+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2018年12月】iPadやタブレットにおすすめの格安SIM6選!用途別MVNO比較まとめ

f:id:korekai:20170328190002j:plain
低価格で高性能なAndroidタブレットは、タブレット初心者からヘビーユーザーまで、幅広い方に選ばれ続けています。

Androidタブレットを自宅のWi-Fiや、モバイルWi-Fiルーターと組み合わせて使う方も多いですが、実は維持費の面でも高いコストパフォーマンスを発揮してくれるのが格安SIMとタブレットを組み合わせて使う方法なんです。

今回は低価格なAndroidタブレットタブレットを更にお得にフル活用できる格安SIMの魅力とおすすめについて迫ります…!


SIMフリータブレットと格安SIMを組み合わせるメリットは?

f:id:korekai:20181117155557j:plain

Androidタブレットを購入した時、初心者の方はドコモ・auなどの大手キャリアとの契約を検討する事でしょう。

しかし格安SIMを選んでも決して不便になる訳ではなく、むしろ大手キャリアにも劣らない使い心地を提供し、低価格で安定した通信を実現してくれるという強みが格安SIMにはあるのです。

「タブレットを最大限お得に使いこなしたい!」という方におすすめな、SIMフリータブレットと格安SIMの組み合わせですが、具体的なメリットはどのようなものがあるのでしょうか。



外出先でもインターネットが楽しめるようになる

タブレットを選ぶ時、まずはSIMフリーモデルとWi-Fiモデルを選ぶ事になるかと思います。

Wi-Fiモデルを選ぶと、必然的に自宅やカフェのWi-FiかモバイルWi-Fiルーターでの通信に限られてしまいますが、SIMフリーモデルを選べば、自宅のWi-Fiに加えて格安SIMでの通信も可能になるので、電車・バスの中やアウトドアシーンでもタブレットでインターネットを楽しめるようになります。

更に、モバイルWi-Fiルーターを契約してしまうと、タブレットの他にルーターも一緒に持ち運ばなければならないので、普段から荷物が多い方にとっては強いストレスになります。

タブレットとルーターの2台持ちよりも、タブレット単独で通信が可能になる格安SIMとの組み合わせは、外出先でもスマートにタブレットを持ち運びたいあなたにもピッタリと言えるでしょう。



月額料金が安くなる

タブレットとは別にモバイルWi-Fiルーターを契約すると、どれだけ安いプランを選んでも3,000円~4,000円程度は掛かってしまいますが、格安SIMならばその1/3以下程度の価格で通信が可能になることが格安SIM最大のメリットなのではないでしょうか。

更に、キャリアと契約した場合は最低利用期間があり、もしそれに満たない場合は解約金・違反金が発生してしまうこともよくあります。

しかし、格安SIMの場合は最低利用期間や解約金・違反金がない会社がほとんどなので「1か月だけお試しで利用してみようかな…」なんて使い方も可能です。格安SIM初心者の方でも安心ですね。



端末によっては通話が行えることも

格安SIMにはデータ通信専用SIM通話プラン付きSIMの2種類があります。

「タブレットで電話を利用したい!」という方は通話可能SIMフリータブレット通話プラン付き格安SIMを選ぶ必要があります。

人気の通話可能SIMフリータブレットの中で私がおすすめしたいのがHuawei Media Pad M5

AndroidOSの中でも性能が高く、格安SIMと組み合わせれば、コスパ良く通話も通信も行う事ができます。

タブレットで電話を楽しみたいという方は是非、Huawei Media Pad M5と通話プラン付きSIMの組み合わせを選んでみてはいかがでしょうか!



タブレットと相性が良い格安SIMの選び方

f:id:korekai:20181117155543j:plain

一口に格安SIMと言っても、格安SIM会社によって特徴も料金もバラバラです。
格安SIMを選ぶ為には、自分が使うタブレットとSIMとの相性と、自分が格安SIMに対して何を求めるのかという点を考える事が重要です。



通信速度で選ぶ

格安SIM各社が破格の値段で快適な通信を提供出来るのは、ドコモやauなどの大手キャリアの通信設備を間借りしているからという理由があります。

大手キャリアの設備を間借りしている、ということは、間借りしている使用回線によっては顧客数や回線容量が変わる為、速度に差が出てしまうのです。

価格が安くても速度が遅い回線を選んでしまっては、動画や音楽などのコンテンツを快適に楽しめないという懸念も生じますので、格安SIMを選ぶ際には各社が記載している最大速度にも注目して選んでみると良いでしょう。



