+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【UGREEN PD 100W レビュー】最大100W対応の4ポート急速充電器【USB-C×3、A×1】

f:id:korekai:20211103165013j:plain

UGREENの最大100W、4ポート急速充電器をレビュー。

1ポート最大100Wなので、USB-Cポートで充電できる15〜16インチクラスのノートパソコンにおすすめです。

また2ポートや3ポート、4ポートとあらゆる組み合わせで同時充電できるため、1つの充電器でまかなえるのは便利。

MacBook Proを2台同時だとやや出力不足ですが、ノートパソコン(65W)+モバイルノート(30W)だと充電できます。

モバイル端末だと3〜4台同時は余裕なので、所持端末が多い方にもおすすめの充電器です。

この記事ではUGREEN PD 100Wの外観、特長、使ってみてよかった点、気になった点などをご紹介します。


UGREEN PD 100W


f:id:korekai:20211103164934j:plain

PD 100W

UGREEN

充電器


4.8



  • 小型で4ポート、最大100W

  • USB−Cポートが3つ

  • 1つの充電器に集約できる

  • セール時が狙い目


UGREEN PD 100W レビュー

f:id:korekai:20211103165020j:plain
最大100Wなので、65Wタイプと比較すると出力配分に余裕があります。

16インチのMacBook Proの単体充電はもちろんのこと、12インチのMacBookであれば同時充電できます。

モバイル端末なら十分すぎる出力なので、4台同時充電も可能です。

所持端末によっては1つの充電器に集約できるので、コンセント周りをスッキリ使えるのもポイントですね。

価格は通常7,999円です。Amazonのセール時ではもう少し安く買えると思うので、そういうときに狙うと良いでしょう。

製品名 UGREEN PD 100W
サイズ 69×69×33 mm
重さ 約215g
入力 100-240V~50/60Hz 2.3A Max
出力 最大100W
ポート USB Type-C×3(PD3.0)
USB-A×1(QC4.0)
付属品 本体、取扱説明書
特長 GaN (窒化ガリウム)
カラー ブラック
価格 7,999円


f:id:korekai:20211103165028j:plain
冒頭でもお伝えしましたが、以前レビューしたUGREENの65W充電器の100Wタイプです。

【関連】UGREEN PD 65W レビュー

サイズはたてよこ6.5cmから6.9cmとやや大きくなりましたが、65Wから100Wと出力性能が向上しています。

厚みは変わらず3.3cm。電源タップに挿しても他の充電器と干渉しにくいです。

デザインはシンプルでブラックですが、実際はダークグレイ寄り。この1色のみのようです。


f:id:korekai:20211103165045j:plainf:id:korekai:20211103165048j:plain
最近の充電器がどのくらいコンパクトになっているか比較してみます。

サイズは約69 x 69 x 33mm、マルチポート(4つ)で大きめの卵1分くらいです。

Appleの61W単ポート充電器との比較だとこの通り。ほぼ同じ大きさでマルチポート対応、そして100W出力と窒化ガリウム採用の充電器の凄さが分かりますね。


f:id:korekai:20211103165057j:plainf:id:korekai:20211103165059j:plain
出力とポート数は違うものの、87W出力の単ポート充電器と比較するとこれくらいの差があります。


f:id:korekai:20211103165115j:plainf:id:korekai:20211103165117j:plain
▲USB Type-Cポート×3、USB-Aポート×1

筆者の持っている端末はMacBook Pro 15とiPad Air4、iPhone 12 Pro、MacBook Pro 13なので同時充電できても3台かなと。

すべてUSB-Cケーブルなので、このポート数はとても助かります。

この充電器は、単ポート時の出力や同時充電時の出力が異なるのでまとめたものが以下です。

※日本国内で販売されるモデルにはPSEマークが印字されています。


f:id:korekai:20211103165424j:plain
1ポートだとあらゆる端末を急速充電できます。

2ポートだとノートパソコン(65W)+モバイルノート(30W)が限界でしょう。

3ポートだとノートパソコン(45W)+モバイルノート(30W)+タブレット(22.5W)の充電ができます。

4ポートだとノートパソコン(45W)+モバイルノート(30W)+モバイル端末2台の充電ができます。

ノートパソコンではなく、タブレットやスマホのみであれば4台同時に急速充電ができます。

所持している端末によっては充電器を1つに集約できるため、コンセント周りをスッキリ使うことが可能です。


f:id:korekai:20211103165125j:plain
4ポートでも折りたたみができる内臓プラグタイプです。


f:id:korekai:20211103165132j:plain
重さは231gでした。

Apple純正の87W充電器が292gなので、マルチポートながらも50g程度軽いです。

各端末で充電性能をチェック

f:id:korekai:20201113160201j:plain
筆者が所持している端末(MacBook Pro1 5インチ、MacBook Pro 13インチ、iPad Air4)で各充電中の出力値と同時充電中の出力値をチェッカーで確認しました。

※各端末のハードウェア側の制御、バッテリー残量によって出力値は変動します。参考程度にお考えください。


f:id:korekai:20211103204339j:plain
60Wを超える充電器を使用する際は、かならず5A対応の充電ケーブルを用意してください。

3A対応だと60W以上の出力で充電できません。

f:id:korekai:20211103224339j:plain
▲19.9V/2.3Aの50W
・MacBook Pro 15インチ(USB-C to C)

24時間充電しっぱなしにしても充電は正常で、システムレポートで確認すると100W認識でした。 

発熱に関しては、やや温かいくらいで触れない程度の発熱はありません。

MacBook Pro 15インチは60W前後の出力を確認しました


f:id:korekai:20211103165144j:plain
▲19.9V/2.3Aの45W

・MacBook Pro 13インチ(USB-C to C)

こちらも24時間充電しつづけても問題なく使えました。

MacBook Pro 13インチは50W前後の出力を確認しました


f:id:korekai:20211103165150j:plain
▲15.0V/1.35Aの約15W

・iPad Air4(USB-C to C)を使用して計測

iPad Air4は15W前後の出力を確認しました


同時充電時の充電速度をチェック

f:id:korekai:20211103224333j:plain
▲19.9V/2.53Aの約50W(MacBook Pro 13インチ)

MacBook Pro13インチとMacBook12インチの組み合わせです。

この時の電力配分は「USB-C1+C2:65W+30W」です。

ノートパソコン+モバイルノートの組み合わせでも充電できました


UGREEN PD 100Wを使ってみて

■よかった点
・小型で4ポート、最大100W
・USB−Cポートが3つ
・1つの充電器に集約できる
・セール時が狙い目
・発熱


■気になった点
・なし


UGREEN PD 100Wはこんな人におすすめ

・マルチポート仕様の充電器が欲しかった方
・充電器を1つにまとめたい方


UGREEN PD 100W:レビューまとめ

f:id:korekai:20211103165218j:plain

以上が、UGREEN PD 100Wのレビュー内容です。

Amazonで競合製品となりそうな充電器をリサーチしましたが、USB−Cポートが3つ+USB-Aが1つのタイプはまだまだ少ないようです。

価格的には5千円台だとコスパが良いと思いました。MacBook Proユーザーで充電器を1つに集約したいなら100W出力のマルチポート充電器がおすすめです。

もしマルチポート充電器をお探しの際は、各ポートの出力配分を確認すると良いでしょう。

執筆時点でAmazon価格7,999円。30%クーポンを適用すれば5,599円で購入できますよ。

UGREEN PD 100Wを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

【関連】おすすめのスマホUSB急速充電器まとめ


Amazonで充電器をお得に安く購入する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券をチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。