これ今買いですか

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ログ

物欲に+1するレビューブログ

本や漫画を10秒で出品可能!本に特化したフリマアプリ『ブクマ!』がすごい!

f:id:korekai:20170213220524p:plain

こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

最近はスマホの普及により便利なスマホアプリがたくさんあり、スマホ一台あればある程度の事ができるようになってきていますね。

ところで一度読んだ本や漫画ってどうしていますか?本棚に置いていつでも読めるようにしている人や、押し入れに入れっぱなしで、しばらく読んでいない人もいるでしょう。

不要になった本や漫画はブックオフに持っていったり、ヤフオクやメルカリで売ったりしている方が多いと思いますが、正直出品するのってめんどくさいです。

今日はそんな方におすすめしたいのが本に特化したフリマアプリ『ブクマ!』です。

本に特化していることで利用するメリットがたくさんあるので、アプリの使い方など合わせて紹介します。

ブクマ!


f:id:korekai:20170213211344j:plain:w500

世界最速10秒で出品できる 本のフリマアプリ
面倒な出品作業も、本の裏表紙にあるISBNコードを読み取るだけでラクラク出品 !フリマ形式だからお得に売り買いできます♪

ブクマは本に特化したフリマアプリで、iOSとAndroid両方でインストールできます。特徴は『本の出品が最短10秒で可能』というもので、売りたい本の裏のバーコードをアプリで撮影すると、自動で書籍名や表紙の画像が表示され、各項目を入力するだけで出品が可能です。


ブクマ! - 本をフリマ、オークションで出品できるフリマアプリ

ブクマ! - 本をフリマ、オークションで出品できるフリマアプリ

開発元:Labit Inc.
無料

posted with アプリーチ

ブクマの特徴

最短10秒で出品!

面倒な出品作業も「ブクマ!」なら最短10秒で。 本の裏表紙にあるISBNバーコードを読み込んだら、 売りたい価格・状態を選ぶだけ

チャット形式でサクサクやりとり

取引の相手とはチャット形式で簡単にメッセージのやりとりができ、まだフリマアプリを使ったことがない方にも馴染みやすいデザインです。

学生にもぴったり!

1年間しか使わないピカピカの教科書、家に眠っていませんか?ブクマ!で日本中の学生たちとシェアしよう!

安く買える!高く売れる!

フリマ形式だから、売るときは大手古本チェーンで下取りするよりはるかにお得です。本を売ったポイントを使って、読みたかった他の本も手に入れよう。

累計出品20万冊突破

f:id:korekai:20170212005632j:plain
出典:http://jp.techcrunch.com/2017/02/09/bukuma-android/

2017年1月には週あたり約2万冊の本が新規で出品されて累計の出品数も20万冊を超え、2017年度末までに出品点数1000万冊を目指されているようです。今後、本の売買は『ブクマ!』がシェア拡大しそうです。

早速アプリを使ってみる

登録

f:id:korekai:20170213211618j:plain

アプリを起動すると『FaceBookかメールアドレス』で登録となるので、今回はメールアドレスで登録してみます。

登録は『ニックネーム、メールアドレス、性別、パスワード、招待コード』を入力し電話番号認証を終わらせると登録完了です。

この辺りはフリマと同じなので、サービスを利用するにあたって必須なので仕方ないでしょう。

ホーム画面

f:id:korekai:20170213211737j:plain

ホーム画面上部には『総合、最近発売の本、まとめ売り、300円以下』とカテゴリ分けされており、気になるカテゴリを選んで探すことが可能です。またほしい本がある場合は検索から探すことも可能です。

カテゴリ

f:id:korekai:20170213212016j:plain

ホーム画面下部にある『カテゴリ』をタップするとカテゴリ一覧が表示されます。

26種類のカテゴリ分けされており、目当ての本を探すのに便利です。
また表示されている価格は送料込みです。新品時の定価も記載されているので、どれくらい安くなっているか確認することも可能です。


f:id:korekai:20170213222936j:plain:w300

一番上には出品されている中で一番安い価格の本が表示されており、他の出品者がいる場合はいくらで販売しているか確認できます。その際に、商品の状態や発送までの日時も確認できるので、きれいな状態で購入したい方や早くほしい方は最安以外からも探してみるといいです。

話題の本もあります

f:id:korekai:20170213212215j:plain

話題の本や最近発売された本も多く出品されています。

出品なしの場合はいいね機能

f:id:korekai:20170213212341j:plain

探していた本の出品がなかったり、在庫が切れている時は『いいね』しておくと出品された時に通知がくるので便利です。

購入

f:id:korekai:20170213212658j:plain

購入する場合は、住所登録とクレジットカード登録が必要です。

出品

f:id:korekai:20170213212818j:plain

出品する場合は、ホーム画面下部のカメラアイコンを押して出品したい本の978から始まるバーコードを読み込むだけです。後は『送料込みの発売価格、商品の状態、発送地域、発送方法、発送までの日程』を設定するだけで簡単に出品できます。

リリースキャンペーン実施中


f:id:korekai:20170212010214p:plain:w300

通常は販売手数料として10%かかりますが、リリースキャンペーンで販売手数料は0円となっています。

友達を招待してポイントゲット


f:id:korekai:20170213212938j:plain:w300

招待すると300ポイントがもらえ、1ポイント=1円で利用できます。

購入・出品のまとめ

f:id:korekai:20170213220117j:plain

出品者は、バーコードで読み込み → 必要な情報を入力し出品 → 発送 → 評価
※注:購入日から9日以内に発送必須、10日を過ぎると購入者側がキャンセル可能になります。また手渡しは原則として禁止されています。

購入者は、ほしい本を探す → クレカで購入 → 本を受け取る → 評価

購入した、された後はホーム画面下部の『やりとり』からチャットで連絡を取ることができます。

その他、細かい出品ルールはアプリインストール後『ブクマ!の使い方』を参考にしてください。

まとめ

f:id:korekai:20170212005652j:plain
出典:http://jp.techcrunch.com/2017/02/09/bukuma-android/

出品数も20万冊を越えて急成長している『ブクマ!』ですが、本や漫画を売買する際にヤフオクやメルカリなどを利用している方は手軽さに驚くと思います。
買ったけど一度も読んでいない本や、整理した本などをバーコードを読み取るだけで簡単に出品ができ、本を探している方も26種類のカテゴリーから探せたり、タイトル名で検索できたりと欲しかった本が見つかるかもしれません。

使ってみた感想としては、出品者が設定している価格が送料込みという点がすごくいいと思いました。価格設定も比較的安く、たまたま探していた本が送料込みで500円で手に入り、2日後には手元に到着したので手軽に買えたのと、まだ出品した本は売れていませんが、バーコードを撮影するだけでその本の詳細が表示されるので出品の手間が省ける点はよかったです。

これから本を探す際は『ブクマ!』を利用したいと思います。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)


読者登録・フォロー・購読・プッシュ通知