+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載 レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説


この記事では、ドスパラで販売しているゲーミングノートPC「GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載」を実機レビューします。

Ryzen 7 5800HとGeForce RTX 3060を搭載しており、約18万円台で購入できるコスパの高いゲーミングノートPCです。

動きの激しいFPSなどのゲームプレイに適した144Hz液晶を搭載。狭額ベゼルの15.6インチ画面で没入感の高い映像で楽しめます。

実際にApex Legendsをプレイしてみると高設定で平均163fpsで動作しました。VALORANTなどの軽いゲームなら240fps超えプレイ可能です。

次の項目からスペックや外観、ベンチマークなど紹介しているので、参考にしてください。

■この記事で紹介する内容

・GALLERIA XL7R-R36のスペック

・GALLERIA XL7R-R36実機レビュー

・GALLERIA XL7R-R36のベンチマーク測定

・GALLERIA XL7R-R36実機レビュー:まとめ


GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載 レビュー



XL7R-R36

GALLERIA

ゲーミングノート


4.6



  • 狭額ベゼル&15.6型144Hz駆動液晶

  • Ryzen 7 5800H&RTX 3060 6GB

  • 16GBメモリ&512GB NVMe SSD

  • バトロワ系は最高設定で平均100fps以上

  • 薄くて軽いので持ち運びできる

  • Wi-Fi6対応

スペック

OS Windows 10 Home 64ビット
ディスプレイ 144Hz/15.6インチ/フルHD液晶
CPU Ryzen 7 5800H
GPU GeForce RTX 3060 6GB
電源 ACアダプター(180W)
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ 512GB NVMe SSD
価格 182,980円(税込)

CPUはAMD Ryzen 7 5800H、GPUはGeForce RTX 3060 6GBを搭載しています。

この構成なら、バトロワ系タイトルで平均100fps以上(フルHD+最高設定)で動作します。

実際にApex LegendsやPUBGの高設定で検証した結果、160fps前後で動作していたのでゲームパフォーマンスは高いです。

メモリは16GB、ストレージは高速のNVMe SSD 512GBです。ゲームメインであれば、バランスの良い構成。必要があればストレージの追加くらいでしょう。

液晶は15.6型フルHD液晶でノングレアタイプで、一般的な60Hzよりも滑らかに映像表示ができる144Hz駆動です。先程の検証結果からも液晶性能を活かしてゲームプレイできます。

また旧規格と比較して、より安定して高速な通信ができる次世代規格のWiFi6(802.11ax)に対応しているため、対応ルーターをお持ちなら高画質の動画ストリーミングなども快適に楽しめます。

ゲームだけでなくマルチスレッドを活かせるクリエイティブな作業もこなせます。動画編集もできるスペックです。

・狭額ベゼル&15.6型144Hz駆動液晶
・Ryzen 7 5800H&RTX 3060 6GB
・16GBメモリ&512GB NVMe SSD
・バトロワ系は最高設定で平均100fps以上
・薄くて軽いので持ち運びできる
・Wi-Fi6対応

ドスパラ公式サイトで見る

外観チェック


GALLERIA XL7R-R36の外観をチェックします。

ハイスペック=重いというのは一昔前のこと。薄く小さいスリムボディで約2kgサイズです。

カラーはスペースグレイのようなシルバー系で高級感のあるデザインとなっています。



15.6型ですが薄型軽量仕様なので、持ち運んだりやサブのゲーミングノートとしても良いです。

ファンは2つ搭載されており、CPUとGPUを効率的に冷却。負荷のかかる作業だと高速回転するため、排気音はやや気になりました。

ただどのゲーミングノートもファン音は大きくなりがちなので、ヘッドセットをつけていればほとんど気になりません。



実測値だと1.979kgでした。



キーボードは、テンキー付きの日本語配列です。

キーピッチは縦横約19mm、キーストロークは約1.5mmです。タイピングのしやすさは普通でした。

ゲームで多用するWASD、スペース、シフトキー周りのアクセスに関しても普通です。



バックキーやエンターキーは一般的な大きさなので打ちやすいです。

ただテンキーは3列でやや窮屈な配列となっています。


▲LEDバックライト搭載キーボード


バックライトカラーや発光パターンは、プリインストールされているGaming Centerで変更可能。

明るさは4段階で調整できます。



キーボード右上には動作モードボタンと電源ボタンがあります。

先ほどの動作モードボタン以外にも、Gaming Centerから動作モードを選べます。

・エンターテイメントモード
・ゲームモード
・ターボモード



タッチパッドは一体型です。反応や滑りなどは問題なく使えました。



左側面のインターフェイスです。

・USB2.0 Type-A x1
・マイク入力 x1
・ヘッドフォン出力



右側面のインターフェイスです。

・SDカードスロット
・USB3.2 Gen1 Type-A x2



背面のインターフェイスです。

・有線LANポート x1
・HDMI2.1 x1
・USB3.2 Gen2 Type-C x1
・DCIN

USBポートや映像出力周りも充実しており、主要ポートは一通り揃っています。

電源のDCIN、HDMI等も背面集約なので、ケーブル類の取り回しもしやすいです。

※USB-CはPDとThunderboltに非対応、映像出力は可能



本体の厚さが約23mmと薄型仕様。ディスプレイ部分はこの角度まで開きます。



液晶については、15.6型のフルHD仕様。狭額ベゼルで144Hz駆動に対応しています。

写真だと少し粗く見えますが、実際は精細に写っています。画質は普通だと思います。

ノングレアなので、映り込みも少なく、ゲームやエンタメ利用に使えます。



ディスプレイのフレームレート、リフレッシュレートを確認できる通称UFOテストの結果です。

144Hzで動作していることを確認できました。残像も少なめです。

⇒UFOテストリンク


上横のベゼルは狭め。下はやや広めです。



横や上下から見ることは少ないですが、視野角の広い液晶です。



ビデオ会議等に使えるHD画質 WEBカメラを搭載。



スペック表を参照するとバッテリー駆動は約5.5時間。ACアダプターはやや大きめです。重さは約1kg。

電源のない場所での高負荷な使用には向きませんが、2〜3時間程度の外出での使用ならできそうです。



スピーカーは底面に2つ配置されています。音質は普通です。

ベンチマーク測定


GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載の各種ベンチマーク結果です。

FPSを計測したバトロワ系であれば、フルHD+最高設定で平均100fps以上で動作しました。負荷を考慮した低設定にすれば、平均200fps前後でも動作します。※ゲームモードで計測

軽量なVALORANTだと最高設定で平均268fpsです。どれも快適指標となる60fpsを大幅に超えているため、フルHD環境でのゲームプレイでは困ることはないでしょう。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載のベンチマークと合わせてご紹介します。

▼フルHD/最高設定で計測

・PUBG:163fps

・フォートナイト:141fps

・Apex Legends:165fps

・VALORANT:268fps

3D MARK

4800H 5800H
Time Spy 7828 7822
Fire Strike 17798 17817
Fire Strike Ultra 4834 4782

FF15


それなりのスペックが求められるFF15。フルHD、高品質で「快適」評価でした。

4800H 5800H
評価 快適 快適

FF14


フルHD、最高品質で「非常に快適」評価でした。

4800H 5800H
評価 非常に快適 非常に快適

ドラゴンクエストX

4800H 5800H
評価 すごく快適 すごく快適

CINEBENCH R20:4473pts


定番のCPUベンチマークソフトのCINEBENCH R20で計測した結果です。

4800H 5800H
シングル 528 533
マルチ 4312 4472

CrystalDiskMark

CドライブのSSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は3061.26 MB/s(読み込み)、1868.14 MB/s(書き込み)という計測結果に。

SATA SSDやHDDに比べるとOSやゲームクライアントの立ち上がりはかなり速いです。

CPUZ

AMD Ryzen 7 5800Hは、8コア/16スレッドで動作するCPUです。

4800H 5800H
シングル 523.2 564.6
マルチ 5461.2 5607.2

ドスパラ公式サイトで見る

おすすめカスタマイズ

OS Windows 10 Home 64ビット
ディスプレイ 144Hz/15.6インチ/フルHD液晶
CPU Ryzen 7 5800H
GPU GeForce RTX 3060 6GB
電源 ACアダプター(180W)
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ 512GB NVMe SSD
価格 155,980円(税込)

GALLERIA XL7R-R36は、執筆時点ではCPUなどのカスタマイズはできません。

OSやオフィスソフト、セキュリティソフト等のカスタマイズのみとなります。

別途パーツを購入すれば、自身でのメモリとストレージの増設は可能です。
※メモリスロットに1つ、M.2 SSDに1つ空きあり

ドスパラ公式サイトで見る

GALLERIA XL7R-R36 5800H搭載 レビュー:まとめ


・狭額ベゼル&15.6型144Hz駆動液晶
・Ryzen 7 5800H&RTX 3060 6GB
・16GBメモリ&512GB NVMe SSD
・バトロワ系は最高設定で平均100fps以上
・薄くて軽いので持ち運びできる
・Wi-Fi6対応

以上が、GALLERIA XL7R-R36のレビュー内容です。

ミドルスペックでゲームからクリエイティブまで一通り使えるバランスの良いモデルです。

価格も税込み18万円とお手頃。そこそこのスペックを求めていて省スペースで使いたい方にはこのようなゲーミングノートがおすすめです。

HDMI端子がついているので、ゲーミングノートの画面だけではという方は外部モニターに繋げばデュアルモニターにもできます。

また本体は2kgと軽く持ち運びできるメリットも。従来機と比べても薄型軽量です。

ドスパラはエントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広く取り揃えがあるので、ぜひ自分の使い方にあったゲーミングノートPCを選んでくださいね。

【関連】おすすめのゲーミングノートPCランキングまとめ

ドスパラ公式サイトで見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら

おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングPC

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング

おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ

BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング

おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング

性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

165Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

360Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ウルトラワイドゲーミングモニターおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー