+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【2018】iPhone X/ XSにおすすめガラス保護フィルムまとめ11選

f:id:korekai:20171031225625j:plain

【更新:11月12日】商品情報の更新

iPhone XS Max用のフィルムはこちら
【2018】iPhone XS Maxガラス保護フィルムおすすめ人気まとめ - +ログ

iPhone Xからホームボタンが廃止され、上部には特徴的なノッチと呼ばれる部位ができ、より大きく、より綺麗なディスプレイとなりました。

年々、iPhoneの性能アップとともに、本体価格や修理価格が高騰し、今やパソコン1台より高くなっており、毎日使うスマホだからこそ大事に扱いたいですよね。

今回はiPhone XとXSで使える保護フィルム・ガラスフィルムを厳選してまとめてみました。

この記事では主にその付加機能別や人気なガラス保護フィルムを中心にまとめてみましたので、購入の際の参考になればと思います。

iPhoneXの保護フィルム・ガラスフィルムはiPhone XSで使える!

iPhoneXSはボタン・カメラの位置、サイズが同じなのでiPhoneX用の保護フィルム・ガラスフィルムを使うことが可能です。

メーカーからも早速、XとXS対応のものが発売されています。

名前 iPhone X iPhone XS
液晶サイズ 5.8インチ 5.8インチ
高さ 143.6mm 143.6mm
70.9mm 70.9mm
厚さ 7.7mm 7.7mm

ガラス保護フィルムを選ぶ時のポイント

・旭硝子製や日本板硝子などの日本製がおすすめ
・表面硬度は9H
・厚さは0.3mm程度
・透過率は99%程度(※重要)
・ラウンドエッジ加工
・飛散防止
・3D Touch対応
・無償交換保証制度
・価格は1000円前後

上記の特徴は基本的にスタンダードなガラス保護フィルムであれば対応しているものが多いです。価格も以前に比べて1,000円以下で購入できるフィルムの方が多くなっています。

ポイントとしては、iPhone Xから有機ELディスプレイが採用されているため、できるだけ光の透過率が高いガラス保護フィルムを選ぶことが重要です。

またガラス保護フィルムの品質的に日本製の旭硝子、日本板硝子やGorilla Glassのメーカーであるコーニング製にも注目です。

後はブルーライトカットが欲しいか、フルカバータイプがいいか、貼り付けキット(ガイド)があるかないかなどの違いかと思います。ですので、上記の特徴は抑えつつ、+付加機能で探すといいでしょう。

フルカバータイプの場合、ケースとの相性(干渉する場合あり)、厚みが大きい場合の感度の低下には注意です。

ガラスフィルムと保護フィルムの比較表

保護フィルム ガラスフィルム
価格 1000円以下 2000円以下
素材 PET/TPU 強化ガラス
素材の硬さ 柔らかい 硬い(9H)
保護性
厚さ 薄い やや厚い(0.26mmと薄いものもある)
操作性
貼りやすさ

もう今やガラスフィルムが定番となり、実際のところ価格差もほとんどないです。今TPUやPETの保護フィルムを選ぶとしてたらアンチグレアフィルムくらいではないでしょうか。

ガラスフィルムもガイド(位置調整枠)が付属しているものや各メーカー貼りやすい工夫をしているので、気をつけるのはホコリくらいで簡単になっています。

iPhone X / XSのセンサーハウジングについて

f:id:korekai:20171102102705j:plain:w640

iPhone X上部(インカメラ付近)のセンサーハウジング部分を液晶保護フィルムで覆うとFaceIDが正常に動作しない(認識率が低下)可能性があるようです。

特にフルカバータイプは影響しそうですが、ELTD製は購入しましたので、実機が手に入り次第、FaceID動作状況を追記したいと思います。

ケースとの干渉に注意

iPhoneのフィルムには全面保護できるフィルムが発売されており、保護力は一般的なフィルムより高いものの、ケースとの干渉が起こりやすい特徴があります。

また安価になりつつある保護フィルムは一部で粗悪品があり、サイズが合わないものがあるので注意です。

おすすめは表示部分のみを保護する一般的なタイプ。表示部分とほぼ同じサイズなので干渉しづらいです。Amazonでのレビューを見つつ、干渉しないフィルムなのか、個体差がないものかチェックしましょう。

iPhone X/ XS用ガラス保護フィルム おすすめ 11選

OAproda / 全面保護フィルム

f:id:korekai:20180914150414j:plain:w320

どうしてもiPhone X/ XSの液晶デザインだとノッチ部分がネックでフィルムも凹みのあるデザインになりがちですが、OAprodaの保護フィルムは全面を覆うタイプでiPhoneXの特殊な凹みに対応しています。

位置決めガイドを使えば、気泡ゼロ・自動吸着で気泡が入りづらく、簡単に貼ることができます。

Amazonで700件を超えるレビューがあり、4.3評価でとても人気です。迷ったらこちらを選んでみるといいですよ。

RANVOO / 全面保護フィルム

f:id:korekai:20180914150635j:plain:w320

PET樹脂と日本旭硝子を組み合わせた設計で、衝撃を緩和し画面の破損を最低限まで抑えます。ガラスの外側に比べて端部PET樹脂のほうが柔らかく、端が割れにくい設計です。

5.5Dラウンドエッジ加工でケースに干渉しづらいのがポイント。高度9Hの日本製硝子製で強度・衝撃耐性ともに最高レベルです。

指紋付着防止、飛散防止、優れた耐スクラッチ性能、3D Touch対応、Face IDにも干渉せず、出来がとてもいい人気のフィルムとなっています。

また静電気自動吸着技術により、気泡は入りにくく、貼り付けガイド枠を使用することで、簡単に貼ることができます。

Anker / KARAPAX GlassGuard

f:id:korekai:20171031223247j:plain:w320

Ankerである新ブランドKARAPAXのiPhone X用 強化ガラス液晶保護フィルムです。

9Hの硬度を誇る強化ガラスによって、スクリーンをすり傷からしっかりと保護し、指紋や汚れによる油分付着を防ぐコーティングが施されています。

また2.5Dラウンドエッジ加工に加え、飛散防止膜を採用し、液晶画面の鮮やかさを損ないません。

Anker製のケースを買うならAnker製のガラスフィルムも一緒に購入すればケースとの干渉も防げ、付属の調整フレームを使用することで、誰でも簡単に貼り付けることができるのでおすすめです。

Ankerのプレミアム強化ガラス保護フィルム

一般的なガラス保護フィルムと比べ約2倍の耐久性
・位置調整不要で貼り付けが簡単
・2.5Dラウンドエッジ加工
・油分付着を防ぐコーティング

このガラスフィルムのレビュー・評価を見る


Nimaso / 強化ガラス液晶保護フィルム

f:id:korekai:20171031223247j:plain:w320

これまで累計約133万枚を売り上げたNimaso製のiPhoneX用ガラス保護フィルムです。Amazonでもベストセラー1位を獲得しています。

日本製素材旭硝子製で、表面硬度は9H、厚さ0.26mmの超極薄、透過率99.9%と画面の鮮明さを損なわない設計。こちらも貼り付けキット(ガイド枠)で位置調整が不要な為、誰でも簡単に貼り付けができるガラス保護フィルムです。

指紋付着防止の高耐久性防汚コート、2.5Dラウンドエッジ加工で引っ掛かり感がなく持ちやすく、飛散防止加工で万が一割れても安全とまさに全部入り。

スマホケース装着スペース確保を目的としているため機器の曲面の縁にスペースを残すデザインとなっているので、完全に覆うタイプではありません。

どれ買うか悩んだ際はNimaso製がいいでしょう。

累計約133万枚を売り上げたNimaso製

ベストセラー1位
・日本製素材旭硝子製
・位置調整不要で貼り付けが簡単
・2.5Dラウンドエッジ加工
・油分付着を防ぐコーティング

このガラスフィルムのレビュー・評価を見る


SPARIN / ガラス保護フィルム

f:id:korekai:20171031223224j:plain:w320

SPARIN製は以前+ログでもレビューしましたが、とても厳重なパッケージで付属品も充実しており、貼り付けキットのおかげで位置調整不要で失敗しらずなガラス保護フィルムです。

1枚だと698円ですが、2枚セットだと898円とお得になるので、予備として2枚セットを購入するのもありだと思います。

貼り付けキットで失敗しらず

・日本製素材旭硝子製
・2枚セットがお得でおすすめ
位置調整不要で貼り付けが簡単
・2.5Dラウンドエッジ加工

このガラスフィルムのレビュー・評価を見る


KuGi / ガラス保護フィルム【画面液晶保護フィルム+バック保護フィルムセット】

f:id:korekai:20171031223227j:plain:w320

KuGi製は液晶面と背面に貼り付けできる2枚の保護フィルムがセットになったタイプ。

iPhone8シリーズからは背面もガラスとなり、ケース無しで使うと割れるリスクがあるので、背面も保護できるフィルム付きは裸族派におすすめ。カラーもクリア・ブラック・ホワイトから選べるので、iPhone Xのカラーに合わせてチョイスできる点もいいですね。

Spigen / 塗るだけ液体保護フィルム

f:id:korekai:20180914124700j:plain:w320

塗るだけで液晶を保護できる新しい製品。シリカとも呼ばれる二酸化けい素(SiO2)が主素材で、液体を強化ガラス程度の強度に水晶化にさせて液晶画面を保護する仕組み。

ナノ水素技術を採用し、目に見えない特殊コーティングにより見た目を損わずに油と傷を防ぐことができます。塗るタイプなので様々なデバイスに対応しているのもポイントです。

