+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【GALLERIA GCR2080RNF-E 実機レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20200205104644j:plain

ドスパラのハイエンドゲーミングノートPC「GALLERIA GCR2080RNF-E(以下、ガレリア GCR2080RNF-E)」を実機レビューします。

ゲーミングノートとしては、数少ない240Hz駆動の高リフレッシュレート17.3型液晶ディスプレイを搭載。

またノートパソコンとしては最上位グラフィックボードの「GeForce RTX 2080」を搭載しているため、最高の環境でゲームプレイしたい方にとってはこの上ない仕様です。

今流行のフォートナイトやPUBG、Apex Legendsなど最高設定で平均100fpsを超える動作ができるため、240Hz液晶の恩恵を受けることができます。

次の項目からスペックや外観、ベンチマークなど紹介しているので、参考にしてください。

■この記事で紹介する内容

・GALLERIA GCR2080RNF-Eのスペック

・GALLERIA GCR2080RNF-E実機レビュー

・GALLERIA GCR2080RNF-Eのベンチマーク測定

・GALLERIA GCR2080RNF-E実機レビュー:まとめ

GALLERIA GCR2080RNF-E レビュー


f:id:korekai:20200205104516j:plain

GCR2080RNF-E

GALLERIA

ノートパソコン


4.8



  • デスクトップ型パソコン並の性能

  • 平均100fps超えで動作するゲーム多

  • 17.3型/240Hz高リフレッシュレート液晶

  • GeForce RTX2080 8GB搭載

  • 最新規格のWi-Fi6対応

GALLERIA GCR2080RNF-Eのスペック

ディスプレイ 17.3インチ/240Hz/フルHD/ノングレア
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-9750H (2.60-4.50GHz/6コア/12スレッド)
グラフィック機能 NVIDIA GeForce RTX2080 GDDR6 8GB
電源 ACアダプター(280W)
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ 1TB NVMe SSD
入出力ポート USB3.1 Gen2 type-Cx1
USB3.1 Gen2 type-Ax1, Gen1 x2
マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1
バッテリー駆動 約7.6時間
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW
サイズ 398.5(幅)× 272(奥行き)28.15(高さ 最薄部) mm
重量 約2.7Kg(内蔵バッテリー含む)
価格 329,980円(税別)

CPUは6コア12スレッドで動作するCore i7-9750H、グラボはノートパソコンとして最上位のGeForce RTX2080、メモリは16GB、ストレージは超高速のNVMe SSD 1TBです。

GeForce RTX2080なので、「リアルタイムレイトレーシング」と「DLSS」にも対応しています。

性能的にはデスクトップ型パソコン並。ほとんどのゲームをフルHD/最高設定で平均100fpsを超える動作ができ、FPSやバトロワのプレイに適した17.3型/240Hzの高リフレッシュレートモニターも搭載しています。

また旧規格と比較して、より安定して高速な通信ができる次世代規格のWiFi6(802.11ax)に対応しているため、対応ルーターをお持ちなら高画質の動画ストリーミングなども快適に楽しめます。

その他、ゲーミングらしいデザイン、堅牢なタブボディ、RGBキーボードと見た目と作りの良いハイエンドゲーミングノートです。


↓公式サイトで詳しく見る↓

GALLERIA GCR2080RNF-E

外観チェック

f:id:korekai:20200205104542j:plain
GALLERIA GCR2080RNF-Eの外観をチェックしていきます。

サイズは幅398.5mm×奥行き272mm×高さ28.15mm、重さは約2.7kgです。

17.3型のゲーミングノートなので、それなりに大きさと重さがあります。


f:id:korekai:20200205104546j:plainf:id:korekai:20200205104550j:plain
黒を貴重とした無骨なデザイン。

天面はガレリアのロゴのみとシンプルに、背面はややゲーミングさのあるデザインとなっています。

ファンは2つ搭載されており、CPUとGPUを効率的に冷やします。ゲームを起動してしばらくすると高速動作するため、排気音はやや気になりました。


f:id:korekai:20200205104553j:plainf:id:korekai:20200205104557j:plain
キーボードはテンキーありの日本語配列です。キーピッチとキーストロークは十分でタイピングしやすく、打鍵感も良好です。

