+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【ドスパラ GALLERIA UL7C-R36 レビュー】CPUやグラフィックス、プレイできるゲームについて解説

f:id:korekai:20211107210330j:plain
GALLERIA UL7C-R36」は、ドスパラ最上位グレードの「Uシリーズ」として販売されているハイスペックゲーミングノートPCです。

最上位グレードとはいえ価格は20万円以下とコスパに優れており、初心者〜ミドルゲーマーまでおすすめのモデルとなっています。

CPUメーカーのインテルとのコラボレーションから生まれたハイパフォーマンスなスペックと洗練されたデザインが魅力で、多くのゲームを高いフレームレートで遊べるだけでなく、普段使いや趣味の動画編集などにも使えるノートPCです。

このクラスのPCとしては「かなりコスパが良い」のですが、同じ価格帯に競合製品が複数あるので、この先をしっかり読んで比較したうえで購入することをおすすめします。

本記事ではGALLERIA UL7C-R36の基本スペックや特徴、パフォーマンスや競合製品などについて詳細にレビューします。


GALLERIA UL7C-R36の基本スペック

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3060 6GB
メモリ 16GB
SSD 500GB SSD
画面 15.6インチ/フルHD
リフレッシュレート 240Hz
幅 x 奥行 x 高さ 356 x 234 x 21.6
重量 1.96kg
価格 179,980円(税込)

GALLERIA UL7C-R36の口コミ・評判

この項目では、公式サイト上に掲載されているGALLERIA UL7C-R36の評価、レビューを紹介します。

十分なスペックで手頃な値段です。 マグネシウム合金シャーシの筐体、テンキーなしですっきりしたキーボードなど安っぽさもなく満足感が高いです。 ディスプレイはそれなりの色域で、ゲームやWeb編集程度なら十分だと思いました。最近の明るめ液晶と比べると若干暗めですが直射日光下で使う機種でもないと思うので問題は感じません。 ただ、液晶の光漏れがあり黒を表示すると気になるといえば気になります。ここら辺は価格なりなのかもしれません。写真はうまく撮れていませんが実際はもう少し目立つ感じです。

PC初心者の私にはオーバースペックな気はしますが、今出てるノートPCで買うならこれが1番オススメに思います。大変満足です。

GALLERIA UL7C-R36 購入 大きさと重さもよいです。 デザインもすごくいい。 性能もデスクトップに迫り快適な感じで、買って良かったです。

初めてゲーミングノートPCを購入しました。今までのノートPCよりサクサク動いて満足です。 試しに原神動かしてみましたが、バランスモード、高設定で60fpsを問題なく維持できています。 ファンの音はゲームの状況次第で可変。ベンチマークモード程の音にはならないですが、それに近い音まで上がるときはあります。

GALLERIA UL7C-R36はこんな人におすすめ

ハイスペックなGPUとCPUの組み合わせによるパフォーマンスの高いノートPCで、持ち運びできる最高級なゲーミング環境を求めている方におすすめの一台です。

15.6インチ/フルHD/リフレッシュレート240Hzの高性能ゲーミングモニターを搭載し、最新ゲームを高いフレームレートで快適に遊べるスペック。

デスクトップPCのようにゲーム用のモニターやキーボードを別々に買う必要がなく、すべてオールインワンにまとまっているので、最高級のパーツを安価にそろえたい人にもおすすめ。

本体はマグネシウム合金シャーシを採用し、重量は1.96kgで薄さは最薄部が21.6mmと、どんな環境にも溶け込むスタイリッシュなデザインも魅力です。

f:id:korekai:20210929212921j:plain
CPUはIntel社の第11世代「Core i7-11800H」を搭載しています。

8コア16スレッドで最大4.6GHzのパワーを持ち、デスクトップPC並みの処理能力を持つCPUです。

冷却効率に優れた液体金属グリスを採用し、高負荷時のパフォーマンス低下を最大限に減少させる工夫もされています。

f:id:korekai:20210928103133j:plain
GPUにはNVIDIA製の「GeForce RTX 3060 6GB モバイル版」を搭載しています。

ほとんどのゲームを快適に遊べる性能で、軽量級のゲームなら最高画質でも内蔵240Hzモニターの性能を余すことなく使えるGPUとなっており、限界までフレームレートを引き出してゲームを楽しみたい方におすすめです。

搭載されているメモリは16GBで、ゲーミングPCとして余裕のある容量。ストレージ容量は500GBのSSDで、ストレスを感じさせないゲームプレイを実現。

次世代の接続規格であるThunderbolt4も搭載。高速な外部ストレージや外付けの大型モニターにも簡単に接続が可能です。

■POINT:「GALLERIA UL7C-R36」はどのくらいのFPSで遊べる?

フルHD・最高設定
【軽量級】VALORANT:平均240fps
【中量級】フォートナイト:平均145fps
【重量級】サイバーパンク2077:平均60fps


↓公式サイトで詳しく見る↓

ドスパラ GALLERIA UL7C-R36のレビュー・評価を見る


GALLERIA UL7C-R36の特徴

ここでは、GALLERIA UL7C-R36の3つの特徴を紹介します。

絶妙な価格とスペックのバランス|競合機種との比較が重要

ガレリアのUシリーズは上級者/ヘビーゲーマー向けの位置付けですが、GALLERIA UL7C-R36はシリーズの中でも絶妙なバランスのゲーミングPCと言えます。

ハイスペックなGPUとCPUの組み合わせで、ゲームのほかに趣味の動画編集などマルチに活用したい人にとっておすすめの一台です。

UL7C-R36の標準価格は179,980円と、ハイスペックゲーミングノートPCとしては極めてコスパの高い一台ですが、後述する同価格帯の機種としっかり比較した上で購入の判断をした方が良いでしょう。

ハイスペックなGPUを搭載

GALLERIA UL7C-R36が搭載している「GeForce RTX 3060 6GB」はノートPC向けGPUとしてはミドルハイスペックに当たるもので、精度の高い映像表現が可能です。

フルHD解像度では最高画質でも多くのゲームでフレームレート144fps以上を記録し、画質を調整すれば200fps以上も狙えます。

リフレッシュレート240Hzの内蔵モニターと相性の良い高性能GPUです。

必要なものが全てそろったオールインワン

240Hzのゲーミングモニターや、ゲーマー向けのキーボードを内蔵。

デスクトップPCだと色々とオプションがないと、せっかくの高性能PCの性能を活かせないことが多いです。

最高級のゲーミング環境に必要な物が全てそろうことは、UL7C-R36を買う大きなメリットと言えるでしょう。

ハイスペックなのにスタイリッシュで持ち運びもできる重量に抑えられているのもポイントです。

GALLERIA UL7C-R36のインターフェース

f:id:korekai:20211107210559j:plain
GALLERIA UL7C-R36はマグネシウム合金シャーシを採用し、強固なボディーでありながら1.96kgと毎日の持ち運びも苦にならない重量を実現。

スタイリッシュで洗練された外観は、所有感と気分を高めてくれる魅力あふれるデザインで、頼もしさを感じさせられます。

サイズは356(幅)×234(奥行き)×21.6(高さ)mmで、どんな場所にでも設置しやすい手頃なサイズ感です。

f:id:korekai:20211107210605j:plain
キーボードはRGB-LEDライトを内蔵した最新の光学式スイッチを採用。

メカニカル式キーボードと同等の打鍵感と耐久性を両立しています。

f:id:korekai:20211107210611j:plain
次世代規格のThunderbolt 4を1ポート持っており、外付けモニターや高速なストレージを簡単に繋げられるようになっています。

オンラインゲームに必須なネットワークは、2.5Gbの高速有線ポートのほか、WiFi6も内蔵。

HDMI出力、SDカードリーダー、USB3.2ポートが3つあるので周辺機器を数多く接続する場合に重宝します。

GALLERIA UL7C-R36のパフォーマンスは?