価格で選ぶ

せっかく”格安”SIMなのですから、価格にもこだわりたいところですよね。

先ほどもご説明しましたが、格安SIM各社は大手キャリアの通信設備を間借りしています。

時にそれは通信速度の遅さなどのデメリットが生じる事がありますが、逆に言えば格安SIM会社は自社設備を持っていないので、設備の維持費用や人件費がかからず、コスト削減できるというメリットもあります。

必要最低限の速度を叶えつつ、とにかく価格を大幅に抑えているという格安SIMも存在しますので、速度はそこそこで、価格はかなり抑えたい!という方は価格重視で選んでみても良いでしょう。



お得なプランで選ぶ

格安SIM各社は、顧客それぞれの使い方にピッタリ合うようなプランをいくつも用意しています。

通信量が少ないユーザー向けには1GB/月のプラン、ミドルユーザーでも快適に通信が行える3~7GB/月のプラン、更には会社によってはデータ無制限というプランも存在しています。

データ通信のプランをを選ぶならば自分がどれだけの通信量=GB(ギガバイト)を使用しているのかをしっかり把握してから選ぶと、自分の使い方に合致したお得なプランに出会える事でしょう。



SIMカードのサイズに注意しよう!

f:id:korekai:20181117155619j:plain

格安SIMを申し込む際には、SIMカードのサイズにも注意しなければなりません。

何故なら、大手キャリアでは使用端末に合わせたSIMをスタッフが選んでくれるのですが、格安SIMの場合では自分で選ばなければならないからです。

SIMカードのサイズは「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類。サイズ自体は標準規格化されているので、どの会社のSIMカードを購入してもサイズは全く同じです。

SIMカードを申し込む前に、利用したい端末がどのSIMサイズに対応しているのかをきちんと調べましょう。


・標準SIM(左)
ガラケーや初期のiPhone、一部Androidスマートフォンで採用されていたが、今は殆ど使われていない。

・microSIM(中)
iPhone4/4sや、2012~14年頃のAndroidスマートフォン・タブレットに多く利用されていた。近年では主にガラケーに使用されている。

・nanoSIM(右)
2014年以降のAndroidスマートフォンに採用されるようになり、ここ最近のAndroidタブレットでも主流はこのnanoSIMである。





SIMフリータブレットと相性抜群!6社のおすすめ格安SIMを比較!

f:id:korekai:20170328190002j:plain

近年、格安SIM業界に参入する企業も続々と増え続けているので、沢山の格安SIM会社から『コレ!』という1社を選ぶのは中々大変だと思います。

そこで、ここからは筆者が選ぶ6つのおすすめ格安SIM会社をピックアップしてご紹介します。

記事の最後には各社のおすすめポイント比較表もご用意しましたので、是非参考になさってください。

今人気の「格安SIM」をチェック!

1位:【おすすめ】快適で安定した通信を叶えるUQ mobile
2位:【おすすめ】SNSをフル活用するならLINEモバイル
3位:動画をたっぷり楽しむならBIGLOBEモバイル
4位:楽天を多く利用するならmineo
5位:トリプルキャリア対応の楽天モバイル
6位:ゲームをするならリンクスメイト


トリプルキャリア対応の「mineo」

格安SIMユーザーから高い評価を集める「mineo」は、ドコモ・au・ソフトバンクといった、3つの回線を選んで使える トリプルキャリアに対応しているという点が特徴です。

また、解約金が不要なので「とりあえず一か月だけ使ってみたい!」という要望にもmineoはマッチしていると言えるでしょう。

トリプルキャリア対応の他にも、mineoユーザー同士ならパケットを分け合える「パケットギフト」「フリータンク」などの独自サービスも支持を集める理由の1つです。

家族や友人がmineoユーザーだという方は、「紹介した方もされた方も1,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン」にエントリーすると、更にお得に契約が行えるでしょう。(2018年12月9日まで)

価格も大手キャリアと比べればお手頃で、通信速度も安定している上にサービス面でも申し分ない快適さを叶える「mineo」は、充実したサポートとデータ通信の速度を重視する方におすすめです!


・使用したい回線が決まっている
・短期だけお試しで契約してみたい
・動画やゲームをフルに楽しめる大容量プランを選びたい
・余った容量を家族や友人とお得に分け合いたい

★開催中のキャンペーン

・紹介した方もされた方も1,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン

↓公式サイトで詳しく見る↓

あなたのスマホそのままで使える!mineo



【おすすめ】快適で安定した通信を叶える「UQ mobile」

テレビCMでも話題のUQ mobileの特徴は、なんと言っても通信の快適さにあります。

回線速度が速いのも勿論のこと、安定しているという点もポイントです。

基本的に格安SIMを利用しているとピークタイム(お昼休みなど、インターネットが混雑してしまう時間帯のこと)になると、速度が遅くなってしまうというデメリットがあります。

しかしUQmobileではピークタイム時の混雑が気にならない快適な通信を提供してくれるので、安心して動画でも、ゲームでも、タブレットをフル活用する事が出来るのです。

初心者にも分かりやすい料金プランが多いので「初めて格安SIMを導入したい」とお考えの方にピッタリの会社です!

更にUQmobileでは、期限無しのキャンペーンとして、オンライン契約限定で「最大13,000円キャッシュバックキャンペーン」を実施しているので、契約の際はオンラインで行うと凄くお得です!


速度が速く、安定した通信が行いたい
・口座振替で契約したい
・テザリング機能を無料で沢山使いたい
・データ容量の翌月繰り越し、高速/低速切り替えなど、データ容量を自由自在に抑えたい

★開催中のキャンペーン

・最大13,000円キャッシュバックキャンペーン

↓公式サイトで詳しく見る↓

格安スマホならUQモバイル



動画をたっぷり楽しむなら「BIGLOBEモバイル」

BIGLOBEと聞くと、プロバイダを連想する方も多いのではないでしょうか。

BIGLOBEが提供する『BIGLOBEモバイル』は、他社よりも通信量は多く、価格は安く、データ通信が出来るという点が評価されています。

しかし何と言ってもBIGLOBEモバイルをおすすめしたい一番の理由は、YouTube・Ameba TV・Google Play Musicなどのコンテンツの動画や音楽が月額480円から見放題・聴き放題になる『エンタメフリーオプション』です。

タブレットユーザーなら誰しもが利用するであろうYouTubeを、長時間観ていても通信量がカウントされないので通信量を気にせずに動画に没頭できるという点はとても魅力的ですね!

更にBIGLOBEモバイルではサイト限定キャンペーンとして「初期費用0円&月額400円+4,000円キャッシュバックキャンペーン」を実施中です!お得な機会に是非契約してみてはどうでしょうか。


・ドコモ・auの2回線から選びたい
・YouTubeをはじめとする動画・音楽コンテンツを沢山利用する機会がある
・「シェアSIM」サービスで、スマホやタブレットなど複数の端末でSIMを使い回したい
・大容量プランを選びたい

★開催中のキャンペーン

・初期費用0円&月額400円+4,000円キャッシュバック(2018年12月2日まで)

↓公式サイトで詳しく見る↓

【BIGLOBEモバイル】初期費用無料&プラン料金6カ月間×1,200円値引




【おすすめ】SNSをフル活用するなら「LINEモバイル」

今や必須の連絡手段となった『LINE』ですが、そのLINEが通信量フリーで使えるようになったら…かなり魅力的ですよね!

LINEモバイルはコミュニケーションツールの『LINE』に通信量がかからないプランや、Instagram、TwitterなどのSNSがデータフリーで使えるプランなど、とにかく様々なツールを使っている方におすすめの格安SIMです。

UQ mobileと同じくシンプルで分かりやすいプランばかりですので、初心者でも簡単に契約する事が出来るでしょう。

今まではLINEの年齢認証が出来ないデメリットのせいで格安SIMの契約を躊躇っている方も少なくはありませんでした…しかしLINEモバイルを契約した場合は、LINEの年齢認証・ID検索にも対応しているので、LINEをフル活用する事が出来るんです!

格安SIMならではの弱点を克服したLINEモバイルはSNSをお得に使いこなしたい方におすすめします!

SNS使い放題プランが更にお得に使える「音声SIM契約で3か月間、月額料金300円キャンペーン」も実施中です!


パケット消費なしでLINE・Instagram・Twitterを楽しめる
・LINEのID検索機能を使いたい
・データ通信料を家族・友達とシェアしたい
・シンプルで分かりやすいプランを選びたい

★開催中のキャンペーン

・音声SIM契約で3か月間、月額料金300円(2019年1月31日まで)

↓公式サイトで詳しく見る↓

LINEモバイル



楽天のサービスを多く利用するなら「楽天モバイル」



楽天モバイルは今までドコモ回線にしか対応していなかったのですが、2018年10月からau回線にも対応するようになりました。

これまでご紹介した格安SIM会社と比べると、やや通信速度に難ありといった印象ですが、データ通信と10分までの国内通話が何度でもかけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」というプランなら、楽天会員ならば3年間契約すると2年間は月額料金がずっと1,500円割引になり、かなりお得に通話とインターネットを楽しめるようになります。

更に、楽天モバイルは月額料金を払うと、支払った分の1%分が『楽天スーパーポイント』が毎月貰えたり、楽天市場でお買い物して貰えるポイント額も2倍になるなど、楽天会員ならば多くの恩恵を受けられるという特徴もあります。

楽天のサービスを頻繁に利用する方は是非楽天モバイルを選んでみてください!


・楽天のサービスを使用している
・口座振替で支払いができる
・データシェアで余ったデータを分け合いたい
・自分で考えてお得なプランを組み合わせたい

★開催中のキャンペーン

・条件達成で、楽天モバイルの月々のお支払い分が1年間ポイント20倍

↓公式サイトで詳しく見る↓

楽天モバイル



ゲーマーならコレを選ぶとベスト!「LinksMate」


一般ユーザーにはまだ知名度が低い「LinksMate(リンクスメイト)」ですが、格安SIMユーザーの多くから大注目されている、今イチオシの格安SIM会社なんです!

筆者がLinksMateをおすすめする理由としては、グランブルーファンタジーやアイドルマスターをはじめとする一部ゲームアプリや、TwitterやInstagramなどの各SNSを使用した際の通信量が90%以上OFFとなる「カウントフリーオプション」があるという点。

カウントフリーオプション対象のゲーム・コンテンツ・SNSは全部含めて500円で通信料を抑えてお得に活用する事が可能に!

更にゲームと連携する事でゲーム内でも特典を貰えたりと、ゲーマーならば是非使用したい格安SIMとなっております!

通信速度も安定しているので、タブレットでは主にゲームを楽しんでいるという方は是非Links Mateを選んでみてはいかがでしょうか。


・ドコモ・auの2回線から選びたい
・YouTubeをはじめとする動画・音楽コンテンツを沢山利用する機会がある
・「シェアSIM」サービスで、スマホやタブレットなど複数の端末でSIMを使い回したい
・大容量プランを選びたい

★開催中のキャンペーン

・対象スマホを特別価格にて販売
└HUAWEI Mate 9が一括価格25,000円引き!

↓公式サイトで詳しく見る↓

リンクスメイト




格安SIM会社6社のデータ容量別おすすめランキング!

それでは最後に、おすすめした格安SIM会社の通信量・月額料金・下り最大速度をデータ容量別にランキング形式でまとめてみました。

下り最大速度とは、ダウンロードの速度を指します。数値が高いほど動画・画像・音楽を楽しむ際の通信速度が早いという事ですので、是非参考にしてみてください。



【3GB/月プラン】おすすめランキング

順位 格安SIM会社 プラン 月額料金 下り最大通信速度
1位 UQ mobile データ高速+音声通話プラン 1,814円 225Mbps
2位 LINEモバイル LINEフリープラン データ+SMS+音声(ドコモ) 1,296円 375Mbps
3位 BIGLOBEモバイル タイプD 3GBプラン(データ専用) 1,728円 682Mbps
4位 mineo auプラン デュアルタイプ 音声通話付き 1,630円 682Mbps
5位 楽天モバイル データ専用SIM 3.1GB 972円 262.5Mbps

格安SIMは標準的なデータ通信量である3GBが人気なようですが、中でもおすすめはUQmobileの「データ高速プラン+音声通話プラン」!価格・速度・使いやすさともにピカイチです。



【5~7GB/月プラン】おすすめランキング

順位 格安SIM会社 プラン 月額料金 下り最大通信速度
1位 BIGLOBEモバイル タイプD 6GBプラン(データ専用) 1,566円 682Mbps
2位 mineo auプラン シングルタイプ 6GB(データ専用) 1,580円 225Mbps
3位 LINEモバイル コミュニケーションフリー 5GB データ+SMS+音声(ソフトバンク) 2,398円 375Mbps
4位 LinksMate データ+SMS+音声通話(5GB) 2,268円 375Mbps
5位 楽天モバイル スーパーホーダイプランM(6GB) 4,298円 262.5Mbps

