+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2019】安いBluetoothスピーカーおすすめ人気ランキング8選【高音質・小型・防水】

f:id:korekai:20190305135746j:plain

【更新:2019年4月29日】

以前のBluetooth接続のスピーカーは音質が今ひとつだったり、大きさも大きく実用的なものではありませんでした。

それが進歩を重ねて、今では音質も十分満足できるものになり、大きさも大幅にコンパクトになって持ち歩きすらできるようになりました。

バッテリーを内蔵し、丸一日屋外で音楽を楽しめるようにもなっています。

そこで今回はBluetoothスピーカー、中でも低価格ながら全体のクオリティが高い製品のおすすめ7台をご紹介します。

■この記事で紹介する内容

・Bluetoothスピーカーを購入する際に知っておきたい知識

・低価格ながらコスパが良く人気の高音質Bluetoothスピーカー7選

・各Bluetoothスピーカーのおすすめポイント

Bluetoothスピーカーを購入する際に知っておきたい知識

f:id:korekai:20190305125833j:plain:w320

【重要】対応コーデックについて

コーデックとはBluetoothで音声を伝送するときに音声を圧縮する方式の名前で「SBC」というコーデックが標準として採用されています。実際、SBCは圧縮効率や転送速度を優先するので音質が良くありません。

お使いのスマートフォンに合わせて、高音質のコーデックに対応しているBluetoothスピーカーを購入しましょう。以下で挙げたコーデックは高音質で低遅延な音楽を楽しむ事が出来ます。

だた送信側と受信側の両方が同じコーデックに対応している必要があり、各製品の対応コーデックをメーカーサイトなどで確認してください。

AACやAptX以上に高音質なSONYが開発したLDACというコーデックに対応しているBluetoothイヤホンもあります。例えばSONYのWI-1000Xとかです。Xperiaをお持ちの方におすすめです。

コーデック 音質や対象スマホ
SBC 標準音質
AAC SBCより高音質で、iPhone/iPadがおすすめ
aptX SBCより高音質で、Androidスマホがおすすめ
aptX HD aptXより高音質で、Androidスマホがおすすめ
LDAC ハイレゾ音源で、Xperiaスマホがおすすめ

Bluetoothのバージョン

何気なく使っているBluetoothですが、実はバージョンがあり、現在は5.0まであります。

ほとんどが4以上に対応しており、省エネかつ安定した通信が可能なので、購入する際は4.0以降かチェックしましょう。

4.0以降なら「Battery Service Profile」というプロファイルでiPhoneのウィジェット画面でBluetooth機器のバッテリー残量が表示可能で便利です。

最近Bluetooth5.0対応が増えているので調べたところ、iPhone8以降で対応しているものの、音楽を聞く分には4.0以降と変わりないようです。

4.0 大幅な省エネ対応
4.1 自動再接続及びLTEとBluetooth機器間での通信干渉を削減
4.2 転送速度の高速化とセキュリティの強化
5.0 通信範囲が4倍、データ転送速度が2倍

プロファイルについて

Bluetoothのプロファイルを見れば何ができるか分かります。例えば再生・停止・通話・曲送り・曲戻しなどです。ここでは一般的なプロファイルを紹介します。

A2DP 高音質な音楽をステレオで聞くためのプロファイル
AVRCP 再生や停止、スキップや早送りなどのコントロールに関するプロファイル
HSP 携帯とヘッドセットを接続してモノラル音声のやり取りが可能
HFP HSPの機能に加え、通話開始操作などもハンズフリーが可能

バッテリー持ち

Bluetoothスピーカーのバッテリーは長ければ長いほどいいですが、目安として7〜10時間以上持つものを選ぶといいでしょう。車内や家での使用がメインなら考慮する必要はありませんが、1~2時間ほど余裕があるバッテリー持ちが目安となります。

出力ワット数について

スペックで5Wや10Wという記載があると思います。簡単に言えば数値が大きいほど大きな音を出せるという意味です。

目安として持ち運び可能な小型タイプだと5W、室内タイプだと10〜20W、キャンプや外である程度大きな音で聞きたいなら20W以上を選ぶといいでしょう。

コーデック 音質や対象スマホ
3W〜 持ち運び可能な小型タイプ、出先で気軽に音楽を楽しみたい方
5W〜 室内で音楽を楽しむなら合計5W以上欲しい
10W〜 室内で音量を上げて聞きたいなら10W以上欲しい
20W〜 大きな部屋や大きな音で楽しみたい方
40W〜 パーティー、屋外で音楽を楽しみたい方

おすすめの安いBluetoothスピーカー⼈気ランキング

【TaoTronics】TT-SK025 | 8位

f:id:korekai:20190305125827j:plain:w320

TaoTronicsから発売されたばかりの新製品です。

TaoTronicsというとBluetoothイヤホンやスピーカーが思い出されますが、この製品はちょっと毛色の違う「サウンドバー」です。

Bluetoothで接続できるので、広い意味ではBluetoothスピーカーと言えますが、メーカーでも「スピーカー」とは呼ばず、「サウンドバー」と呼んでいます。

ホームシアターなどで使うスピーカーの1種になります。サイズが幅410mmと明らかに据え置きを意識した大きさで、テレビやパソコンの前に置いて接続し、臨場感あふれる音声を楽しむという用途で使います。

Bluetoothが使えるので、パソコンとの接続をワイヤレスにできるほか、スマホやタブレットと接続して音楽を楽しむことも可能です。

5Wのスピーカーを2発内蔵しているほか、低音の再生音をより臨場感あふれるものにするため、パッシブラジエターを2基搭載しています。

サイズ 幅410mm×奥行き58mm×高さ73mm
重さ 654g
充電方法 ACアダプターによる給電
Bluetoothバージョン Bluetooth 4.2
連続再生時間 最大12時間
カラーバリエーション ブラック
出力ワット 5W×2

手軽に臨場感あふれる音を楽しめる
AUX端子搭載でBluetooth機器以外の接続も可能
5W+5W+パッシブラジエター搭載で迫力の音声

この製品のレビュー・評価を見る



【MIFA】A1 | 7位

f:id:korekai:20190305125816j:plain:w320

Bluetoothスピーカーをはじめ、最先端のオーディオ技術の開発・生産を10年というキャリアで積み重ねてきたMIFAのコンパクトBluetoothスピーカーです。

形はほぼ正方形で85mm程度のサイズしかない手のひらサイズになっています。このスピーカーも屋外使用を前提に設計されており、IP56の防塵・防滴性能を持っています。

設置したときに不安定にならないよう、底面には吸盤が装備され、平面の場所であれば安定して設定することができます。

アンプは5Wのモノラル仕様で、TWS機能を搭載しているので2台ペアリングしてステレオ再生させることも可能です。

DSPも内蔵しているので音質面もしっかりケアされています。microSDカードを使って単体で音楽再生が可能なほか、ハンズフリー通話にも対応するなど、低価格スピーカーとは思えない充実した機能を持っています。

サイズ 幅85mm×奥行き46mm×高さ86mm
重さ 175g
充電方法 microUSB
Bluetoothバージョン Bluetooth 4.2
連続再生時間 最大12時間
カラーバリエーション ブラック
出力ワット 5W

TWSで2台接続してステレオ再生可能
ハンズフリー通話機能搭載
microSDカードスロット搭載で単体で音楽再生可能

この製品のレビュー・評価を見る



【Arbily】Bluetooth ワイヤレス スピーカー | 6位

f:id:korekai:20190305125823j:plain:w320

Arbilyの公式ページを見る限りでは、活動量計なども販売しているようですが、日本向けにはこのBluetoothスピーカーだけが販売の対象になっているようです。

製品数も多くないので新興企業なのでしょう。スピーカーは3Wと標準的な出力のものを2基内蔵しており、低音強化のためにパッシブラジエターも搭載されています。

幅180mmとコンパクトサイズながら、いろいろと機能が詰め込まれているのが特徴です。マイクを内蔵しているので、ハンズフリー通話に対応しています。また、単体で音楽が再生できるようmicroSDカードスロットを備えています。

Bluetooth以外にもUSBポートやAUX端子も搭載しているので、さまざまな機器を接続して音楽を再生することができます。

最大12時間再生可能と屋外でも役に立ちそうですが、残念ながら防水機能は備えていないので、本格的なアウトドア向けではありません。

サイズ 幅180mm×奥行き62mm×高さ44mm
重さ 340g
充電方法 microUSB
Bluetoothバージョン Bluetooth 4.0
連続再生時間 最大12時間
カラーバリエーション ブラック
出力ワット 3W×2

