+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【レビュー】AACコーデック対応で25時間再生できるBluetoothヘッドフォン「SoundPEATS A1 Pro」

f:id:korekai:20180125003458j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

今流行の完全ワイヤレスイヤホンもいいですが、音質面、バッテリー持ち、コスパを考えるとフルワイヤレスではないBluetoothヘッドフォンもまだまだ現役です。

今回はSoundPEATSから発売されているBluetoothヘッドフォン「A1」の後継機として登場した「A1 Pro」をレビューしたいと思います。

A1 Proはです。

SoundPEATS(サウンドピーツ) A1 Pro


f:id:korekai:20180125003024j:plain


4.9



  • 迫力ある重低音サウンド

  • 7時間のロングライフバッテリー

  • IPX4の生活防水

  • フィット感がよく、遮音性も高い

  • イヤーフックが取り付けづらい

仕様

対応コーデック SBC, AAC
対応プロファイル HFP, HSP, AVRCP, A2DP
Bluetooth V4.1
ノイズキャンセル CVC6.0
通信距離 10m(障害物無し)
充電時間 約3時間
待機時間 約200時間
音楽再生時間 約25時間
インピ—ダンス 32Ω± 15% at 1KHz
リチウムポリマーバッテリー 3.7V ,500mAh
直径 2xΦ40mm
センシティブ 108dB±3 at 1KHz,1mW
定格出力パワー 10mW
最大出力パワー 15mW
サイズ 177.7x 145.8 x 69.5 mm
重量 175g

特徴

40mm大口径ドライバー採用

40mm大口径ドライバー搭載で、帯域が広いため低音から高音までバランスよく、解像度の高いクリアなサウンドを奏でます。本体はラバーコーティングされたプラスチック製で、わずか175gの軽さを実現し、ツヤ消しで全体的に金属があしらわれており、この価格帯ながらも高い質感を誇ります。

500mAh大容量バッテリー搭載・最大25時間連続再生

1回約3時間でフル充電でき、約25時間の連続通話・音楽再生(音量60%で使用の場合)および約200時間の待機が可能。バッテリーが切れたときには付属の3.5mmオーディオケーブルで有線接続もできます。

Bluetooth4.1&AAC高品質コーデック採用

最新のBluetooth4.1バージョン&Apple製品に最適なAAC高品質コーデックを採用。コーデックはBluetoothで音を転送する際の音声圧縮形式のことで、対応するコーデックによって音質が相当変わります。A1はAAC対応のため、iPhoneユーザに最適です。

簡単操作&高い質感・軽量&快適装着

シンプルな3ボタン操作で戸惑うことは何ひとつありません。ボタンがヘッドホンの右ハウジング後部に集中しており、再生/一時停止/選曲/音量調整などの操作が右の耳元から可能です。

レビュー

f:id:korekai:20180125003212j:plain
SoundPEATSと言えばQ12を初め、コスパが良いBluetoothイヤホンを多く販売しており、Amazonのイヤホン部門ベストセラー1位を多く獲得している常連メーカー。

A1後継機として登場したA1 Proがこちらとなります。


f:id:korekai:20180125003216j:plain
取説は日本語を初め、多言語対応しています。


f:id:korekai:20180125003221j:plain
付属品は収納袋、オーディオケーブル、USB充電ケーブルとなります。


f:id:korekai:20180125003224j:plain
見た目はブラックカラーで統一されたシンプルなデザイン。A1Proは高音質なAACコーデックに対応し、iPhone・iPadユーザーにおすすめ。バッテリー持ちも最大25時間、約200時間の待機状態とロングライフバッテリー仕様となっています。

・Bluetooth4.1搭載し、有線にも対応
・最大25時間の連続再生が可能な大容量バッテリー
・CVCノイズキャンセリングと40mm大型スピーカー搭載
・混雑した環境でも鮮明でクリアな通話品質
・AACコーデック対応でiPhoneユーザーにおすすめ


f:id:korekai:20180125003227j:plain
耳を覆うオーバーイヤーではなく、丸型のオンイヤー型。側圧も程よく、柔軟さのあるイヤーパッドとヘッドクッションで快適に音楽を楽しむことができます。

オンイヤー型なので大きめの音量にしていると音漏れが気になりますが、自宅使用なら問題なし。


f:id:korekai:20180125003233j:plain
金属スライダーを採用し、装着したまま簡単にサイズを調整できます。


f:id:korekai:20180125003238j:plain
サイズは177.7x 145.8 x 69.5 mmとコンパクト、重さも175gと非常に軽いボディとなります。


f:id:korekai:20180125003247j:plain
基本的な操作が可能で音量調整・曲送り・曲戻り、再生・停止、通話操作ができます。装着しながらのアクセスや操作感も良好です。


f:id:korekai:20180125003253j:plain
3.5mmステレオジャックがあり、付属のオーディオケーブルで有線ヘッドフォンとしても使えます。


f:id:korekai:20180125003258j:plain
ロゴ下には小さなLEDインジケータが搭載され、ペアリング状態やバッテリー残量を確認できます。

赤色点灯 充電中
青色点灯 フル充電/一時停止/ペアリングした/再ペアリング成功
青色点滅 リセット
赤色でゆっくり点滅 バッテリー残量が少ない
青色でゆっくり点滅 ペアリングモード

f:id:korekai:20180125003301j:plain
持ち運びにはうれしい収納袋付き。

AACコーデック対応でiPhoneユーザーにおすすめ

f:id:korekai:20180125003242j:plain

音質について

まず無線での音質評価ですが、バランスタイプで非常に聴きやすい音質です。

音の歪みや篭もりなどは感じられず低音も十分出ており、Bluetoothヘッドフォンとしてはかなり出来がいいと思います。

下手に1万円程度のBluetoothヘッドフォンを買うくらいならA1 Proが安定でしょう。

有線での音質評価は、無線時よりも解像度が上がりよりクリアに聴こえます。低域の厚みも増して映画視聴にもおすすめです。

装着感について

丸型のオンイヤー型で柔軟性のあるクッション素材のため、装着感は良好。側圧もちょうどよく5時間程度の使用では快適でした。

オンイヤー型は長時間の使用は向いていないと言われますが、映画を見たりするくらいの時間なら全然大丈夫です。

操作性について

物理ボタンなので押しやすさは上々。アクセスも悪くありません。

遅延と安定性について

早速1日色んな場所に出かけて音楽を聴いてみましたが、自宅や会社、電車での通勤、人混みが多い場所での音飛びはありません。

使ってみて

■よかった点
・解像度が高くクリア、バランスタイプ
・程よい低域の厚み
・25時間のロングライフバッテリー
・AACコーデックに対応
・オンイヤー型だが、装着感がいい


■気になった点
・大きめの音量だと音漏れが気になる

こんな人におすすめ

・手軽かつコスパのいいBluetoothヘッドフォンをお探しの方に
・iPhone・iPadユーザーに。

まとめ

f:id:korekai:20180125003305j:plain

5000円以下と安いですが、シンプルなデザインで作りもしっかりしているので安っぽさは感じられません。

音質も有線・無線ともにバランスがよくクリア、オンイヤー型ですがつけ心地も良くサイズ調整も簡単です。

AACコーデックに対応しているのでiPhone・iPadユーザーにおすすめ。

コスパがいいBluetoothヘッドフォンをお探しの方は是非「SoundPEATS A1 Pro」を検討してみてくださいね。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

SoundPEATSのイヤホンを買っておけばそうそうハズレを引くことがないのがいいですよね。

Bluetoothイヤホンのおすすめまとめ

koreimakaidesuka.hatenablog.com

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめまとめ

koreimakaidesuka.hatenablog.com

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめまとめ【5,000円以下】

koreimakaidesuka.hatenablog.com