+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【NUARL N6 Pro レビュー】音質重視派におすすめしたい完全ワイヤレスイヤホン

f:id:korekai:20191220112333j:plain
完全ワイヤレスイヤホンでも音質重視したい方必見の1台。

NUARL(ヌアール)より、完全ワイヤレスイヤホンとして最高レベルの性能を維持しつつ、音質をより重視した最上位モデルN6 Proが発売に。

ピュアオーディオイヤホンの開発で培ったノウハウを駆使し、これまでのワイヤレスイヤホンにはない繊細な音質チューニングが施されています。

以前からNUARL NT01AXが気になっており、迷っていたところにNewモデルが発売となったため、購入してみました。

この記事ではNUARL N6 Proの外観や音質、使い勝手などレビューしましたので、ご覧ください。

NUARL N6 Pro


f:id:korekai:20191220112217j:plain

NUARL N6 Pro

NUARL

完全ワイヤレスイヤホン


4.8



  • オールジャンルに合うフラットな音質

  • 中高域の表現力や解像度はとても良い

  • イヤホン単体で11時間の連続再生

  • TWS Plus、aptXコーデック対応

  • 途切れにくく、低遅延

  • その他、基本スペックは最上位クラス

NUARL N6 Pro レビュー

f:id:korekai:20191220112256j:plain

NUARL N6 Proの基本的なスペックを紹介します。

NUARL N6シリーズは無印とProが存在します。どちらも12月に発売された新製品。

メーカーのこだわりとノウハウを元に音質重視で作られているため、ワイヤレスイヤホンでもじっくり音楽を楽しみたい方向けです。

ピュアオーディオ開発のノウハウを駆使し、ドライバーを金属筐体に収納してモジュール化。単体と有線イヤホンと同じアナログ音調を可能に。

N6 Proには、独自のドライバー「NUARL DRIVER[N6](v5)」を搭載。

先進素材の担当カーボンナノチューブとPEEKを2枚真空蒸着したSWCNT複合振動板、HDSS技術を採用しています。

またフラットな音質にチューニングすることで、大音量の音楽でも埋もれる微細な音まで再現したとのこと。

クアルコムのSoCであるQCC3020を搭載し、省電力(最大11時間再生)、aptXコーデック、接続品質(TWS Plus対応)と基本スペックも最高クラスです。

Bluetooth v5.0
プロファイル A2DP,HFP、HSP,AVRCP
ドライバー 6mm径 SWCNT複合振動板 NUARL DRIVER[N6]v5
HDSS採用
再生周波数帯域 20~20,000Hz
対応コーデック SBC、AAC、aptX
イヤホン単体の連続再生 約11時間
ケース込みの連続再生 約55時間
ケースでのフル充電回数 約4回
充電時間 約1.5時間
防水等級 IPX4
イヤホン重量 約8g
ケース重量 約48g
チップセット QCC3020
TWS Plus

その他、詳しい仕様はこちらから確認してください。

NUARL N6 Proの外観

f:id:korekai:20191220112259j:plainf:id:korekai:20191220112303j:plain
N6 Proは、丸みのある手のひらサイズのケース。

全体はマットブラック、蓋とケースの間はピアノブラック配色のデザイン。ロゴも目立ち過ぎず、ハイエンドモデルらしさも。


f:id:korekai:20191220112343j:plainf:id:korekai:20191220112341j:plain
NUARLの人気機種であるNT01AXを継承した形です。

ワンサイズですが、イヤーフックがついておりやや大きめながらも外れにくく安定した付け心地。

マットなブラックカラー。ボタン部分はややブラウンがかったゴールドカラーでゴージャス感も演出。カラーはマットブラック、レッドカッパーの2色展開です。


f:id:korekai:20191220112338j:plain
先程少し触れましたが、ドライバーには独自で開発したNUARL DRIVER[N6]v5を搭載。

