+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【ドスパラ GALLERIA RM5R-R36 レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20210120214817j:plain
ドスパラ GALLERIA RM5R-R36は、Ryzen 5 3600とRTX 3060を搭載したゲーミングPCです。

現在ゲーミングPCの価格高騰が続いている中で、フルHD〜WQHDをターゲットとするならおすすめのモデルです。

フルHD解像度だと100fps以上で動作できるゲームが多く、MMORPGなどであればWQHD環境でも快適に動作します。

メモリは16GB、ストレージは512GB NVMe SSDを搭載。価格は169,980円で最短翌日出荷に対応。

この記事では、ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のスペック、外観、性能、ベンチマークを紹介します。

■この記事で紹介する内容

・ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のスペック

・ドスパラ GALLERIA RM5R-R36 レビュー

・ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のベンチマーク測定

・ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のおすすめカスタマイズ

・ドスパラ GALLERIA RM5R-R36 レビュー:まとめ

ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のスペック、特長

f:id:korekai:20210120215812j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU Ryzen 5 3600
グラフィックス GeForce RTX 3060 12GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 512GB NVMe SSD / HDD 無し
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
価格 169,980円(税込)

※スペックはドスパラ GALLERIA RM5R-R36を元に作成しております。

6コア12スレッドで動作するRyzen 5 3600、GeForce RTX 2080 Superと同等のGeForce RTX 3060 12GBを搭載。

メモリも16GBとゲーム以外の用途(ゲーム実況や動画編集)にも対応できる汎用性の高いモデルです。

フルHD環境であれば平均100fps以上で動作するパフォーマンス。144Hzのゲーミングモニターとの相性も良いです。

ただ4Kの高解像度となるとパワー不足なのでWQHDまでがターゲットになります。

基本カスタマイズ不要ですが、ストレージに関しては用途に応じて増設することをおすすめします。

・Ryzen 5 3600&RTX 3060
・16GBメモリ、512GB NVMe SSD
・フルHD解像度で快適にプレイ可能
・機能性と冷却性に特化した新筐体ケース
・169,980円(税込)で購入可能


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA RM5R-R36 レビュー

外観

f:id:korekai:20210120214821j:plain
ケースデザインが一新され、旧筐体と比較して、近未来的でシンプルかつ高級感のあるデザインに。

またゲーマーにとって使いやすく、また男女問わず幅広いユーザーに手にとって欲しいとの想いでデザイン・開発されています。

天面にスマホやヘッドマウントディスプレイを置いたり、USBなどのインターフェースがフロント上部に集約されているなどユーザーニーズを抑えた作りです。

【関連】ドスパラ GALLERIA 新筐体発表会レポートはこちら

サイズ 220(W)x440(D)x425(H)mm
重さ 約14kg


f:id:korekai:20200903114824j:plainf:id:korekai:20200903114839j:plain
新筐体からフルカラーに対応したLEDライティングがフロントパネル縁に配置されています。

デフォルトは青系のカラー設定。プリインストールされているアプリからカラーやエフェクト等を変更できます。

フロントパネル縁のみというところも、派手すぎず幅広い方に受け入れられやすいポイントかもしれません。


f:id:korekai:20210120214824j:plainf:id:korekai:20210120214854j:plain
天面は排熱用のシャーシ、プラスティック製天面板、メッシュフィルターの3層構造。

スマホやコントローラー、ヘッドマウントディスプレイなどを置けるようにフラット仕様です。

デスク下に置くと小物などいつの間にか物置きスペースになり、埃なども溜まってきますが、天面からケース内部へ埃の落下を防ぐ設計なのでメンテナンス性も良いですね。


f:id:korekai:20210120214828j:plain
フロントパネル上部にインターフェースが集約。45度の傾斜をつけることで抜き差ししやすい設計です。

特にデスク下に置く方にとっては、電源ボタンやUSBへのアクセスがよくなり、使いやすいと思います。

インターフェースは、高速伝送に対応したUSB 3.2 Gen1 Type-Aが4つ、オーディオジャック、電源ボタン、リセットランプ等を配置。

ヘッドセットやマイク、外部ストレージ、コントローラー等などと接続できます。


f:id:korekai:20200903114703j:plainf:id:korekai:20200903114707j:plain
サイドパネルは標準でアクリルウィンドウを採用。