ゲームプレイで多用するShiftキー、Ctrlキーは大きく、W,A,S,Dキーの操作性や反応に問題ありませんでした。


f:id:korekai:20200205104621j:plainf:id:korekai:20200205104625j:plain
▲SteelSeries RGB LEDキーボード

電源を入れるとキーボードのバックライトが七色に。左から右に流れる発光パターンで光ります。

SteelSeriesの専用ソフト「SteelSeries Engine」で明るさ調整や発光パターン・キーマクロの設定も可能です。

明るさは4段階、光り方は8種類です。


f:id:korekai:20200205104647j:plain
キーボード右上にはファンコンボタン、タッチパッドの無効ボタン、電源ボタンがあります。


f:id:korekai:20200205104655j:plain
クリックボタンが独立しているタッチパッドのため、やや扱いづらいです。

ただゲーム用途だと外付けマウスを使う方が大半だと思うので、気にするほどでもないでしょう。


f:id:korekai:20200205104604j:plain
左側面のインターフェイスです。

・有線LANポート
・HDMI
・mini-DP
・USB3.1
・USB Type-C
・オーディオIN/OUT

フルサイズのUSBが1つと汎用性が高いUSB Type-Cが配置されています。

また外部ディスプレイ出力用に、HDMIとmini-DPが使用できます。


f:id:korekai:20200205104607j:plain
右側面のインターフェイスです。

・SDカードスロット
・USB3.1×2
・DCIN

こちらの面にもフルサイズのUSBが配置されているため、利き手に合わせて有線マウスの接続ができます。

ポート類に関しては、十分だと思いました。USBもv3.1なので、10Gbpsの高速データ転送が可能です。

ストレージは、SSD(1TB)のみなので大きなデータなどは、外部HDDと接続して保存するといいでしょう。


f:id:korekai:20200205104611j:plainf:id:korekai:20200205104615j:plain
前面と背面にはポート類なし。本体の厚さは約28.15mmです。それなりに厚みはあります。


f:id:korekai:20200205104618j:plain
ディスプレイ部分はこの角度まで開きます。


f:id:korekai:20200205104628j:plainf:id:korekai:20200205104658j:plain
17.3型フルHD液晶です。外部モニターを利用しなくても十分迫力ある映像でゲームプレイができます。

本製品で注目すべき特長の1つである「240Hz駆動」の高リフレッシュレート液晶。ハイエンドゲーミングノートでも搭載機種は少ないと思います。

60Hzや144Hzのゲーミングモニターよりも滑らかに、また残像の少ない映像で楽しめます。

もちろんハイエンドグラボのGeForce RTX 2080を搭載しているので、十分に高リフレッシュレート液晶の恩恵を受けることができます。

今流行のPUBGやフォートナイト、Apex Legendsなどライバルとの差を広げるには液晶のスペックも重要です。


f:id:korekai:20200205104635j:plainf:id:korekai:20200205104631j:plain
色表現は自然で鮮やかです。パネルは分かりませんが、視野角は広いです。

1.2mm超狭額ベゼルデザインのため、17.3型の画面で没入感の高いゲームプレイができます。


f:id:korekai:20200205104638j:plain
HD画質 WEBカメラも搭載。ビデオ会議などに使えます。


f:id:korekai:20200205104641j:plain
バッテリー駆動は約7.6時間。ACアダプターはやや大きめです。重さは約1kg。

電源のない場所での使用には向きませんが、自宅など部屋の行き来くらいなら十分なバッテリー持ちです。


f:id:korekai:20200205104652j:plain
スピーカーは背面の両側に2つ配置されています。音質は普通です。

GALLERIA GCR2080RNF-Eのベンチマーク測定

f:id:korekai:20200205104658j:plain
▲平均144fps超え(PUBG/ウルトラ設定)

GALLERIA GCR2080RNF-Eは、Core i7-9750HのCPUと高性能グラフィックボードRTX 2080を搭載しており、どのベンチマークも高い数値を叩き出しています。