効果は撥水効果・防塵性、汚れやホコリ、傷を防ぎます。フィルムを貼りたくない方はぜひこちらをチェックしてみてください。

エレコム / ゴリラガラス PM-A17XFLGGGO

f:id:korekai:20171031223234j:plain:w320

液晶画面に使われるGorilla(R)ガラスを保護フィルムにも採用。貼り付け面にシリコン皮膜をコーティングしてあり、自己吸着タイプで貼りやすく、また吸着力は水洗いで回復するので貼り直し可能です。

保護フィルムにもGorilla(R)ガラスを採用

・水洗いで吸着力が回復
Gorilla(R)ガラスを採用
・自己吸着タイプでスムーズに装着

このガラスフィルムのレビュー・評価を見る


ELTD / ガラス保護フィルム

f:id:korekai:20171031223237j:plain:w320

ELTD製はiPhone Xの液晶を全面保護できるタイプのガラス保護フィルムです。iPhone Xからホームボタンが廃止され、フィルムのホームボタン部分のカットもなくなり、ブラックカラーのフルカバータイプは見た目も良くおすすめです。

3D曲面加工でほぼ全面をカバー、調整はインカメラや受話口の上部部分のみなので貼り付けも簡単です。

iPhone Xのデザインを損なわないフルカバータイプ

3D曲面加工でほぼ全面をカバー
・黒フチのフルカバータイプ
・カラーはブラックとホワイト

このガラスフィルムのレビュー・評価を見る


HYPER GUARD / ガラス保護フィルム ブルーライトカット

f:id:korekai:20171031223240j:plain:w320

HYPER GUARD製はブルーライトを90%以上カットし、眼精疲労や視力の低下を軽減できます。ガラス保護フィルムの性能としては表面硬度9H、飛散防止性能、厚み0.33mm、ラウンドエッジ加工という性能で30日以内の破損は無償のアフターサポートを受けることができます。

Genios / カメラレンズ保護フィルム

f:id:korekai:20180914150648j:plain:w320

iPhone Xシリーズはカメラにポートレート機能がつくなど高機能なカメラとなりました。そんなカメラレンズを傷から守ってくれるレンズフィルムがこちらです。

ケースをつけずに机に置くとカメラの出っ張りでレンズが傷つく恐れがあり、そういった場合に便利なのがカメラレンズ用のフィルム。これまでもいくつか販売されていましたが、Genios製はメーカーによる実機確認済みでiPhone X/ XS専用設計。

0.28mmの超薄型で9H硬度・ラウンド処理・飛散防止処理・高透過率・撥油性保護フィルムと高品質です。

ケースをつけない方へおすすめしたいレンズ保護フィルム

カメラレンズフィルム
・0.28mmの超薄型で9H硬度
・気泡ゼロ・自動吸着で気泡が入りづらい

このガラスフィルムのレビュー・評価を見る


iPhone X/ XSの液晶保護フィルムやケースを購入する際の注意点

ケースとガラスフィルムの干渉

ケースとフィルムが同メーカーの場合はある程度考慮されてサイズなど設計されているはずですが、他メーカーで合わせる場合や液晶全体を覆うタイプはケースとの干渉に注意。

ホームボタンが廃止されて保護フィルムのサイズも変わっているので、合わない組み合わせが出てきそうです。

【iPhone X】絶対に失敗しない!「SPARIN ガラス保護フィルム」は貼り付けキットが便利でおすすめ - +ログ


iPhone XシリーズはAppleCare+未加入時の修理代は最大6万800円〜6万7200円

AppleCare+は本体とは別に¥22,800(税別)となるため、買い換えサイクルが早い方やできるだけ安く済ましたい方は加入しないでしょう。

しかしiPhone Xシリーズは特殊なデザインからかAppleCare+未加入時の修理代は最大6万800円〜6万7200円となり、本体代の半額程度、それに近い額になるので注意です。

iPhone 8シリーズから背面がガラス製になり、美しいデザインなのでクリアケースやそのまま使うのもありですが、修理代を考えると保護重視のケースの選択肢も頭に入れたほうが良さそうです。


【まとめ】迷ったらこれ!OAproda全面保護フィルム


※iPhoneX/XS用におすすめのケースをまとめました。
【2018】iPhone X/ XS用手帳型ケースおすすめ人気まとめ12選 - +ログ
【2018】iPhone X/ XSにおすすめ人気ケースまとめ【耐衝撃/ソフト/ハード/手帳型】 - +ログ

最大2.5%還元!Amazonでお得に買い物する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券にチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。