+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】ケーブル内蔵、持ち運び便利な「iWALK モバイルバッテリー 8,000mAh」は大容量で3台同時に急速充電が可能

f:id:korekai:20170705170412j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

数多く発売されているモバイルバッテリー。様々なタイプがありますが、今回は「3台同時充電・ケーブル一体型・急速充電・大容量」の特徴にある2つのモバイルバッテリーを紹介したいと思います。

iWALKというメーカーから発売されているもので、かさばりがちなケーブルを一体化することにより、持ち運びに特化しています。またユニークな機能があり、他のモバイルバッテリーにはない要素は必見です。

※こちらの記事は8,000mAhタイプです。

iWALK モバイルバッテリー 8000mAh

f:id:korekai:20170703235711j:plain

バッテリー容量 8000mAh
バッテリータイプ リチウムポリマー電池
本体充電時間 4.5時間
出力電圧 DC5V/2.4A
入力電圧 DC5V/2.0A
本体重量 185g
サイズ 142*70*15mm
商品パッケージ内容 ケーブル内蔵のモバイルバッテリ
取扱説明書(英語)
12ケ月保証

特徴

ケーブル一体型

iPhone用のLightningケーブル、Android向きのMicroケーブルと本体充電用のUSBケーブルが付き、別にケーブル持ち歩かなくて非常に便利です。また、USB出力ポートも一つ、複数デバイスを同時に充電可能です。

急速充電

自動検知技術の搭載により、接続されたデバイスの電流を自動に検知し、各機器に適した最大2.4Aで急速充電を行うことが可能です。8000mAhの容量でiPhone6Sに約3回、Galaxy S7に約1.5回フル充電できます。

データ転送機能

内蔵されたUSBケーブルにより、iOSデバイスとコンピューターに接続する場合、本体へ充電しながらスマホのデータ送信を実現します。

軽量でコンパクト

高品質のABSで製造されたお洒落なボディーが汚れや指紋もつきにくく、滑り止め加工されます。また、本体重量:185g、サイズ:142*70*15mm、薄くて軽量で持ち運びに便利です。

マルチ保護システム

過充電、過放電、発熱やショートの場合、自動充電停止になり、長時間安心してお使いいただけます。

iWALK モバイルバッテリー 8000mAh レビュー

f:id:korekai:20170703234801j:plain
2つ目のモバイルバッテリーです。高級感のあるパッケージが目につきますが少し凹んでいました。


f:id:korekai:20170703234807j:plain
入っていたのは本体・取説とシンプル。充電用のmicro-USBケーブルは付属していません。


f:id:korekai:20170703234811j:plain
こちらも取説は残念ながら日本語に非対応。英語ですが、使い方や仕様は図解で説明されているので、仕様の理解はできるでしょう。


f:id:korekai:20170703234815j:plain
先程と比べ大きめの本体。バッテリー容量は8000mAh、サイズは142*70*15mm、重さは約185gです。サイズ感は5インチのスマホサイズとほぼ同等。

光沢がなく柄のあるブラックボディは少しチープ感があるものの、指紋や汚れはつかないタイプです。


f:id:korekai:20170703234821j:plain
QC3.0には対応してませんが、自動検知技術の搭載により、各機器に適した最大2.4Aで急速充電を行うことが可能です。

モバイルバッテリーには約4.5時間で満充電できます。


f:id:korekai:20170703234824j:plain
ポート類は本体下部に集まっています。micro-USBは入力ポートでモバイルバッテリーを充電するためのもので、USB出力ポートはお持ちのケーブルを接続し、デバイスを充電することが可能です。


f:id:korekai:20170703234830j:plain
f:id:korekai:20170703234834j:plain
見慣れない端子ですが、USB Type-Aです。iOSデバイスとPCを接続する場合、本体へ充電しながらスマホのデータ送信が可能となります。


f:id:korekai:20170703234843j:plain
f:id:korekai:20170703234846j:plain
iPhone5SとRedmi 4Aを同時充電してみたところ、こちらも問題なく充電が始まりました。

10000mAhタイプと比べ、サイズやバッテリー容量を比較すると劣ってしまいますが、3台同時充電できる点や1000円程度安いことを考慮し、安さ重視ならこちらでしょう。


f:id:korekai:20170703234850j:plain
USB出力ポートを利用すれば最大で3台まで同時充電ができます。2.4A出力なのでタブレットなどでも急速充電が可能です。

使ってみて

■よかった点
・ケーブル一体型で、持ち運びに便利
・どのポートでも急速充電に対応
・3台まで同時充電ができる

■気になった点
・Type-Cケーブルが付属しない
・少し大きめの本体

大容量で3台同時充電・ケーブル一体型モバイルバッテリー

f:id:korekai:20170703234815j:plain

今回紹介したモバイルバッテリーは複数のデバイスを常日頃から持ち歩き、充電する機会が多い方向け。iPhoneとAndroidスマホを持っている方には重宝するモバイルバッテリーですね。3台同時に充電可能で、急速充電に対応しケーブル一体型が最大の特徴です。

贅沢言えばもう少しコンパクト化されて、Type-Cも充電可能なら文句のつけようがないモバイルバッテリーになるでしょう。

今後主流となりそうな同時充電+ケーブル一体化モバイルバッテリー。購入する際には1つの候補として検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

3台同時充電でき、ケーブル一体型は外出用のモバイルバッテリーとして便利。Type-Cにも対応したアップデートに期待です。