コンパクトなのに入出力ポートが豊富
重低音とクリアなサウンドが特徴
マイク内蔵でハンズフリー通話機能ができる

この製品のレビュー・評価を見る



【Anker】SoundCore mini | 5位

f:id:korekai:20190305125820j:plain:w320

Ankerからもう1台Bluetoothスピーカーをご紹介します。

こちらは円筒形の筐体を持つスピーカーで、67mmサイズの立方体となっているので、まさに手のひらサイズと言えます。

この大きさながら、5Wの高出力スピーカーとパッシブサブウーファーを内蔵し、パワフルで重厚感のあるサウンドを再生できます。

このスピーカーは屋内置きで使われることを想定しているのか、防水機能などは備えていません。しかし、Bluetoothでパソコンやスマホ、タブレットと接続して音楽を再生するだけでなく、FMチューナーやmicroSDカードスロットを搭載しており、単体で音楽やラジオの再生をすることができるようになっています。

マイクも内蔵しているので、ハンズフリー通話も可能です。SoundCore2と同じカテゴリのスピーカーですが、ベクトルが異なり個性的なBluetoothスピーカーだと言えるでしょう。

サイズ 幅67mm×奥行き67mm×高さ67mm
重さ 215g
充電方法 microUSB
Bluetoothバージョン Bluetooth 4.0
連続再生時間 最大15時間
カラーバリエーション ブラック、ゴールド、シルバー、ローズゴールド
出力ワット 5W

手のひらサイズで5Wの高出力スピーカーを搭載
FMチューナーやmicroSDカードスロット搭載
マイク内蔵でハンズフリー通話機能ができる

この製品のレビュー・評価を見る



【TaoTronics】TT-SK09 | 4位

f:id:korekai:20190305125813j:plain:w320

Bluetooth製品で低価格ながらクオリティの高い製品を送り出しているTaoTronicsのBluetoothスピーカーです。

屋外で使われることをあらかじめ想定した設計になっており、IPX4相当の防水性能を持っています。また、幅160mmというコンパクトなサイズながら、3W×3Wのステレオアンプを搭載し、屋外でもクリアに聞こえ、迫力の音楽が楽しめるよう、低音重視のチューニングになっています。

バッテリーですが、3時間のフル充電で最大10時間の再生が可能になっており、ほぼ1日出先で音楽を楽しむことができます。

Bluetooth以外にもAUX端子を持っているので、Bluetoothを搭載していないオーディオ機器を接続して再生することもできます。

サイズ 幅158mm×奥行き26mm×高さ63mm
重さ 235g
充電方法 microUSB
Bluetoothバージョン Bluetooth 4.1
連続再生時間 最大10時間
カラーバリエーション ブラック、ホワイト
出力ワット 3W×2

コンパクトながら単体でステレオ再生可能
IPX4相当の防水性能と耐衝撃性を搭載
NFC対応でペアリングが簡単

この製品のレビュー・評価を見る



【Anker】Soundcore Icon Mini | 3位

f:id:korekai:20190429132358j:plain:w320

ポータブルスピーカー部門で人気のAnker SoundCore Sportの進化モデルで手のひらサイズ、スマホ1台分の重さのコンパクトボディ。

短時間であれば水没させても大丈夫な防水性、ホコリや砂埃に強い防塵性、8時間の連続再生と屋外使用向きのBluetoothスピーカーです。

外部入力できるAUXポートも備えており、有線スピーカーとしても利用できます。

サイズ 幅95mm×奥行き36mm×高さ76mm
重さ 215g
充電方法 microUSB
Bluetoothバージョン Bluetooth 4.2
連続再生時間 最大8時間
カラーバリエーション ブラック
出力ワット 3W


※レビュー記事:【Soundcore Icon Mini レビュー】お風呂でも屋外でも使えるおすすめの防水Bluetoothスピーカー - +ログ


コンパクトながら大音量で再生可能
IPX7防水で水没させても再生できる防水性能
砂埃にも強いIP6防塵性能
最大8時間の連続再生を十間
2台ペアリングしてステレオ再生できる
カバンやテント内にぶら下げられるストラップ付き