CPUに「Core i7-11800H」、GPUに「GeForce RTX 3070 8GB」を搭載しているGALLERIA UL7C-R36

グラフィックスとCPU性能を一覧にして、他の製品とパフォーマンスを比較しました。

グラフィックス

f:id:korekai:20211107212854p:plain
※引用:【2021最新】GPU(グラフィックボード)性能比較~3Dベンチマークについてを参考に作成

「GeForce RTX 3060 6GB」は、ノートPC用GPUの中でもミドルハイクラスの性能を誇ります。

ゲーミング性能としては、フルHD環境ならほとんどのゲームを軽快に遊べるパワフルなスペックです。

各種ベンチマーク結果ではデスクトップ版の「GeForce RTX 3060」と大きな性能差はなく、フルHD環境ならストレスの少ないゲーム体験を実現してくれます。

軽量~中量級のゲームなら外付けモニターを繋げてWQHD環境でも難なく動作させられるスペックを誇り、4K解像度でも画質を調整すれば問題なくプレイできるでしょう。

CPU性能

f:id:korekai:20211107210704p:plain
※引用:PassMark公式サイトを参考に独自に作成

「Core i7-11800H」はIntel社の第11世代CPUです。

Core i5だと重量級のゲームではCPU性能がボトルネックとなり、フレームレートが不安定になることがありますが、Core i7であればかなり安定させることができます。

PassMarkのスコアではデスクトップ版のCore i7-11700をも上回るほどで、ほとんどの作業をハイスピードで処理できる能力です。


↓公式サイトで詳しく見る↓

ドスパラ GALLERIA UL7C-R36のレビュー・評価を見る


GALLERIA UL7C-R36を選ぶメリット

f:id:korekai:20211107210351j:plain
ここでは、GALLERIA UL7C-R36を選ぶ3つのメリットについて紹介します。

フルHD解像度で高いfpsを実現可能

高性能なCPU/GPUを搭載しているため、ほとんどのタイトルで高いフレームレートを維持できます。

240Hzに対応したゲーミングモニターの性能を最大限に活かしたいという方にもおすすめです。

対戦ゲームなどミリ単位の反応がプレイに大きな影響を及ぼす状況で、大いに活躍してくれるモデルと言えます。

多目的に使えるハイスペックPC

ハイスペックなCPUと高性能なGPUは、ゲームだけでなく動画鑑賞やネットショッピングなどの日常使いにも最適です。

高性能なCPUと高速なSSDで、動画編集などの少し重たい作業もストレスなく使えるスペックとなっています。

絶妙なバランスで高い性能を実現しており、使い勝手の良さが際立ちます。

耐久性を追求したデザインと長いバッテリー駆動時間

見た目がシンプルで機能的なデザインになっており、大きくて無骨なデスクトップPCが苦手な方におすすめです。

もっとも消耗しやすい液晶のヒンジ部は、重量バランスを極限まで調整して耐久性を追求しつつ、指一本でスムーズに開閉できる利便性も実現。

また、ハイエンドゲーミングノートとしては最長クラスの8.8時間ものバッテリー駆動を実現しています。

GALLERIA UL7C-R36で遊べるおすすめのゲームは?

