+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【台湾旅行】KKdayで台北101の展望台チケットをお得に安く買おう。今ならファストパス付き!【口コミ】

f:id:korekai:20190509154056j:plain

台湾旅行の観光スポットと言えば、台北101。

89階から台北市内を一望でき、昼と夜ではまた違った風景を楽しむことができます。

本記事では台北101へのアクセス・行き方や料金、営業時間、KKdayのお得なファストパスについてと実際に観光したレビューも兼ねてご紹介します。

台北101へのアクセス・行き方

台北101へのアクセス・行き方はいくつかありますが、わかりやすく早い方法をご紹介します。

MRT(台北捷運)

MRT(台北捷運)は台北市内の地下鉄です。各路線が色分けされており、目的地までの乗り換えが分かりやすいのと、乗車料金も安いので台北市内の移動はMRTが便利です。

台北駅からは淡水信義線(赤色)に乗車し、乗換なしで台北101/世貿駅(R03)で下車、4番出口を目指します。

料金は片道25元、交通ICカードのハッピーキャッシュ(Happy Cash/有錢卡)があれば20元とお得。日本円にすると約71円なので安いですね。

ハッピーキャッシュはコンビニや駅で入手でき、コンビニでの買い物やバス、MRTなどで使えるので1枚は持っておきたいアイテムです。

余ったら返金も可能なので、多めにチャージしておくといいでしょう。ちなみに私は500元ほどチャージしました。

タクシー

荷物が多い場合や台北101から近い場合はタクシーを利用するといいでしょう。

日本のタクシーと違い台湾のタクシーは安いです。台北市内の初乗りは1.25kmで70元、5km乗っても150元ほどです。

ちなみに台北駅からは約20分ほどで到着し、料金は210元でした。

台湾タクシーの乗り方は、黄色のタクシーを探し、手を上げて停めます。その後自分でドアを開けて、ドライバーに行きたい場所を伝えましょう。

3日間の台北市内観光で10回以上タクシーを利用しましたが、乗車拒否やボッタクリなどはありませんでした。なのでGrabなどは使わなくてもいいと思います。

・自分でドアを開ける
・必ずシートベルトをする
・英語は伝わりづらいので、Googleマップや写真で伝える
・細かいお金を用意しておく
・台北駅から台北101までは約20分、210元だった

バスやYouBike

バスは運行本数が多く安いですが、運転が荒く支払い方法も前払い後払い、行き先も様々なのでここでは割愛させていただきます。

YouBikeはレンタル自転車サービスです。事前にレンタル方法、乗車・返却場所が把握できているなら利用するのも手です。

台湾は車・バイクが優先なのと日中は暑いので、MRTやタクシーの方が楽ですよ。

台北101の営業時間

営業時間:10:00~22:00

基本的に月曜〜日曜日と毎日営業しているようです。

最終入場時間は21:15。旧正月前後や長期休暇期間は、営業時間が変更となる場合があるので注意です。

台北101の料金

・一般券:600台湾ドル(約2,100円)
・ファストパス:1,200台湾ドル(約4,200円)
・KKdayで購入するファストパス:1,816円

台北101の料金は日本円にすると約2,100円〜。優先案内となるファストパスは約4,200円です。後述するKKdayだとファストパスがお得に購入できます。

身長115cm以下の子供は大人1人につき1人無料です。

KKdayの台北101展望台入場チケットが安くてお得!

f:id:korekai:20190509123806j:plain

台湾のツアー会社であるKKday経由であれば、ファストパスが1,816円となり、大変お得です。

KKdayの【今だけファストパス付き!】台北101展望台入場チケット:日本国籍のお客様限定にアクセスし、希望の日時を選択して事前支払いするだけ。

あとはメールで送られてくるバウチャーを当日台北101展望台受付カウンターで提示すれば、ファストパスを発行してもらえます。

即日予約ができるので、台湾に到着してからでもOK。ただ一度予約するとキャンセル不可なので注意です。

【今だけファストパス付き!】台北101展望台入場チケット:日本国籍のお客様限定

KKdayのファストパスで行く!台北101観光レビュー

f:id:korekai:20190509123726j:plain
今回は台北101近くのホテルに泊まっていたのでタクシーを利用しました。

年配のドライバーの方なら日本語が通じることがありますが、スマホに表示した台北101の画像を指差しすれば、大抵理解してくれると思います。

ここが入口となる台北101ショッピングセンターです。


f:id:korekai:20190509123722j:plain
下から見上げると台北101の迫力が伝わってきます。

台北101は2004年に完成し、地上101階で高さは509.2m。ちなみに東京タワーは333m、スカイツリーは634mです。

2007年ドバイのブルジュ・ハリーファに抜かれるまでは、世界一の高さでした。

台北101には展望台の他にレストラン、オフィス、宴会場、VIPクラブなどがあり、オフィスフロアにはGoogleやバンク・オブ・アメリカ、野村證券などの大企業が入居しています。

