これ今買いですか

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ログ

物欲に+1するガジェットレビューブログ


ビジネスからスポーツまで使えるオシャレな「Withings スマートウォッチ」を紹介。Activite Steel、Steel HRの比較など。

ガジェット Amazon

f:id:korekai:20170308211438j:plain
( 出典:https://www.cnet.com/products/withings-steel-hr/preview/ )

こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

皆さんはスマートウォッチやウェアラブルデバイスをお持ちでしょうか。

私は2年ほど前にジムに通うきっかけでJawbone UPというブレスレット型活動量計を購入し、3年ほど使用していました。

日々の活動量や睡眠分析をしてくれる画期的なデバイスでしたが、ある時壊れてしまいそれ以来使っていませんでした。

最近、時計を買い替えようと調べていたところ、Withingsから発売されている「Activité Steel、Steel HR」というスマートウォッチに出会い、調べているうちにシンプルなデザイン、防水性能、活動量計機能など充実した機能に魅力を感じ、購入することにしました。

今日は発売されている2種類の「Activité Steel、Steel HR」の機能まとめや比較、購入の決め手となった理由を紹介したいと思います。

Activité Steel、Steel HRって?


f:id:korekai:20170308211744j:plain

フランスのスマートデバイスメーカーWithings(ウィジングス)が、発売しているスマートウォッチです。

時計機能はもちろんのこと、歩数、走行距離、消費カロリー、睡眠、心拍などを記録することができ、iOSやAndroid搭載のスマホとアプリ連携ができます。

初めに見た時は、これが活動量計?と思ったくらい腕時計にしか見えませんでした。

UPやFitBitのようなデジタル活動量計みたいなものはたくさんありますが、Withings Steelのように言われなければ、活動量計に見えないアナログ時計型も登場しています。

アナログ時計型だと、仕事や趣味、スポーツ、レジャーなど、シーンを選ばずつけることができるのはいいですね。

スマートウォッチ以外にも、Wi-Fi対応のスマート体組成計「Body」などが有名です。

またWithingsは、2017年夏をめどに体組成計、活動量計、スマートHDカメラを含む製品群をNokiaブランドに統一すると発表しています。

見た目はシンプル・機能は充実「Activité Steel」


f:id:korekai:20170308204346j:plain

生活に合ったスタイル。健康に合った設計。
24時間自動アクティビティトラッキング

Activité Steelはボタンやライトがなく、すごくシンプルなスマートウォッチです。

見た目からは想像できないくらい豊富な機能が備わっており、活動量計をはじめ、防水性や睡眠分析機能など欲しい方のニーズをしっかり押さえています。

万人受けするシンプルなデザイン


f:id:korekai:20170308210025j:plain

316Lステンレススチールケースで、クロムの針と二重のドームガラスで洗練されたデザインを採用されています。スマートウォッチに有りがちなデジタル表示で無く、アナログ表示という所が素晴らしいです。

防水性能にも満足


f:id:korekai:20170308210209j:plain

5気圧防水対応で、水深50mまで耐えれるので、海や川、プールなどのレジャーでも気にせずつけれます。

データからアドバイスをしてくれる


f:id:korekai:20170308210232j:plain

Health Mateというアプリで自身のデータを元にアドバイスしてくれる機能があり、集計されたデータは、一目で睡眠サイクルから消費カロリーまで、1日のアクティビティをグラフで見ることができます。
※iOS 8以降、Android 4.3.3以降対応

電池寿命は8ヶ月


f:id:korekai:20170308210137j:plain

電池はCR2025ボタン電池を使用し、約8ヶ月間は交換不要です。

市販のベルトと交換可能

バンド幅は18mm。市販のベルトと交換可能なので、つけている人の個性に合わせることもできます。

睡眠分析までしてくれる

寝るときもつけたままでOK。睡眠が始まると自動で感知し、昼寝や夜の睡眠を記録することができ、浅い・深い睡眠サイクル、目覚めた時間、合計睡眠時間を把握することできます。

サイレントアラーム機能

一緒に寝ている人を起こさず、アラームを設定しバイブレーションで目覚めることが可能です。

アラーム時間を確認するには、ガラスを3回タップすることによって針が自動的にアラーム時間を表示します。

時差調整機能

海外出張や海外旅行にうれしい時差調整機能。スマホと連携し、自動的に現地時間に合わせられます。

本革とサファイアガラス採用のスイス製も


f:id:korekai:20170309221155j:plain

デザインはフランス、時計はスイス製の特別モデルもあり、独自開発された天然なめしのレザーベルトと傷が付きにくいサファイアガラスを採用されています。

機能自体はActivité Steelと同じです。

心拍計が搭載された上位モデル「Steel HR」


f:id:korekai:20170308204420j:plain

あなたの心拍数を知ろう。
健康的なスタイルを。

基本的な機能は「Activité Steel」と同じで、内蔵バッテリー式に変更され、心拍数モニタリング機能、デジタル画面、ボタンが新たに搭載された上位モデルです。

これからの時計型活動量計のトレンドとして、心拍測定機能がマストになってくるでしょう。

心拍数計を搭載した活動量計は、より正確に消費カロリーが測定でき、体調管理にも大変役に立ちます。

健康志向が強くなってきている今、心拍測定機能ついてる「Steel HR」は良さげです。

心拍数モニタリング機能


f:id:korekai:20170308204534j:plain

光電式容積脈波記録法と呼ばれる技術を使い、緑のLEDライトで手首の血液中濃度の変化を感知し、心拍を計測します。

24時間心拍を計測し、運動時、安静時、睡眠時、最大心拍数など、それぞれの心拍数ゾーンでの持続時間などの分析が可能です。

例えばランニングをすると自動で動作を検知し、ランニング時の心拍として測定を開始され、安静時や運動時の心拍数を分けて測定ができます。

デジタル画面を搭載でスマホの通知も確認可能


f:id:korekai:20170308210707j:plain

デジタル画面を搭載しており、心拍、歩数、走行距離、消費カロリー、アラーム時間やスマートフォンの通知を確認するこができます。

電池交換不要のバッテリー式


f:id:korekai:20170308212145p:plain

フル充電で最大25日間のバッテリー持ちとなっています。

時計の背面をマグネット式の充電器で充電します。AppleWatchと同じ方法ですね。

10種類以上のアクティビティを自動で、更に学習型で認識

どういう運動をしているか、自動で認識する機能が搭載されています。※10種類以上のアクティビティに対応


比較表

Activité Steel Steel HR
イメージ f:id:korekai:20170308212655j:plain f:id:korekai:20170308212703j:plain
価格 12,115円 22,540~25,270円
サイズ 36mm 36mm/40mm
カラー ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト※限定販売
ガラス ミネラルガラス ミネラルガラス
活動量計機能
ボタン -
サブダイヤル
デジタル画面 -
接続方法 Bluetooth LE Bluetooth LE
防水性能 5気圧防水 5気圧防水
睡眠分析
目覚まし機能
時刻表示 アナログ アナログ
通知 -
心拍計測 -
時差調整機能
駆動方法 CR2025ボタン電池 内蔵バッテリー
駆動時間 約8ヶ月 約25日間
アプリ対応 Anroid 4.0+
iOS8 以降
Android 6.0+
iOS8 以降

購入決定!選んだ理由は?


f:id:korekai:20170308204409j:plain

どうでしょう。見た目だけでも欲しくなりませんか?

色々調べて悩みに悩んだ結果、購入するのは「Steel HR 40mm ブラック」に決めました。

サイズに関しては36mmと悩んだのですが、元々SUUNTO COREという大きめの時計を使っていたので、40mmにしました。

カラーはホワイトが数量限定という事で、手に入らずブラックに。

Steel HRを選んだ理由は

  • 24時間つけて自身の活動量をトラッキング可能
  • 心拍計測機能は使ってみたい
  • お風呂やシャワーもつけたままでOK
  • 睡眠分析・目覚まし機能
  • 電話やメッセージを振動で通知してくれる
  • レビューを見るとバッテリー持ちがいい


Activiteにも備わっている機能もありますが、価格差がそこまで大差なので、どうせなら上位モデルを買っておこうという理由もあります。

心拍計測もスマホからの通知が必要ない方は、Activité Steelを。ボタン電池で8ヶ月スパンの交換になりますが、シンプルにスマートウォッチを使いたい方や初めての方にはおすすめだと思います。

どちらも防水性能は高いので、水回りの作業や海や川などのレジャーにも対応し、睡眠分析や起床アラームにも期待しています。

簡単でしたが、紹介と比較をしてみました。後日レビューも兼ねて記事を書きたいと思います。

Withingsのスマートウォッチが気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

新生活に向けて時計を探している方はスマートウォッチも候補に!



読者登録・フォロー・購読・プッシュ通知