中容量プランは、SNSや動画を楽しみたいライトユーザーにおすすめです。
動画をたっぷり観たい方は、1位のBIGLOBEが提供するタイプD 6GBプランがおすすめ。動画・音楽が見放題・聴き放題になる「エンタメフリーオプション」もあるので、動画や音楽コンテンツをたっぷり楽しみたい方はBIGLOBEを選ぶと良いでしょう!



【10GB以上/月プラン】おすすめランキング

順位 格安SIM会社 プラン 月額料金 下り最大通信速度
1位 mineo auプラン シングルタイプ 10GB(データ専用) 2,250円 225Mbps
2位 BIGLOBEモバイル タイプD 12GBプラン(音声通話付き) 3,672円 682Mbps
3位 楽天モバイル 通話SIM 10GBプラン(ドコモ回線) 3,196円 262.5Mbps
4位 LINEモバイル コミュニケーションフリー 10GB データ+SMS+音声(ソフトバンク回線) 3,478円 375Mbps
5位 LinksMate データ+SMS+音声通話(10GB) 3,348円 375Mbps
6位 UQ mobile ぴったりプランL(V)21GB 6,458円 225Mbps

動画をたっぷり観る方や、写真のアップロードを頻繁に行う方は10GB以上あると安心です。特に1位にランクインしたmineoは通信速度も安定しているので使いやすいでしょう。



【データ無制限・カウントフリー】おすすめランキング

順位 格安SIM会社 プラン 月額料金 下り最大通信速度
1位 UQ mobile データ無制限+音声通話プラン 2,680円 500Mbps
2位 BIGLOBEモバイル データSIM+エンタメフリーオプション(12GB) 3,680円 682Mbps
3位 LinksMate データSIM+カウントフリーオプション(10GB) 3,000円 375Mbps
4位 LINEモバイル データSIM+SMS+SNS使い放題(3GB) 1,110円 375Mbps
5位 楽天モバイル スーパーホーダイ(最大1Mbpsの低速モードが使い放題) 2,980円 262.5Mbps

データ無制限プランはデータがたくさん使える分、通信速度が遅いことがあります。
通信速度は遅いですが、普通の画質で動画をたくさん観たいという方にはおすすめです。

一方でカウントフリーとは、特定のアプリ・サービスを利用した際にカウントされる通信量がカウントされずに高速通信が行える便利なプランです。



筆者のおすすめは安定した通信速度を叶える「UQ mobile」!

「格安SIMについて学んだけれど、イマイチどの会社が良いのか分からない…」という方は、是非筆者のおすすめであるUQ mobileを選んでみてはいかがでしょうか。

通信速度も早く・安定していますし、初心者にも分かりやすいプランがあり、サポートも充実しています。SIMフリータブレットをあらかじめ用意しているのなら、SIMの契約のみでも可能です。

大手キャリアとは違い、自分の最適なプランが選べるのも格安SIMの魅力の1つ。

愛用のSIMフリータブレットを最大限に活用したいのならば、格安SIMを取り入れる事を強くおすすめします!

↓公式サイトで詳しく見る↓

格安スマホならUQモバイル

※Androidタブレットのまとめ記事はこちら
【2018】コスパ重視で選ぶ!Androidタブレットおすすめ機種まとめ9選【人気モデルをサイズ別に紹介】 - +ログ

※Huaweiタブレットのまとめ記事はこちら
【2018】Huaweiのおすすめタブレット9選!MediaPadシリーズスペック比較まとめ【M3・M5】 - +ログ

※防水タブレットのまとめ記事はこちら
【2018】お風呂で使える防水タブレット15選+スペック比較まとめ - +ログ

今人気の「格安SIM」をチェック!

1位:【おすすめ】快適で安定した通信を叶えるUQ mobile
2位:【おすすめ】SNSをフル活用するならLINEモバイル
3位:動画をたっぷり楽しむならBIGLOBEモバイル
4位:楽天を多く利用するならmineo
5位:トリプルキャリア対応の楽天モバイル
6位:ゲームをするならリンクスメイト