また日没から22時まで日替わりのライトアップ演出があるので、夜に見る台北101もキレイです。

曜日
赤色 橙色 黄色 緑色 青色 藤色 紫色


f:id:korekai:20190509123729j:plain
台北101ショッピングセンターの入り口を入って右手に行くと、案内表示があります。

エレベーターを使い、展望台の受付カウンターのある5階へ行きます。


f:id:korekai:20190509123732j:plain
エレベーターを降りて右へ。


f:id:korekai:20190509123737j:plain
KKdayで予約する方は受付でバウチャーを提示します。バウチャーはKKdayからのメールに添付されているPDFです。

PDFは事前に印刷しておくといいでしょう。KKdayのアプリもあるので、アプリ経由でバウチャー表示もできます。

ファストパスなら専用レーンで優先案内

f:id:korekai:20190509123740j:plain
一般入場はエレベーター前で順番待ちになりますが、ファストパスを持っていると専用レーンから最優先でエレベーターへ案内されます。


f:id:korekai:20190509123743j:plain
東芝エレベーターで5階から89階へ。エレベーター内は光の演出があり、あっという間に展望台フロアに到達します。

ちなみに地上1階から89階までは39秒で到達するようです。日本の技術はすごいですね。

台北市内を一望できる89階の展望フロア

f:id:korekai:20190509123750j:plainf:id:korekai:20190509123753j:plain
f:id:korekai:20190509123757j:plainf:id:korekai:20190509123803j:plain
展望台から見れる台北市内です。あいにくの天気でしたが、高い位置からの眺望はいいですね。

夜の夜景もキレイみたいなので、次回は夜に来たいと思います。


f:id:korekai:20190509123815j:plainf:id:korekai:20190509123819j:plain
台北101のマスコットキャラでしょうか。多くの観光客が記念撮影されていました。

マンゴーアイスが入った台湾ビールが美味

f:id:korekai:20190509123824j:plainf:id:korekai:20190509123828j:plain
展望フロアには土産物屋以外に、ケーキやビールが飲めるショップもあります。

台湾ビールにマンゴーアイスが入ったフルーツビール的なのがあったので飲んでみることに。

値段は100元だったと思います。1つ買えば1つ無料になるので、お得ですね。

気になる味はそのままでマンゴー味のビール、美味しくいただきました。

風による振動対策がすごい

f:id:korekai:20190509123844j:plain
展望フロアの中心部には、風による振動を緩和するための仕組みとして、チューンドマスダンパーというものが設置されていました。

台湾は沖縄から反れた台風が上陸するので、高い建物への暴風対策が必要とのこと。

ちなみにこのチューンドマスダンパーは660トン。この高さまで持ってきて吊れる技術はすごいですね。

91階には屋外展望台

f:id:korekai:20190509123841j:plainf:id:korekai:20190509123832j:plain
階段を使って91階の屋外展望フロアへ。


f:id:korekai:20190509123835j:plainf:id:korekai:20190509123837j:plain
91階は屋外展望台と101紹介ビデオの放映室、トイレがあります。天候が悪い時は入れないようです。

ガラス越しとは違う眺めを体験できます。

ファストパスなら帰りも専用レーンで優先案内

f:id:korekai:20190509123847j:plain
帰りは89階から88階へ下り、宝石の展示販売フロアを抜けて下りエレベーターに乗ります。

ここでもファストパスがあれば、専用レーンの優先案内で乗ることができますよ。

このあとは台北101ショッピングセンター内にある鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包を食べ、ホテルに帰りました。

台北101観光レビュー:まとめ

f:id:korekai:20190509123806j:plain

はじめての台北101観光でしたが、展望台にマンゴービール、鼎泰豊の小籠包と楽しめました。

台北101の展望料金はKKdayなどのツアー会社を経由したほうが圧倒的にお得です。ファストパスが約1,800円なので一般入場料よりも安いです。

またこちらのファストパスは即日発行なので、台湾に来てから日程に合わせて購入ができます。

KKdayは台湾の会社なので、人気の九份ツアーや鼎泰豊のお食事チケット、レンタルWiFi、桃園空港から台北市内へのバスやMRTの切符もお得な価格で購入可能です。

台湾旅行の際は参加したいツアーやチケットがKKdayでお得になるかチェックしてみてくださいね。

【今だけファストパス付き!】台北101展望台入場チケット:日本国籍のお客様限定

【KKday】台湾旅行のお得なツアーを探す