+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】男性におすすめしたいカードケース「PITAKA MagWallet」

f:id:korekai:20180402224633j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

今回紹介するPITAKA New Walletは、「財布」の新しい在り方を提案する、カーボンファイバー製のスマートウォレット。

マグネットを用いたスライド式の構造で、かさばるカード類をスマートに収納し、磁気ストライプカードの保護機能も付いています。

カーボンファイバー製なのでとても軽く・丈夫。国内外のクラウドファンディングで大人気となり、ミニマリストに支持されている製品です。

PITAKA アラミド製カードケース


f:id:korekai:20180402222834j:plain


4.5



  • 組み合わせ次第で財布として使える

  • アラミド繊維でとても軽く・丈夫

  • ビジネスシーンでも使える落ち着いたデザイン

  • カードの出し入れがとても簡単

特徴

f:id:korekai:20180402224202j:plain

高い利便性

全てのカードを簡単に確認可能!使いたいカードをすぐに見つけられます。片手で簡単に広げたり折り畳んで収納することが可能ですし、カードの取り出しも容易です。

独自開発のAramidcore技術

​カーボンファイバーは軽量かつ頑丈で、見栄えの良い素材です。だからこそ、私たちは自分の製品をカーボンファイバーで作ることにこだわっています。PITAKAをより手触りよく、頑丈にするために私たちはAramidcore技術を開発しました。

Aramidcoreは合成物質を様々な用途に合わせて成形するための技術で、 特許を取得済みです。Aramidファイバーのレイヤーを間に埋め込むことで、カーボンファイバーのレイヤーがなめらかに仕上がります。Aramidcoreの技術を用いることで、出来上がった商品を、最高の美しさで仕上げることができるのです。

モジュラーデザイン

磁石を使った「モジュラー」デザインを採用しており、レイヤーシートを加えれば簡単にカード枚数を増やすことが可能です。

RFIDブロック機能

Suica、PASMOなどに代表される電子マネーは、RFIDと呼ばれる微弱な電波を使って決済を行なっています。そのため、特殊な機器を使えば外部からでも読み取ることができ、盗まれてしまう可能性がありますが、スキミング防犯機能付 (Rfid Blocking)で安心して使用できます。

レビュー

f:id:korekai:20180402223059j:plain

PITAKA New Walletは、「財布」の新しい在り方を提案する、カーボンファイバー製の革新的なスマートウォレット。マグネットのスライド式構造で、かさばるカード類をスマートに収納できる優れもの。磁気ストライプカードの保護機能も付いています。

今回はカードが最大6枚まで収納できる標準構成タイプ(カバー・エクストラレイヤー×2)を紹介しますが、PITAKAは、6つのモジュールを自由に組み合わてカスタマイズすることができます。※モジュールは別売り

・カバー
・エクストラレイヤー
・マネークリップ
・ボックスレイヤー
・ツールカード
・アンチ消磁モジュール


最大10枚のカードに加え、現金、鍵、SDカードなど、必需品を持ち運ぶことができ、財布としても使えます。


f:id:korekai:20180402223110j:plain
100%カーボンファイバー製のPITAKAは、アラミド繊維採用でとても薄く、軽く、そして頑丈。多少雑に扱っても傷が付きづらい素材です。


f:id:korekai:20180402223103j:plain
f:id:korekai:20180402223113j:plain
6枚収納でこの厚さ。だいたいMacBook Airくらいでしょうか。厚さはわずか1.2cm(標準版/6枚カード)です。

男性の手であれば片手で持って各モジュールをスライドさせたりするのは容易です。


f:id:korekai:20180402223106j:plain
カードの出し入れはこのようにスライドさせます。後述する磁気により、途中でカチっと止まるようになっています。


f:id:korekai:20180402223119j:plain
使うカードの取り出し、仕まう動作が非常に楽で便利。カードの収納部分は独自のカット技術でカードがケースから落ちないような工夫もされています。


f:id:korekai:20180402223123j:plain
4つに分類され、カバー(1枚)・エクストラレイヤー(2枚×2)・カバー(1枚)の合計で最大6枚のカードを収納できます。

各モジュールがレイヤーになっているという訳です。


f:id:korekai:20180402223128j:plain
各モジュールは磁気でくっついているので簡単に分解できます。


f:id:korekai:20180402223131j:plain
f:id:korekai:20180402223135j:plain
このマグネットがスライドした時にくっついていい位置で止まるようになってます。これがあるとないとでは全然変わってきてたでしょう。


f:id:korekai:20180402223138j:plain
最大収納でもたった67gという軽さ。


f:id:korekai:20180402223142j:plain
カバーモジュールのみなら2枚の収納ができ、この薄さ。

スキミング防止のRFIDブロック機能や磁気不良から保護するアンチ消磁などただ収納するだけでなくこうした保護する機能も特徴の一つですね。

本当はマネークリップモジュールがあればいいですが、カードを2枚収納できるエクストラレイヤーモジュールにお札を入れることもできたので、免許証と数枚のお札、クレジットカードで十分、財布としても使えました。

※磁気カードを収納する際は3枚まで収納できるアンチ消磁モジュールを使いましょう。ICカードであればエクストラレイヤーモジュールで大丈夫です。

紹介動画

www.youtube.com

使ってみて

f:id:korekai:20180402223145j:plain

■よかった点
・モジュールパーツが豊富
・アラミド繊維でカードケースがとても軽く・丈夫
・ビジネスシーンでも使える落ち着いたデザイン
・カードの出し入れがとても簡単

■気になった点
・モジュールがカードケースしか売っていない(Amazonで確認)
・6枚収納になると少し分厚い

こんな人におすすめ

・ミニマリストの方
・カードの出し入れが簡単なケースをお探しの方
・PITAKAのスマホケースを使っている方

まとめ

f:id:korekai:20180402223149j:plain

このカードケースを上手く使えば必要最小限の財布として使え、ミニマリストの方やマネークリップ派の方にとっては最適な製品ではないでしょうか。

今回はカード収納モジュールのみの紹介でしたが、鍵やSIMカードの収納、小銭やお札に対応したモジュールもあるので、財布としても十分使えます。

磁気カードには非対応ですが、気になった方はチェックしてみてくださいね。

※Amazonではカード収納を追加するモジュールとマネークリップモジュールしか扱っていないため、公式サイトなどで他のモジュールを購入できます。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

とにかく軽くて使い勝手のいいカードケース。マネークリップモジュールを購入してみて追加レビューしてみますね。