+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【Coolpo AI Huddle レビュー】ビデオ通話/Web会議におすすめの1台3役Webカメラ

f:id:korekai:20220406134532j:plain
これ1台でOK。多人数によるWeb会議におすすめのデバイスがこちら。

マイクとスピーカーとカメラが1つになった1台3役仕様。360度カメラを内蔵しており、参加者全員をAIが自動で認識。

話し手をオートフォーカスや追跡、強調などAIが画面分割を最適化し、快適なWeb会議を実現できます。

高品質なマイクとスピーカーを搭載しているので、聞き手と話し手の双方がノンストレスで会話できます。

この記事では「Coolpo AI Huddle」のスペックや特徴、外観レビュー、使用レビュー、良かった点、気になった点などをご紹介します。


スペック&特徴

f:id:korekai:20220406134514j:plain
Coolpo AI Huddle」はマイクとスピーカーとカメラが1つになったWeb会議用デバイスです。

360度カメラを内蔵しており、テーブルの中央に置くことでWeb会議の参加者をAIが自動で認識。

話し手をオートフォーカス(強調)したり、画面分割機能により参加者全員を映すことができます。

パソコンに接続すればすぐに使えるプラグアンドプレイ仕様で、ZoomやMeet、Skypeなど様々なWeb会議サービスに対応しています。

1対1のWeb会議にはオーバースペックですが、会社や事務所での多人数によるWeb会議におすすめです。

・1台で多人数に対応できるWeb会議用デバイス
・360度カメラ搭載
・AIで参加者を全員を認識、音声や動きを検知
・様々なWeb会議サービスに対応
・すぐに使えるプラグアンドプレイ
・対応OSはWindows10、macOS12.2.1で確認済み

詳細スペックは公式サイト内へ

今ならAmazonで使える8000円引きのクーポン【ZSXMPANA8000】で購入できます。有効期限は4月15日までです。

Coolpo AI Huddleを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

外観レビュー

f:id:korekai:20220406134538j:plain
スマートスピーカーと呼んでいいのか不明ですが、1台3役のWeb会議用デバイスです。

スペースグレイより気持ち薄めの落ち着いたカラーリング。ディテールも丁寧でクオリティは高いです。

f:id:korekai:20220406134555j:plain
サイズ比較として2リットルのペットボトルを並べてみました。

ほぼ同等のサイズであまり頻繁に移動させたくない重さ。公式サイトを参照すると約2kgとのこと。

f:id:korekai:20220406134540j:plain
上部にはタッチ式の操作ボタンがあります。

シンプルに音量調整とミュートボタン、電源ボタンです。

f:id:korekai:20220406134543j:plain
下部には4つのマイクと360度スピーカーを内蔵。

これがまた良い音質で会議用デバイスにしてはもったいないくらい。

マイクも半径4.6m以内であれば拾うとのことなので、広めの会議室でも大丈夫そう。

実際に使ったところ、10人掛けの会議テーブルで3m程度離れた場所からでもしっかり音声を拾っていたので感度良いです。

f:id:korekai:20220406134545j:plain
オートフォーカスと光補正付きのWebカメラ。画質は720P/1080P。

360度のパノラマ映像をWeb会議で映すことができます。

こちらも使っていて画質は良く、オートフォーカス機能や光補正は問題なく動作していました。

またAI認識による追跡やズーム、画面分割はやや近未来的な体験ができました。

f:id:korekai:20220406134547j:plain
プライバシー保護用のカバー付き。

f:id:korekai:20220406134550j:plain
ポート類は背面に集約。

f:id:korekai:20220406134552j:plain
PCからの電源供給はできませんが、USB-Aポートと電源タップがあれば手軽に使えます。

USB-Aポートがないノートパソコンでも写真のようにUSBハブ経由で接続すれば大丈夫です。

使用レビュー

f:id:korekai:20220407202430p:plain
実際に仕事のWeb会議で使ってみました。

機密情報と個人情報がたくさん含まれているので隠しますが、画面分割の様子はおおよそ分かると思います。

この時は8人ほどWeb会議に参加しており、常時3〜4分割くらいで表示されていました。

体を揺らしたり、発声したりするとAIが認識してどこかの画面分割内に映るという仕組みです。

特に話し手に対して反応してくれるので今回のように多人数で行うWeb会議には良いと思います。

f:id:korekai:20220406135636j:plainf:id:korekai:20220406135639j:plainf:id:korekai:20220406135641j:plain
公式サイトから拝借した使用例です。

良かった点

Coolpo AI Huddleの良かった点は以下の3つです。

・接続するだけですぐに使える
・1台3役なので手軽さは良い
・高品質なスピーカーと感度の良いマイク

2リットルのペットボトルサイズですが、1台3役で使えるところは良いです。

USB-Aポートのあるデスクトップやノートパソコンがあれば、電源とUSB接続ですぐに使うことができます。

特定のソフトウェアが必要なく使えるのは便利。USB-Aポートがない場合でも汎用的なUSBハブで使えました。

360度カメラは同室内の全員を映せるのでWeb会議としてはややリッチな感じに。AI認識で話し手をフォーカスしてくれるところも面白いなと思いました。

またスピーカーの音質とマイク感度はとても良く、3m程度離れた場所からでもしっかりと音声を拾っていました。

本体には音量ボタンもあるので調整できますし、カメラに被せるカバーが付属するので使っていない時のプライバシー保護に関しても問題ないです。

気になった点

Coolpo AI Huddleの気になった点は以下の2つです。

・1人で使うにはオーバースペック
・やや高額の本体価格

1人で使うにはオーバースペックです。

画面分割は2〜4なので、最低でも同室に3人以上のWeb会議で使うのがいいと思います。

あとは8万円台という本体価格でしょう。法人ならまだしも個人で購入となると敷居が高いなと。

360度カメラ+スマートスピーカーの組み合わせは良いと思うので、1万円前後の廉価版とかあると良さそうです。

おすすめできる方

Coolpo AI Huddleをおすすめできる方は以下です。

・同室で3人以上のWeb会議を行う方
・高機能なWeb会議用デバイスが欲しい方

メーカーの公式サイトを見ると購入前にデモ体験が可能とのこと。

試して買うというフローがあるので需要にあった使い方ができるか確認できます。
Coolpo製品の予約(デモとサポート)

まとめ

f:id:korekai:20220406134530j:plain
以上が「Coolpo AI Huddle」のレビュー内容です。

これまで多人数Web会議用のマイク&スピーカーを使っていましたが、カメラは各参加者の内蔵カメラでした。

それをこれ1台で賄えてAI認識で色々やってくれるので先進的な体験ができました。

特に音質が良く、プレゼン用のBGMの迫力が増したのでスピーカー用途でもアリだなと。会話中の声もクリアに聞こえます。

マイクの感度についても3m程度離れた場所に座っているWeb会議参加者の声もしっかり届いてたので性能としては文句なし。

メーカーさんもソフトウェアアップデートに取り組んでいるとのことで、気になった方はぜひ導入してみてください。

今ならAmazonで使える8000円引きのクーポン【ZSXMPANA8000】で購入できます。有効期限は4月15日までです。

Coolpo AI Huddleを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

AmazonでWebカメラをお得に購入する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券をチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。