+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【レビュー】MacBookの慢性的なポート不足に「 Inateck 9in1 アルミニウム USB-C マルチハブ」

f:id:korekai:20180706003615j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

今回はInateckさんの新製品の9in1のUSB Type-Cハブ「Inateck 9ポート アルミ USB-Cハブ」をご紹介します。

USB Type-Cコネクタのみ搭載されたMacBookシリーズの拡張や慢性的なポート不足に陥っているにおすすめです。

Inateck 9ポートアルミUSBタイプCハブ


f:id:korekai:20180706003030j:plain


4.0



  • 9in1で一通り揃っている

  • 4K HDMI 出力が可能

  • 小型・軽量で、携帯しやすいポケットサイズ

  • SD スロットと microSD スロットを完備

  • 30Hzのリフレッシュレート

特徴

多機能ハブ

充電、インターネットサーフィン、ビデオキャスト、データ伝送などさまざまなニーズを満たせます。 12インチMacBook、MacBook Pro 2016/2017、Dell XPSシリーズなどと幅広く対応できます。

ウルトラHDビデオ伝送

最大3840x2160 @ 30Hzの解像度でHD画像とビデオデータを伝送できます。 オフィスミーティングやエンターテインメントに最適です。ご使用前、お使いのタイプCデバイスがDP Altモードをサポートしていることを確認してください。

1ギガビットイーサネットポート

ハブには、高速かつ安定したケーブルネットワークの接続をサポートする1ギガビットイーサネットポートがあり、100/10Mbps未満のイーサネットネットワークとの下位互換性があります。イーサネットポートのないタブレットとコンピュータに最適な有線ネットワークソリューションです。

SDおよびマイクロSDカードスロット

1つのSDと1つのマイクロSDカードスロットが装備されているため、モバイルデバイスとコンピュータの間で効率的なデータ交換が可能になります。

レビュー

f:id:korekai:20180706003650j:plain
新型のMacBookやProはUSB-Cのみなので、MicroSDやSDカード、LAN、4つのUSB3.0ポートなどがついたハブはポート拡張に便利です。



f:id:korekai:20180706003654j:plain
充電用のUSB-C搭載で60W充電が可能です。



f:id:korekai:20180706003657j:plain
リフレッシュレートは30Hzですが、最大3840x2160表示が可能です。



f:id:korekai:20180706003236j:plain
f:id:korekai:20180706003256j:plain
アルミ製でシルバーカラー、MacBookとの色相性もよくベスト。質感も良く高級感があります。

サイズ 110 * 56 * 17.5mm
材質 アルミ+ ABS
USBケーブル TypeC
プラグアンドプレイ サポート
対応システム Windows 7/8/10、Mac OS X

f:id:korekai:20180706003239j:plain
60Wで充電可能なUSB-Cコネクタと3基のUSB3.0ポートがあります。キーボード、マウス、USBフラッシュドライブ、外付けストレージなど増設できる数としては十分。



f:id:korekai:20180706003243j:plain
反対側にもUSB3.0ポートが1つあります。

またSD / Micro SDカードスロットがあり、カメラで撮影した写真データなどを取り込むことができます。もちろんプラグアンドプレイでドライバーのインストールは一切なしですぐに使用可能です。



f:id:korekai:20180706003246j:plain
ラップトップの場合はWi-Fi経由でインターネットへ接続しますが、より高速で安定した接続をしたいときにあると便利な1000Gbps対応のLANポートと、最大3840x2160 @ 30Hzの解像度対応のHDMIポートとなります。できれば60Hz対応して欲しかったですが、今度の製品アップデートに期待です。



f:id:korekai:20180706003250j:plain
ケーブルは断線に強い編み込み式。針金が入っているのか、形状記憶がある程度可能です。



f:id:korekai:20180706003253j:plain
重さは107g。持ち運びにも便利です。



f:id:korekai:20180706003302j:plain
手持ちのMacBookPro2017にさしてみました。9in1なのでそれなりのサイズ感ですが、自宅や職場で使うには邪魔にならないサイズです。



f:id:korekai:20180706003305j:plain
こんな感じで使用してみました。どのハブにも言えることなのですが、長時間使用すると熱を持つので、排熱が良いアルミ製がおすすめです。

・DELLの4Kモニタに接続
・有線LAN経由のインターネット接続
・外付けストレージ(SSD)に接続
・USB-C充電ポートに接続
・必要に応じてSDカードスロットからデータ取り込み

使ってみて

■よかった点
・9in1で一通り揃っている
・4K HDMI 出力が可能
・各デバイスを接続して、そのまま充電が可能
・小型・軽量で、携帯しやすいポケットサイズ
・SD スロットと microSD スロットを完備


■気になった点
・30Hzのリフレッシュレート

こんな人におすすめ

・コンテンツクリエーター向け
・Macbook ProなどUSB TypeCポートを搭載したパソコンをお持ちの方
・4K HDMI 出力で外部ディスプレイと接続したい方

まとめ

f:id:korekai:20180706003309j:plain

87Wと比較すると遅いですが、60Wで充電できる点やLAN端子はないものの一通り必要なポートが搭載されている点は評価できます。外部モニタ(4K)に接続してみましたが、問題なく表示できました。執筆などの作業している分には30Hzでも十分ですね。

しかし60Hzのリフレッシュレートには対応していれば、個人的な使い方で考えるとほぼ満点に近い出来だったと思います。しばらく使ってみるので新たに気づいた点などがあれば追記していきますね。

MacBookなどでUSB-Cポートが不足している方は購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

多機能USB-Cハブをお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね