+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】AUKEY Bluetoothレシーバー BR-C13で有線イヤホンをワイヤレス化しよう

f:id:korekai:20180508001552j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

充電や音声などワイヤレス化が進んでいる今の時代、一昔前のデバイスではBluetooth非対応機種もまだまだありますよね。

思入れがあるデバイスなどなかなか手放せませんが、有線接続する上で不便に思う事もあるでしょう。

そんな時に便利なのがBluetoothレシーバーを搭載したデバイスで、AUKEYから発売されている「Bluetoothレシーバー BR-C13」です。

例えば有線イヤホンを無線化したり、車のステレオから流せたりできるアイテムです。


■よかった点
・Bluetooth非対応機種を簡単にワイヤレス化
・約10時間のパワフルバッテリー
・たった14gの軽量ボディ
・クリップ付き

■気になった点
・SBCコーデックのみに対応



AUKEY Bluetoothレシーバー BR-C13


f:id:korekai:20180508001126j:plain


4.4



  • Bluetooth非対応機種を簡単にワイヤレス化

  • 約10時間のパワフルバッテリー

  • たった14gの軽量ボディ

  • SBCコーデックのみに対応

スペック

通信方式 Bluetooth 4.1
最大通信距離 約10m
マルチポイント(同時待受け) 対応(2台スマホ、タブレットのみ対応)
連続再生最大時間 約10時間
連続待受最大時間 約150時間
充電時間 約2.5時間
内蔵バッテリー リチウムポリマー
電源 DC5V
重量 約16g

特徴

有線イヤホンのワイヤレス化

好きなイヤホンをワイヤレス化できる超小型のBluetoothレシーバーです。iPhone 7/8/Xなどオーディオジャックがない端末でも有線イヤホンで音楽を楽しむことができます。

Bluetooth4.1の技術

最新のBluetooth Ver4.1テクノロジーの搭載により、フルスピードでの伝送と低消費電力を確保できます。より簡単、速くスマホ、タブレットなどBluetooth対応のミュージックデバイスと接続できます。A2DP対応なので、ワンセグの視聴も可能です。

クリップ付き

背面はクリップになっているので、襟元や、胸ポケットなどに簡単に固定することができます。コンパクト、軽量なデザインで、持ち運びもらくらくです。

マルチポイント機能

2台スマホ、タブレットと同時にペアリングできます。例えば、iPhone/iPad同時接続の場合、iPhoneで音楽を聴いた後、iPadで映画を観賞する時、改めて接続する必要がありません。

AUKEY R-C13のレビューと感想


f:id:korekai:20180508001239j:plain
オーディオジャックがなくなったスマホをお持ちの方で愛用している有線イヤホンを使いたい方は、Bluetoothレシーバーがおすすめです。

本製品はBluetooth4.1に対応し、スマホとペアリングするだけで、本体と接続した有線イヤホンで音楽などを聴くことができます。

またスマホとタブレットなど2台同時に接続できるマルチポイント機能を搭載していたりと、複数デバイスをお持ちの方にとって便利な機能です。


f:id:korekai:20180508001243j:plain
付属しているのは本体の他に、オーディオケーブル、充電用のmicro-USBケーブル、取扱説明書となります。

オーディオケーブルが付属しているのでテレビやステレオ機器などと接続も可能です。


f:id:korekai:20180508001250j:plain
とにかく小さく軽いBluetoothレシーバーです。ほぼ500円玉サイズと言って良いでしょう。非光沢なブラックカラーで傷などは目立ちにくくなっています。

前面は操作パネルとなっていて、音量調節や再生・停止、ペアリングなど基本的な操作に対応し、ハンズフリー通話もできます。

通話を応答/終了する:電源ボタンを1回押す
着信を拒否する:電源ボタンを約2秒押し続ける
最後の番号をリダイヤルする:電源ボタンを2回押す
音声切り替える:通話中、電源ボタンを2回押す


f:id:korekai:20180508001303j:plain
f:id:korekai:20180508001256j:plain
ペアリングモードなど状態を表すLEDライト付きで把握しやすくなっています。コンパクトながら10時間のパワフルさも兼ね備えており、持ち出したり、車載用としても使えます。

充電もmicro-USBで約2.5時間で完了するので、出先での充電にも困りませんね。また省電力のため、ペアリングが切断されると、10分程度で電源が自動的に切れる点も便利です。


f:id:korekai:20180508001259j:plain
側面に3.5mmイヤホンジャックと充電口があります。イヤホンジャックが挿さる機器であれば、簡単にワイヤレス化できます。車のステレオなど使える用途は意外と多いですね。


f:id:korekai:20180508001310j:plain
重さを測ってみるとたったの14g。これで10時間のバッテリー持ちはすごいです。


f:id:korekai:20180508001313j:plain
裏にはクリップがあるので、止めたい箇所に取り付け可能。


こんな使い方ができます

・Bluetooth非対応機種を簡単にワイヤレス化できる
・マルチポイント機能で2台スマホ、タブレットと同時にペアリングできる
・有線のイヤホンやヘッドフォンをワイヤレス化
・スマホとカーオディオが繋がる

使ってみて

■よかった点
・Bluetooth非対応機種を簡単にワイヤレス化
・クリップ付き
・約10時間のパワフルバッテリー
・たった14gの軽量ボディ


■気になった点
・SBCコーデックのみに対応

こんな人におすすめ

・有線イヤホンやヘッドフォンをワイヤレス化したい方

まとめ

f:id:korekai:20180508001316j:plain

いかがでしょうか。

音質も有線と比べるとやや劣化しますが、それはワイヤレス化するうえで仕方ない事です。ワイヤレス音源になれている自分からすれば気になるほどではありませんでした。

需要がある方のあらゆるシーンでの利用で活躍してくれること間違いなしな、本製品をぜひチェックしてみてくださいね。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

AACやApt-Xの高音質コーデックに対応してほしいものです