+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【サンワダイレクト 400-SP081 レビュー】安くて高音質!コンパクト設計の2.1chサウンドバー

f:id:korekai:20190815130045j:plain

液晶テレビの内蔵スピーカーの音質を良くしたい、映画を迫力ある音質で楽しみたい。そんな方におすすめなのがサンワダイレクト 400-SP081 2.1chサウンドバーです。

コンパクトながら4つのフルレンジスピーカーに2つのウーファーを搭載した2.1ch仕様となり、映画やドラマ、アニメを高音質かつ迫力あるサウンドで楽しむことができます。

テレビだけでなくパソコン用としても、またBluetooth接続に対応しているためスマホやタブレットのスピーカーとしても使えるサウンドバーです。

この記事では「サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081」の外観、特長、使ってみてよかった点、気になった点などをご紹介します。


サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081


f:id:korekai:20190815130013j:plain


4.6



  • コンパクトなのでテレビ前に置いてもスッキリ

  • 低域から高域までバランス良くでている

  • 2つのウーファーで、爆発シーンや車のエンジン音に迫力ある

  • Bluetoothスピーカーとしても使える

  • 接続に必要なケーブルが付属(光、RCA)

  • シーン別のサウンドモードを搭載

  • 操作しやすいリモコン付き


サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081 レビュー

f:id:korekai:20190815130045j:plain
こちらがサンワダイレクト サウンドバー 400-SP081です。

・横670mm×高さ82mm×奥行き105mm
・約2.4kg
・省スペース&コンパクト設計
・60W出力の2.1chサウンドバー(24W+36W)
・2つのウーファーを搭載し、迫力ある低音再生
・Bluetooth接続に対応
・光デジタル、RCA、AUX接続に対応
・シーン別のサウンドモード搭載
・リモコン付き
・13,800円と最安クラス

通常テレビの内蔵スピーカーは背面に搭載されている事が多く、音漏れやダイレクトに伝わらず迫力に欠けます。また内蔵スピーカー自体の品質もいまいちな物が多いイメージです。

一方でテレビの前に設置できるサウンドバーならダイレクトに伝わり、高音質かつ迫力あるサウンドで楽しめます。内蔵スピーカーに不満がある方や映画を良く見る方におすすめです。

スピーカーや音質については、6Wのフルレンジスピーカーを4つ、18Wのウーファーを2つ搭載しているため、重低音から中高域まで広くカバーしています。

また3つのサウンドモードを搭載しており、ゲーム・映画・音楽とシーンに応じて最適なサウンドチューニングで楽しめます。

2万円以上の価格帯が多い中、1万円前半で買えるサウンドバーの1つです


外観・機能について

f:id:korekai:20190815130135j:plain
サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081の各部分を紹介。

本体左側には4つのボタンが搭載されており、電源ボタン・入力切り替え・音量+・音量ーの操作ができます。


f:id:korekai:20190815130143j:plain
反対側にはバスレフポート。これにより低域を増強します。


f:id:korekai:20190815130058j:plain
スピーカーの裏側には2のウーファー(18W+18W)を搭載。内蔵することで、ウーファーをテレビ横に設置することなく重低音サウンドを楽しめます。


f:id:korekai:20190815130205j:plain
ACアダプターは少し大きめです。


f:id:korekai:20190815130210j:plain
専用リモコンは電池付き。以下の操作ができます。

リモコンから低音調整ができるので、映画や音楽のジャンルに合わせるといいでしょう。

最大にすると振動が伝わるほど低音が強くなります。

・電源ON/OFF
・消音
・曲送り/戻し
・再生/停止
・音量調整
・入力切替
・サウンドモード切り替え
・低音調整


f:id:korekai:20190815130102j:plain
付属していたのは以下です。

・専用リモコン(電池付き)
・3.5mmステレオミニジャックケーブル(1.5m)
・RCA(赤白)ピンジャックケーブル(1.5m)
・オーディオ変換ケーブル(1.5m)
・光デジタルケーブル(1m)
・ACアダプター
・取り扱い説明書


f:id:korekai:20190815130056j:plain
サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081を65インチのテレビ前に置いてみました。コンパクトなので圧迫感がなく、スマートに設置できます。

テレビの台座が低いタイプだと液晶部分がサウンドバーで隠れてしまうかもしれません。サウンドバーの高さは約82mmなので、事前に測っておくといいでしょう。

サイズ的に32〜65インチクラスのテレビに合うと思います。


f:id:korekai:20190815130138j:plain
テレビ前に置いたときの奥行きと高さはこれくらいです。

・横670mm×高さ82mm×奥行き105mm
・約2.4kg


f:id:korekai:20190815130201j:plain
本体裏には電源入力、AUX入力、光デジタル入力、RCA入力があります。


f:id:korekai:20190815130112j:plain
今回は光デジタルケーブルでテレビと接続してみました。

おそらくここ数年で買い替えた液晶テレビなら光デジタル音声に対応しているはずです。

もし対応していなくてもAUXケーブル、RCA(赤白)ケーブルで接続できます。

最新のテレビならBluetooth接続もできるので、配線を増やしたくない方におすすめです。


f:id:korekai:20190815130158j:plain
ケーブル類を接続できたら、サウンドバーとテレビの設定を光デジタルにします。後は自動でスピーカー側から音が再生されます。


f:id:korekai:20190815130122j:plainf:id:korekai:20190815130118j:plain
f:id:korekai:20190815130115j:plainf:id:korekai:20190815130131j:plain
入力切り替えをするとスピーカー前面にあるLEDが各色で点灯し、一目で接続状況を確認できます。※3分経過すると消灯

・赤:電源OFF
・緑:LINEモード
・白:RCA(AUX)モード
・黄:光デジタルモード
・青:Bluetoothモード/ペアリング


Bluetooth接続について

サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081はテレビやパソコンの他に、スマホやタブレットとBluetooth接続が可能です。

本体横のソース入力ボタンかリモコン操作でBluetoothモードにし、接続先デバイスの設定画面から400-SP081を選択すれば完了です。


サウンドモードについて

サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081には3つのサウンドモードがあります。

1つ目は音楽、2つ目は映画、3つ目はゲームで付属のリモコンから設定できます。

各モードは中高域や低域が強調され、迫力ある没入感やセリフが聞きやすい明瞭さ、クリアなサウンドで楽しめます。


音質について

光デジタルケーブルの有線接続とBluetooth接続で検証しました。

音質は大差なく、どちらもクリアで迫力あるサウンドを再生できます。

中高域はクリアで音の広がりが良く、内蔵スピーカーと比べてもかなり音質は良いと思いました。

低域もリモコン側から強くすれば、低域が強調される映画シーンでは臨場感が増します。

スピーカーに対して下向きにウーファーが設置されているため、シーンによっては振動が伝わってくるほどの迫力も。

自宅で映画をよく見る方におすすめできる音質と言えるでしょう。


Bluetooth接続時の安定性について

Bluetooth接続で映画1本再生しましたが、音飛びや途切れはありませんでした。


Bluetooth接続時の遅延について

光デジタルケーブルの有線接続とBluetooth接続で検証しました。

Youtube視聴、Amazonプライム・ビデオでの映画視聴、PS4を接続してのゲームプレイで遅延なく再生できました。


サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081を使ってみて

サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081の評価ポイントは、内蔵スピーカーと比べてとてもクリアで迫力あるサウンドです。

ウーファーを2つ内蔵しているため、重低音サウンドで映画を楽しむことができました。コンパクトサイズなのでテレビの前に置いても主張しすぎないところも良いです。

テレビとの接続は光デジタル接続ですが、スマホはBluetooth接続し、Bluetoothスピーカーとしても使っています。気になる遅延や音飛び等もなく満足です。

一つ気になったとすれば、本体が光沢なためにホコリや指紋が目立ちやすいところですね。

テレビ用のサウンドバーとしては最安クラスなので初めてのサウンドバーとして、入門機としておすすめできますよ


■よかった点
・コンパクトなのでテレビ前に置いてもスッキリ
・低域から高域までバランス良くでている
・2つのウーファーで、爆発シーンや車のエンジン音に迫力ある
・Bluetoothスピーカーとしても使える
・接続に必要なケーブルが付属(光、RCA)
・シーン別のサウンドモードを搭載
・操作しやすいリモコン付き

■気になった点
・光沢のある本体なので指紋やホコリが目立つ

サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081はこんな人におすすめ

・テレビ用スピーカーをお探しの方
・テレビの内蔵スピーカーに不満がある方
・自宅で映画をよく見る方


サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081:レビューまとめ

f:id:korekai:20190815130147j:plain

・横670mm×高さ82mm×奥行き105mm
・省スペース&コンパクト設計
・60W出力の2.1chサウンドバー(24W+36W)
・2つのウーファーを搭載し、迫力ある低音再生
・Bluetooth接続に対応
・光デジタル、RCA、AUX接続に対応
・シーン別のサウンドモード搭載
・リモコン付き
・13,800円と最安クラス

サウンドバーは価格帯的に20,000円以上が多いですが、サンワダイレクトのサウンドバーは13,800円(税込み)と最安クラス。またサンワダイレクトから購入すれば送料無料です。

4つのスピーカーと2つのウーファー構成から再生される音はとても良く、特にアクションやカーレース系映画では迫力あるサウンドで楽しめます。

複数の接続方法に対応しているため、テレビだけなくパソコンやスマホ、タブレット用のBluetoothスピーカーとしても使える点は良いと思いました。

またサウンドバーは大型タイプが多いですが、横幅が670mm、奥行きが105mmとコンパクトなのでテレビの前に設置できる省スペース設計なのもポイントです。

テレビ用のサウンドバーを探している方は、サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081をぜひチェックしてくださいね。

サンワダイレクト サウンドバー 400-SP081を購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

※こんな記事もあります。
【Anker】SoundcoreのBluetoothスピーカーおすすめ8選【防水/小型/360度】 - +ログ

【2019】コスパ重視で選ぶ!サウンドバー・シアターバーおすすめ7選【人気モデルの選び方】 - +ログ

【2019】高音質Bluetoothスピーカーおすすめ人気ランキング14選【iPhone・Android・防水】 - +ログ

【2019】高音質360度スピーカーおすすめ人気ランキング【iPhone・Android・防水】 - +ログ

【2019】安いBluetoothスピーカーおすすめ人気ランキング9選【高音質・小型・防水】 - +ログ

【2019】ウェアラブルネックスピーカーおすすめ機種5選【最新人気モデル】 - +ログ


最大2.5%還元!Amazonでお得に買い物する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券をチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。