以下の人気ゲームのfpsをフルHD、最高設定で測定してみると、平均フレームレートで144fpsを超える結果に。FPS、バトロワを快適にプレイしたい方におすすめの1台です。

240Hz駆動の高リフレッシュレート液晶の恩恵を受けてゲームプレイができます。

・PUBG:156.4fps

・フォートナイト:161.2fps

・Apex Legends:151.9fps

TIME SPY1.0:8827(最上位)

f:id:korekai:20200205235017j:plain

上位21%の性能でした。

FF15:9044(フルHD/とても快適)

f:id:korekai:20200205235054j:plain

フルHDで高品質だととても快適の評価に。

FF15:7297(WQHD/快適)

f:id:korekai:20200205235046j:plain

WQHDで高設定だと快適の評価に。

デスクトップ型パソコン並の性能なので、WQHDでも十分プレイ可能です。

FF14:13607(非常に快適)

f:id:korekai:20200205235040j:plain

フルHD、最高設定で計測。平均138fpsで動作しました。

PSO2:29417(快適)

f:id:korekai:20200205235031j:plain

ドラゴンクエストX:13304(すごく快適)

f:id:korekai:20200205235114j:plain

CINEBENCH R20:2634pts

f:id:korekai:20200205235120j:plain

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20200205235127j:plainf:id:korekai:20200205235133j:plain
CドライブのSSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は3445.9 MB/s(読み込み)、3037.6 MB/s(書き込み)とNVMe接続の最大40Gbps(4,000 MB/s)に迫る速度でした。

OSやゲームクライアントの立ち上がりはかなり速いです。


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒GALLERIA GCR1660TGF-QCのレビュー・評価を見る


GALLERIA GCR2080RNF-Eのおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20200205104516j:plain

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9750H
GPU GeForce RTX2080 GDDR6 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 1TB NVMe
価格 329,980 円(税別)

残念ながらカスタマイズできるパーツが限られています。その中でも重視したいのがメモリです。

ゲーム用途以外、例えばクリエイティブ用途やゲーム配信、複数のソフトを起動する場合は32GBに増量しておくとより快適に動作します。

本体だけですでに30万円を超えている高級機なので、あと2万円程度だして最高構成にしておくと長く愛用できると思います。

一応自力でストレージは3つまで搭載できます。2.5インチのHDDが1つ、M.2スロットが2つです。

■おすすめカスタマイズ

・メモリ32GB:17,300円+税

【関連】ガレリアシリーズのおすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


↓公式サイトで詳しく見る↓

GALLERIA GCR2080RNF-E

GALLERIA GCR2080RNF-E 実機レビュー:まとめ

f:id:korekai:20200205104644j:plain

・最上位ハイエンドゲーミングノート
・デスクトップ型パソコン並の性能
・Core i7-9750H搭載
・GeForce RTX2080 GDDR6 8GB搭載
・17.3型/240Hzの高リフレッシュレート液晶
・Wi-Fi6対応
・フルHDなら平均100fps以上で動作するゲーム多数

GALLERIA GCR2080RNF-Eはこんな人におすすめです。

性能は文句なしのハイエンドゲーミングノートです。

デスクトップ型パソコン並のスペックで、240Hz液晶を搭載していることから、メインで使えるゲーミングノートをお探しなら候補の1台となるでしょう。

実際にPUBGをフルHD/ウルトラ設定でプレイしましたが、平均で156.4fpsでかなり快適に動作しました。

また17.3型液晶は大きくて見やすく、外部ディスプレイなしでも十分プレイに集中できました。

デスクトップ型パソコンを置くスペースが無い方でもハイエンド環境を実現できるため、予算が許すならいい買い物になりそうです。

最上位のハイエンドゲーミングノートを手に入れたいならぜひチェックしてくださいね。


↓公式サイトで詳しく見る↓

GALLERIA GCR2080RNF-E


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【人気No1】GALLERIA ガレリア XF 実機レビュー


【最高峰】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ良】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 実機レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング