+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】有線LANポート付き!4in1 USB Type-C ハブ「SAPPHIRE Travel Dock」

f:id:korekai:20180603221331j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

今回は香港Sapphire Technology社のUSB Type-Cアクセサリー「USB-C 4in1 Travel Dock」のレビューをします。

本製品は、MacBook ProやUSB Type-C対応ノートPC向けの4-in-1アクセサリーで、USB PDによる最大60Wの給電やHDMI出力、LANポートなどを備えた製品です。

SAPPHIRE USB Type-C 4-in-1トラベルデッキ


f:id:korekai:20180603221010j:plain


4.0



  • 有線LANポート付き

  • 最大60Wまでの電源供給可能

  • 必要最小限の拡張性

  • 他社製と比べてやや割高

仕様

インターフェース HDMIメスコネクタ x 1
VGAメスコネクタ x 1
HDMIとVGAの同時出力はできません。

Type-Aメスコネクタ x 1
(データ転送)

Type-Cメスコネクタ x 1
(充電用、最大60W供給)
LANコネクタ x 1
電源供給 バスパワー
セルフパワー (USB Type-Cポート経由)
本体サイズ 122(L) x 44.5(W) x 20(H)mm
パッケージサイズ 165(L) x 80(W) x 25(H)mm
ケーブル長 100mm
サポートOS Microsoft® Windows® 10
Apple macOS®
Chrome OS™
準拠規格 CE, FCC, BSMI, VCCI, RCM, KCC

特徴

SAPPHIRE USB 4-in-1トラベルデッキは追加の接続性を追求した設計になっています。ノートPCにUSBペリフェラル、RJ45イーサネット、ディスプレイを、USB-Cインターフェースを通して、オプションの接続性を追加することができます。 リバーシブルのUSB Type-Cコネクタインターフェースにより、簡単に接続でき、そして簡単にお使いいただけます。HDMIまたはVGA出力のどちらかに接続することで、ユーザ体験は充実します。ドックはUSB Type-Cポートを通したUSB PDをサポートしており、ディスプレイ、USBペリフェラル、イーサネットを接続している間でも電力が供給されます。


SAPPHIRE 充電端子付きUSB Type-C 4-in-1トラベルデッキは以下の機能に対応しています。

• ノートPC、ウルトラブック、MacBookのUSB-Cポートに直接接続できます。
• USB Type-Cを通してHDMIまたはVGA出力をモニタディスプレイに接続できます。
• 最大3840 x 2160 (HDMI)、1920 x 1200 (VGA)解像度をサポート。
• データ転送用USB3.0タイプAポート。
• RJ45イーサネットポートを搭載
• 充電用にUSB3.0タイプCメスコネクタを搭載
(USB Type-Cポートが既にモニタに接続されていても、このタイプCコネクタで充電可能です。)
• USB Type-Cダウンストリームからアップストリームへのパススルーに対応。
• リバーシブルなUSBタイプC。
• ポータブル、スタイリッシュそしてスリム。
• 単純に接続するだけですぐに使えます。ドライバやその他ソフトのインストールは不要。

レビュー

f:id:korekai:20180603221043j:plain
SAPPHIRE USB 4-in-1トラベルデッキはMacbookなどUSB-Cコネクタの拡張アクセサリーです。

主にHDMIケーブルやVGAケーブルを利用して外部モニタへ接続したい方や有線LANでのインターネット接続をしたい方、拡張ハブ本体からUSB-Cで給電したい方におすすめです。


f:id:korekai:20180603221050j:plain
左からRJ45 Gigabitイーサネット、USB3.0タイプA(データ転送用)、HDMIコネクタ(最大3840 x 2160 @30Hz解像度)、VGAコネクタ(最大1920 x 1200 @60Hz解像度)となります。

できればMini DisplayPortが欲しかったのと、@60Hzの4K出力に対応していれば個人的にパーフェクトな製品でしたが、そこはSAPPHIREさんの今後のアップデートに期待です。


f:id:korekai:20180603221053j:plain
裏側には充電用PDのUSBタイプCがあるのでハブ経由でMacbookなどへ給電が可能です。最大60Wの電力供給に対応しています。


f:id:korekai:20180603221059j:plain
排気口のように見えますが、ドットのデザインでした。


f:id:korekai:20180603221103j:plain
ケーブルは固めで断線しやすい根元もしっかりと保護されており、耐久性も良さそうです。保証は日本代理店で3か月となり、他社製と比べて少し短め。


f:id:korekai:20180603221152j:plain
プラグアンドプレイで挿せばすぐに使えます。個人的にハブを選ぶ際、有線LANポートがあるかが1つの条件となっており、無線では不安定な時にあると便利です。


f:id:korekai:20180603221156j:plain
MacBook Proと接続してみました。USB-Cポートが4つあるProですが、USB-AやSDカードが挿さらないのでこうしたハブは必要になってきます。デザイン性もよく、相性がいいので、気に入ってます。

またサードパーティ製のアクセサリー(USB-C - LANやUSB-C - Mini DisplayPortなど)は抜けやすいものがありますが、本製品はそういった心配はありませんでした。抜けやすいものは使い物にならないので結構重要なポイントです。


注意点として以下があります。

  • HDMIとVGAは同時出力できません。
  • HDMIとVGAを同時に接続した場合にはHDMI出力が優先されます。
  • HDMIとVGAを同時に接続している場合に、HDMIコネクタを抜いてもVGAには自動的には変わりません。一度VGAコネクタを抜いて、再度挿しなおしてください。その逆も同じです。

使ってみて

f:id:korekai:20180603221201j:plain

■よかった点
・有線LANポート付き
・最大60Wまでの電源供給可能
・必要最小限の拡張性


■気になった点
・他社製と比べてやや割高

こんな人におすすめ

・Macbook ProなどUSB TypeCポートを搭載したパソコンをお持ちの方
・4K HDMI 出力で外部ディスプレイと接続したい方
・拡張ハブに有線LANポートが欲しい方

まとめ

f:id:korekai:20180603221206j:plain

これまでレビューしてきたハブに言えることですが、60Hzのリフレッシュレートには対応していれば、個人的な使い方で考えるとほぼ満点に近い出来だったと思います。4K60Hz対応って少ないですよね。

充電に関しても60Wで充電できる点や一通り必要なポートが搭載されている点は評価できます。外部モニタ(4K)に接続してみましたが、問題なく表示できました。執筆などの作業している分には30Hzでも十分です。

あると便利な有線LAN付きで、出張先で作業が多いサラリーマンの方には相性が良さそうですね。

MacBookなどでUSB-Cポートが不足している方は購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。macOSだけでなく、WindowsやChrome OSにも対応してますよ。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

少し割高なのでメーカーさんには頑張ってもらいたいです。

SAPPHIRE USB Type-C 4-in-1 Travel Dock-SAPPHIRE PGS-プロフェッショナル・グラフィックスソリューション