GALLERIA UL7C-R36は、多くのタイトルで高いフレームレートを維持して遊べます。

代表的な軽量級・中量級・重量級ゲームのフレームレートをまとめました。

【軽量級】VALORANT

・フルHD:240fps前後

軽量級のゲームなら240Hzモニターの性能を余すことなく使い切ることができます。

外付けモニターを接続して、より高い解像度でも快適に遊べる性能です。

【中量級】フォートナイト

・フルHD:145fps前後

フォートナイトなら最高画質でも平均145ps程度で動作します。

画質を調整すれば180fpsも狙えるスペックで、内蔵モニターの性能を十分に活用できます。

【中量級】Apex Legends

・フルHD:165fps前後

Apex LegendsはフルHDの最高画質で165fps前後が期待できます。

画質を調整すれば180fps以上も狙えるスペックで、内蔵モニターの性能を十分に活用できるスペックです。

【重量級】サイバーパンク 2077

・フルHD:70fps前後

サイバーパンクやアサシンクリードのような重量級のゲームでも、快適に遊べる基準の60fps前後を余裕で超えます。

競技性が低くてソロで楽しむFPS/TPSゲームであれば、問題なく遊べるスペックと言えるでしょう。

その他

PUBG、FFシリーズなど、人気のゲームも快適にプレイ可能です。


↓公式サイトで詳しく見る↓

ドスパラ GALLERIA UL7C-R36のレビュー・評価を見る

■購入時の注意点
クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら

GALLERIA UL7C-R36 実機レビュー

f:id:korekai:20211122171230j:plain
2021年秋、インテルとコラボモデルとして登場したゲーミングノートPC。

15.6型の液晶ディスプレイを搭載し、リフレッシュレートはなんと240Hz駆動です。

本体は1.96kgと軽量でマグネシウム合金シャーシを採用。薄さは最薄部で21.6mmとなっています。

f:id:korekai:20211122171233j:plainf:id:korekai:20211122171235j:plain
カラーは暗めの灰色で、スペースグレイに近い色合いです。

f:id:korekai:20211122171240j:plain
キーボードは最新の光学式スイッチを採用。メカニカル式と同等の打鍵感と光学式センサーによる超高耐久を両立しているとのこと。

f:id:korekai:20211122171247j:plain
バックライトは自由にカラー設定できるRGB LEDを搭載しています。明るさは消灯を含む3段階式でした。

f:id:korekai:20211122171242j:plain
タッチパッドは一体型です。反応や滑りなどは問題なく使えました。

f:id:korekai:20211122171245j:plain
キーボード右上には動作モードボタンと電源ボタンがあります。

f:id:korekai:20211122171249j:plain
右側面のインターフェイスです。

・SDカードスロット
・USB3.2 Gen2 Type-A x2

f:id:korekai:20211122171252j:plain
左側面のインターフェイスです。

・USB3.2 Gen2 Type-A
・マイク入力
・ヘッドフォン出力

f:id:korekai:20211122171254j:plain
背面のインターフェイスです。

・有線LANポート x1
・HDMI2.0b x1
・USB4 Type-C x1
・DCIN

USBポートや映像出力周りも充実しており、主要ポートは一通り揃っています。

電源のDCIN、HDMI等も背面集約なので、ケーブル類の取り回しもしやすいです。

USB-Cは最新世代のThunderbolt4、DP1.4対応しており、高速なデータ転送、映像出力ができます。

f:id:korekai:20211122171304j:plain
15.6型のフルHD仕様。狭額ベゼルで240Hz駆動に対応しています。

一般的な60Hz液晶よりも遥かに滑らかな表示できるのでFPSやTPSジャンルのゲームプレイに最適です。

また4.5mmの極薄ベゼルで画面占有率94.5%の広さを実現しています。

写真だと少し粗く見えますが、実際は精細に写っています。またノングレアなので、映り込みも少なく見やすい液晶です。

f:id:korekai:20211122171306j:plain
上下左右共に広視野角です。

f:id:korekai:20211122171259j:plainf:id:korekai:20211122171302j:plain
上下左右共に狭額ベゼル仕様となっており、ベゼル幅が気にならず没入感の高い映像体験ができます。

f:id:korekai:20211122171318j:plain
この角度まで液晶を開くことができます。

f:id:korekai:20211122171309j:plain
ディスプレイのフレームレート、リフレッシュレートを確認できる通称UFOテストの結果です。

240Hzで動作していることを確認できました。残像も少なめです。

f:id:korekai:20211122171257j:plain
WebカメラはWindows Hello対応でHD画質です。

f:id:korekai:20211122171316j:plain
バッテリー駆動は最大9.6時間とハイエンドゲーミングノート最長クラスです。

ACアダプターはやや大きめで重さは約1kgでした。

※駆動時間はMobileMark2014により測定。


GALLERIA UL7C-R36の実機ベンチマーク測定

f:id:korekai:20211122171237j:plain

各種ベンチマークソフトを使って、ベンチマークを測定した結果です。

3D MARK

f:id:korekai:20210322115935j:plain

Time Spy 9028
Fire Strike 20503
Fire Strike Ultra 6050


FF15:7711(フルHD/快適)

f:id:korekai:20211122181548j:plain
それなりのスペックが求められるFF15。フルHD、高品質で「快適」評価でした。


FF14:18455(非常に快適)

f:id:korekai:20211122181553j:plain
フルHD、最高品質で「非常に快適」評価でした。


ドラゴンクエストX:16613(すごく快適)

f:id:korekai:20211122181601j:plain
フルHD、最高品質で「すごく快適」評価でした。


CINEBENCH R20:3089pts

f:id:korekai:20211122181606j:plain
CPUベンチマークソフトのCINEBENCH R20で計測した結果です。


CrystalDiskMark

f:id:korekai:20211122181615j:plainf:id:korekai:20211122181618j:plain
CドライブのSSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は5002.90 MB/s(読み込み)、2526.64 MB/s(書き込み)という計測結果に。

