+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】ハイコスパモデルの本命機!「AIKAQI 完全ワイヤレスイヤホン B04」は音質良し、IPX5の防水仕様

f:id:korekai:20171002005526j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

最近は何かとワイヤレスな製品をレビューすることが多くなりました。これも時代の流れでしょうか。

今回紹介するのはAmazonでも高評価な左右独立型の「AIKAQI 完全ワイヤレスイヤホン B04」です。Erato社のMuse5のようなハイエンドモデルではありませんが、つけ心地や音質共にハイエンドに負けないほどのクオリティと聞いてます。

ハイエンドな左右独立型ワイヤレスイヤホンが発売されていく中、ハイコスパモデルの位置づけとなるのか、早速レビューしていきたいと思います。

AIKAQI 完全ワイヤレスイヤホン


f:id:korekai:20171001234029j:plain


4.0



  • 左右独立型としてはほぼ遅延なく音質がいい

  • コンパクトで軽いのでつけ心地は良好

  • 充電か収納か任意で選べる

  • バッテリー残量が分かりやすいインジケーター

  • apt-Xに非対応

Bluetooth V4.1
スピーカー 8mmダイナミックドライバーユニット
出力音圧レベル 105dB
接続距離 約10メートル
電池容量 約50mAH 、バッテリーケース約450mAH
通話時間 約3時間/20時間※1
再生時間 2-3時間/20-30時間※1
充電時間 約1時間

※1 ケースで充電を繰り返した場合

特徴

f:id:korekai:20171002005544j:plain

完全左右独立型ワイヤレス

ケーブルが一切ない革新的な完全左右独立型ワイヤレスイヤホンです。一人でも二人でも同時に使用可能、Bluetooth 4.1対応なので、最大距離は10メートル(障害なし)で、恋人同士や友達同士で音楽を楽しむことができます。

ワンボタン設計

シンプルで操作簡単なワンボタンヘッドセットデザイン、多機能をワンボタンに集中しています。そのワンボタンで音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否/リダイヤルなどの操作をすべて実現可能です。片手で操作できます。

超小型、超軽量

イヤホン本体のサイズは100円玉より小さい超小型で、耳に装着すると、後ろから完全に見えません。重量はわずか4.5gの軽いボディ、長時間の装着でも高い快適性です。

充電可能な収納ケース付き

充電機能搭載のコンパクト収納箱が付きます。コンタクトレンズケースと同じくらいの大きさで収納はとても便利、持ち運びも楽です。

レビュー

f:id:korekai:20171002004507j:plain
AIKAQIさんよりサンプルとして提供していただきました。

パッケージ内容はイヤホン本体×1組、充電式収納ケース×1、イヤーピース×2、イヤーフック×1、日本語取扱説明書×1となります。

本製品の主な特徴

・左右独立型のワイヤレスイヤホン
・4.5gの軽量ボディのIPX5防水
・操作はタッチ式
・片耳でも両耳のどちらでも使用可能
・収納可能なケースで充電可能
・連続再生時間は約2-3時間
・充電時間は約1時間

イヤホンとケース共にコンパクトで軽量

f:id:korekai:20171002004511j:plain
左右独立型イヤホンは充電と収納を兼ね備えたケースが付属しています。光沢のあるブラックケースはやや指紋が目立つ傾向にありますが、コンパクトかつ軽量で日常使いに適したポケットサイズです。


f:id:korekai:20171002004523j:plain
ケースの表側にあるボタンを押すことにより、ケース上部の蓋をあけることができます。ケースと蓋は一体化しているため、蓋の紛失リスクはありません。


f:id:korekai:20171002004519j:plain
ケース裏側にはケースの充電用micro-USB端子と充電残量を4段階で表すインジケーターがあります。


f:id:korekai:20171002004529j:plain
イヤホンはこのように充電エリアに収納されており、ケースに収納しながら充電することができます。充電はケース内部にあるボタンを押すことにより、収納と充電状態を任意に切り替えることが可能です。

わずか4.5gの軽量ボディでIPX5の防水仕様

f:id:korekai:20171002004533j:plain
こちらがイヤホン本体です。わずか4.5gの軽量ボディでIPX5防水性能があり、タッチ式の操作パネルを搭載。片耳でも両耳でも使用でき、連続再生時間は約2-3時間でハンズフリー通話も可能。やや再生時間が短めですが、外部電源がない場所でもケースから給電できるため、最大で20-30時間の使用ができます。

物理ボタンではなく、タッチ式

f:id:korekai:20171002004537j:plain
f:id:korekai:20171002005539j:plain
本製品は分かりやすいように開封時にタッチアイコンのシールが貼ってありますが、剥がすことができます。

音量調整や曲戻りができませんが、再生や停止、曲送り、通話などはイヤホンのタッチ操作で可能です。

再生/停止 左右どちらかのイヤホンを1度タッチする
次の曲 左右どちらかのイヤホンを2秒間タッチする
通話を受ける 左(右)側のイヤホンを1度タッチする
通話を終了する 左(右)側のイヤホンを2度タッチする

※通話時はモノラルモードになります。


f:id:korekai:20171002004541j:plain
イヤホンにはイヤーピースとイヤーフックがついており、付属のサイズ違いのものと交換することができます。カナル型なのでしっかりと耳に装着することができ、イヤーフックでランニングなどスポーツをするにも落下を防いでくれます。コンパクトなサイズかつ軽いのでつけ心地はいいです。

イヤホンの充電と収納は任意で選択可能

f:id:korekai:20171002004547j:plain
f:id:korekai:20171002005548j:plain
ケースは付属しているmicro-USBケーブルで充電します。裏側には充電残量を表す4段階のインジケーターが搭載されており、1メモリ25%となります。ケースは450mAhで満充電は約2時間です。


f:id:korekai:20171002004552j:plain
イヤホンを収納した際、ケース内のボタンを押すことにより、任意で収納か充電かを選ぶことができます。充電中はBluetoothのマークが赤く点灯し、フル充電となると青く点灯します。

ホコリやスレ傷を抑えるソフトケース付き

f:id:korekai:20171002004556j:plain
光沢のあるケースなので、指紋やスレ傷が目立ちやすいです。ポケットは直接でもいいと思いますが、カバンにいれる時はソフトケースを利用したほうがいいでしょう。

遅延はほぼ感じず、音質は良好

f:id:korekai:20171002004559j:plain

つけ心地・使用感・バッテリー持ち

本体の大きさや軽さは独立型ワイヤレスイヤホンの中では小さすぎでも大きすぎでもない中間サイズ。カナル型でイヤーフックもついているので、つけ心地は良好。タッチ式の操作方法は便利ですが、誤操作にもつながりやすい点がやや不満。音量調整はスマホからなので、再生・停止くらいしかできないと思ったほうがいいです。

バッテリー持ちに関しても独立型の中ではやや短めの3時間。ケースと併用すれば1日中使えるので問題ないですが、もう少しバッテリー持ちの改善がほしいところ。これは独立型すべてに言えますが、ケース充電できるのは便利ですね。

音質

これはいい意味で裏切られました。安い独立型イヤホンはあまり音質に期待してませんでしたが、本製品は高域は控えめな点はあるものの、低域と中域がしっかりしているため、この価格帯の独立型とは思えない程良い音質です。

初めはややこもりを感じるかもしれませんが、しばらく使っていると抜けてくるので、また印象も変わってきます。付属のイヤーピースよりも同社から発売されている低反発のものに替えたほうが遮音性も上がり、おすすめです。

音の遅延は特に感じず、音楽やYoutubeなどの動画視聴も問題なかったです。ただもう少し価格帯を上げてもいいので、apt-X対応と解像度がほしいと思いました。

ステレオ使用時のペアリング方法

1. 電源Offの状態からL側センサー長押し、赤と青の点滅するとペアリングモードに。
2. 点滅確認後、スマホなどでBT機器を検索する。
3. 「Touch Two」を検出したら選択し、L側のペアリング完了。
4. 次にR側をON状態に(起動)すれば、L側と自動で接続されます。※長押しのペアリングモードにしないように。
5. 接続が成功すると、L側から「Left channel」R側から「Right channel」の音声が聴こえ、L側とR側のインジケーターが交互に青く点滅します。

※片側のみの場合は聴きたい側のイヤホンで手順3まで行う。

使ってみて

■よかった点
・左右独立型としてはほぼ遅延なく音質がいい
・コンパクトで軽いのでつけ心地は良好
・充電か収納か任意で選べる
・バッテリー残量が分かりやすいインジケーター


■気になった点
・apt-Xに非対応
・タッチ式なのでやや誤操作が多くなる

こんな人におすすめ

・安くて音質のいい独立型ワイヤレスイヤホンを試したい方


音質良し、ハイコスパな完全ワイヤレスイヤホン

f:id:korekai:20171002004603j:plain

安めの独立型イヤホンには期待していませんでしたが、本製品の音質は驚きました。独立型で3,000円台とは思えないレベルで初めての独立型の購入ならこれがおすすめです。

ややバッテリー持ちが短いものの、IPX5防水でスポーツやジムの使用もでき、ケース収納時は収納か充電が任意選択できる利便性、軽くてコンパクトなボディなので重さを感じず快適な装着感がいいです。

ハイエンドモデルには手がでないけど、音質もこだわりたい方におすすめでハイコスパな完全ワイヤレスイヤホン「AIKAQI 完全ワイヤレスイヤホン」の紹介でした。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

初めての左右独立完全ワイヤレスイヤホンならハイコスパな本製品がいいでしょう