+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【LilnobShare CIO-G65W3C1A レビュー】最大65W出力に対応した4ポート急速充電器【USB-C×3、A×1】

f:id:korekai:20210126152339j:plain
単ポート最大65W出力、最大4台同時充電に対応したマルチポート急速充電器「LilnobShare CIO-G65W3C1A」をレビューします。

高出力、マルチポートという性能ながら卵1つ分くらいの超コンパクトサイズ。

USB-Cが3つ、USB-Aが1つ搭載しており、例えば以下の組み合わせでも急速充電が可能です。

・MacBook Pro13とMacBook12
・MacBook Pro13とiPadシリーズ
・各20W出力で3台同時充電可
・モバイル端末なら4台同時充電可

そのため、日頃から付属していた充電を複数台使って個別に充電していた方は、この充電器1台で集約することができるのでおすすめです。

この記事ではLilnobShare CIO-G65W3C1Aの外観、特長、使ってみてよかった点、気になった点などをご紹介します。


LilnobShare CIO-G65W3C1A


f:id:korekai:20210126152311j:plain

LilnobShare CIO-G65W3C1A

CIO

充電器


4.8



  • 卵1つ分のコンパクトサイズ

  • 単ポート最大65W出力

  • 各20W出力で3台同時充電できる

  • 同時充電に便利な4ポート仕様

  • MacBook Pro15/16の充電可

  • モバイルデバイスなら4台同時充電可

  • 電力配分が良い


LilnobShare CIO-G65W3C1A レビュー

f:id:korekai:20210126152329j:plain
ついにこのサイズまできたかという感想です。

4ポートで最大65W、卵1つ分の大きさになりました。

単ポートであれば65Wなので、MacBook Proシリーズの充電もこなします。

同時充電であれば、モバイル端末で最大4台。MacBook Pro13インチならタブレットやiPhoneなどのスマホと2台まで対応できます。

MacBook12インチなら遅いですが、3台同時に充電ができてしまう充電性能です。

主な特長は以下。

・高出力65W対応
・USB-Cポートは3つ(PD3.0対応)
・USB-Aポートは1つ(QC3.0対応)
・GaN(窒化ガリウム)搭載


f:id:korekai:20210126152336j:plain

製品名 LilnobShare CIO-G65W3C1A
サイズ 50 x 51 x 30mm
重さ 約122g
入力 100-240V 50-60Hz 1.5A
出力 最大65W
ポート USB Type-C×3(PD3.0)
USB-A×1(QC3.0)
付属品 本体、取扱説明書
特長 GaN (窒化ガリウム)
カラー ブラック、ホワイト
価格 6,028円


f:id:korekai:20210126152339j:plain
LilnobShare CIO-G65W3C1Aの外観を見ていきましょう。

カラーはブラックとホワイトの2色から選べます。充電器としてはスタンダードなデザイン。

箱から取り出してこの小ささに驚きました。単ポートや2ポートくらいなら他社製であるものの、4ポートでこれは超コンパクトです。

厚みもスリムなため、電源タップに挿しても他の充電器などと干渉しにくいです。


f:id:korekai:20210126152342j:plain
サイズは約50 x 51 x 30mm、マルチポート(4つ)で卵1分くらいです。

スティックタイプのメンタームと比べてみても分かる通り、超コンパクトサイズ。

Appleの61W純正充電器と比較すると体積47%減、重量は42%減となっています。


f:id:korekai:20210126152345j:plainf:id:korekai:20210126152352j:plain
出力とポート数は違うものの、87W出力の単ポート充電器と比較するとこれくらいの差があります。


f:id:korekai:20210126152357j:plainf:id:korekai:20210126152401j:plain
以前レビューした最大100Wタイプの充電器との比較です。

最大100WタイプはMacBook Pro15/16ユーザーに。最大65WタイプはMacBook Pro13ユーザーにおすすめです。

最大100Wタイプは別にレビュー記事があるので、こちらを参考にしてください。
【最大100W、4ポート】LilNob CIO-G100W3C1A レビュー


f:id:korekai:20210126152404j:plainf:id:korekai:20210126152407j:plain
▲USB Type-Cポート×3、USB-Aポート×1

筆者の持っている端末はMacBook Pro15とiPad Air4、iPhone 12 Pro、MacBook12インチなので同時充電できても2〜3台です。

すべてUSB-Cケーブルなので、このポート数はとても助かります。

この充電器は、単ポート時の出力や同時充電時の出力が異なるのでまとめたものが以下です。

USB-C単ポート
・USB-C1:65W
・USB-C2:65W
・USB-C3:30W

USB-A単ポート
・USB-A:最大30W

USB-C複数ポート
・USB-C1+C2:45W+20W
・USB-C1+C3:45W+20W
・USB-C2+C3:45W+20W
・USB-C1+C2+C3:20W+20W+20W

USB-C+A複数ポート
・USB-C1+A:45W+18W
・USB-C2+A:45W+18W
・USB-C3+A:15W※
・USB-C1+C2+A:20W+20W+18W
・USB-C1+C2+C3+A:20W+20W+15W※

※15WはC3+Aの合計です

MacBook Proを2台同時充電みたいな使い方はできませんが、MacBook Pro13+モバイルノート、スマホ、タブレットのような組み合わせは可能です。※15/16インチの場合は、モバイル端末との2台同時充電が限界。

各20W出力になりますが、USB-Cポートを使って3台同時充電ができます。

ちなみにモバイル端末(スマホ、タブレット、ニンテンドースイッチ、モバイルルータ)であれば4台同時でも充電可能です。ただ4台の場合は、USB-C3とAは合わせて15W出力となります。

お持ちのデバイス構成、同時充電ニーズにマッチしているならこれ1台に集約できますよ。


f:id:korekai:20210126152410j:plain
4ポートとなるとAC入力ケーブルタイプが多かったですが、折りたたみができる内臓プラグタイプです。


f:id:korekai:20210126152413j:plain
重さは109gでした。Apple純正の87W充電器が292gなので、マルチポートながらも約100gとかなり軽いです。


各端末で充電性能をチェック

f:id:korekai:20201113160201j:plain
筆者が所持している端末(MacBook Pro15インチ、MacBook12インチ、iPad Air4)で各充電中の出力値と同時充電中の出力値をチェッカーで確認しました。


f:id:korekai:20210126152416j:plain
▲19.9V/2.65Aの約52W

・MacBook Pro15インチ(USB-C to C)

MacBook Pro 15インチは50〜60W程度の出力を確認しました


f:id:korekai:20210126152419j:plain
▲20.1V/1.06Aの21W

・MacBook12インチ(USB-C to C)

MacBook12インチは25W前後の出力を確認しました


f:id:korekai:20210126152428j:plain
▲15.0V/1.35Aの約20W

・iPad Air4(USB-C to C)を使用して計測

iPad Air4は20W前後の出力を確認しました


f:id:korekai:20210126152425j:plain
▲8.88V/2.21Aの約20W

・iPhone 12 Pro(USB-C to Lightning)を使用して計測

20W前後の出力を確認しました


同時充電時の充電速度をチェック

f:id:korekai:20210126152434j:plain
▲19.7V/2.09Aの約41W(MacBook Pro 15インチ)

MacBook Pro15インチとMacBook12インチの組み合わせです。

このときの電力配分は「USB-C1+C2:45W+20W」となります。

2〜3台同時充電でもほぼ最大に近い出力を確認済みです


LilnobShare CIO-G65W3C1Aを使ってみて

■よかった点
・卵1つ分のコンパクトサイズ
・単ポート最大65W出力
・各20W出力で3台同時充電できる
・同時充電に便利な4ポート仕様
・MacBook Pro15/16の充電可
・モバイルデバイスなら4台同時充電可
・電力配分が良い


■気になった点
・なし


LilnobShare CIO-G65W3C1Aはこんな人におすすめ

・マルチポート仕様の充電器が欲しかった方
・充電器を1つにまとめたい方

LilnobShare CIO-G65W3C1A:レビューまとめ

f:id:korekai:20210126152439j:plain

以上が、LilnobShare CIO-G65W3C1Aのレビュー内容です。

2台以上の端末を常用していて同時充電ニーズの高い方、充電器を1つにまとめたい方におすすめです。

USB-Cが3ポートあり、3台同時でも各20W出力ができるところは特に便利。

単ポートでも65W出力とMacBook Proシリーズの充電にも使えますし、スマホやタブレット、ニンテンドースイッチ、モバイルルータなどの小型機器であれば、複数台の充電でも大丈夫です。

サイズはわずか卵1つ分。厚みもスリム、電源タップで他の充電器と干渉せずに使えます。

筆者は常に2台同時充電(MacBook Pro15とiPad Air4を繋ぎっぱなし)していますが、触れないほど本体が熱くもないっていないので、放熱性に関しては今のところ問題ないです。

デスク上で複数端末充電している方で充電器を集約したい方はぜひチェックしてみてくださいね。

お使いのノートパソコンがMacBook Pro15/16インチであれば、以下でレビューしている最大100W出力充電器がおすすめです。

【最大100W、4ポート】LilNob CIO-G100W3C1A レビュー

LilnobShare CIO-G65W3C1Aを購入する

カスタマーレビュー・評価を見る

【関連】おすすめのスマホUSB急速充電器まとめ


Amazonで窒化ガリウム充電器をお得に安く購入する方法

普段からAmazonでよくお買い物をする方は、Amazonギフト券にお金をチャージして買い物することをおすすめします。

最大で2.5%還元となり、とてもお得です。積み重ねで見れば大きな額となるので、やらないと損です。

またギフトカードやギフト券という名前ですが、自分で買って自分で使えるのがポイント。


①何か購入する前にAmazonギフト券をチャージする
②最大2.5%分のポイントが貯まる
③チャージしたAmazonギフト券で支払いをする


ギフト券の詳細は公式サイトでご確認ください。