SATA SSDやHDDに比べるとOSやゲームクライアントの立ち上がりはかなり速いです。


CPUZ

f:id:korekai:20211122181626j:plainf:id:korekai:20211122181629j:plain
Intel Core i7-11800Hは、8コア/16スレッドで動作するCPUです。

CPUのシングルスレッドは578.0、マルチスレッドは4961.6でした。

GALLERIA UL7C-R36と比較できるモデル

GALLERIA UL7C-R36に近いモデルは、マウスコンピューターの「G-Tune E5-165-R7」と「GALLERIA UL7C-R37」の2種類です。

まずは、それぞれのスペックを比較してみます。

GALLERIA
UL7C-R36
G-Tune
E5-165-R7
GALLERIA
UL7C-R37
メーカー名 ドスパラ マウス ドスパラ
価格 179,980円 208,780円 229,980円
CPU Core i7-11800H Ryzen 7 5800H Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3060 6GB GeForce RTX 3060 6GB GeForce RTX 3070 8GB
メモリ 16GB 16GB 16GB
SSD 500GB 512GB 1TB
画面 15.6インチ/フルHD 15.6インチ/WQHD 15.6インチ/フルHD
リフレッシュレート 240Hz 165Hz 240Hz
バッテリー 9.6時間 6時間 8.8時間
幅 x 奥行 x 高さ 356 x 234 x 21.6 355 x 2236.7 x 20.6 356 x 234 x 21.6
重量 1.96kg 1.73kg 1.96kg

マウスの「G-Tune E5-165-R7」は、GPUはこの記事でレビューしている「UL7C-R36」と同じですが、CPUがRyzen 7 5800Hでモニターの性能がWQHD(2560 x 1440)/リフレッシュレート165Hzとなっています。

CPUの「Core i7-11800H」と「Ryzen 7 5800H」に体感できる性能差は、ほとんどありません。

「GALLERIA UL7C-R37」は、GPUが「GeForce RTX 3070 8GB」とSSDが1TBにアップグレードされた上位モデルです。

UL7C-R37/UL7C-R36共にメモリやSSDの容量をカスタムできないので、長く現役で使い続けたければプラス4万円の上位モデル「UL7C-R37」がおすすめです。

マウスの「G-Tune E5-165-R7」は購入時にSSDを4TB、メモリを64GBまでカスタム可能で、重量も軽い高解像度モデルです。ゲーム以外にもマルチに使いたい場合はE5-165-R7がベストでしょう。

予算20万円以下でゲーミングノートPCが欲しい場合、現状ではこの記事でレビューしている「UL7C-R36」が一番コスパに優れたモデルと言えるでしょう。

GALLERIA UL7C-R36 レビュー:まとめ

f:id:korekai:20211122171314j:plain
この記事では、GALLERIA UL7C-R36の性能をさまざまな観点からレビューしてきました。

高性能なGPU/CPUを搭載ながら価格も抑えてあり、幅広いタイトルでプレイヤーのニーズに合わせた遊びのスタイルを実現できる点が魅力のモデルです。

高い処理性能とデザイン性を備えながら、コストパフォーマンスもしっかり重視しているGALLERIA UL7C-R36。

予算20万円以下でもっともパフォーマンスの高いゲーミングノートPCをお探しの方におすすめできる一台です。

【関連】ドスパラ GALLERIA 新製品発表会レポート UL7C-R37 / UL7C-R36


↓公式サイトで詳しく見る↓

ドスパラ GALLERIA UL7C-R36のレビュー・評価を見る

■購入時の注意点
クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら

おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングPC

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング


おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング


ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

120Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

165Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

360Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

ウルトラワイドゲーミングモニターおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー