+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】出張や旅行、急な電池切れに「Oittm Apple Watch用モバイルバッテリー」はキーホルダー式で一押しアイテム

f:id:korekai:20170619222418j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

Apple Watchを購入した時についてくるあの長い充電ケーブル。なぜあれだけ長くする必要があったのか未だに疑問です。

第2世代になり、バッテリー持ちが良くなったとはいえ、残量が少ない時に充電し忘れると外出中にバッテリー切れになることが何度かありました。

かといって付属のあの長い充電ケーブルを毎日持ち歩くとかさばり、充電するときも場所を選びがちに。

今日は以前から気になっていた外出先や出張時、急なバッテリー切れに便利なキーホルダー式の「Oittm Apple Watch用モバイルバッテリー」を紹介したいと思います。

Oittm Apple Watch用モバイルバッテリー 900mAh

f:id:korekai:20170617130911j:plain

製品サイズ 54.8mm×54mm×16.9mm
重量 53g
入力 5V/1A
出力 DC 5V±0.25V
容量 900mAh
対応モデル Apple Watch Series 2 /Series 1
Apple Watch Nike+
Apple Watch Edition
Apple Watch Sport
※38mm/42mmの両モデルに対応

出先で急なApple Watchの電池切れになった経験がある方におすすめなApple Watch用モバイルバッテリーです。

コンパクトなボディーで(重さ53g)、通勤カバン、ハンドバッグ、ジーンズのポケットなどに収納でき、持ち運びに便利。

4段階バッテリー残量確認LED搭載により、バッテリー残量が一目で分かり、充電用の接続端子にはmicro USBコネクタ-を採用し、手持ちのケーブルがそのまま利用できます。

特徴

製品特長

900mAh容量、超小型、持ち運び便利、残量表示。Apple watchにもワイヤレス充電できます。

デザイン

シンプルなモバイルバッテリー、軽量、持ち運びに便利です。通勤、通学、出張や旅行に最適です。

Apple MFi 認証

本製品はApple MFi認証取得。Apple Watch Series 2、 Series 1、 Nike+の38mm、42mmバージョンに兼用できます。

安全性

最先端の自動制御装置を採用して、安全基準に基づき製造しており、過充電、過放電、過熱またはショートを避け、iWacthを保護します。

Oittm Apple Watch用モバイルバッテリーをレビュー

f:id:korekai:20170617141710j:plain
Oittmさんからサンプルとして提供していただきました。

キーホルダー式のモバイルバッテリーという事で充電しておいて、カバンなどに取り付けておけばいつでも充電できるので便利そうですね。

f:id:korekai:20170617141716j:plain
充電方法はいつもと変わらない上にのせるタイプ。38mm/42mmの両モデルに対応しています。

f:id:korekai:20170617141721j:plain
こちらが本体。白を基調としたシンプルで丸い円形です。直径は約55mmと少し大きめ。素材はプラスチックぽい感じで少しチープ感があります。ぱっと見てこれがApple Watch用モバイルバッテリーには見えませんね。

f:id:korekai:20170617141725j:plain
本体側面にはバッテリー残量を示す4段階のLEDインジゲーターがあります。ボタン式になっており、押すと現在のバッテリー残量を確認できます。本体のバッテリー容量は900mAhとなっており、箱の裏に約2回分のフル充電が可能と記載されています。

f:id:korekai:20170617141729j:plain
充電する際はmicro-USBケーブルで行います。ちなみにケーブルは付属していないのでお持ちでない方は別途購入が必要です。製品のアップデートの際は是非Lightningケーブルに対応してほしいところ。

バッテリー本体の充電速度は空の状態からおおよそ1時間程度で満充電になりました。

f:id:korekai:20170617141733j:plain
よく充電するデバイスは先日紹介した「Micro USB磁力ケーブル」がおすすめです。コネクタの抜き差しをせずに磁気でくっつけて充電できるので非常に楽です。またデバイス内の防塵効果やコネクタ部分の破損も防いでくれます。

f:id:korekai:20170617141737j:plain
純正ケーブルと比較してみると二回り以上大きいことが分かります。しかしあの長い充電ケーブルを持ち運ぶことを考えるとキーホルダー式のモバイルバッテリーの方がいいです。

f:id:korekai:20170617141745j:plain
38mmmモデルを上にのせるとインジゲーターが光り、充電が始まりました。

1週間ほど使ってみて思ったのは、公式ではフル充電が2回可能となっていますが、約1.5回分くらいでした。8%⇒100%、35%⇒82%で充電切れになりました。

自分の場合は1日以上コンセントがない環境にいることはなく、スマホ用のモバイルバッテリーを持ち歩いているので、900mAhという容量に不満はありません。うっかり充電し忘れた時に1回以上フル充電ができれば十分でしょう。

f:id:korekai:20170617141751j:plain
磁気はかなり強力でApple Watchを持って吊り下げても落ちる様子はありませんでした。

使ってみて

■よかった点
・キーホルダー式で持ち運びに便利
・容量が900mAhとフル充電約1.5回分
・約1時間で満充電と充電速度も問題なし(8%⇒100%)
・12ヶ月間の保証


■気になった点
・値段が少し高め
・Lightningケーブルに非対応(micro-USBケーブルで充電)

第1世代のApple Watchをお持ちの方や出張、旅行時に1つあると安心

f:id:korekai:20170617141754j:plain

第2世代になりバッテリー持ちが良くなったものの、第1世代をお持ちの方はまだまだ多いはず。急なバッテリー切れにApple Watch用のモバイルバッテリーを携帯しておけば安心です。

出張が多い方や旅行などでも使え、バッテリー消費が多いポケモンGOをプレイされている方にとっても有難い存在になってくれるはず。

Apple Watchユーザーなら1つ持っていると安心な「Oittm Apple Watch用モバイルバッテリー」の紹介でした。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

もう少しAppleWatchのバッテリー持ちが良くなってほしいところですね。