これは最強グレードの高等級ネオジム磁石を使用するだけでなく、長時間駆動時の熱減磁を抑えた独自の磁気回路内蔵の6mm径ダイナミック型フルレンジドライバーです。

N6 Proには、グラフェン素材よりも硬いとされる単層カーボンナノチューブとPEEKの2枚の振動膜を用いた”SWCNT複合振動板”を使用。より繊細でフラットな音質を実現しているとのこと。

また歪みのないクリアなサウンドを再生できるHDSS技術も採用されています。

この辺りはNUARLのホームページでも掲載されているので、気になる方は参考にしてください。
(参考:https://nuarl.com/n6/


f:id:korekai:20191220112306j:plainf:id:korekai:20191220112309j:plain
イヤホンの重さは3~5gが多い中で少し重めの8g、ケースは48gでした。

NUARL N6 Proの同梱品

f:id:korekai:20191220112312j:plain
NUARL N6 Proの同梱品は以下です。

・イヤホン本体
・充電ケース
・USB-A to Cケーブル
・標準イヤーチップ(S/M/L)
・SpinFit C360チップ(S/M/L)
・ユーザーズガイド(日本語・映画・中国語)


f:id:korekai:20191220112315j:plain
完全ワイヤレスイヤホンのために作られたSpinFit CP360が付属。

AVIOTなどこだわりが強いメーカーが同梱しているイメージがあります。

耳の中に圧力がかからない装着感を実現。長時間でも快適です。

もちろん標準イヤーチップでなくても、そのまま充電ケースに収納できます。

普通に買うと1,490円ほどの値段なので、お得ですね。

NUARL N6 Proのバッテリー持ち

f:id:korekai:20191220112319j:plain
▲USB-Cポート

f:id:korekai:20191220112322j:plain
イヤホン単体で約11時間の連続再生に対応。完全ワイヤレスイヤホンとしては最長クラスのバッテリー持ちです。

ただaptX再生時は短くなる傾向にあり、その場合は約8時間となります。

ケースを併用すると、最大55時間なので、通勤通学程度なら1週間以上はケースからの充電のみで使えます。

試しに音量50%(AAC接続)で音楽を再生しつづけると、10時間20分で接続切れに。またaptX接続だと6時間56分でした。

ケースのバッテリーインジケータは3段階。※リチウムイオン電池なので、完全に無くなる前に充電推奨

インジケーター 電池残量
3つ点灯 75%以上
2つ点灯 50%以上
1つ点灯 25%以上
1つ点滅 25%以下

NUARL N6 Proの操作性

f:id:korekai:20191220112350j:plain
N6 Proは左右共通のインライン型3ボタンを採用しています。

イヤホン上部に配置されており、操作時に耳を圧迫することなく使えます。

また左右どちらでも同じ操作ができるため、片側だけですべての操作に対応できます。

再生/停止 メインボタンを1回押す
曲送り フロントボタンを2秒押す
曲戻し リアボタンを2秒押す
音量+ リアボタンを1回押す
音量ー フロントボタンを1回押す
着信受話/終了 メインボタンを1回押す
着信拒否 メインボタンを2回押す
音声アシスタント メインボタンを長押し

NUARL N6 Proの装着感

耳の小さい私でもフィットしました。

イヤーフックもあり、SpinFitなどのイヤーチップも充実しているため、大半の方に合うイヤホンだと思います。

ランニングやジムでも使用してみましたが、自然なつけ心地で外れることなく使うことができました。

遮音性もよく、音楽や作業に集中したいときに最適なイヤホンです。音楽再生しなくてもある程度周囲の雑音はカット可能です。

NUARL N6 Proの初回ペアリング

初回のみ以下の手順でペアリングが必要です。

N6 Proの場合ケースを開くだけでペアリングモードになります。

1.蓋を開けてペアリングモードに
2.Bluetooth設定で「NUARL N6 PRO-L」を選択
3.Bluetooth設定で「NUARL N6 PRO-R」を選択
4.接続と表示されれば完了
5.次回以降はケースを開くだけで自動ペアリング

2回目以降はケースを開くだけで自動接続、閉じると接続解除です。

NUARL N6 Proの音質とコーデック

f:id:korekai:20191220112330j:plain
▲aptXコーデック対応のスマホがおすすめ

コーデックはaptX、AAC、SBCに対応。

音質は、音の再現性が高く明瞭感のあるサウンドです。フラットなため、オールジャンル向き。

低域もしっかりしている中で、中高域の表現力や解像度、キメの細かさはとても良かったです。

音量を上げてもシャリシャリ感や耳に刺さる感じはなく、味付けの無い自然なサウンドで楽しめます。

ながら聞きよりも音質を重視し、じっくり楽しみたい方向きだと思いました。

ちなみにN6(無印)はメリハリのある音質でN6 Proとは特長が異なる模様。店頭などで試聴をおすすめします。

NUARL N6 Proの接続安定性

Xiaomi Redmi Note 8 ProとNUARL N6 Proの組み合わせで駅構内や人混みの多い場所で検証してみました。

クアルコム社製SoCのQCC3020を搭載。途切れはほぼなく、途切れても復帰は一瞬。自宅や職場など室内での利用も安定しています。

より安定した品質で接続できるTWS Plusにも対応。まだ一部のスマホに限られますが、そういった恩恵もあり。

NUARL N6 Proの遅延

Xiaomi Redmi Note 8 ProとペアリングしてYoutubeで検証。

視聴しましたが、声と口とのズレはほぼ感じません。

このスマホはTWS Plus非対応ですが、低遅延で動画視聴に向いたイヤホンでした。

NUARL-UPアプリでファームウェアアップデートも

N6 Proを買った後でも、公式アプリ経由でのファームウェアアップデートが可能。

製品自体の問題やスマホOSアップデート時の相性問題などを修正できるため、長く愛用できるメリットあり。

NUARL-UP
NUARL-UP
開発元:MTI Corporation
無料
posted withアプリーチ

使ってみての感想

■よかった点
・オールジャンルに合うフラットな音質
・中高域の表現力や解像度はとても良い
・イヤホン単体で11時間の連続再生
・TWS Plus、aptXコーデック対応
・途切れにくく、低遅延
・その他、基本スペックは最上位クラス

■気になった点
・なし

こんな人におすすめ

・音質重視で選びたい方

NUARL N6 Pro レビュー:まとめ

f:id:korekai:20191220112303j:plain

基本スペックも最上位クラス。音質もメーカーの思いとこだわりが詰まった完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンでした。

オールジャンルに合うフラットな音質。低域もしっかり存在感があり、中高域の表現力、解像度の高さはまさに圧巻。

味付けのない自然なサウンドで楽しめるため、じっくり音楽を聞きたい方にうってつけです。

また個人的に良かった評価ポイントとして、紛失保険が1年間ついているところ。片耳をなくしても新品と交換できるので安心して使えます。

有線イヤホンからの移行、ワイヤレスイヤホンでも音質を重視したい方ならNUARL N6 Proはチェックすべき1台です。

※フラットでなく、メリハリのある音質がいいならN6がおすすめです。

NUARL N6 Proを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る


※こんな記事もあります。
【2019】安いBluetoothイヤホンおすすめランキング | 人気かつコスパ重視で厳選【高音質】 - +ログ

【2019】完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ14選【左右分離型・左右独立型・トゥルーワイヤレス】 - +ログ

【2019】1万円以下で選ぶ!完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種10選【最新人気モデル】 - +ログ

【2019】完全ワイヤレスイヤホンおすすめの安い機種12選【5000円以下】 - +ログ

【NFMI / QCC3026 / QCC3020】長時間再生できて、途切れにくい完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ - +ログ