カラーリングもガンメタリック塗装でスマートさもありつつも、黒よりもメカっぽさも増えました。

エアフローは、吸気エリアを前面から側面に変更することで吸気面積がアップ。効率的にケース内部を冷却可能です。

※ケースはモデルによって2種類あり、カラーリングが異なります。


f:id:korekai:20200903114818j:plain
サイドパネル前方には、吸気用のメッシュ加工があります。


f:id:korekai:20210120214831j:plain
▲背面には140mmファン1基とリアパネル、電源

ケース背面に140mmファンを搭載し、こもりがちな熱を効率的に排出。動作時の騒音抑える工夫も。


f:id:korekai:20210120214834j:plain
▲リアパネルのインターフェース

・PS/2コネクター
・USB 2.0 x4
・DisplayPort
・USB 3.2 Gen1 x2
・LANポート
・オーディオ入出力

これだけあれば、キーボードやマウス、外付けHDD等を接続するには十分なUSB-Aポートの数です。へッドセット、マイク、外部HDDなどもたくさん接続できます。

ディスプレイへの出力はグラボから接続するので、こちらの映像出力端子は使用しません。

【関連】PCモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選

【関連】4Kモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選


f:id:korekai:20210120214837j:plain
グラフィックボードの端子は全部で4つ。DisplayPortが3つとHDMIが1つです。

最大4画面のマルチモニターに対応しており、広い領域で作業したい方にもおすすめです。


f:id:korekai:20210507125009j:plainf:id:korekai:20210507125013j:plain
PC内部です。電源ユニットは反対側から、ケーブル類は裏面配線なので、キレイにまとまっています。

電源ユニットが反対側でケーブルが目立たないので、見た目も良いです。

サイドパネルはゆるく締めておけば、ツールレスで開閉できてメンテナンス性も良し。


f:id:korekai:20210507125016j:plainf:id:korekai:20210507125019j:plain
フロントファンと側面吸気で、電源とCPU、グラボ等の熱を背面と天面の140mmファンで排熱するエアフローです。

今回は大型のヒートシンクが搭載されたCPUファンがついていました。

CPUグリスはノーマルなので、カスタマイズで「高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス」を選ぶといいです。

慣れていないと交換は面倒ですが、自分で高性能なCPUファンと交換するのもありでしょう。

その際は、Socket AM4ソケットに対応したCPUファンを選んでください。


f:id:korekai:20210507125047j:plain
▲マザーボードは、ASRock A520M TWを採用

・PCI-Ex16 x1(グラボで使用中)
・PCI-Ex1 x1
・メモリスロットx2 (最大 64GB)
・SATA3 x 4
・M.2 x 2


f:id:korekai:20210507125041j:plain
ストレージは、512GB NVMe SSDのみ。Intel製です。

SATA3.0接続よりも圧倒的に速いNVMe接続で、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。


f:id:korekai:20210120214918j:plain
SSDは、右側面のこの場所に2つ。HDDは、電源ボックス上に2つ増設可能です。


f:id:korekai:20210507125044j:plain
▲16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)

メモリスロットは4つ。うち2本を使用しており、最大64GBまで増設できます。


f:id:korekai:20210507151906j:plain
▲Palit製 GeForce RTX 3060 12GB

GeForce RTX 3060は、前世代のRTX 2060 Superと同等の性能で、2021年2月発売の最新モデルです。

性能としてはフルHDで140fps〜、WQHDでも〜100fps程度で動作。4Kだと60fpsを下回るゲームが多くなるので、フルHDでの使用がターゲットです。

人気のフォートナイトやApex LegendsなどフルHD(最高設定)であれば、平均100fpsを大幅超えるフレームレートで動作します。

▼各ゲーム最高設定での測定

・PUBG:146fps(フルHD)

・フォートナイト:148fps(フルHD)

・Apex Legends:155fps(フルHD)

