP-PB186

RAVPower

モバイルバッテリー


4.8



  • 10,000mAhながら軽量小型設計

  • USB-Cポートは最大18W出力

  • USB-Aポートは最大18W出力

  • 2台同時に高速充電可能

  • スマホを2回以上フル充電できる

  • 持ち運びしやすい収納ポーチ付き

  • しっかりとしたUSB-Cケーブル付き

※記事下部に15%オフクーポンあり


スペックと外観

f:id:korekai:20200928133557j:plain
まずはじめにRAVPower RP-PB186のスペックを紹介します。

一応旧モデルとのスペック比較から。主な変更点は以下です。

・USB-Cの最大出力が29Wから18Wに変更
・USB-CとAの同時最大出力が29Wから17Wに変更
・価格が3,999円から2,999円に。
・専用ポーチが付属しない

旧モデルだとMacBook12インチなど30Wもあれば充電できるモバイルノートの充電ができました。ただ18Wになったことで普通に充電するには出力不足に。

2ポート同時充電の場合も最大17W(5V/3.4A)を分け合って充電することになります。

この変更点はモバイルデバイスの充電であれば、十分な出力なので急速充電ができる点はご安心を。

スペックダウンした分、1000円安くなっているので、モバイルバッテリーとしては平均的な価格になったと思います。


f:id:korekai:20200928133600j:plain

バッテリー容量 10,000mAh
カラー ブラック
サイズ 約111 x 51 x 25 mm
重量 約187g
USBポート USB-C PD、USB-A
USB-C PD入力 最大18W
USB-C PD出力 最大18W
USB-A出力 最大18W
USB-C+A出力 最大17W
充電回数目安 iPhone 11を約2回
Galaxy S10を約2回
iPad mini5を約1回

※より詳しい仕様に関しては商品詳細ページをご覧ください。


f:id:korekai:20200928133604j:plain
RAVPower RP-PB186の付属品は以下です。

・モバイルバッテリー本体
・USB-C to Cケーブル
・取扱説明書類

いつもおまけ程度についてくるケーブルですが、今回はしっかりとした長めの充電ケーブルでした。

ちなみに新モデルには、専用ポーチは付属せず。


f:id:korekai:20191115110746j:plain
最近のモバイルバッテリーは小型化、複数ポート搭載、PD対応とスペックアップしています。

iPhoneXと並べてみましたが、10,000mAhにしては小型なのが伝わると思います。


f:id:korekai:20191115110735j:plain
重さは約188gと軽く、これなら旅行時や普段使いにも気軽に使えるモバイルバッテリーですね。

2人でシェアするには物足りない容量なので1人1台必須、2台持っても邪魔にならないコンパクトさです。


最大18W出力に対応したモバイルバッテリー

f:id:korekai:20191115110728j:plain
RAVPower RP-PB186はPD対応のUSB-Cポート、iSmart 2.0対応のUSB-Aポートを備えています。

左側のUSB-Cポートは最大18W出力でスマホやタブレットなどモバイルデバイスの充電なら十分な性能。

また右側のUSB−Aポートは最⼤18W出力で接続したデバイスに合わせて最適なパワーで急速充電が可能です。


f:id:korekai:20191115110757j:plain
どちらもスマホやタブレットを同時に急速充電できる出力なので、外出先でも早く充電したい方におすすめのモバイルバッテリーです。

ちなみにモバイルバッテリー本体の充電は、30Wで世界最小クラスの充電器であるRAVPower RP-PC120がおすすめですよ。


f:id:korekai:20191115110733j:plain
横から見た様子。縦に長く薄型設計。右側にあるボタンを押すとバッテリー残量を示すLEDインジケーターが点灯します。

4段階で1メモリ辺り25%。最近のモバイルバッテリーは0〜100%と数値で見れるものもあり、残量がわかりやすいともっと使いやすくなると思いました。


各端末で充電速度をチェック

f:id:korekai:20200928133608j:plain
▲8.65V/2.43Aの約21W

・iPhone 11 Pro(USB-C to Lightning)を使用

最大18Wですが、手持ちのチェッカーだと20Wを超える結果に。

実際に1%から充電しましたが、24分で50%まで回復しました。充電器ではなくモバイルバッテリーでこの出力なら外出先でも早くバッテリー残量を戻せるので安心です。

急速充電したいならUSB-Cポートを使ってください。iPhoneならUSB-C to Lightningケーブルが必要です。


f:id:korekai:20200928133611j:plain
▲9.05V/1.18Aの約10W

・iPhone 11 Pro(USB-A to Lightning)を使用

USB-Aポートも5Wを超える出力で急速充電ができました。

※記事下部に15%オフクーポンあり


RAVPower RP-PB186を使ってみて

■よかった点
・10,000mAhながら軽量小型設計
・USB-Cポートは最大18W出力
・USB-Aポートは最大18W出力
・2台同時に高速充電可能
・スマホを2回以上フル充電できる
・持ち運びしやすい収納ポーチ付き
・しっかりとしたUSB-Cケーブル付き


■気になった点
・なし


RAVPower RP-PB186はこんな人におすすめ

・軽量、小型のモバイルバッテリーを探している方
・PD対応のモバイルバッテリーを探している方
・2台同時に充電できるモバイルバッテリーを探している方


RAVPower RP-PB186 レビュー:まとめ

f:id:korekai:20200928133615j:plain

この記事では、RAVPower RP-PB186についてご紹介しました。

最大18W出力に対応していれば、スマホやタブレットの急速充電ができますし、10,000mAhの大容量でコンパクトから普段使いにも最適です。

従来のUSB-AとUSB-Cの2ポート仕様なので、スマホとモバイルルーター、ワイヤレスイヤホンとの同時充電もできます。

旧型は出力が大きかった分、約4千円と値が張りましたが、新モデルとなり約3千円で購入できるところもポイントです。

10,000mAhのモバイルバッテリーとしては最上位クラスのスペック。このサイズなら2つ持ちでもいいかなと思いました。

モバイルバッテリーの購入や買い替えならまず「RAVPower RP-PB186」をチェックしてみてくださいね。

クーポンコード : PB186PLUS
期間 : 9/28 - 9/30
割引率 : 15%OFF( +商品ページ5%OFF)
※クーポン併用可能

RAVPower RP-PB186を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る


Amazonでモバイルバッテリーをお得に安く購入する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券をチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。