+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【KableCARD レビュー】6種類の充電ケーブル内蔵!ガジェットマルチツール【12機能】

f:id:korekai:20191104131440j:plain

12の機能をカードサイズに詰め込んだガジェット用マルチツール「KableCARD」をご存知でしょうか。

6種類の充電ケーブル、SIMピン、SIM収納、microSDカードリーダー、ワイヤレス充電、スマホスタンド、 LEDライトがオールインワンになった製品です。

身の回りのガジェットが多くなるとコネクタ別にケーブルの種類が増えるもの。だたこれ1つあれば、かなりコンパクトに持ち運べます。

この記事ではKableCARDの外観や使い勝手などレビューしましたので、ご覧ください。

KableCARD


f:id:korekai:20191104131320j:plain

KableCARD

KableCARD

ガジェット用マルチツール


4.6



  • 6種類のマルチ充電ケーブル

  • カードサイズで持ち歩ける

  • SIMピンやSIMカードを収納できる

  • 2段階調整できるLEDライト

  • スマホスタンド機能

【KableCARD レビュー】6種類の充電ケーブル内蔵!ガジェットマルチツール【12機能】

f:id:korekai:20191104131558j:plainf:id:korekai:20191104131601j:plain
▲KableCARDならこれだけスマートに

出先や海外旅行時に充電ケーブルを忘れた経験はないですか。たくさん持ち歩く充電ケーブルにうんざりしていませんか。

そんな経験や悩みはKableCARDを1つ持っておけば解決。ほとんどのデバイスに対応できる6種類の充電ケーブルとして使えます。

この他にもKableCARDを使うメリットはたくさんあります。順に紹介していきます。


f:id:korekai:20191104131518j:plain
KableCARDを見たときにこれは買うしかないと即ポチしたアイテムの1つ。

最近よく海外旅行に行くので、ケーブル類をこれ1つで完結できるのはとても便利です。

これまではLightningやmicroUSBが主流だったところにUSB-Cの普及に伴い、持ち運ぶ必要のあるケーブルも必然的に増えがちに。

そんなケーブル類をこれ1つで対応できる点はまさに神アイテムです。

ケーブル類もそうですが、なくしやすいSIMピンやSIMカードを収納できる点はとてもいいなと思いました。後ほど紹介するスマホスタンドやLEDライトも地味に使えてます。


f:id:korekai:20191104131521j:plain
カラーはブラックとホワイトの2色。

最近身の回りの周辺機器をホワイトで統一しているのでホワイトを選びました。

サイズは86×55mmとカードサイズ。重さも52gと軽い作りです。


f:id:korekai:20191104131528j:plain
ミンティアとのサイズ比較。

ポケットサイズでもあるので、持ち運びに特化しているアイテムです。


f:id:korekai:20191104131525j:plain
厚さわずか約8.6mmに12の機能が搭載されていると思うとすごいですよね。


f:id:korekai:20191104131531j:plain
開けるとこの通り、3種類のコネクタとUSB-C to Cケーブル、SIMピンが収納されています。

KableCARDで使える12機能は以下です。

・6種類の充電ケーブル(6機能)
・ワイヤレス充電
・スマホスタンド
・microSDカードリーダー
・SIMカードインジェクトピン
・nanoSIMカードホルダー
・LEDライト

【機能1~6】6種類の充電ケーブル

f:id:korekai:20191104131621j:plain
付属しているUSB-C to Cケーブルに3つのコネクタを接続して6種類の充電ケーブルとして使えます。

・USB-C to A
・USB-C to Lightning
・USB-C to microUSB
・USB-A to C
・USB-A to Lightning
・USB-A to microUSB

ケーブルの長さは約27cm USB2.0 / Max 5V 3A / USB PD対応 最大60W仕様です。

充電ケーブルの使用に関して仕様上の注意点があるので、事前に公式サイトの注意事項を確認してください。

【機能7】SIMインジェクトピン

f:id:korekai:20191104131722j:plain
SIMカード差し替えや主に海外旅行時に使うことが多いSIMインジェクトピン。

元々付属しているため、別途持っていく必要なく使えます。ちゃんと収納場所があると安心ですね。

【機能8】nanoSIMカードスロット

f:id:korekai:20191104131731j:plain
nanoSIMのみですが、2枚まで収納できます。

日本で使っていたnanoSIMを一時的に収納できるため、こちらも紛失リスクを抑えられます。

【機能9】ワイヤレス充電

f:id:korekai:20191104131725j:plain
モバイルバッテリーやACアダプターと接続すればワイヤレス充電器としても使えます。

5W (5V 1A)と遅めですが、対応スマホであれば置くだけ充電ができるため便利。

異物検出・短絡・過電流・過熱保護等も対応されており、安心して使えますね。

【機能10】LEDライト

f:id:korekai:20191104131728j:plain
こちらもモバイルバッテリーやACアダプターと接続すれば、LEDライトとして使えます。

手元を照らしたり、ちょっとした間接照明代わりに。明るさ調整は2段階で最大だと結構明るいです。

【機能11】microSDカードリーダー

f:id:korekai:20191104131733j:plain
なんとmicroSDカードリーダー機能もあり。別途microSDを用意しカードスロットに挿せば、スマホやパソコン等の外部ストレージとして使えます。

カードリーダーの仕様はmicroSD HC / XC USB2.0接続 (OTG非対応)です。

【機能12】スマホスタンド

f:id:korekai:20191104131745j:plainf:id:korekai:20191104131748j:plain
最後はスマホスタンドとして使えます。※ワイヤレス充電と同時使用可能

iPhone 11 ProやXiaomi MiMix3なら縦置き、横置きどちらでも対応していました。

開く角度が60度固定のため、調整はできませんが動画視聴に便利です。

KableCARDを使ってみての感想

■よかった点
・カバンに1枚の必需品
・6種類のマルチ充電ケーブル
・カードサイズで持ち歩ける
・SIMピンやSIMカードを収納できる
・2段階調整できるLEDライト
・スマホスタンド機能


■気になった点
・Lightning変換コネクタがMFI未認証

KableCARDはこんな人におすすめ

・国内、海外旅行時に
・持ち歩くケーブルの種類を減らしたい方

KableCARD レビュー:まとめ

f:id:korekai:20191104131807j:plain

KableCARDは多くのガジェットを持ち歩く方にぴったりなカードサイズのガジェット用マルチツールです。

荷物を減らしたい方や長いケーブルを持ち運びたくない方におすすめ。SIMピンやSIMカード収納もできるため海外旅行時に捗るアイテムでしょう。

私は主にパスポートケースに入れて海外旅行時に使っています。飛行機内で手元を照らせるLEDライト、スマホで映画を見るときに使うスマホスタンド、事前に買っておいたSIMカードを収納などこれ1つで結構いろいろできるので助かっています。

もちろんメインである6種類のマルチ充電ケーブルもスマートに使えて便利。ただ少しケーブルが27cmと短いので、別途1mほどのUSB-C to Cケーブルと一緒に使っています。

気になったことはLightning変換コネクタがMFI未認証のため今後のiOSアップデートで使えなくなる可能性があること。製品アップデートでMFI認証版が出れば最強ツールでしょう。※ちなみに最新のiOS13.2では使えました。

カラーはブラックとホワイト。Amazonでは4,265円で購入できます。

KableCARDを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る