この製品のレビュー・評価を見る


【JBL】GO2 | 2位

f:id:korekai:20190305125833j:plain:w320

スピーカーをはじめ、イヤホンなどオーディオ機器でおなじみのJBL。

Bluetooth対応のオーディオ機器も多数発売していますが、このスピーカーもそんなBluetooth対応機器の中の1台です。

幅86mmと手のひらサイズのコンパクトな筐体で、重さもわずか184gとかなり軽量なモデルになっています。

音質には定評のあるJBL独自設計の40mmフルレンジスピーカーを1基内蔵しているほか、迫力の低音をサポートするパッシブラジエターも1基搭載しています。

屋外使用を想定しており、IPX7相当の防水性能を持っているので、万が一水中に落としてしまったとしても大丈夫です。

エコーキャンセリング機能を搭載したハンズフリー通話に対応しているので、ボタンひとつでスマホに着信した電話を受けてクリアな通話をすることが可能です。

約2.5時間のフル充電で最大5時間の再生が可能になっています。10時間以上再生するスピーカーがざらにある中で若干物足りなさはありますが、十分実用的な再生時間だと言えます。

サイズ 幅86mm×奥行き31.6mm×高さ71.2mm
重さ 184g
充電方法 microUSB
Bluetoothバージョン Bluetooth 4.2
連続再生時間 最大5時間
カラーバリエーション ブラック、オレンジ、グリーン
グレー、ブルー、レッド
出力ワット 3W

わずか184gの軽量設計
40mmフルレンジスピーカーで高音質再生が可能
マイク内蔵でハンズフリー通話機能ができる

この製品のレビュー・評価を見る



【Anker】SoundCore 2 | 1位

f:id:korekai:20190305125830j:plain:w320

Ankerというとモバイルバッテリーのイメージが強いですが、ここ何年かでオーディオ分野にも力を入れており、Bluetoothイヤホンなどで高評価を得ています。

そんなAnkerのオーディオ機器のひとつが、このBluetoothスピーカーです。元々SoundCore 2という製品は販売されていたのですが、新たに「改善版」という形で型番はそのままにアップデートされた製品が登場したのです。

主な変更点は2つで、内蔵スピーカーの出力が3W+3Wだったものが倍の6W+6Wにパワーアップしています。また、前バージョンはBluetooth 4.2までの対応でしたが、改善版ではBluetooth 5.0まで対応しており、接続安定性などが向上しています。

独自のBassUpテクノロジーの搭載で、屋外でもクリアで迫力ある低音とバランスのいい再生音を実現しました。IPX7相当の防水性能を持っているほか、最大24時間の再生が可能など、安価ですが充実の機能を持っています。

サイズ 幅168mm×奥行き47mm×高さ56mm
重さ 414g
充電方法 microUSB
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.0
連続再生時間 最大24時間
カラーバリエーション ブラック、レッド
出力ワット 6W×2

6W+6Wの高出力スピーカー搭載
最大24時間の長時間再生可能
マイク内蔵でハンズフリー通話機能ができる

定額音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」

Amazon Music Unlimitedは「新曲から名盤まで、4000万曲以上が聴き放題」になるサービスです。通常 月額980円がAmazonプライム会員は月額780円、さらにEchoシリーズのどれかを持っていれば月額380円となり大変お得です。

個人プラン ファミリープラン Echoプラン Prime Music
月額 980円
(※プライム会員は780円)
1,480円
(※プライム会員は同額)
380円 無料
(※プライム会員のみ利用可能)
曲数 4000万曲以上 4000万曲以上 4000万曲以上 100万曲以上
登録可能アカウント数 1 6 1 1

Amazon Music Unlimitedで聴ける音楽のラインナップを見る


【まとめ】迷ったらこれ!「Anker Soundcore2」

ここまで安価なのに高音質・多機能なBluetoothスピーカーを7台紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

Bluetoothスピーカーも上を見れば高い機種がいくらでもありますが、完全ワイヤレスイヤホンなどと違って、概ね数千円台と安い機種が多いのが特徴です。

今回ご紹介したスピーカーも5000円以下のものに絞っていますが、価格には見合わないほどの音質だったり、機能面の充実が見られます。

単体でモノラル再生というスピーカーが主流ですが、2台でステレオ再生が可能な機種もあり、価格面で負担をかけずにステレオ化できるのもうれしいところです。

安くていいBluetoothスピーカーをお探しなら、ぜひ参考にしてみてください。

※こんな記事もあります。
【2019】高音質Bluetoothスピーカーおすすめ人気ランキング10選【iPhone・Android・防水】 - +ログ

【2019】高音質360度スピーカーおすすめ人気ランキング【iPhone・Android・防水】 - +ログ

【2019】Amazonで本当に買ってよかったものおすすめまとめ | 家電・ガジェット類 - +ログ

AmazonでBluetoothスピーカーをお得に安く買う方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券にチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。