・Overwatch:210fps(フルHD)


f:id:korekai:20210507125034j:plain
ケース下部に電源が配置されているため、上部よりも安定感があります。

電源は650W。80PLUS BRONZEで電力変換効率の良い電源です。

この構成であれば、650Wで十分余裕があり、安定動作が見込めます。


f:id:korekai:20200915230949j:plainf:id:korekai:20200915230953j:plain
ゴム足は4箇所、排気するには十分な隙間があるため、排熱効果も期待できます。

電源ユニットの排熱は底面へ逃します。スライドで脱着&水洗い可能なダストフィルター付き。

ホコリが溜まりやすい場所ですが、メンテナンス性も高いです。

ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のベンチマーク測定

f:id:korekai:20191217133543j:plain
▲150fps超え(PUBG/ウルトラ設定)

ドスパラ GALLERIA RM5R-R36は、Ryzen 5 3600とRTX 3060を搭載しており、GPU性能が高いので、フルHD環境でのパフォーマンスは良いです。

以下の人気ゲームは最高設定で平均100fpsを大幅に超える結果に。

144Hzゲーミングモニターと一緒に使っても十分性能を活かしきれるゲーミングPCです。

▼各ゲーム最高設定での測定

・PUBG:146fps(フルHD)

・フォートナイト:148fps(フルHD)

・Apex Legends:155fps(フルHD)

・Overwatch:210fps(フルHD)

3DMARK

f:id:korekai:20210322115935j:plain
TIME SPY(DirectX 12)のテスト結果。

WQHDの解像度を快適にプレイできるスコアです。

Time Spy 8261

FF14:非常に快適

f:id:korekai:20210507130943j:plain
FF14(4K/最高品質)のテスト結果。

FF15:快適

f:id:korekai:20210507130946j:plain
FF15(フルHD/高品質)のテスト結果。

ドラゴンクエストX:すごく快適

f:id:korekai:20210507130938j:plain
ドラゴンクエストX(4K/最高品質)のテスト結果。

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20210507130931j:plainf:id:korekai:20210507130934j:plain
Cドライブの512GB SSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は1635.56 MB/s(読み込み)、973.78 MB/s(書き込み)でした。

NVMe SSDなので、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。

CPUZ

f:id:korekai:20210507130927j:plainf:id:korekai:20210507130924j:plain
CPUZのテスト結果。6コア12スレッドで動作するCPUです。

シングルスレッドは493.1、マルチスレッドは3946.3でした。

CINEBENCH R20

f:id:korekai:20210507130920j:plain
CINEBENCH R20のテスト結果。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20210120215812j:plain

ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のカスタマイズですが、公式サイトのレビュー欄を確認するとSSDのカスタマイズされている方が多いです。

ストレージが512GB NVMe SSDのみなので、ゲームクライアントを多く入れる方や古いPCからのデータ移行が多い方はSSDやHDDの追加を検討ください。

現状プレイしたいゲームが1つのみでデータも少ないのであれば、カスタマイズは不要です。

1つ挙げるとすれば、CPUグリスを「高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス」にするとより放熱効果が期待でき、夏場など熱暴走を防ぐことができます。

■カスタマイズ一例

・1TB NVMe SSD +9,570円(税込)
・1TB HDD +6,380円(税込)
・2TB HDD +7,810円(税込)

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のレビュー・評価を見る

ドスパラ GALLERIA RM5R-R36 レビュー:まとめ

f:id:korekai:20210120214817j:plain

・Ryzen 5 3600&RTX 3060
・16GBメモリ、512GB NVMe SSD
・フルHD解像度で快適にプレイ可能
・機能性と冷却性に特化した新筐体ケース
・169,980円(税込)で購入可能

以上が、GALLERIA RM5R-R36のレビュー内容です。

性能からフルHD環境がターゲットとなり、フォートナイトやApex Legendsであれば平均で100fps以上で動作します。

ただフルHD環境であれば、5万円程度安く買えるGALLERIA RM5R-G60Sの方がコスパが良いのが現状です。

この2機種を購入時に比べて価格差が2万円程度かそれ以下であるならRTX 3060搭載を選んだ方が良いでしょう。

以下の記事では、ランキング形式でおすすめのゲーミングPCを紹介してるので参考にしてください。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ GALLERIA RM5R-R36のレビュー・評価を見る

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3,000円~の支払いでデスクトップPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングPC

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング


おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング


ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー